BOSEスピーカーのおすすめ人気比較ランキング10選【最新2020年版】

【最新版】BOSEスピーカーの人気10アイテムのおすすめ比較ランキング。BOSEスピーカーの特徴や選び方から価格情報やスペック情報、クチコミやレビューまで徹底比較。最後に編集部おすすめのBOSEスピーカーをランキング形式でご紹介。
上山 雄大

BOSE』は世界中で人気のあるオーディオメーカーです。スピーカーといえばBOSEをイメージする方も多いはず。スピーカーを購入するならBOSEを考えているという方もいるでしょう。

しかしBOSEは製品ラインナップが豊富で、さまざまな機能をもった製品が発売されています。選び方が分からない方もいらっしゃるでしょう。

今回は『BOSE』の『スピーカー』の選び方と、おすすめの商品を紹介します。自分にあったBOSEのスピーカーを選んで素敵な音楽ライフがおくれるでしょう。早速チェックしていきましょう。

そもそもBOSEとは

BOSE とは

BOSE』とは1964年にマサチューセッツ工科大学の教授アマー・G・ボーズが、自身の研究成果を製品化するために設立したメーカーです。半世紀にわたり、BOSEの独自理論に基づいたスピーカーを開発し続けているので、信頼性は抜群です。世界中のオーディオマニアからも特別視されています。

1984年には日本支社も設立されているので、高品質なオーディオ機器を入手しやすくなりました。国内でもトップクラスのランクに位置するオーディオメーカーといえるでしょう。

BOSEスピーカーのおすすめポイントは『迫力の重低音』

BOSE スピーカー おすすめ ポイント

BOSEのスピーカーのおすすめポイントは、なんといっても迫力のある『重低音』です。低音がよく響くのが特徴で、ロックやEDMなど低音を重視したい音楽を聴く際にピッタリ。音質にも優れているので、音にまとまりがあってとても聴きやすいのも魅力です。

長年オーディオ機器を作り続けてきたメーカーで信頼と実績があります。持ち運びできる小型スピーカーから、設置する大型スピーカーまでラインナップも豊富。

自分にあったスピーカーを手に入れて、BOSEの重低音とまとまりのあるサウンドを楽しみましょう。

BOSEスピーカーが人気のおすすめの理由

BOSEのスピーカーはなぜあらゆるオーディオメーカーの中でも人気があるのでしょうか?

それは豊富な製品ラインナップと、高音質かつ大音量であることです。イヤホンや小型のスピーカーから、会場に設置して使用する大型のスピーカーまで製品が豊富です。幅広いシーンで利用できます。しかも小型のスピーカーでは再現しづらい低音までしっかり聞こえるので、大型スピーカー並みの性能を手軽に発揮できるのです。

またBOSE独自のスピーカーシステムが用意されているので、自宅でも臨場感のある音楽が楽しめます。音質でも機能性でも他メーカーの追随を許さない姿勢がBOSEの人気の理由でしょう。

BOSEスピーカーおすすめのシリーズ

BOSE スピーカー おすすめ シリーズ

高品質な製品ラインナップが特徴のBOSEですが、さまざまなシリーズが発売されています。利用シーンに応じてシリーズを選択すれば自分にあったスピーカーを購入できるでしょう。以下それぞれのシリーズの特徴を説明するのでチェックしてみてください。

SoundLink

BOSEのポータブルスピーカーを代表するのが『SoundLink』シリーズ。スマホやポータブル音楽プレイヤーを、ワイヤレスで接続して聴くことができます。持ち運んで手軽に聴くことができるので人気がある製品です。これからSoundLinkシリーズの4種類を紹介します。

Mini

SoundLinkシリーズの『Mini』は手のひらに収まるほどコンパクトに設計されていますが、アルミボディで重さがあり、高級感を感じます。デザインもスタイリッシュでおしゃれ。

音に関しては『デュアルパッシブラジエーター』と呼ばれる低音ユニットと、振動力の高い高性能トランスデューサーを搭載しているので、迫力があります。小型でも十分な重低音を楽しむことができるでしょう。

Micro

SoundLinkシリーズの『Micro』はMiniよりもさらに小さく、持ち運びながら音楽を聴くことができます。ストラップもついているので携帯が楽。耐水性と耐久性にも優れているのでアウトドアや入浴中にも活用できます。

音質はコンパクトながらパワーがあり、一人で音楽を聴く分には十分なパワーを備えています。パーティーモードに対応したモデルもあるので、大人数で聴くこともできるのがポイント。小さくてもパワーがあり、高音質を楽しめるアイテムです。

Color

Color』はSoundLinkシリーズの中でもカラーバリエーションに富んだモデルです。BOSEといえばシックなデザインの印象が強いですが、Colorはポップでカジュアル。他のモデルよりも安価で入手しやすいのがポイントです。

音質は高音と低音のバランスに優れており聴きやすい音に仕上がっています。入手しやすいのでBOSEの音を試してみたい方にピッタリのシリーズです。

Revolve

Revolve』はBOSEのパワフルな重低音を再現できるポータブルスピーカーで、360°広い範囲をカバーします。低音の再現力と音のバランスのよさはポータブルスピーカーの中でも抜群です。デザインも部屋のインテリアに馴染むので違和感がないのが特徴的。

Revolveには上位モデルのRevolve+があります。Revolve+サイズが大きくなっているので、音量を大きくしたときに音質がよくなります。バッテリーの耐久時間も4時間程長いです。

SoundTouch

SoundTouch』シリーズは室内に置いて使用するワイヤレススピーカーです。スマートフォンのアプリからコントロールすることで使えます。自宅の音響機器と接続すれば、簡単に映画や音楽を高音質で楽しむことができます。家中に好きな音楽を流せるので、空間を自由に演出することができるスピーカーといえるでしょう。

BOSEスピーカーおすすめの選び方

BOSEはさまざまなスピーカーが製品ラインナップにあります。自分にあったスピーカーを購入するために、おすすめの選び方を紹介します。確認していきましょう。

タイプで選ぶ

BOSEには外出先でも音楽を楽しめる『Bluetooth speaker』と室内でゆっくり音楽を聴くための『スピーカーシステム』があります。自分の利用シーンを考えてベストなアイテムを選びましょう。

Bluetooth speaker

Bluetooth speaker』はワイヤレスで接続できるので場所を選ばずに使用できます。外出先でも家の中でも音楽を楽しむことができます。スマホで簡単に操作できるので利便性も高いです。

外出先での利用を想定しているので、コンパクトに設計されています。音質のよさでいえばスピーカーシステムが上ですが、コスパと携帯性を考えるならBluetooth speakerを選ぶのがよいでしょう。

スピーカーシステム

スピーカーシステム』は自宅に設置してゆっくり音楽を楽しむためのスピーカーです。価格は高く気軽に入手できる金額ではありませんが、非常に音質がよく、BOSE独自の技術を発揮できる製品ばかりです。

自宅に本格的なオーディオシステムを構築したい方や、大音量でBOSEの重低音を楽しみたい場合に向いています。コンパクトなモデルもあるので、設置場所がない方でも気軽に扱えます。本格的にBOSEの音を楽しみたいなら検討してみてください。

許容入力で選ぶ

大音量で音楽を楽しみたいなら許容入力が大きいスピーカーを選ぶとよいです。BOSEの魅力はパワフルな大音量と重低音なので、許容入力が大きいほどBOSEの音のよさを発揮します。通常自宅で使用するスピーカーは許容入力10W程度が多いです。さらに上の40W程度の許容入力があれば、迫力あるBOSEサウンドを楽しめるでしょう。

広い部屋やホームシアター、イベントスペースで使う場合は、さらに許容入力値が大きいFreespace DSシリーズやFSシリーズを検討してみてはいかがでしょうか。

BOSEの独自技術で選ぶ

BOSEはサウンド環境を向上させるために、独自開発した技術をスピーカーに搭載しています。それぞれの特徴を紹介しますので参考にしてください。

Direct/Reflecting対応モデル

Direct/Reflecting対応モデルは自宅にいながらライブハウスやコンサート会場のような臨場感を味わえるモデルです。『Direct/Reflecting』とは直接聞こえる音と反響する音を調整して立体感のある音に仕上げる技術です。

Direct/Reflectingに対応したスピーカーを選べば、自宅にライブハウスやコンサート会場を再現できます。ダイナミックな音楽を楽しみたい方に向いているモデルです。

デュアル・オポージング・パッシブラジエーター対応モデル

デュアル・オポージング・パッシブラジエーター』に対応したモデルなら、コンパクトに設計されたスピーカーでも迫力ある重低音を味わえます。コンパクトなスピーカーは低音域の再現性が弱い傾向にありますが、BOSEの技術により、低音域をクリアに再現できるようになりました。

携帯性に優れたコンパクトなBluetooth speaker にデュアル・オポージング・パッシブラジエーターが採用されています。BOSEのすピーカーが小さくても低音がよく聞こえて、音質がよいのも、デュアル・オポージング・パッシブラジエーターの技術によるものなのです。

NFC対応モデル

NFC』対応モデルならBluetoothのペアリング設定がとても簡単。イヤホンとBluetoothをペアリングする作業を簡略化して、ワンタッチでペアリング設定を済ませられます。

BOSEのスピーカーではSoundLinkシリーズやBluetooth speakerに対応しています。とても簡単にペアリング設定を終わらせられるので、Bluetooth speakerの購入を考えている方は参考にしてみましょう。

バッテリーの駆動時間で選ぶ

Bluetooth speakerの購入を考えている場合、バッテリーの駆動時間は大切なポイントです。外出先での利用が追い方はバッテリー駆動時間が8時間以上あると安心。SoundLinkシリーズのRevolve なら、10時間以上のバッテリーが持つので長時間利用に向いています。
一度充電するだけで10時間以上持つので、幅広い利用シーンで活躍するでしょう。

防水機能で選ぶ

防水機能』がついたスピーカーであれば、アウトドアなどアクティブに使用できます。電子機器は水に弱いので雨が気になるところ。ですが最近は防水機能つきのBluetooth speakerが増えてきたので外出先でアクティブに使いたい方は防水機能があるか確認してみましょう。

BOSEではSoundLinkシリーズのMicroなど、防水機能を備えたモデルを多数販売しています。アウトドアなどアクティブに使いたい方や、お風呂でも音楽を聴きたい方はチェックしてみてください。

BOSEスピーカー のおすすめ人気比較ランキング

第10位

ウェーブガイドスピーカーテクノロジーで大型ステレオに匹敵する音質を実現したスピーカー

WST IV』はBOSEが独自開発した「ウェーブガイドスピーカーテクノロジー」により、大型ステレオ並みの迫力ある音を実現しました。机の上に置けるコンパクトさでも力強い音を体感できるのが特徴。

Amazon musicやSpotifyなどストリーミングサービスにも対応しており、さまざまな種類の音楽を楽しむことができます。Wi-FiやBluetoothでデバイスと接続すれば気軽に迫力ある音質を自宅で味わえるでしょう。アプリをインストールすればスマホで簡単に操作できるのもポイントです。

第9位

BOSE SoundLink SLink Color II RED

16,500円(税込)

ポップなカラーリングで持ち運びが楽しくなるBluetooth speaker

BOSEでは珍しいポップなカラーリングが特徴的な、SoundLinkシリーズの『Color』。とてもコンパクトに設計されており、持ち運びが楽です。明るいカラーリングと相まって携帯するのが楽しくなるアイテムでしょう。

音質は軽量でコンパクトでありながら、迫力があり、パワフルなBOSEサウンドをしっかり感じることができます。音のバランスがよく聴きやすさもあるので、携帯しながら音楽を聴く方にピッタリです。

第8位

BOSE SoundTouch SoundTouch 10 BLK

22,222円(税込)

自宅で高いクオリティの音楽が気軽に楽しめるワイヤレススピーカー

BOSEの『SoundTouch』シリーズは自宅でも高音質の音楽が気軽に楽しめます。コンパクトで設置場所にも困らないので、部屋においてコンパクトスピーカーでは考えられない音質を味わいましょう。

デザインもシックで落ちついているので、部屋のインテリアに馴染むのもポイント。あなたの好きな音楽で部屋を自由に演出することもできます。Wi-FiやBluetoothにも対応しているので、好きなデバイスに接続すれば音楽を楽しむ幅が広がりますよ。

第7位

アクティブに使えるアウトドアにピッタリのBluetooth speaker

コンパクトで持ち運びが便利なSoundLinkシリーズの『Micro』。防水性と耐久性に優れるのでアウトドアなどアクティブなシーンでの利用にピッタリのアイテムです。ハイキングやキャンプ、入浴中にも音楽が楽しめます。

音質はコンパクトでもパワフルで、BOSEらしいハイクオリティな音質を味わうことができます。外出先でも本格的な音を楽しめるので、アウトドアで音楽を聴きたい方にぜひ使用してほしいアイテムです。

第6位

周囲の状態を気にかけながらハイクオリティな音楽を楽しめるウェアラブルスピーカー

SoundWear Companion』はBOSEの「ウェーブガイドスピーカーテクノロジー」を使用したウェアラブルスピーカーです。首にかけるだけで、家事やパソコン作業をしながら高音質を楽しむことができます。周りの状況を把握しながら音楽を聴きたいときにピッタリ。

周囲への音漏れ対策もバッチリで、自分だけクリアな音質で聴けるように調整がなされています。また形状固定ワイヤーとシリコンでねじれを調整できるので、長時間装着しても疲れません。何かの作業をしながら音楽を聴きたい方に使用してほしいアイテムです。

第5位

音声操作のみであらゆる機能が使えるホームシアタースピーカー

Home speaker 500』は音声操作だけであらゆる機能を簡単に操作できます。Alexaを搭載しているので、操作は話しかけるだけ。数百万を超える楽曲にアクセスして自由に音楽を楽しめます。

音質は逆向きに設置されたカスタムドライバーが壁に音を反射させるので、高音質のホームシアターを自宅に再現できます。音声アシスタント機能を使って、BOSEの高品質ホームシアタースピーカーを体験してみてはいかがでしょうか。

第4位

BOSE SoundLink SLink REV PLUS BLK

33,998円(税込)

コンパクトでもライブ会場のような音質を再現できるポータブルスピーカー

BOSEのSoundLinkシリーズ『Revolve+』はコンパクトでも自然な音の広がりを実現し、まるでライブ会場にいるかのような体験を味わえます。ポータブルスピーカーとは思えないぐらいの重厚で迫力ある音質が特徴的。1台あるだけで周りがライブ会場に早変わりします。

防滴機能で雨にぬれても平気なので、屋外での使用にも向いています。バッテリー駆動時間は16時間と長いので、外出先でも安心して長時間使えるのがうれしいポイント。屋内・屋外問わず、迫力あるクリアな音を体験できるスピーカーです。

第3位

携帯してどこでもBOSEの高いクオリティのサウンドを体験できるスマートスピーカー

BOSEの『Portable HS』は音声操作だけで簡単に音楽再生ができるスマートスピーカーです。携帯性に優れているので、部屋の中だけでなく、外出先でも高いクオリティの「BOSEサウンド」を体験できます。SoundLinkシリーズ「Revolve+」のように高音質を360°広範囲に出力できるので、現場が一瞬でライブ会場に変化します。

場所を問わずにホームシアターの音質を楽しむことができるので、幅広い利用シーンで活躍するスマートスピーカーといえるでしょう。

第2位

SoundLinkシリーズ「Revolve+」のようにクリアな音質を360°再現できるコスパに優れたスピーカー

BOSEのSoundLinkシリーズ『Revolve」は「Revolve+」よりもコスパに優れたアイテムです。音質はRevolve+と同じく、360°の広範囲に高音質を届けることができます。音量を大きくすれば音質にも違いが出てきますが、普段使いでは気にならないレベル。違いはバッテリーの駆動時間が少々短いこととハンドルがついていないことだけ。

以上を踏まえると非常にコスパに優れたスピーカーであることが分かります。低価格で高音質なポータブルスピーカーをもとめる方に向いているでしょう。

第1位

コンパクトサイズでも迫力ある低音域を再現したBluetooth speaker

BOSEのSoundLinkシリーズ『Mini』はコンパクトなBluetooth speakerですが、低音域をよくとらえており、クリアな音質を実現しています。小型ですが上質なスピーカーでポータブルスピーカーとして非常にレベルが高い製品です。スマートフォンの音楽を再生するなら最適な1台といえます。

デザインもスタイリッシュでおしゃれです。持ち運んで外出先で音楽を楽しむのもよいでしょう。BOSEの音質を楽しみたい全ての方に使ってほしいスピーカーです。

BOSEスピーカー のおすすめ比較一覧表

商品画像
BOSE SoundLink B07YXSKWR9 1枚目
BOSE	 SoundLink B06Y3PCMPR 1枚目
BOSE	 Portable HS BLK B07X32GFLV 1枚目
BOSE	 SoundLink B06Y3YLKP9 1枚目
BOSE Home speaker 500 BLK B07GC4CJ8Y 1枚目
BOSE	 SoundWear Companion	 B079T2X2D7 1枚目
BOSE SoundLink B074N9G8J7 1枚目
BOSE SoundTouch B014CI97RM 1枚目
BOSE SoundLink B06Y41BYB8 1枚目
BOSE	 WST IV PS B014CI9D6C 1枚目
商品名 BOSE SoundLink BOSE SoundLink BOSE Portable HS BLK BOSE SoundLink BOSE Home speaker 500 BLK BOSE SoundWear Companion BOSE SoundLink BOSE SoundTouch BOSE SoundLink BOSE WST IV PS
型番 SL mini II SE SLV SLink REV BLK SLink REV PLUS BLK SLink Micro BLK SoundTouch 10 BLK SLink Color II RED
特徴 コンパクトサイズでも迫力ある低音域を再現したBluetooth speaker SoundLinkシリーズ「Revolve+」のようにクリアな音質を360°再現できるコスパに優れたスピーカー 携帯してどこでもBOSEの高いクオリティのサウンドを体験できるスマートスピーカー コンパクトでもライブ会場のような音質を再現できるポータブルスピーカー 音声操作のみであらゆる機能が使えるホームシアタースピーカー 周囲の状態を気にかけながらハイクオリティな音楽を楽しめるウェアラブルスピーカー アクティブに使えるアウトドアにピッタリのBluetooth speaker 自宅で高いクオリティの音楽が気軽に楽しめるワイヤレススピーカー ポップなカラーリングで持ち運びが楽しくなるBluetooth speaker ウェーブガイドスピーカーテクノロジーで大型ステレオに匹敵する音質を実現したスピーカー
価格 23,948円(税込) 22,680円(税込) 43,200円(税込) 33,998円(税込) 48,713円(税込) 29,079円(税込) 12,556円(税込) 22,222円(税込) 16,500円(税込) 77,000円(税込)
商品リンク

BOSEスピーカーのおすすめまとめ

BOSEスピーカー おすすめ まとめ

世界的な人気オーディオメーカー『BOSE』のスピーカーの選び方とおすすめ商品を紹介してきました。利用シーンにあわせたスピーカーを選ぶことで、BOSEのスピーカーの魅力はより引き立ちます。

BOSEのスピーカーを1台持っていれば、あなたの音楽ライフはさらに充実するでしょう。BOSEのスピーカーの選び方とおすすめ商品を参考にして、お気に入りのスピーカーを購入しましょう。

記事をシェアして友達にも教えよう!

BOSEスピーカー
のおすすめ関連記事をもっと見る