カレールーのおすすめ人気比較ランキング10選【最新2020年版】

【最新版】カレールーの人気10アイテムのおすすめ比較ランキング。カレールーの特徴や選び方から価格情報や商品情報、クチコミやレビューまで徹底比較。最後に編集部おすすめのカレールーをランキング形式でご紹介。
kurorokin

カレーは家庭料理の中でも人気メニューの一つであり、スーパーには数多くのレトルト商品やルーが並んでいます。豊富な品揃えを見ると、時には食べたことのないルーに手を伸ばしたくなることもあるのではないでしょうか。

今回は『カレールー』の選び方や特徴から、多くの人に選ばれている人気商品を紹介します。自分好みのルーを見つける参考にしてみてください。

カレールーのおすすめの選び方

形状で選ぶ

カレールー おすすめ

固形タイプ

商品数も多く家庭でよく使われているのはこちらの『固形タイプ』です。価格も手ごろでどこのスーパーでも販売しています。

取り扱うブランドも非常に多く、味や辛さも調整でき、お子さまから本格的な辛いカレーを作る方まで支持されていて、一番人気が高いです。他の固形ルーとブレンドしてさらにアレンジすることも可能。

パッケージには材料や分量も分かりやすく書かれており、カレーを作るのが久しぶりという方でもレシピ通りに進めれば簡単に作れます。

フレークタイプ

フレークタイプ』はカレー作りはもちろんですが、別の料理をカレー風味にするためにも使われます。

最初から細かく溶けやすいため、料理の一部がしょっぱくなることもありません。いつもの料理とは違う味つけや隠し味としても使えるため、野菜嫌いのお子さまに食べてもらうように工夫することも。アレンジの幅を今より広げたい方におすすめのタイプです。

またルーを自分で計って使えるため、一人用や二人用など少人数で食べるにも適した形状です。

ペーストタイプ

他の2タイプと比べ香りが強く、インドカレーやキーマカレーを作るときに重宝されるタイプで、カレーの風味をじっくり味わいたい方におすすめです。ペーストを使ったカレーの調理は特別難しくなく、通常のカレーと同じように作れます。

店頭に置かれている商品は固形タイプよりも少なめですが、その種類は非常に多く味も風味も全く異なります。お気に入りの商品を見つけるのが一番難しいかもしれませんが、その分奥が深いタイプです。

辛さで選ぶ

カレールー おすすめ 辛さ

カレールーの辛さは統一されているわけではないので、同じ甘口と謳っていてもメーカーが違えば辛さも変わってきます。そのため本当に自分好みの辛さを見つけるためには、実際に食べてみないとわかりません。

カレールーは調理後でも味の調節ができる料理なので、最初は深く考えず選ぶのもよいでしょう。辛さに耐性がない方は甘口を、甘すぎるのも辛すぎるのも苦手ならば最初は中辛を選ぶと、後から唐辛子や胡椒で味の調節ができます。

香りで選ぶ

一番香り高いルーの形状はペーストタイプですが、フレークタイプもカレーの香りづけとしてよく使われます。

辛さと同じでスパイスの香りも人それぞれの好みなので、初めてのルーを使う場合やお子さまがいる家庭では、自分好みのスパイスを皿にひと振りするといった方法も。

メーカーで選ぶ

同じ甘口でもメーカーが異なれば味や辛さ、風味が変わります。リンゴとハチミツを使ったものやスパイスの種類が多いもの、コクにこだわられたものなど、固形タイプの場合はパッケージからも特徴が見えます。口コミやメーカーのホームページを参考にして、自分好みのメーカーを見つけましょう。

値段で選ぶ

100〜200円の低価格帯

カレールー おすすめ 安い

コスパ重視でおいしいカレーを多く作る場合は、多くの家庭で愛用されている100~200円代のルーがおすすめです。有名メーカーのカレールーであれば、200円代のお手頃価格でもおいしいカレーが作れます。

高価格なのはそれなりの理由があるので、300円以上のルーを選ぶに越したことはありませんが、低価格帯のカレーはまさに家計にやさしい家庭の味。シンプルな味ともいえるかもしれませんが、アレンジがしやすく好みの味つけにしやすいです。

300円以上の高価格帯

カレールー おすすめ 高価格帯

カレーをよりおいしくするためにさまざまな調味料やスパイス、隠し味を試す方も多いですが、ルーそのものをいつもより高級なものにしてみるのもおいしさの近道とります。

同じメーカーが出しているカレールーでも価格帯が異なる商品があります。価格はルーの製法や使っているスパイスなど、カレールーにこめられたこだわりで決まります。

いつものルーに100~200円上乗せするだけで簡単にワンランク上のカレーに変身するので、使用する野菜やお肉にこだわるのなら一度はぜひ300円以上のカレールーで食べていただきたいです。

原材料で選ぶ

化学調味料不使用の無添加

小さなお子さまがいる家庭では通常の甘口カレーはもちろんですが、化学調味料や着色料を使っていない健康面を考慮したカレーもよく食べられています。

しかし通常のルーと比べると商品ラインナップも少なく価格帯も高めなので、大人は通常のカレー、お子さまには無添加カレーを作っているという家庭も。

無添加のカレールーを使ったからといって味のレベルが低下することはなく、やさしい味わいで大人が食べても満足できるカレーができあがります。有名な商品では、エスビーのカレーの王子さまからも無添加ルーが販売中。

カロリーオフ・低カロリー

カレーは野菜がたくさん入っているとはいえ、油も多量に含まれるためカロリーの高い料理です。またカレーは大皿で口に進みやすい料理であるため、ついつい食べすぎてしまうこともあるかもしれません。

従来の50%のカロリーをカットした健康志向のルーも販売されています。カロリーをおさえて、かつ動物性油脂ではなく植物性を使用している商品もあり、ダイエット中でも工夫次第でカレーが食べられます。

原材料の数が多い

固形やペーストルーでは原材料の数が多いほど、ルーの価格も上昇する傾向にあります。300円以上のルーには他にマンゴーやモモといった果物をふんだんに使われることも。またココナッツミルクパウダーといった、味を深めるための材料が使用されてる商品も人気です。

ルーはシビアなバランスにより配合されているため、材料の種類が多くてもまとまった味に仕上がっています。自分でなにか味付けを足したいときには、いつもより原材料が多めのルーを使ってみるのもおいしく作るポイントです。

カレールーのおすすめメーカー

ハウス

カレールー おすすめ ハウス

CMでおなじみのバーモントカレーやジャワカレーなど、ポピュラーな商品を多く取り扱っています。定番シリーズの中ではカロリー50%や特定原材料不使用のルーもあり、健康に気を使いたい方でも慣れた味を楽しめるメーカーです。

グリコ

カレールー おすすめ グリコ

Premium熟や、辛口のレトルトカレーで有名なLEEなどは『グリコ』の商品です。お菓子製造が得意なメーカーとして知られていますが、カレールーに関するこだわりも強く、隠し味なしで本格的なカレーが楽しめると評判です。

S&B

カレールー おすすめ メーカー

調味料やスパイス、ハーブなどが人気ですが、特にカレーに力を入れており、日本で初めてカレー粉を産みだしたメーカーでもあります。昔ながらのカレーを味わいたい方は、『S&B』のカレー粉を使用してみてください。

カレールー のおすすめ人気比較ランキング

第10位

煮込み用のブイヨンペースト!ひと手間加えワンランク上のカレーに。

ハウス食品が取り扱うカレール―の中でも非常にレベルの高い香りが楽しめます。固形ルーと別添でブイヨンが入っているため、ルー一つ買うだけでコクと風味が感じられる本格的なカレーに仕上がります。300円以上と高価格帯に分類されるルーですが、普段別売りのブイヨンを使っている方は、ザ・カリーのほうがお手頃な価格で作れるかもしれません。こちらは1箱で5皿分なので、1日でカレーを食べきりたい家庭におすすめできます。

第9位

ハチ食品 カレー専門店のカレールー中辛

326円(税込)

30種類のスパイスを使用した、チャックつきで使いやすい本格派のフレークタイプ

こちらのフレークはカレーのコクをだすために必要なトマトやビーフエキスがしっかり凝縮されています。風味が強すぎることもなく、辛さと甘さのバランスが絶妙で日本全国にファンがいるのも頷けるおいしさをもつカレールーです。また好みの味の濃さに調整できるのも、フレークタイプのよいポイントです。こちらの商品は1袋で約9皿分のカレーが作れます。

第8位

かぞくのためのカレールウ。 甘口

374円(税込)

刺激が少なく家族みんなで食べられる、こだわり材料で化学調味料不使用のルー

やさしい味つけのルーですが、こちらはお子さま向けの商品ではなく、スパイスが苦手な方でもカレーをおいしく食べられるために開発された商品です。
北海道産のバターや小麦粉を使うなど材料に強いこだわりをもち、カレーならではの果物・野菜のコクを引き出したルーとなっています。甘口のほかに中辛・辛口も販売中です。

第7位

江崎グリコ プレミアム熟カレー中辛

520円(税込)

500時間熟成を続けたスパイスを1皿から味わえる固形カレールー

イワシやイチゴなど、カレーに含まれているイメージの湧きづらい材料を使い、独自の風味やコクを引きだしました。その数は食材のみで20種類となり、隠し味が必要ないルーとなっています。甘口はフルーツの甘みが、辛口にガラムマサラを加え味に特徴をだしていますが、中辛の場合は甘さと辛さのバランスが良く、多くの家庭で食べられています。中のトレーは1皿分ずつで分かれており毎回手で割る必要もなく、使わないルーは未開封で保管できるため、細かい点まで考えられたシリーズです。

第6位

CMでもおなじみのS&Bが誇るプレミアムなカレーシリーズ

フォンドボーとは、フランスでは多くの料理に使われる基本的なだし汁を指します。日本では主にカレーに使われる食材で、フォンドボー入れるとコクと味わいが深まります。しかし牛骨を煮込まなければいけないため、自分で作ると非常に手間と時間がかかる料理です。ディナーカレーではカレールーそのものに凝縮されているため、ルーを投入するだけで簡単にフォンドボーの香り高い高級な風味が楽しめます。中辛のみですが、さらに別添でフォンドボーのペーストがついているプレミアム商品も販売しています。

第5位

国際味覚審査機構の優秀味覚賞を受賞した大人向けカレールー

40種類ものスパイスを混ぜこみ、お菓子のようにペーストが入った固形ルーです。スパイスのほか、より深いコクを出すためのデュクセルソースを使用するなど、全体的に大人向けな味わいに仕上がっています。ルーが2皿分で分けられるため少人数で食べるにも適した商品です。口コミ人気も高い商品であるため、多くのご夫婦が食べられているのではないでしょうか。

第4位

香りを育て、見極め、高めて作られたこだわり風味の黄金カレー

スパイスとハーブをふんだんに使っていますが一つひとつがしっかり活かされており、素材がお互いを活かすようなルーとなっています。カレーは味やコクだけでなく、香りも大切な要素です。ゴールデンカレーはハーブの香りを逃さないようコーティングが施されています。まさにスパイス&ハーブが得意なS&Bだから開発できたといえるようなカレールーです。

第3位

辛さがあるのについつい口に運んでしまうカレーでお子さまにも大人気

1968年に発売されたジャワカレーは、甘口でも他のメーカーが販売する中辛と同じくらいの辛さがあるといわれてきました。おいしさのポイントはローストオニオンの風味と、濃厚なのにどこかサッパリとした口当たりです。おなじみのカレーということで、価格もお手頃。スパイスカレーの基本となるルーとしてもおすすめです。

第2位

ハウス こくまろカレー中辛

174円(税込)

コクとまろやかさの絶妙なバランスが大人気の鉄板カレー

スーパーでカレールーを選ぶとき、誰もが一度は手に取ったパッケージだと思います。カレーを作る際は二種類を混ぜ合わせて作る方も多いですが、こくまろカレーは一つで二つの特徴をもっているためその手間を省き、家計にもやさしく作られました。コクの部分は玉ねぎを、まろやかな部分は生クリームをメインに使っているため、二つのよい部分が一皿の味わいを深めていきます。公式サイトによると、ハウス食品の取り扱うカレールーの中でも一番ベーシックな辛さあり、中辛では程よい辛さと甘さを味わえます。

第1位

ハウス バーモントカレー中辛

246円(税込)

リンゴとはちみつの甘さがしっかり感じとれる、どの世代からも大人気のベスト商品

お子さまでもおいしく食べられるカレーを作りたい一心から開発されたシリーズです。そのためハウス食品の数あるカレーの中でも甘さが特徴的で、家族みんなで食べるカレーとして愛されてきました。家庭的なカレーが好きな方から特に人気ですが、本格的なカレーが好みな方からも高く評価されているロングセラー商品です。味は同じでも乳酸菌入りであったり塩分控えめの商品があるなど、同シリーズのバリエーションが豊富。

カレールー のおすすめ比較一覧表

商品画像
ハウス バーモントカレー中辛 B00JXCMD8S 1枚目
ハウス こくまろカレー中辛 B00Z5XO46I 1枚目
ハウス ジャワカレー 中辛 B00Z5XSA86 1枚目
S&B ゴールデンカレー 中辛 B00Z5UGO0A 1枚目
江崎グリコ カレーZEPPIN B01GC8GWQY 1枚目
S&B ディナーカレー 中辛 B01N2GKZ94 1枚目
江崎グリコ プレミアム熟カレー中辛 B015IZYN0O 1枚目
 かぞくのためのカレールウ。 甘口 B00GKBA44K 1枚目
ハチ食品 カレー専門店のカレールー中辛 B00FZKPTA6 1枚目
ハウス ザ・カリー中辛 B002XCWV8M 1枚目
商品名 ハウス バーモントカレー中辛 ハウス こくまろカレー中辛 ハウス ジャワカレー 中辛 S&B ゴールデンカレー 中辛 江崎グリコ カレーZEPPIN S&B ディナーカレー 中辛 江崎グリコ プレミアム熟カレー中辛 かぞくのためのカレールウ。 甘口 ハチ食品 カレー専門店のカレールー中辛 ハウス ザ・カリー中辛
特徴 リンゴとはちみつの甘さがしっかり感じとれる、どの世代からも大人気のベスト商品 コクとまろやかさの絶妙なバランスが大人気の鉄板カレー 辛さがあるのについつい口に運んでしまうカレーでお子さまにも大人気 香りを育て、見極め、高めて作られたこだわり風味の黄金カレー 国際味覚審査機構の優秀味覚賞を受賞した大人向けカレールー CMでもおなじみのS&Bが誇るプレミアムなカレーシリーズ 500時間熟成を続けたスパイスを1皿から味わえる固形カレールー 刺激が少なく家族みんなで食べられる、こだわり材料で化学調味料不使用のルー 30種類のスパイスを使用した、チャックつきで使いやすい本格派のフレークタイプ 煮込み用のブイヨンペースト!ひと手間加えワンランク上のカレーに。
価格 246円(税込) 174円(税込) 259円(税込) 214円(税込) 280円(税込) 446円(税込) 520円(税込) 374円(税込) 326円(税込) 360円(税込)
商品リンク

カレールーのおすすめまとめ 

カレールー おすすめ まとめ

今回は自分好みのカレールーを見つけるための選び方と、口コミ評価や人気の高い10つの商品を紹介いたしました。
カレーは材料を足してアレンジしていくのも新たな味が見つかる食べ方ですが、パッケージ裏に書かれている基本レシピ通りに作ることで、おいしさをより感じられます。
これからずっと食べたいと思えるカレールーを探すのは簡単ではありません。ですが少しずつ新たな商品を食べていくことが、理想のカレールーにめぐりあえる近道となるでしょう。

記事をシェアして友達にも教えよう!

カレールー
のおすすめ関連記事をもっと見る