HDMIセレクターのおすすめ人気比較ランキング10選【最新2020年版】

【最新版】HDMIセレクターの人気10アイテムのおすすめ比較ランキング。HDMIセレクターの特徴や選び方から価格情報やスペック情報、クチコミやレビューまで徹底比較。最後に編集部おすすめのHDMIセレクターをランキング形式でご紹介。
chocolatwm

スマホやパソコン、DVDレコーダーを使用していて、もう少し大きな画面で見たいと思ったことはありませんか?そんな時に活躍するとても便利な『HDMIセレクター』。ひとつ持っておくと重宝しますが、どのように選んだらいいのか分からない方も多いと思います。

そこで今回は、HDMIセレクターについて解説します。購入をお考えの方はぜひ参考にしてみてください。

HDMIセレクターとは

HDMIはDVDレコーダーやパソコンなどとテレビを繋ぐことで、映像をテレビに移せる規格のひとつです。専用のケーブルでつなぐことで簡単に映せます。ですが大体テレビについているHDMIケーブルの差し込み口は、ひとつしかないものがほとんどです。

その場合つなぐ機器を変えるたびに差し替えなければなりません。そんな時に便利なのがHDMIセレクターです。HDMIセレクターにはいくつも差し込み口があり、同時につないでいてもスイッチで簡単に切り替えられます。

セレクターと分配器の違い

よく間違われやすいHDMIセレクターとHDMI分配器。実は機能が全く逆のものです。HDMIセレクターは先ほど紹介したように、パソコンやスマホ、DVDレコーダーなど複数の機械とつなげられ、テレビのひとつの画面で切り替えるためのもの。

反対にHDMI分配器は、ひとつの映像をふたつ以上の画面に映すためのものです。中には双方向型といわれる、どちらも備わっているHDMIセレクターもあります。

HDMIセレクターのおすすめの選び方

入出力のポート数で選ぶ

入出力ポートの数は商品によって異なります。選ぶ際にはこちらも注意をしましょう。入力ポートとはDVDレコーダーやスマホ、パソコンなどをつなぐ差し込み口。出力ポートとは、映像を映すテレビやプロジェクターなどをつなぐ差し込み口のことを指します。

いくつの機械を接続したいかで必要な数が変わるので、あらかじめ確認して選んでください。

切り替え方式で選ぶ

手動切替

手動切替』とは名前の通りスイッチを直接押す、またはリモコンを使用して切り替えるタイプのものを言います。

手動切り替えのメリットは、間違って切り替わることがないという点です。自分で切り替えるのが面倒だと思う方には向きません。しかしスイッチが勝手に切り替わることがないので、安心して使えます。

自動切替

スイッチの切り替えが面倒だと考えている方は、『自動切替』を選ぶといいでしょう。自動切替の場合は、HDMIセレクターを接続して電源を入れるだけで切り替えてくれます。

いちいちリモコンを使用したり、直接スイッチを押したりする必要ないので、手間が省けて楽です。

解像度で選ぶ

せっかく大きな画面で映像を楽しむのであれば、高画質の方がいい』と思う方がほとんどだと思います。画質にこだわりたいという方は、解像度をチェックしてみてください。

4Kや8Kなど、映像のクオリティが段々高くなっています。テレビのCMでもよく聞きますが、せっかく画質のいいテレビに映しても、HDMIセレクターの解像度が対応していないと意味がありません。

目安はリフレッシュレートが60Hz以上のものが理想です。またケーブルも合わせて選ぶ必要があります。購入の際には必ずチェックしましょう。

リフレッシュレートの数値で選ぶ

同じ4K対応でも値段によってリフレッシュレートは違います。低価格の商品だとリフレッシュレートが30Hzのものがほとんどです。これでは先ほど目安としてお伝えした60Hzの半分の数値になってしまいます。

30Hzは多少動きがカクカクして見えることがあるくらいです。YouTubeなどの動画配信サイトでカクカクするのを経験したことがあると思いますが、そのくらいを想像するとわかりやすいでしょう。

ストレスなくきれいな画質で映像を楽しむのであれば、60Hz以上のものを選んでください。

外部電源の必要性の有無で選ぶ

HDMIセレクターの中には、ACアダプターやUSBなどの外部電源を使うタイプのものも存在します。外部電源を使うタイプは信号が安定すると言われているため、ストレスなく使用でき、ゲームをしたいと考えている方におすすめです。

またUSBを使うことで、さまざまな機械をつなぎやすくなるというメリットも。ただし機械自体の電気消費が激しいと、電源不足になってしまうので注意が必要です。映像途切れてしまう可能性がありますので、注意して選んでください。

信頼できるメーカーで選ぶ

信頼できるメーカーで選ぶメリットは、何かあった際にきちんと対応してもらえるという点です。不良品だった場合でも、取り替えてもらうこともできます。そもそも不良品である可能性も少ないため、少し値段が高くても信頼できるメーカーで選ぶ方がいいでしょう。

安い商品の中には、輸入品だとどこのものだか書かれていない場合もあるので、注意してください。

HDMIセレクターのおすすめのメーカー

ゲームテック

ゲームテック』は4Kに対応した、ACアダプター不要のHDMIセレクターを販売しています。コンセントからの電源なしで、3台まで同時に接続が可能。邪魔にならないコンパクトな作りが特徴で、収納もしやすいのが特徴です。

ヴィルクリン

ヴィルクリン』も4Kに対応しているHDMIセレクターです。最大5台まで同時に接続ができます。切り替え方法が自動でも手動でもできるタイプなので、使い勝手もいいのが特徴。高画質だけでなく3Dにも対応しています。

GANA

GANA』は同時に3台の接続が可能なHDMIセレクター。切り替えスイッチは、手動タイプです。こちらには金メッキ加工がされており、サビに強く長く使えます。ヴィルクリンと同じく、高画質だけでなく3Dにも対応しています。

HDMIセレクター のおすすめ人気比較ランキング

第10位

勝手に切り替わらない完全手動切替タイプのHDMIセレクター

1台で2役になる入出力を双方向で使用できるHDMIセレクターです。4K、3Dにも対応しており、高画質で楽しめるのが特徴。コンパクトで扱いやすく、シンプルなデザインです。

また電源ケーブルがなくても使えるタイプなので、すっきりと使えます。

第9位

3D、4Kの高画質に対応!音質にも画質にもこだわりたい方におすすめのHDMIセレクター

電源アダプターも付いていて、安定的な転送が特徴。PS3やPS4にも対応しているのでゲームをする方にもおすすめです。デジタルオーディオ分離器には3つのモードがあり、多機能で途切れることなく使用できます。

会議やイベント、プレゼンなど、さまざまな場面で使いやすい商品です。

第8位

サンワサプライ HDMI切替器 SW-HD21

3,980円(税込)

同時に2台まで接続できるHDMIセレクター!自動で切り替わるので、手間いらずで簡単接続

HDMIの入力端子が搭載されているテレビ、パソコン、プロジェクターなどに出力可能。入出力用の差込口が同じ方向を向いているので、配線が邪魔にならずにすっきりと収納ができます。

専用の電源アダプターなしで使用ができるのもうれしいポイントです。

第7位

ELEVIEW HDMI2.0 セレクター EHD47

2,999円(税込)

同時に4台まで接続が可能!抜き差しせずに切り替えられるのでとっても便利なHDMIセレクター。

4Kに対応しており、大画面でも画質を損なうことなく映像が楽しめます。また4台同時に接続できることから抜き差しする回数を減らし、故障を防ぐことも。リモコン付きで、離れたところからでも簡単に操作ができるのもうれしいポイントです。

第6位

ヴィルクル HDMI セレクター

1,479円(税込)

5台同時に接続ができるHDMIセレクター。3D映像も超クリアに見えるほどの高画質!

パソコンやDVD、ブルーレイだけでなく、ゲーム機も接続可能。高画質、高音質で映像が楽しめる商品です。自動切替と手動切替の2タイプがあり、入力信号を検知できた場合は自動で切り替えてくれます。

また1年間の安心保証が付いているのもうれしいポイント。万が一、不都合があった場合にも対応してもらえます。

第5位

高画質でありながらも必要最小限の機能だけに厳選されたシンプルなHDMIセレクター。

入力ポートは2つ。手動式の切り替えでボタンを押すだけで切り替えられます。誰にでも操作しやすいのが特徴で、ACアダプターが必要ないです。本体は少し大きめのサイズですが、低価格なのに3D、4Kにも対応しており、画質を落とさずに映像を楽しめます。

第4位

ラトックシステム HDMIマトリックススイッチ ブラック RS-HDSW42-4K

11,257円(税込)

分配器としても使えるHDMIセレクター。同時に4台まで使用可能!

ひとつの映像を別々に転送できる高機能のHDMIセレクターです。手動切替なので、誤作動が起きる心配もいりません。ボタンだけでなくリモコンも付いているので、手動でも簡単に切り替えられます。

4Kにも対応している高画質。リフレッシュレートが60Hzなので、動きの重たいゲームでもなめらかな映像が楽しめます。

第3位

玄人志向 HDMI切替器 セレクタ リモコン付 KRSW-HDR318RA

4,068円(税込)

PC関連に詳しい人から定評のある高品質なHDMIセレクター。

同時に3台つなげられ、抜群の安定感が特徴です。その安定感は玄人からの定評があるほど。手動切替なので誤作動もなく、ボタンやリモコンを使って切り替えられます。

ACアダプターで給電をするため、安定した動作で映像を楽しめるのがポイント。コンパクトサイズなので場所も取りません。

第2位

GANA HDMI切替器4Kx2K HDMI分配器 HDMI-SWITCH-BLA-FBA

998円(税込)

コスパが抜群の高画質HDMIセレクター。同時に3台まで接続が可能!

USBケーブルを使って給電するタイプで使いやすいのが特徴。本体のボタンやリモコンでも切り替えられますが、自動切替式なので手間がかかりません。低価格なのに画質がいいだけでなく、4Kにも対応しています。

サビにくい加工もされているので、長く使えるのがうれしいポイントです。

第1位

ゲームテック 多機種対応HDMIセレクタ

2,304円(税込)

3台同時につないでもすっきり収納できる高画質のHDMIセレクター。

家庭用ゲーム機に関連する機器を作っているメーカーなので、重たいゲームにもストレスなく使えます。電源不要で使用できますが、USBケーブル使っても給電が可能。PS4、Switchをつないでも高画質で楽しめるのがうれしいポイントです。

自動切替、手動切替どちらも付いているので、切り替えも簡単。ストレスなくゲームをするのに最適な低価格のHDMIセレクターです。

HDMIセレクター のおすすめ比較一覧表

商品画像
ゲームテック 多機種対応HDMIセレクタ B071FMKWRZ 1枚目
 GANA HDMI切替器4Kx2K HDMI分配器 B06XN59TJZ 1枚目
玄人志向 HDMI切替器 セレクタ リモコン付 B079J5CV4K 1枚目
ラトックシステム HDMIマトリックススイッチ ブラック B07K8KWGL7 1枚目
BUFFALO HDMI切替器 B004IPRAGK 1枚目
ヴィルクル HDMI セレクター B0773SMTXL 1枚目
ELEVIEW HDMI2.0 セレクター B0787P74WF 1枚目
サンワサプライ HDMI切替器 B0054O6JR0 1枚目
DotStone HDMI音声分離器 B07143N4RV 1枚目
AUKEY HDMI切替器 B01E9SYA04 1枚目
商品名 ゲームテック 多機種対応HDMIセレクタ GANA HDMI切替器4Kx2K HDMI分配器 玄人志向 HDMI切替器 セレクタ リモコン付 ラトックシステム HDMIマトリックススイッチ ブラック BUFFALO HDMI切替器 ヴィルクル HDMI セレクター ELEVIEW HDMI2.0 セレクター サンワサプライ HDMI切替器 DotStone HDMI音声分離器 AUKEY HDMI切替器
型番 HDMI-SWITCH-BLA-FBA KRSW-HDR318RA RS-HDSW42-4K BSAK202 EHD47 SW-HD21 JP-HA-H04
特徴 3台同時につないでもすっきり収納できる高画質のHDMIセレクター。 コスパが抜群の高画質HDMIセレクター。同時に3台まで接続が可能! PC関連に詳しい人から定評のある高品質なHDMIセレクター。 分配器としても使えるHDMIセレクター。同時に4台まで使用可能! 高画質でありながらも必要最小限の機能だけに厳選されたシンプルなHDMIセレクター。 5台同時に接続ができるHDMIセレクター。3D映像も超クリアに見えるほどの高画質! 同時に4台まで接続が可能!抜き差しせずに切り替えられるのでとっても便利なHDMIセレクター。 同時に2台まで接続できるHDMIセレクター!自動で切り替わるので、手間いらずで簡単接続 3D、4Kの高画質に対応!音質にも画質にもこだわりたい方におすすめのHDMIセレクター 勝手に切り替わらない完全手動切替タイプのHDMIセレクター
価格 2,304円(税込) 998円(税込) 4,068円(税込) 11,257円(税込) 1,800円(税込) 1,479円(税込) 2,999円(税込) 3,980円(税込) 2,775円(税込) 2,099円(税込)
商品リンク

HDMIセレクターのおすすめまとめ

さまざまな楽しみ方ができるHDMIセレクターは、ひとつ持っておくと便利です。例えば、子供の運動会の動画、スマホやタブレットで見られる会員制の動画配信サイトなどを大きなテレビやプロジェクターに映して見ることも可能です。

好きな映像を映せると趣味もより楽しめるはず。ゲームを大画面で楽しむこともできます。価格もそこまで高いものではないので、気になる方はこちらの記事を参考にぜひ購入してみてください。

記事をシェアして友達にも教えよう!

HDMIセレクター
のおすすめ関連記事をもっと見る