EMSのおすすめ人気比較ランキング10選【最新2020年度版】

【最新版】EMSの人気10アイテムのおすすめ比較ランキング。EMSの特徴や選び方から価格情報やスペック情報、クチコミやレビューまで徹底比較。最後に編集部おすすめのEMSをランキング形式でご紹介。
ym773

健康的に筋肉を鍛えるためには、ジムでのトレーニングやウォーキングがおすすめです。しかしジムに通ったり、軽い運動をしたりする時間がない方もいます。

そんな方におすすめしたいのが、装着するだけで筋肉を鍛えられる『EMS』。手軽に筋肉が引き締められるのでとても便利です。今回はEMSについて紹介していきます。お気に入りの商品をぜひ見つけてください。

EMSとは

EMS おすすめ 概要

EMSとは『Electrical Muscle Stimulation』の頭文字を使用した医療器具を指します。電気を微量に流して筋肉を刺激させることにより筋トレをしたような効果が得られます。

体型の引き締めや体の痛みを除去できる点がメリットです。操作もかんたんなのでどなたでも扱いやすいです。腹筋ベルトなど一般家庭向けのものも販売されています。

EMSのおすすめの使い方

EMS おすすめ 使い方

使う部位を毎日変える

EMSはパッド状やベルトタイプになっているので、使いたい場所に貼り付けることが可能。体の部位により使用できる商品が異なるので、購入の際は使いたい部位に対応しているのか確認する必要があります。

EMSは毎日同じ部位に行わないほうが効果的なので、日によって使用部位を変えるのがおすすめ。理由としては筋肉を鍛えた翌日に休ませると細胞が回復し、筋肉の締まりが良くなるからです。場所を変えることにより筋力トレの効果が上がりやすくなります。

鍛えてる部位を意識する

EMSで鍛えられる部位として挙げられるのは『太もも』や『ふくらはぎ』などの脚の部分。ほかには『腹筋』や『ヒップ』などが代表的です。筋トレを始める際には、自分がどの部位を鍛えたいかをはっきり認識する必要があります。

EMSの効果を上げるには、お尻や太ももなどの大きな筋肉からトレーニングしていくのがポイントです。

EMSを使うメリット・デメリット

EMS おすすめ メリット・デメリット

EMSを使うメリット

腹筋運動に比べて首や腰のケガが少ない

腹筋運動をすると、無意識のうちに体に余計な負担がかかってしまい、腰や首を痛めてしまう恐れがあります。腹筋が弱い状態なのに無理に動かそうとするからです。最悪の場合ギックリ腰になることも。

首や腰にはたくさんの神経が通っており万が一、痛めてしまうと回復が遅れることもあります。首や腰を傷めにくいのでEMS腹筋ベルトを使うのがおすすめです。

効率よく腹筋を鍛えられる

自力で腹筋をした場合、鍛えたい場所を効率的にトレーニングするのは難しい傾向があります。もともとの腹筋が弱いと起き上がるだけで精一杯だからです。ある程度腹筋が強い人でないと効果が出ません。

腹筋が弱い人が効率よく鍛えるためには、EMS腹筋ベルトを使うのがおすすめです。高品質のEMS腹筋ベルトは科学的データに基づいて製造されており、お腹に付けるだけで腹筋を効果的に鍛えられます。

いつでもどこでも使用できる

筋肉を鍛えるには一度に長い時間行うよりも、毎日少しずつ行った方が効果が出やすいです。しかし頻繁にジムやウォーキングに行ける人ばかりではないのが実情です。

そこで便利なのがEMS腹筋ベルト。自宅にいながら手軽に筋肉トレーニングができるので、小さな子どもがいる人におすすめです。洋服の下に付けるだけなので、テレビを見たり家事や仕事をしながら筋肉を鍛えられます。無理な運動をしなくて済むので、忙しい日々でも継続的に行えるでしょう。

EMSを使うデメリット

質の悪いEMSを購入してしまう可能性がある

EMSの中には、科学的効果のない粗悪品も出回ってるので注意が必要です。ただ震えながら動作しているだけでまったく効果が得られません。購入する際は、効能について明確に表記されているものを選んでください。ネットなどで口コミレビューをチェックするのも良いでしょう。

着目するポイントはどれだけ筋トレ効果があるのかということより、科学的根拠に基づいた理論がきちんと明記されているかという点です。その説明が明確になされていれば正規の商品であることがわかります。

EMSのおすすめの選び方

EMS おすすめ 選び方

形状で選ぶ

ベルト型

ほとんどの腹筋EMSは『ベルト型』です。ベルトをするように腹部にくるくると巻いて使います。ベルト状なので外れにくいのが良い点。動きを気にしないで家事や仕事などの作業ができます。頻繁に位置を直さないで済むのでイライラしないでしょう。忙しく動き回る人にぴったりの形状です。

注意点は自分の腹囲のサイズに合った商品を選ぶこと。あらかじめ腹囲を計測しておく必要があります。ちょうどよいサイズでないと緩すぎたりきつすぎる場合があるので、サイズ選びは肝心です。

パッド型

パッド型』は貼り付けるタイプなのでサイズを気にしないで使えるのがメリット。体を締め付けないのでストレスを感じることなく装着が可能です。ジェルの力で肌に密着させるので、付けているのがわかりにくいほど身軽です。

パッド型のランニングコストとして、ジェルパッドの交換費用がかかります。肌に密着させるため消耗がしやすいので、購入時には交換サイクルを確認するのをおすすめします。続けやすい価格の商品を選ぶと良いでしょう。

グローブ型

グローブ型』は手袋の形をしたEMSで手に装着して利用。使用方法はグローブを装着した後スイッチを入れて、鍛えたい部位に手を当てて筋トレをします。フェイスラインや足などにも使えるので便利。グローブを付けたまま自在に鍛えたい場所に手を動かせるので、ベルト型やパッド型より自由に使えるのが良い点です。

グローブ型を使っている間は手が塞がるので家事や仕事をしながらの使用はできません。
お風呂に浸かりながら使用できる商品もあり、リラックスしながら効果的に筋肉を鍛えるのも良いでしょう。

目的に合わせて選ぶ

ダイエット

EMSを利用したい人は、日常生活で運動する習慣がない人が多いです。運動不足になると体の代謝が落ちるので太りやすくなる恐れがあります。ダイエット目的で試してみる人も多いですが、その場合いきなり強い刺激ではなく、弱めの刺激から始めるのがおすすめ。普段運動をしていないと弱めの刺激でも十分効果があるといわれています。

とにかく続けることが重要なので、EMSの使用を毎日の習慣に取り入れることが肝心です。運動不足の人ほど習慣づけた方が良いでしょう。短い時間で良いので継続することで効果が出やすくなります。

トレーニング

普段から運動をしている人がEMSを使う場合は、自分の体をさらに鍛え上げたい人が多いです。そんな方には本格的筋トレができるEMSをおすすめします。

商品価格やランニングコストはやや高めですが、品質も良く効率的に体をグレードアップさせることが期待できます。普段から鍛えている人は弱めの刺激では効果が上がらないので、刺激が強いモードが搭載されているものを選ぶと良いでしょう。

使いたい部位で選ぶ

EMSは鍛えたい部位に直接貼り付けて使用するので、部位によってEMSの形状が異なります。腹筋を全体的に鍛えたい場合は、腹囲をすっぽりと覆うベルトタイプがおすすめ。一度の使用で広範囲にわたり効果が得られます。

集中的に腰や太もも、ふくらはぎなどを鍛えたい場合は、ジェルパッドがおすすめです。一点集中で鍛えたい場所に焦点を当てて刺激をあたえます。フェースラインや二の腕など範囲が広くない部位にはグローブタイプが良いでしょう。自在に動かせるので力の強弱を加減できます。

周波数で選ぶ

EMSでは大きく4つの周波数が使われており、低周波、中周波、干渉波、高周波に分類されます。どの周波数のEMSが効果的かというと、鍛えたい部位によってそれぞれ違いがあります。

一般的に筋肉を大きくして、美しく見せたい場合は低周波のEMSがおすすめです。表面的な筋肉(アウターマッスル)には低周波が届きやすいからです。反対に体の奥にある筋肉(インナーマッスル)には干渉波を使ったEMSが最適でゆっくりと効果が得られます。それぞれの鍛えたい部位にぴったりな周波数のものを選ぶと良いでしょう。

電源のタイプで選ぶ

EMSは電流を使用するので電力の供給が必要です。供給方法は『電池式』と『充電式』の2通りがあり商品によって異なります。EMSの使用中は電流を流し続けるのでバッテリーがすぐになくなります。

電池だと頻繁に交換をしなくてはならないので手間がかかることも。充電式なら使っていないときに充電すればよいだけなので面倒くさくありません。購入後の手間も考えて電源のタイプもチェックして選ぶと良いでしょう。

ランニングコストで選ぶ

EMSのランニングコストは、パッドなどの消耗品と電池代や電気代です。パッドは定期的に交換しないと正常な効果が得られないので、必要に応じて購入する必要があります。

EMSには充電式と電池式があり、充電式の場合は電気代がどのくらいかかるのか、電池式の場合は月にどれくらいの電池を使うのかという点をチェックしたほうがいいでしょう。一般的には電池式の方が充電式よりも電気代が少し高くなるようです。ランニングコストを考えながらの商品選びをおすすめします。

信頼性のあるものを選ぶ

EMSは体に直接貼り付けて電気を流す装置なので、体に安全かどうかも重要なポイント。筋トレの効果だけでなく安全性の面でも信頼の置ける商品を選びたいものです。

EMSを開発販売しているメーカーの中から、一流企業の製品を選ぶのも確実な方法の一つです。価格面だけで選ぶのではなく、商品に科学的根拠がきちんと明記されているか、専門家が監修しているかなども確認すると良いでしょう。説明書に周波数や電気刺激の波形などが記載されているかをしっかりチェックするのも必要です。

EMSのおすすめのメーカー

EMS おすすめ メーカー

エムティージー

エムティージー』は美容や健康機器に重点を置いて開発販売している日本のメーカー。『SIX PAD』のブランドでEMS製品を販売しています。スタイリッシュで高性能な商品が
人気です。

マクセル

マクセル』は日本を代表する精密機器のトップメーカー。理美容、健康機器でも数多くの製品を開発販売しています。EMS製品では『もてケアEMS運動器』シリーズを展開。信頼性が高いメーカーなので安心です。

スロトレ

スロトレ』は千葉県でフィットネスクラブを展開している『川辺スタジオ株式会社』が手がけているEMSのブランド。コスパが良くて使いやすいEMSを開発販売しています。本体価格が安いだけでなく、消耗品などのランニングコストが低い商品で人気です。

EMSを使用する際の注意

EMSはダイエットや筋トレにとても効果がありますが、EMSだけに頼らないことも大切です。健康的な生活を送ることを心がけながら、補助としてEMSを使用することをおすすめします。

ダイエットをしたくてEMSを使う場合は有酸素運動との併用が効果的です。EMSは筋肉を鍛える効果はありますが脂肪を燃やすことは期待できません。EMSを使えばダイエットできると安易に考えずに、有酸素運動で脂肪を燃やしながら基礎代謝を上げていくていくのがおすすめです。

EMS のおすすめ人気比較ランキング

第10位

エステティックサロンTBCが開発したEMS

大手エステティックサロンTBCが開発したオリジナルEMSになります。TBCのボディシェイプ理論に基づいて設計された商品です。独自のプログラムにより効率的に筋トレができます。

腹囲を効率よく刺激しキュッと締まったくびれが期待できる腹部モードに、腰や骨盤周りを刺激して体幹を鍛える腰用モードが搭載。メリハリのきいた美ボディを手に入れられるでしょう。ヒップや腰などに装着していてもかんたんに操作できるリモコン機能が便利です。

第9位

Jeanette B Mock  EMSマッサージ機 JBM-SL1080

3,180円(税込)

安全ロック機能付きで安全に使用ができる

安全ロック機能が付き、モードと強度が変更できないので操作ミスを防止。マッサージのタイプが16種類あり多彩なモードを楽しめます。電流の強度も20種類あり、使いたい部位によって細かく分けてはいかがでしょう。イヤーマッサージや足つぼ療法もあります。

期待できる効果としては血行や新陳代謝の促進。疲労回復やダイエット、神経痛や筋肉痛の緩和などがあります。様々な機能を搭載しながらもコスパの良さは抜群です。

第8位

MTG  シックスパッド アブズベルト

43,780円(税込)

いつでもどこでも装着できる充電式のEMS

EMS製品で有名なMTGのシックスパッドのシリーズ品です。気になるお腹周りを効率的に鍛えられます。薄さ約3mm、重さが180gと軽量なので装着していても違和感がありません。

高電導ジェルパッドを採用し体にぴったりとフィット。電導性と水分吸水性が高く、低刺激なので肌に負担をかけません。スマホのアプリと連動しているので多彩なモードを楽しみながら筋トレするのも良いでしょう。価格はやや高めですが高性能で品質の優れた商品です。

第7位

MTG シックスパッド アブズフィット2 IF-AF2212F-R

28,380円(税込)

腹筋を集中的に鍛える人気のシックスパッドEMS

腹筋を集中して鍛えることで開発されたシックスパッドのEMS。ブラックにオレンジ色のラインがスタイリッシュな商品です。コードレスタイプで薄さ3mmの超薄型。お腹につけてもすっきりとした付け心地です。

シックスパッド専用の高電導ジェルシートにより、皮膚の表面に負担をかけずに筋肉を鍛えられます。充電式で電池の交換はいりません。約5時間の充電で30回の使用ができます。高級モデルなので価格は高めですが、購入した後の満足感が非常に高い商品です。

第6位

Shop Japan スレンダートーン シリーズ 腹筋ベルト

9,500円(税込)

周辺の筋肉まで引き締める独自の技術を搭載

ショップジャパンが販売するインナーマッスルの引き締めによく効くEMSです。ベルト状になっていて使用するときはお腹周りに巻きつけます。本体に付いているリモコンで手軽に操作ができるので使い勝手が良いのがメリット。パソコンのUSBで手軽に充電ができます。

トレーニングプログラムが10種類あり多彩なモードが体験可能。お腹の正面だけでなくわき腹も鍛えられ全体的に締まったお腹になれます。インナーマッスルまで鍛えるのでダイエットのプログラムのひとつに取り入れるのも効果がありそうです。

第5位

SLOTRE EMS 腹筋 ベルト 充電式 お腹 腕 セット 9段階調節 6モード 日本語説明書付き 

2,999円(税込)

コスパ抜群で手軽に使える人気のEMS腹筋ベルト

手軽にトレーニングできるコンパクトサイズのEMS。大変な思いをして筋トレをしなくても手軽に体を引き締められます。SLOTRE EMSを20分使用するだけで、ジョギング2.5km、腹筋30分、自由水泳30分を行ったのと同じ効果が得られます。

6種類のモードと9段階の強度調節が可能。使用する場所は腕、ふくらはぎ、お腹周りなどさまざまな部位に対応してるので、気になるところに装着してください。

第4位

エレコム EMS ECLEAR lean エクリア リーン ブルー2個入り パッド大1枚+パッド小2枚付属  HCT-P01BU2

6,850円(税込)

貼るだけで筋肉を引き締める女性向けのEMS

エレコムが開発販売している女性向けのEMSです。中周波と低周波をうまく組合せ電気刺激をあたえます。女性特有のぽっこりとしたお腹の筋肉を鍛えながら引き締めます。チクチクとした刺激感が少ないので快適に使用できるでしょう。

「キレイをつくるエクササイズブック」が付属。引き締め効果が上がる8つのオススメポーズを紹介しています。超軽量でコンパクトサイズなので持ち運びも便利。バッグの中に入れていつでも筋トレができます。

第3位

スリムデボーテ スリムデボーテ

6,788円(税込)

女性のために作られた美ボディ用のEMS

女性の体を考え抜いた設計のEMS。女性のヒップや腰回り、お腹周りの筋肉にぴったりフィットし、大事な骨盤を支える筋肉をバランスよく引き締めます。色の種類は女性らしいカラーのピンクとホワイトの2色です。

インナーマッスルとよばれる大腰筋や腹横筋までしっかりとトレーニング。3種類のパルスを使用することにより、まるで整体サロンで受けるような施術が再現されます。体の芯から整えられるでしょう。使い続けて行くうちに憧れの美ボディに近づいていきそうです。

第2位

東レ EMSフィットネスマシーン トレリート EM300

18,421円(税込)

効果的な筋トレが期待できるコンパクトなEMS

東レが提供するトレリートシリーズの中のひとつ。バッグの中にスッポリ入るコンパクトサイズのEMSで、単4形アルカリ乾電池3本を使用し充電式ではありません。

腹部や二の腕、太ももなど幅広い部位で使えるEMSです。トレリートを使用していくうちに基礎代謝が向上します。筋肉が鍛えられることにより体脂肪をエネルギーとして消費するパワーが上がり太りにくい体になれるでしょう。価格はやや高めですが確かな理論に基づいた東レの商品なので、安心して使用ができます。

第1位

マクセル  EMS運動器 4極タイプ MXES-R400YG

10,116円(税込)

薄くてやわらかいシリコン素材でできたEMS

さまざまな刺激が体感できる15ステップのオリジナルプログラムを搭載したEMS。本格的な筋トレができる「プロフェッショナル」と通常の筋トレができる「スタンダード」があります。「プロフェッショナル」は女性向きのラインナップもあります。

低周波の電気刺激により筋肉の収縮運動を促進。体が疲れることもなく効率的に筋肉が鍛えられます。充電式なので面倒な電池の交換が不要です。やわらかいシリコン素材でできており肌に優しく装着できます。

EMS のおすすめ比較一覧表

商品画像
マクセル  EMS運動器 4極タイプ B01MU0H75Y 1枚目
東レ EMSフィットネスマシーン トレリート B07VMR9T9K 1枚目
スリムデボーテ スリムデボーテ B0162831OK 1枚目
エレコム  EMS ECLEAR lean エクリア リーン ブルー2個入り パッド大1枚+パッド小2枚付属  B07398C465 1枚目
SLOTRE EMS 腹筋 ベルト 充電式 お腹 腕 セット 9段階調節 6モード 日本語説明書付き  B07F166N7W 1枚目
Shop Japan スレンダートーン シリーズ 腹筋ベルト B00O8LSV2Q 1枚目
MTG シックスパッド アブズフィット2 B06Y3YPGG8 1枚目
MTG  シックスパッド アブズベルト B06Y3P2FPC 1枚目
Jeanette B Mock  EMSマッサージ機 B07PSL6SX7 1枚目
TBC スレンダーパッド B071V53FLB 1枚目
商品名 マクセル  EMS運動器 4極タイプ 東レ EMSフィットネスマシーン トレリート スリムデボーテ スリムデボーテ エレコム EMS ECLEAR lean エクリア リーン ブルー2個入り パッド大1枚+パッド小2枚付属  SLOTRE EMS 腹筋 ベルト 充電式 お腹 腕 セット 9段階調節 6モード 日本語説明書付き  Shop Japan スレンダートーン シリーズ 腹筋ベルト MTG シックスパッド アブズフィット2 MTG  シックスパッド アブズベルト Jeanette B Mock  EMSマッサージ機 TBC スレンダーパッド
型番 MXES-R400YG EM300 HCT-P01BU2 IF-AF2212F-R JBM-SL1080
特徴 薄くてやわらかいシリコン素材でできたEMS 効果的な筋トレが期待できるコンパクトなEMS 女性のために作られた美ボディ用のEMS 貼るだけで筋肉を引き締める女性向けのEMS コスパ抜群で手軽に使える人気のEMS腹筋ベルト 周辺の筋肉まで引き締める独自の技術を搭載 腹筋を集中的に鍛える人気のシックスパッドEMS いつでもどこでも装着できる充電式のEMS 安全ロック機能付きで安全に使用ができる エステティックサロンTBCが開発したEMS
価格 10,116円(税込) 18,421円(税込) 6,788円(税込) 6,850円(税込) 2,999円(税込) 9,500円(税込) 28,380円(税込) 43,780円(税込) 3,180円(税込) 18,595円(税込)
商品リンク

EMSのおすすめまとめ

美しく均整の取れた健康な体はその人の人生に喜びをあたえてくれます。つらい運動をしなくても手軽に筋トレができるEMSは、運動不足に悩む人にとても便利な商品です。

EMSはリーズナブルなものから高価なものまでさまざまな価格のものがあります。最近は手頃な価格でも高性能なものがたくさんあるので、まずは購入しやすい商品から試してみるのも良いでしょう。自分にぴったりのEMSが見つけてください。

記事をシェアして友達にも教えよう!

EMS
のおすすめ関連記事をもっと見る