防水カメラケースのおすすめ人気比較ランキング10選【最新2020年版】

【最新版】防水カメラケースの人気10アイテムのおすすめ比較ランキング。防水カメラケースの特徴や選び方から価格情報やスペック情報、クチコミやレビューまで徹底比較。最後に編集部おすすめの防水カメラケースをランキング形式でご紹介。
阿部淳

旅行やレジャーでの必須アイテムといえばカメラです。しかし旅先でカメラを使うときには、急な雨や波による水濡れの不安があります。

そこで活躍するのが『防水カメラケース』です。急な雨から守るだけではなく、水中撮影もできるほどの防水性の高いものまで種類はさまざま。おすすめのメーカーや口コミもあわせてご紹介します。

防水カメラケースのおすすめの選び方

ケースのタイプで選ぶ

防水カメラケース おすすめ 選び方

ソフトタイプ

厚めのビニール素材で作られており、カメラを覆うことで水からカメラを守るタイプのカメラケースです。見た目はジップロックのような形で、中に入る大きさのカメラであれば機種を選ばないのが特徴です。

ビーチや川原などで使用する際は砂からもカメラを守ってくれます。防水性はハードタイプのカメラケースよりは低いため、プールの中やダイビングなどで使用した場合はケースの中に水が入り込む可能性があることは頭に入れておきましょう。

ハードタイプ

ハードタイプのカメラケースは通称「ハウジングケース」「マリンケース」と呼ばれます。ケースがカメラの形にぴったりと添うように設計されているデザインで、防水性の高さはトップクラスです。

ケースにアタッチメントを付けることであらゆるシーンでに対応できます。メーカー純正のケースしか選択肢がないので、価格が高くなってしまうというデメリットがあります。

バッグタイプ

バッグタイプのカメラケースは内面がクッション加工されているものが多いため、カメラを安全に運ぶことができます。しかし防水性のないカメラバッグの場合、雨が振ってきたときなど浸水してしまいカメラが濡れて壊れてしまう危険性があります。

防水性のあるカメラバッグは本体だけでなくファスナーなどからの浸水も防ぐ加工がされているため、急に雨が降ってきても安心です。コンパクトデジタルカメラの場合、バッグタイプだと大きすぎるので防水性のあるカメラポーチを選ぶと良いでしょう。

防水性で選ぶ

防水カメラケース おすすめ 防水性

雨の日の撮影ならIPX4以上

IPX4はあらゆる方向からの水滴を防ぐ防水性能があります。大量の水がカメラにかからない小雨程度の条件であればIPX4以上をおすすめします。IPX3以下では防水できる角度が限定されるため、雨や水滴からカメラを守るケースとしては不十分です。

海やプールでの撮影ならIPX5~7

IPX5以上の規格であれば、あらゆる方向からの水流を防ぐ防水性能があります。海やプールなど、大量の水しぶきがかかる可能性のある場所ではIPX5以上のケースを選びましょう。

IPX5~7の違いとしては、IPX5は3mの距離からホースで3分間水をかけても浸水ません。IPX6はより強い水流で水をかけても大丈夫。IPX7は1mまでの水深の真水に30分間浸しても浸水しない防水性能です。

水中での撮影ならIPX8

IPX8はIP規格の中でもっとも強い防水性を持っており、IP規格ではこれ以上の防水性能はありません。条件はIPX7よりも厳しい環境下でのテストとのことです。そのためメーカーによってテスト環境が異なることもあります。しかし最低の基準として、1m以上の水深の真水に30分以上浸しても浸水しないレベルではあります。

IPX7でもケースを水に浸しても浸水はしませんが、水中で撮影するのであれば、1m以上の深さにもぐることになると思いますので、IPX8のカメラケースが必須です。

ストラップの長さで選ぶ

ストラップは手から滑らせてしまったときに、水や地面に落ちるのを防ぐ役割があります。IPX6以下のものでは沈んだ際に浸水してしまう可能性があります。そのため防水カメラケースでもストラップホールがついているものがおすすめ。

ストラップには長いものと短いものがあります。短いものは手首に巻きつけ、長いものは首から下げて使用します。使用状況に合わせてどちらを選ぶか決めても良いでしょう。

防水カメラケースのおすすめメーカー

防水カメラケース おすすめ メーカー

DiCAPac

ソフトタイプのケースで高い評価の口コミやレビューの多いメーカーです。ソフトタイプでは珍しいIPX8の防水性を持つ商品があります。レンズカバーの透明度が高く、写真や映像がきれいに撮れます。

AQUAPAC

イギリスのカメラケースメーカーです。バッグタイプは防水・防塵性がともに高いことから、ビーチや川などアウトドアで多く使用されています。さらにソフトタイプのケースは操作性の良さで評価が高いです。

HAKUBA

昭和30年の創業以来、高品質なカメラケースなどの撮影機材を製造している信頼のできる国産メーカーです。バッグタイプの防水ケースでは撮影窓がついており、ケースにいれたまま撮影ができる商品もあります。

防水カメラケース のおすすめ人気比較ランキング

第10位

SURIA 防水ケース スマホ用

1,158円(税込)

低価格でありながらタッチ性能と指紋認証の感度もいい!スマートフォンの防水ケースなら迷わずコレ!

ガラケーに比べてスマートフォンはカメラの性能が驚くほど上がっています。スマートフォンで写真を撮影する機会も多いでしょう。ですが防水のスマートフォンは増えてきたものの、水中撮影まで対応できるIPX8のスマートフォンはまだまだ少ないのが現状です。

SURIAの防水ケースはIPX8で、20m以上の水深でテストしても浸水が確認できなかったというほどの防水性能。そのためスマートフォンで水中撮影をしたい方にはおすすめの商品です。

第9位

FiTSTILL GoPro HERO 8 Blackハウジング

1,680円(税込)

ダブルロックと優れた防水性でアクションカメラを守る!過酷な環境下でも安心!

アクションカメラに防水ハウジングケースは必須のアイテムです。なぜならスノーボードやサーフィンなど過酷な環境下で使用することが多く、浸水は故障の原因として1番多いと言われています。

ダイブハウジングはダブルロック仕様でがっちりとハウジングを閉めるので、かなりの安心感。実際にレビューでも45mのダイビングを40分しても浸水しなかったという声も多くあり、防水性は高いようです。

第8位

WeniChen 60M/195ft ハウジング 防水ケース

21,800円(税込)

水深60mの防水設計でオリンパスのTough4をさらにタフにするハウジングケース

オリンパスのTough4といえばもともと防水・防塵・耐衝撃を兼ね備えた頑丈なモデル。Tough4専用のハウジングを装着することで、防水性は15mから60mと4倍の深さまで防水性能が増えるという、Tough4の長所をさらに向上させるカメラケースです。

15mはレジャーでスキューバーダイビングを楽しむ方には十分な水深なのです。しかし上級者になると、30m以上とかなり深くまで潜るため、15mでは足りなくなってしまいます。ダイバーには必須のアイテムです。

第7位

Tteoobl 防水 デジカメ ケース 水深 10m 透明 シュノーケル 海 プール ダイビング 3

720円(税込)

防水ソフトケースで操作性も抜群なコストパフォーマンスに優れた商品

操作性が良く、シャッターを押すための人差し指を挿しこめる構造になっており、オートフォーカスも効かせやすいのが特徴。1000円を切るソフトタイプの防水ケースで水深10mまで耐えられるというコストパフォーマンスの良さはソフトタイプの中ではトップクラスです。

ケースに入れたままシャッターを押せるため、シュノーケリングなど水に潜る場合にも便利です。ビーチやプールなどで使用する際もストレスなく操作できるのでおすすめ。

第6位

Zenic 一眼レフカメラ 防水袋 防水ケース

1,299円(税込)

突然の雨から大切なカメラを守るために1つは持っておきたい商品

屋外での撮影や持ち運びの際には、突然の雨でカメラが濡れてしまう恐れがあります。そんな時にこの防水ケースを1つ持っていれば安心です。

3重のファスナーで守られた袋型のソフトタイプのカバーで、しっかりと水の侵入を防ぎます。さらにカメラを中に入れても操作ができ、透明度の高い素材で作られているため撮影画質に影響を及ぼしません。

第5位

HAKUBA 防湿カメラケース ドライソフトボックス L オレンジ KDSB-LOR

4,122円(税込)

バッグタイプなのに撮影もできるアイディア商品!自宅での保管用としても優秀です

バッグインタイプのカメラバッグで防水性があるため普段の持ち歩きに最適です。カメラ本体とレンズ2本が収納できます。防湿カメラケースとしても優秀で、シリカゲルをいれるポケットもついているため、カビ対策も万全です。

このカメラバッグの最大の特徴は正面に取り付けられた透明の窓。リモコンシャッターやスマートフォン遠隔撮影機能を使えば窓から撮影ができます。そのため雨の日でも一眼レフで撮影できるという逸品です。

第4位

AQUAPAC デジタルカメラケース 020 スモール ストームプルーフ カメラ ポーチ 防水 ブラック

6,820円(税込)

防水性能だけじゃない!クッション性にも優れた安心のバッグタイプカメラケース

IPX6の優れた防水性に取り出し口が3回ロールさせるタイプなので、浸水だけでなく防塵性もある商品です。コンパクトデジカメを収納するのにちょうど良いサイズと、一眼レフを収納できる大きなものが選べます。

フォームパッドというクッション性の高い素材で作られているため、万が一カメラを落としたり、ぶつけたりしてもカメラに伝わる衝撃を抑えてくれます

第3位

DicAPac WP-ONE ディカパック デジカメ 防水 ケース

3,400円(税込)

IPX8の高い防水性能でしっかり防水!水中撮影ができるソフトタイプカメラケース!

IPX8の水深10m対応と高い防水性能を持つソフトタイプのケースです。さまざまな種類のコンパクトデジカメに対応しており、カメラをケースに入れたまま撮影可能なので水中撮影も可能。

口コミによると水中での浸水の心配はいりません。しかしレンズがケースに引っかかるため、ケースの中で電源を入れることはできず、オートON/OFF機能を切らなければいけないなど工夫が必要です。

第2位

AQUAPAC デジタルカメラケース 418 スモール カメラ ケース 防水 グレー

2,491円(税込)

独自の密閉機構で浸水をしっかりとガード!柔軟性のある素材で操作性も優秀!

独自に開発されたアクアクリップというネジでしっかりと締めるため密閉性が高いのが特徴です。IPX8の水深10mまで対応しているため、水中撮影にも適しています。

安物のカメラケースだとビニール素材が分厚く硬い商品が多いため、操作性が悪く、水中では反射して画面が見にくかったりとストレスが溜まることも。AQUAPACのデジタルカメラケースカメラケースは非常に柔軟性のある素材で作られているため、操作性の面に置いても高い評価を受けています。

第1位

DicAPac WP-570 ディカパック デジタルカメラ 防水ケース

3,480円(税込)

大きめサイズでほとんどのコンパクトデジカメに対応!カメラの買い替え後も安心

先述した同じDicaPacのWP-ONEより大きいサイズのソフトタイプケースです。小型から中型までのコンパクトデジカメであればほとんどの製品に対応しており、汎用性も高いです。

「ソフトケース部とレンズカバー部の接合が甘いと」いうレビューも。しかしほとんどの人は浸水せずに使えています。また浸水したという方も、接合部をシーリングすることで問題なく使えたようです。

防水カメラケース のおすすめ比較一覧表

商品画像
DicAPac WP-570 ディカパック デジタルカメラ 防水ケース B003UQPANI 1枚目
AQUAPAC デジタルカメラケース 418 スモール カメラ ケース 防水 グレー B0044LXGJI 1枚目
DicAPac WP-ONE ディカパック デジカメ 防水 ケース B00HYOLNF6 1枚目
AQUAPAC デジタルカメラケース 020 スモール ストームプルーフ カメラ ポーチ 防水 ブラック B0044LRNVA 1枚目
HAKUBA 防湿カメラケース ドライソフトボックス L オレンジ B07QGCR9B7 1枚目
Zenic 一眼レフカメラ 防水袋 防水ケース B074CJ3G7S 1枚目
Tteoobl  防水 デジカメ ケース 水深 10m 透明 シュノーケル 海 プール ダイビング 3 B00LZ0N2PE 1枚目
WeniChen 60M/195ft ハウジング 防水ケース B076VK27B2 1枚目
FiTSTILL GoPro HERO 8 Blackハウジング B07Z87Y46R 1枚目
SURIA 防水ケース スマホ用 B07Q4SSYT4 1枚目
商品名 DicAPac WP-570 ディカパック デジタルカメラ 防水ケース AQUAPAC デジタルカメラケース 418 スモール カメラ ケース 防水 グレー DicAPac WP-ONE ディカパック デジカメ 防水 ケース AQUAPAC デジタルカメラケース 020 スモール ストームプルーフ カメラ ポーチ 防水 ブラック HAKUBA 防湿カメラケース ドライソフトボックス L オレンジ Zenic 一眼レフカメラ 防水袋 防水ケース Tteoobl 防水 デジカメ ケース 水深 10m 透明 シュノーケル 海 プール ダイビング 3 WeniChen 60M/195ft ハウジング 防水ケース FiTSTILL GoPro HERO 8 Blackハウジング SURIA 防水ケース スマホ用
型番 KDSB-LOR
特徴 大きめサイズでほとんどのコンパクトデジカメに対応!カメラの買い替え後も安心 独自の密閉機構で浸水をしっかりとガード!柔軟性のある素材で操作性も優秀! IPX8の高い防水性能でしっかり防水!水中撮影ができるソフトタイプカメラケース! 防水性能だけじゃない!クッション性にも優れた安心のバッグタイプカメラケース バッグタイプなのに撮影もできるアイディア商品!自宅での保管用としても優秀です 突然の雨から大切なカメラを守るために1つは持っておきたい商品 防水ソフトケースで操作性も抜群なコストパフォーマンスに優れた商品 水深60mの防水設計でオリンパスのTough4をさらにタフにするハウジングケース ダブルロックと優れた防水性でアクションカメラを守る!過酷な環境下でも安心! 低価格でありながらタッチ性能と指紋認証の感度もいい!スマートフォンの防水ケースなら迷わずコレ!
価格 3,480円(税込) 2,491円(税込) 3,400円(税込) 6,820円(税込) 4,122円(税込) 1,299円(税込) 720円(税込) 21,800円(税込) 1,680円(税込) 1,158円(税込)
商品リンク

防水カメラケースのおすすめまとめ

夏のビーチや冬のスキー場と季節のレジャーには防水性のあるカメラケースは必需品です。それにはしっかりと情報を集めて比較することが大切。せっかくのレジャーや旅行もカメラが使えなかったり壊れたりしては台無しになってしまいます。

高価なカメラを守るためというのはもちろんですが、大切な思い出をしっかり残すためにも、カメラケース選びはしっかりと吟味して自分にあった商品を見つけましょう。

記事をシェアして友達にも教えよう!

防水カメラケース
のおすすめ関連記事をもっと見る