クラッカーのおすすめ人気比較ランキング10選【最新2020年版】

【最新版】クラッカーの人気10アイテムのおすすめ比較ランキング。クラッカーの特徴や選び方から価格情報や商品情報、クチコミやレビューまで徹底比較。最後に編集部おすすめのクラッカーをランキング形式でご紹介。
kurorokin

そのまま食べても食材を上に乗せたりはさんでもおいしい『クラッカー』。手軽でアレンジもしやすく、一人の晩酌や大人数でのパーティーでも活躍します。

さまざまな場面で目にするクラッカーですが、他の食品と比べて見た目の差が分かりにくく、多くのメーカーから発売されておりどれを選ぶべきか迷いやすい食べ物でもあります。

今回は自分好みのクラッカーを見つけるために、クラッカーの種類や食べ方、人気商品などチェックしましょう。

クラッカーのおすすめの選び方

味で選ぶ

プレーン

クラッカー おすすめ プレーン

プレーンはジャムやクリームをトッピングしたり、おかずのような味の濃い食材とも相性のよい万能タイプ。ほんのりとした塩味がやさしくマッチするプレーンタイプは、そのまま食べてもおいしいですが、別の食材とともに食べる土台としても優れているフレーバーです。

また数あるクラッカーのフレーバーの中で一番シンプルな味であるため、大人数が集まるパーティーでも使えます。

チーズ味

クラッカー おすすめ チーズ味

クラッカーに練りこまれていたり直接サンドされていることもあるチーズ味です。チーズ味は、お酒のおつまみとしてもよく選ばれます。チーズの香りがしっかり感じられ、お酒をのむ集まりでも活躍してくれるでしょう。クラッカーが好きな方はぜひ一度焼きたての香ばしいチーズクラッカーを作ってみてください。

サンド型

サンド型は2枚のクラッカーを使い、間に好きな食材をはさむ形のクラッカーです。主にプレーン味が使われ、ジャムやクリーム、チョコレートを使った甘いサンドが人気です。好きな食材を使い、オリジナルのクラッカーを間食やおつまみにしているという方も。アレンジレシピも多く投稿されているため、パーティーでも使いやすいです。

調理方法で選ぶ

オイルスプレータイプ

生地を焼き、最後にオイルスプレーをする製法のクラッカーです。表面の植物性油のおかげで口の中がパサつきにくく、飲み物がなくても手が進む口当たりに仕上がります。

オイルを使用している分カロリーも少し高く、ソーダタイプと比べると約1.3倍の差があります。少しですが、手で触れると油分がつくのも特徴です。ナビスコのリッツ(リッツ)がオイルスプレータイプの代表的な商品として挙げられます。

ソーダタイプ

原材料名だけでソーダタイプかオイルスプレータイプか判断するのは難しいですが、表面に油分がなくサクッと感じやすいのが、ソーダタイプのクラッカーです。オイル特有のコクはありませんが、その分小麦や全粒粉など素材本来の味が楽しめます。

比較的低カロリーで、ダイエット中でも気軽に食べられるクラッカーとして人気ですが、メーカーによっては砂糖・塩不使用タイプや少ない材料で作った物など、よりカロリーの低さと健康面を追求した商品もあります。

原材料で選ぶ

全粒粉使用

クラッカー おすすめ 全粒粉

小麦粉は小麦の皮など取り除いて粉砕され作られますが、全粒粉は小麦の皮や胚などをすべて挽いた粉を指します。全粒粉は小麦粉や薄力粉と比べると食物繊維やビタミン含有率が高く、健康的だと評判。まさに小麦そのものといった黄金色をしています。

全粒粉を使用したクラッカーは通常の商品より価格が少し高めの傾向にありますが、健康維持のため検討してみるのもよいでしょう。

野菜を練りこんだもの

野菜を練り込んだタイプは特に野菜嫌いのお子さまをもつ家庭から人気があります。お菓子感覚で野菜の栄養を摂れるので、ビタミンや食物繊維が豊富でかつカロリーも少ないため、ダイエット中のお供にも。

野菜クラッカーはスーパーや100円ショップなど身近な店舗で見かけることもありますが、手作りしやすいのもポイントです。野菜を細かくして使っても、パウダータイプのものを使っても簡単に作れます。

グルテンフリー

クラッカー おすすめ グルテンフリー

グルテンとは小麦やライ麦に含まれるたんぱく質です。これを抜くことによって美容やダイエットに効果があるといわれており、多数の芸能人やアスリートがグルテンフリーを実行し話題となりました。

クラッカーは主に小麦を使う食品ですが、グルテンフリーの商品も製造されています。グルテンフリーのクラッカーは小麦を使わないかわりに、アーモンドパウダーや米粉、とうもろこし粉などを使って作ります。

塩分不使用

そのまま食べてもおいしい無塩クラッカーですが、味の濃い食材を乗せたり、なにかをサンドして食べるときによく使われます。乗せる食材の味をじっくり楽しみたいときにも選ばれる種類です。

濃い塩分が含まれている食材を使いたい場合は、健康のために無塩や減塩を意識してクラッカーを選ぶとよいでしょう。パッケージの原材料名を確認すれば、塩分が使用されているかわかります。

天然酵母配合

天然酵母は、クラッカーをふくらませるためにも使われます。天然酵母を配合した場合、菌や微生物などの力を使い発酵させ、奥深い香りと風味がでます。

小麦のもつ酵母から育った菌は通常のクラッカーよりも奥深い香りがします。この香りは酵母とともにいる乳酸菌などが発酵したものであり、何もつけずにプレーンタイプを食べても、風味を感じる本格的なクラッカーになります。

クラッカーのおすすめメーカー

前田製菓

あたり前田のクラッカー』を耳にしたことのある人も多いでしょう。前田製菓はクラッカーやクッキーなどをお菓子を中心とする製造メーカーで、創業100年を越えるベテラン企業です。プレーンクラッカーはもちろん、穀物や果物を使ったクラッカーも人気商品であり多くの販売店で取り扱われています。

ナビスコ

ナビスコの代表商品といえば『リッツ』や『PREMIUM』であり、世界中で愛されています。ナビスコはクラッカーを使ったアレンジ方法やレシピを膨大な数紹介しているため、新しいアレンジを開拓したい方はぜひ一度サイトを見ていただきたいです。クラッカー愛のあふれるメーカーであることが感じられます。

森永製菓

お菓子メーカーの森永製菓は、クラッカー商品の取り扱いが少ないです。しかし小麦の貴重な部分をふんだんに使い『おいしく、たのしく、すこやかに』を体現した健康的なクラッカーなど、ファンを掴んで放さない人気商品もあります。

ブルボン

ルマンド』や『アルフォート』で知られるブルボンでは、味だけでなく包装やいかに食べやすい形にするかなど細かい部分に着目してクラッカーを作っています。より細部にこだわりをもち他メーカーと差をつけています。

ヤマザキビスケット

クラッカーを使った食生活を推奨し、朝食からおつまみ、デザートに使える汎用性の高いクラッカーを販売するヤマザキビスケット。山崎製パンのもつ製法や知識を駆使して、日本中から愛される商品を作っています。

クラッカーのおすすめアレンジレシピ

チーズとサーモンをのせて

クラッカー おすすめ チーズサーモン

クラッカーにチーズとサーモンをのせるだけで、見た目も味も最上級になります。チーズはモッツアレラでもクリームチーズでもよいですし、使うサーモンは生でもスモークでも問題ありません。

サーモンの鮮やかな色が食卓を彩り、チーズとの組み合わせで高級感がでます。二つの食材を乗せるだけなので、大人数で集まるパーティーでもサッと出せるのがポイントです。

ジャムやマシュマロをはさんで

クラッカー おすすめ ジャムマシュマロ

甘い食材をクラッカーにはさみ、サンド型として食べるレシピも人気。サクサクとした食感とマシュマロのやわらかさが混ざり、口の中が不思議な感覚になってしまうクラッカーがです。

マシュマロをクラッカーにはさむ際は、単体だとすべり落ちて見栄えが悪くなるため、ジャムやはちみつなど粘り気のある食材とともに使いましょう。アレンジにさまざまな材料を足して、自分オリジナルのクラッカーサンドを作っていただきたいです。

アボカドディップをつけて

クラッカー おすすめ アボカドディップ

濃厚なアボガドで作ったディップは、素朴な味のクラッカーと非常に相性がよいソースになります。簡単なものなら、アボガドにマヨネーズや塩コショウを混ぜてベーシックなソースに。トマトや玉ねぎ、タバスコなどを足すとサルサの一種であるワカモレにすることもできます。

アボガドと相性のよい食材は、にんにくやレモン汁、クリームチーズなどです。混ぜるだけでお店のディップソースのような本格的な味に仕上がるので、ぜひ試してください。

クラッカー のおすすめ人気比較ランキング

第10位

モンデリーズ・ジャパン 160g×10箱 リッツチーズサンド

2,112円(税込)

定番リッツにチーズをはさんだ、お子さまから酒飲みまで大人気の一品

ナビスコが販売するクラッカー・リッツに、濃厚なチーズがサンドされています。とても濃いチーズの味と少し塩気のあるクラッカーは、濃い味が好きなお子さまからお酒を嗜む大人まで、老若男女に愛される味つけです。

ただしチーズがはさまっている分、2枚当たり約98kcalでありカロリーは非常に高く、ダイエット中の方は要注意のクラッカーでもあります。同じ形式の商品でリッツバニラサンド・チョコサンドも販売中

第9位

前田製菓 野菜クラッカー サプ 70g×20袋

2,398円(税込)

数多くの野菜クラッカーを取り扱う、日本中で親しまれているメーカー

パッケージに「あたり前田の野菜クラッカー」と書かれています。パセリ、チンゲン菜、トマトなど5つの野菜が練りこまれており、表面には野菜の粒が見え素材を感じられるクラッカーです。

忙しい方の朝食にもなり、カバンに忍ばせておく軽食としても使えるため、ファンも多いシリーズ。健康志向な方には同じく前田製菓の、10種類の野菜を練りこんだバージョンもおすすめです。

第8位

La Panzanella(ラ・パンツァネーラ) 170g ミニクロッカンティーニ ローズマリー

680円(税込)

シアトルで作られた、ティータイムに食べたくなるような高級クラッカー

クラッカーの厚さは驚きの1mm。薄くパリッとした食感が特徴で、食べた瞬間ローズマリーの風味が口いっぱいに溢れます。ローズマリーの風味と少し粗い岩塩の塩気が非常にマッチし、「油断するとすぐになくなってしまう」との口コミ投稿も。

添加物不使用で少ない素材からできたクラッカーは、小麦の風味を口で感じられます。ローズマリー風味であるにもかかわらず、スープに沈めたり肉料理とあわせるなど、別の食材とともに食べても違和感のないクラッカーです。

第7位

ヤマザキビスケット ルヴァンクラシカル6P 36枚×5箱

938円(税込)

シンプルな味わいだからどんな食材でもあわせられる、ヤマザキビスケットのソーダクラッカー

ヤマザキビスケットの代表的なクラッカーで、層を感じさせる食感と風味は、飽きない味に仕上がっています。そのままお菓子のように食べる方法もよいですが、ヤマザキビスケットではクラッカーと料理を組み合わせるレシピも出しています。

例えば砕いてサラダのトッピングとして使ったり、あんかけチャーハンに混ぜておこげがわりに使うなど、シンプルな味だからこそ汎用性の高いクラッカーです。減塩派の方には、同シリーズのノントッピングソルトもおすすめ。

第6位

ブルボン プレーンクラッカーS 30枚×5箱

972円(税込)

長方形のクラッカーだから食材が乗せやすく、パーティーにもぴったり

国産小麦を80%使用したクラッカーで、麦芽の風味と甘さを感じられるモルトエキスといった天然素材も使用しています。

塩や植物油、マーガリンが使われていますが塩気が強いわけではく、別の食材とあわせることでお互いを引き立たせるようなクラッカーです。アボガドディップのような濃厚な食材からクリームチーズのみのシンプルなものまで、どの場面でも活躍する定番商品です。

第5位

森永製菓 小麦胚芽のクラッカー 64枚×4箱

1,188円(税込)

栄養バランスが整っているクラッカーは、お子さまの栄養補給にも有効的

小麦胚芽とは小麦の中にある非常に小さな麦芽であり、小麦全体から2%しか収穫できません。小麦の生命力が集まる部分でもあり、小麦の中でも非常に栄養価の高い部分となっています。

お子さまの成長に必要不可欠な5大栄養素に食物繊維や鉄分が加わり、バランスのよいお菓子となりました。丸型なので見栄えよくアレンジができるクラッカーですが、なにもつけずともおいしく食べられるよう、砂糖や調味パウダーで味つけもされています。

第4位

モンデリーズ・ジャパン 128g リッツ クラッカーS

820円(税込)

薄く塩味のついた香ばしさがファンを離さない、人気のロングセラー商品

1934年に誕生してから多くの方に愛されてきたクラッカーです。サクサクした食感が最大限活かされ、オイルのふわっとしたやさしいコクが口の中で広がります。おつまみとしてそのまま食べてもおいしいですが、そのオイルの風味が食材との相性もよく、パーティーの主役としても活躍するでしょう。

日本で販売しているリッツは、日本人の味覚にあわせた風味に改良し作ったものです。海外旅行の際に味を比べてみるのも面白いかもしれません。

第3位

ブルボン 天然酵母のクラッカー 48枚

227円(税込)

乳酸菌入りでカロリー計算も簡単な、ダイエット時の強い味方

天然酵母で発酵させたクラッカーなので、乳酸菌が含まれています。天然酵母の特徴である風味高い香りが特徴なこちらは、砂糖不使用にもかかわらず自然な甘さが感じられます。

卵の殻を粉状にした素材である卵殻未焼成カルシウム配合なので、1袋につき70mgのカルシウムも摂取できる優れもの。1袋6枚入りで80kcal、2袋食べることで茶碗約1杯のエネルギー量となり、栄養補給も簡単です。我慢できない空腹や間食にもおすすめのクラッカーです。

第2位

ナビスコ プレミアム オリジナル クラッカー 241g×3

1,378円(税込)

少ない原材料でシンプルな味を表現した、アメリカ生まれのクラッカー

従来は正方形のクラッカーでしたが、販売会社が変わったと同時にクラッカーが2枚つながった状態の長方形に変更。その際に以前使用していた材料であるライ麦粉と炭酸カルシウムをなくし、6つのみの材料でシンプルな味に仕上げられました。

より香ばしくなった食感とクラッカー本来の味で、スープやサラダなどさらに料理にあわせやすくなっています。

第1位

ヤマザキビスケット ルヴァンプライムスナックS 39枚×10箱

1,331円(税込)

独自の技術により改良を重ねた、国産のやさしい味

顧客の意見をいち早く取り入れどんどん進化していくクラッカーです。発酵や加熱に着目して、クラッカーの幅を均一化させさらにサクサク感を増しました。この食感が人気で、何枚食べても飽きがこず、「つい手が止まらなくなってしまう」と口コミ評価が高く人気です。

ルヴァンシリーズは素材本来の味が感じられると評判なので、香ばしいクラッカーが好みの方には通常のルヴァンやルヴァンクラシカルもおすすめ。

クラッカー のおすすめ比較一覧表

商品画像
ヤマザキビスケット ルヴァンプライムスナックS 39枚×10箱 B077RHWYBG 1枚目
ナビスコ プレミアム オリジナル クラッカー 241g×3 B07BFJ2Y5B 1枚目
ブルボン 天然酵母のクラッカー 48枚 B01MDTST2X 1枚目
モンデリーズ・ジャパン 128g リッツ クラッカーS B07HG3DGKD 1枚目
森永製菓  小麦胚芽のクラッカー 64枚×4箱 B07C3T5DJ6 1枚目
ブルボン プレーンクラッカーS 30枚×5箱 B06WP2KY4W 1枚目
ヤマザキビスケット ルヴァンクラシカル6P 36枚×5箱 B077RF5KSC 1枚目
La Panzanella(ラ・パンツァネーラ) 170g ミニクロッカンティーニ ローズマリー B00EOFR1WC 1枚目
前田製菓 野菜クラッカー サプ 70g×20袋 B00AQSPXUS 1枚目
モンデリーズ・ジャパン 160g×10箱 リッツチーズサンド B01KNI4ASQ 1枚目
商品名 ヤマザキビスケット ルヴァンプライムスナックS 39枚×10箱 ナビスコ プレミアム オリジナル クラッカー 241g×3 ブルボン 天然酵母のクラッカー 48枚 モンデリーズ・ジャパン 128g リッツ クラッカーS 森永製菓 小麦胚芽のクラッカー 64枚×4箱 ブルボン プレーンクラッカーS 30枚×5箱 ヤマザキビスケット ルヴァンクラシカル6P 36枚×5箱 La Panzanella(ラ・パンツァネーラ) 170g ミニクロッカンティーニ ローズマリー 前田製菓 野菜クラッカー サプ 70g×20袋 モンデリーズ・ジャパン 160g×10箱 リッツチーズサンド
特徴 独自の技術により改良を重ねた、国産のやさしい味 少ない原材料でシンプルな味を表現した、アメリカ生まれのクラッカー 乳酸菌入りでカロリー計算も簡単な、ダイエット時の強い味方 薄く塩味のついた香ばしさがファンを離さない、人気のロングセラー商品 栄養バランスが整っているクラッカーは、お子さまの栄養補給にも有効的 長方形のクラッカーだから食材が乗せやすく、パーティーにもぴったり シンプルな味わいだからどんな食材でもあわせられる、ヤマザキビスケットのソーダクラッカー シアトルで作られた、ティータイムに食べたくなるような高級クラッカー 数多くの野菜クラッカーを取り扱う、日本中で親しまれているメーカー 定番リッツにチーズをはさんだ、お子さまから酒飲みまで大人気の一品
価格 1,331円(税込) 1,378円(税込) 227円(税込) 820円(税込) 1,188円(税込) 972円(税込) 938円(税込) 680円(税込) 2,398円(税込) 2,112円(税込)
商品リンク

クラッカーのおすすめまとめ

クラッカー おすすめ まとめ

クラッカーは使われている原材料も少なく、メーカーの違いといえば焼き加減や使う粉の種類など、他の食品と比べると食べるまで違いが見分けにくい商品です。

見た目だけでは分かりにくいですが、食感や風味が大きく異なり、メーカーで印象がガラッと食品でもあります。

高価格な商品が比較的少ないため、さまざまな種類を試しやすい点でも、クラッカーはお気に入りが見つけやすいです。家に一箱は置いておきたくなるようなクラッカーを探しましょう。

記事をシェアして友達にも教えよう!

クラッカー
のおすすめ関連記事をもっと見る