中華スマートウォッチのおすすめ人気比較ランキング10選【最新2020年版】

【最新版】中華スマートウォッチの人気10アイテムのおすすめ比較ランキング。中華スマートウォッチの特徴や選び方から価格情報やスペック情報、クチコミやレビューまで徹底比較。最後に編集部おすすめの中華スマートウォッチをランキング形式でご紹介。
ponkura

中華スマートウォッチ』は価格が低く種類が多いのが特徴です。ただ種類が多いゆえにスマートウォッチ選びに迷ってしまうかもしれません。

そこでこの記事では中華スマートウォッチの選び方からおすすめの中華スマートウォッチまで紹介いたします。ぜひご自身にぴったりの中華スマートウォッチをみつけてください。

中華スマートウォッチとは

中華スマートウォッチ

中華スマートウォッチ』とは、中国製のスマートウォッチのこと。リーズナブルな価格で購入できるのに高性能なのが特徴です。スマートウォッチは、CPUが内蔵された電子時計でウォッチ型とブレスレット型が発売されています。

血圧や心拍数を測れたり、メールの通知をしてくれたりと、生活をより便利にしてくれる機能が多数搭載されているところが、一般的な電子時計との違いです。約4,000〜20,000円の価格で発売されており、値段が高くなるほどハイスペックな機能がついています。

中華スマートウォッチのおすすめポイント

価格の安さ

SONYなど国内ブランドから発売されているスマートウォッチは、安くて7,000円〜なのに対し、中国製は2,000円代から購入可能。だからといって使い勝手が悪かったり、機能面で劣っていることは決してありません。またカラーやデザインのバリエーションも豊富です。

中国製と聞くと少し不安を感じる方もいるかもしれませんが、製品によっては日本製より優れた点もあります。できるだけ安くスマートウォッチを手に入れたい方は、ぜひ検討してみてください。

クオリティの高さ

中華スマートウォッチ2

中華スマートウォッチは『クオリティの高さ』も魅力です。心拍数や血圧管理など健康管理しやすい機能や、耐久性・防水性に優れたものなど多数発売されています。

特に電子決済機能つきは、財布を持ち歩かなくても外出できるため、とても便利な機能です。さらに生理状態や月経期間を設定・管理できる、女性に嬉しい機能が搭載された中華スマートウォッチも。様々な機能があるので、自分のライフスタイルに必要な機能は何かを考えて選びましょう。

中華スマートウォッチの選び方

タイプで選ぶ

中華スマートウォッチ3

中華スマートウォッチは2種類のタイプが発売されています。『ウォッチ型』と呼ばれるのは、一般的な腕時計とあまり変わらず、多彩なデザインやカラーバリエーションで発売されています。

コーディネートと合わせたい方、やデザイン性を重視する方におすすめです。もう一つはブレスレット型で、無駄のないスタイリッシュなデザインをしています。ウォッチ型に比べて軽量でコンパクトなサイズ感も魅力です。ランニングやウォーキングの際、腕につけていても重さを感じず運動の妨げにもなりません。

日本語に対応しているかどうかで選ぶ

中華スマートウォッチ4

中華スマートウォッチを購入する際は、『日本語』に対応しているかどうかもチェックしましょう。ある程度スマートウォッチを使い慣らしている方なら、日本語に対応しなくても感覚で設定できます。

しかし初めて中華スマートウォッチを購入する方は、日本語に対応していないと初期設定など不便です。安い中華スマートウォッチは日本語対応していない場合も。ある程度価格が高くても、使い勝手の良さを重視するなら、日本語対応している中華スマートウォッチがおすすめです。

画面の大きさと画質で選ぶ

利便性や視認性を重視するなら、『画面の大きさや画質』も重要です。基本的に高機能なほど、多くの情報を処理しなければならないため、画面は大きくなります。ちなみに中華スマートウォッチの画面サイズは約1.39インチ〜1.5インチが主流です。

Apple Watch4の1番大きいサイズでも1.78インチ程度ですが、LEMFO LEMXは画面サイズ2.03インチと今まで発売された中華スマートウォッチの中で最も大きく、視認性が良いと発売当時話題になりました。またクリアで綺麗な画質を求める方は、高解像度のものを選びましょう。

Blutoothのバージョンで選ぶ

中華スマートウォッチ4

スマートフォンと中華スマートウォッチを『Bluetooth』で接続すれば、通話ができたりSNSのメッセージ受信ができたりと、とても便利です。しかしスマートフォンとBluetoothのバージョンが合わないと、接続ができません。

また本来の機能をうまく発揮できないこともあります。最新のスマートフォンと、最新の中華スマートウォッチなら問題なく接続できることがほどんどですが、Bluetoothの対応バージョンは要チェックです。

GPS対応のものを選ぶ

中華スマートウォッチ5

ランニングやウォーキング、フィットネスにおいて中華スマートウォッチをつける場合は、『GPS』つきだと便利です。スマートフォンがなくても位置情報を記録してくれるため、どれくらい走ったり歩いたりしたか把握できます。

さらに中華スマートウォッチには、道案内機能つきモデルも。スマホの地図アプリのように、次に進む場所を提示し、目的地まで案内してくれる便利な機能です。この機能がついていれば、知らない土地でも迷うことなく目的地にたどり着けるため、旅行や出張先などで重宝します。

重さで選ぶ

中華スマートウォッチ8

中華スマートウォッチを長時間つける方は、重さも考慮して選びましょう。軽いモデルだと20〜50g(ベルト別)くらいで発売されています。特にランニングやトレーニングで中華スマートウォッチをつける方は、要チェックです。

バッテリー持ちで選ぶ

頻繁に充電するのが面倒な方は、『バッテリーの持ち』も確認しましょう。安いモデルだと、1〜2日前後しか持ちません。中華スマートウォッチの平均バッテリー持ち時間は約1週間前後ですが、ロングバッテリー搭載なら30日間持つモデルも発売されています。

ただしGPS機能が搭載されていたり、SNSの通知機能が搭載されていたりするハイスペックな中華スマートウォッチは、バッテリーの消耗も激しくなります。バッテリーの持ちを重視するなら、ロングバッテリー搭載モデルがおすすめです。

防水防塵性能で選ぶ

中華スマートウォッチ9

アクティブシーンやフィットネスにおいて中華スマートウォッチを利用する場合は、『防水性・防塵性』にも注目しましょう。防水性はIPX0〜8と9段階で示されます。IPとは、International Protectionの略で、国際電気標準会議において2003年に定められた、精密機器の保護能力がどれくらいかを示す数字です。数字が大きくなるほど、防水機能も高くなります。雨や雪など水から守りたい場合は、IPX5以上を選びましょう

また防塵性はIP○Xと表記され、○の部分には0〜6までの数字が入ります。防水性と同じく、数字が大きくなるほど防塵性能も高くなります。砂やほこりが気になる山や過酷な環境で、中華スマートウォッチを利用する場合は、IP5X以上がおすすめです。

評価で選ぶ

中華スマートウォッチ10

中華スマートウォッチはリーズナブルな価格で高性能なところが魅力ですが、中にはスペックが劣る製品も存在します。バッテリーの持ちが悪かったり、アプリとうまく連携しなかったりすることもあるので、実際使用したユーザーのクチコミや評価も購入の際、参考にしましょう。また機能面の評価をチェックするのはもちろんですが、つけ心地や使い勝手の良さも目を通すと、失敗が少ないです。

スマホ側のアプリで選ぶ

中華スマートウォッチ11

中華スマートウォッチを購入する際は、『アプリの性能』も重要な要素です。Xiaomi(シャオミ)が提供するMi Fitとというアプリは、日本語もしっかりしており、ランニング・サイクリング・ウォーキングといったトレーニングを記録できます。心拍数や姿勢などをデータに蓄積し、どのように改善すれば良いか教えてくれるのもポイントです。さらに睡眠の質を向上させるためのアドバイスも的確。

単なる数字として提示するのではなく、一般的な人と比べてどうなのかを教えてくれます。またHuawei (ファーウェイ)のヘルスケアアプリも、Mi Fitに比べると劣りますが、基本的に記録ができる点では同じです。マイナーなメーカーが提供するアプリだと、うまく作動しなかったり記録がうまく取れなかったりすることも。そのためアプリを重視するなら、中国の大手メーカーから発売されている製品がおすすめです。

中華スマートウォッチのおすすめメーカー

Xiaomi (シャオミ)

Xiaomi』は、2010年4月に雷軍によって設立された、中国の総合家電メーカー。2011年にスマートフォンの販売を開始し、2018年には香港取引所において上場を果たした、世界的に注目されている、急成長企業です。

スマホの出荷台数は世界第4位を誇ります。Xiaomiの中華スマートウォッチは、リーズナブルな価格でハイスペックな点が魅力です。特にMiスマートバンド4は、3,000円代で購入できるのに、必要最低限の機能を備えつつ、バッテリーの持ちも良いと定評があります。

Huawei (ファーウェイ)

Huawei』は、1987年に中国・深センに設立された、通信機器メーカー。コンシューマー向けのスマートフォンやパソコンをメインに、法人向け製品も多数発売しています。18万人以上の従業員がいる大手企業で、2005年にはファーウェイ・ジャパンが設立されました。

Huaweiの中華スマートウォッチは、GPSや長時間バッテリーを搭載した機能性はもちろん、ファッショナブルなデザインも魅力です。

Huami (ファーミ)

Huami』は2014年に設立された電子機器メーカーです。Xiaomi のパートナー企業として、スマートウェアラブル製品のデザインと製造を行なっています。2019年に発売された最新モデルAmazfit Vergeは、12種類のスポーツモードを搭載。

ランニングや散歩、サイクリングといった基本的なフィットネスはもちろん、テニスやクライミングなどのスポーツにも対応しています。消費カロリーや活動量を正確に教えてくれるため、トレーニングに中華スマートウォッチを活用したい方には特におすすめです。

UMIDIGI (ユミディジ)

UMIDIGI』は2012年2月に設立された、通信機器メーカー。主に東南アジア・ヨーロッパ・中東など世界20ヶ国以上に、スマートフォンの発売を行なっています。UMIDIGIの中華スマートウォッチは、リーズナブルな価格で購入できるのが最大の魅力です。

UWatchは3,000円以下で購入でき、必要最低限のスペックは備えながらデザイン性に優れています。価格を重視する方にはおすすめのメーカーです。

中華スマートウォッチ のおすすめ人気比較ランキング

第10位

水深50mでも使用可能。防水性に優れたスタイリッシュなデザインの中華スマートウォッチ

様々な機能を搭載した、ハイスペックな中華スマートウォッチ。水深50mでも使用できるので、海やプールでも安心です。心拍数を測ってくれたり、消費カロリーを教えてくれたりと、健康管理に役立つ多彩な機能がついています。さらにFitbitアプリと連携すれば、排卵日を予測や生理期間の症状を記録することも可能です。デザイン性と機能性を兼ね備えた、ハイスペックな中華スマートウォッチを求めている方に適しています。

第9位

クラシカルでおしゃれなデザインが魅力。IP68で防水性と防塵性に優れた中華スマートウォッチ

文字盤が見やすく、クラシカルでおしゃれなデザインが魅力の中華スマートウォッチ。シルバー・ブラック・ローズゴールドの3色展開で発売されており、スーツや普段着にも馴染みます。さらにIP68で防水性や防塵性も抜群です。顔や手を洗ったり、ランニングで汗をかいたりしても安心な上、チリやほこりなど過酷な環境でも使用できます。デザイン性に優れたスマートウォッチを探している方や、IP値の高い製品を探している方には特におすすめです。

第8位

ビビットなカラーが目を引くデザイン。ウォッチフェイスは21種類から選べる中華スマートウォッチ

バイカラーデザインがおしゃれな中華スマートウォッチ。ウォッチフェイスは全21種類とバリエーションが豊富なので、気分やコーデによって選べるところも魅力です。GPSが搭載されており、スマートフォンがなくてもランニングやウォーキングの距離を記録してくれます。さらに消費カロリーやその日歩いた歩数も計測できるため、健康管理をしっかりしたい方に最適です。IP67と防水性・防塵性にも優れており、アクティブシーンで中華スマートウォッチをつけたい方にもマッチします。

第7位

ミニマルなサイズが魅力。リモートコントロールカメラ機能搭載の中華スマートウォッチ

基本的なスペックが備わった、リーズナブルな価格が魅力の中華スマートウォッチ。リモートコントロールカメラ機能というユニークな機能を搭載しています。ワンクリックで写真撮影ができるため、自撮り撮影も簡単です。さらに50メートル防水なので、手洗いはもちろん、泳いでいる時もつけていられます。ベーシックな中華スマートウォッチを求めている方や、価格を重視する方には特におすすめです。

第6位

無駄を省いたシンプルなデザインが魅力。お手頃購入できる中華スマートウォッチ

リーズナブルな価格で購入できる中華スマートウォッチ。最低スペックは備わっているので、価格を重視する方に適しています。LINEやFacebook、Twitterなどの通知を振動で教えてくれるため、大事な情報を見逃しません。さらに心拍数や消費カロリー、その日歩いた歩数なども管理できるため、健康に気を使っている方にもおすすめです。

第5位

1.39インチの大きな画面で視認性も抜群。2週間のロングバッテリーを搭載した中華スマートウォッチ

有機ELカラーディスプレイと、1.39インチの大きな画面を採用した視認性の良い中華スマートウォッチ。デュアルエンジン低消費電力システムを採用し、バッテリーの持ちも良いです。最長2週間充電しなくても使えるため、出張先や旅行先でも重宝します。

またハーバード大学大学院との共同開発から誕生した、睡眠の質を向上させる機能も魅力です。睡眠を計測し、200以上のアドバイスを提案してくれるため、なかなか寝つけない方の睡眠改善にも役立ちます。ハイスペックな中華スマートウォッチを求めている方はもちろん、ロングバッテリー機能を搭載したモデルを探している方にもおすすめです。

第4位

1日2時間の充電で7〜10日間使用可能。IP67と防水性・防塵性にも優れた中華スマートウォッチ

シンプルなデザインで使い勝手の良い中華スマートウォッチ。1日2時間充電すれば、7〜10日使えるため、利便性も抜群です。さらにIP67と防水性・防塵性にも優れています。洗顔や土砂降りの雨の中でも壊れることはなく、砂ほこりが多い外のアクティブシーンでも安心して使用可能です。

またBluetoothでスマートフォンと連携すれば、LINEやFacebook、Twitterなどの通知を知らせてくれます。シンプルなデザインが好きな方や、コスパの良い中華スマートウォッチを求めている方におすすめです。

第3位

重厚感のあるおしゃれなデザインが魅力。IP68と最高の防水性・防塵性を誇る中華スマートウォッチ

チープな印象は全くなく、少しレトロなテイストが加わった重厚感のあるデザインが魅力。最大の特徴は、IP68と最高クラスの防水性・防塵性です。どんなに過酷な環境においても、ほこりや砂の侵入を許しません。

さらにプールや海で泳いでも、水を気にすることなく安心してつけていられます。GPSを搭載しているため、ランニングやウォーキングなどの距離もスマートフォンがなくても測定可能です。防水性や防塵性に優れた、中華スマートウォッチを求めている方や、オンオフ問わず使えるおしゃれなデザインの製品を探している方には特にマッチします。

第2位

32gの軽量かつコンパクトなサイズ感が魅力。ロングバッテリー搭載の中華スマートウォッチ

本体18g、ベルトを足しても32gと軽量設計がポイントの中華スマートウォッチ。歩いたり走ったり運動していても、全くストレスを感じません。さらに1回フル充電すれば、30日間使用できるロングバッテリーも魅力です。

こまめに充電する必要がないので、旅先や出張先でも重宝します。Mi Fitアプリと連携すれば、正確な運動量を把握できるため、健康管理をしっかりしている方や、トレーニングの活動量を記録したい方にもおすすめです。

第1位

多彩なカラーバリエーションが魅力。リーズナブルな価格かつハイスペックな中華スマートウォッチ

第1位はXiaomiのMi band 4です。リーズナブルな価格なのに、機能面も充実しているとユーザーから定評があります。安い製品には滅多にない1回充電すれば、最長20日間使えるロングバッテリーもポイントです。

カロリーや心拍測定といった基本的なスペックはもちろん、メッセージや電話の受信も教えてくれます。必要最低限の機能が備わった、コスパの良い中華スマートウォッチを求めている方におすすめです。

中華スマートウォッチ のおすすめ比較一覧表

商品画像
Xiaomi Mi band 4 B07TVR8TY9 1枚目
Xiaomi Amazfit Bip B07N2QF3H1 1枚目
Xiaomi Amazfit GTR 	47mm black B07Y9Q1RN5 1枚目
UMIDIGI Uwatch2 B07WN749C7 1枚目
HUAWEI WATCH GT	46MM G/A B07QRW1CBC 1枚目
Yuntab スマートウォッチ B06XYD5TD2 1枚目
HUAWEI HONOR Band 5	 B07X5G8PQZ 1枚目
Xiaomi Amazfit Pace B07BVTR5VZ 1枚目
Mobvoi Ticwatch B07HVNW7PQ 1枚目
Fitbit Charge3 B07HPL648D 1枚目
商品名 Xiaomi Mi band 4 Xiaomi Amazfit Bip Xiaomi Amazfit GTR 47mm black UMIDIGI Uwatch2 HUAWEI WATCH GT 46MM G/A Yuntab スマートウォッチ HUAWEI HONOR Band 5 Xiaomi Amazfit Pace Mobvoi Ticwatch Fitbit Charge3
特徴 多彩なカラーバリエーションが魅力。リーズナブルな価格かつハイスペックな中華スマートウォッチ 32gの軽量かつコンパクトなサイズ感が魅力。ロングバッテリー搭載の中華スマートウォッチ 重厚感のあるおしゃれなデザインが魅力。IP68と最高の防水性・防塵性を誇る中華スマートウォッチ 1日2時間の充電で7〜10日間使用可能。IP67と防水性・防塵性にも優れた中華スマートウォッチ 1.39インチの大きな画面で視認性も抜群。2週間のロングバッテリーを搭載した中華スマートウォッチ 無駄を省いたシンプルなデザインが魅力。お手頃購入できる中華スマートウォッチ ミニマルなサイズが魅力。リモートコントロールカメラ機能搭載の中華スマートウォッチ ビビットなカラーが目を引くデザイン。ウォッチフェイスは21種類から選べる中華スマートウォッチ クラシカルでおしゃれなデザインが魅力。IP68で防水性と防塵性に優れた中華スマートウォッチ 水深50mでも使用可能。防水性に優れたスタイリッシュなデザインの中華スマートウォッチ
価格 3,838円(税込) 9,999円(税込) 18,999円(税込) 3,669円(税込) 22,959円(税込) 21,890円(税込) 4,450円(税込) 13,588円(税込) 24,999円(税込) 17,108円(税込)
商品リンク

中華スマートウォッチのおすすめまとめ

中華スマートウォッチ2

健康管理や睡眠の改善、着信の通知など生活の質を向上させてくれる機能が備わった『中華スマートウォッチ』。

ハイスペックなのに安く購入できるモデルも多数発売されています。日本製は少し高くて購入を躊躇している方は、ぜひ中華スマートウォッチを試してみてください。多彩なバリエーションで発売されているため、お気に入りが見つかるはずです。

記事をシェアして友達にも教えよう!

中華スマートウォッチ
のおすすめ関連記事をもっと見る