中華アクションカメラのおすすめ人気比較ランキング10選【最新2020年版】

【最新版】中華アクションカメラの人気10アイテムのおすすめ比較ランキング。中華系アクションカメラの特徴や選び方から価格情報やスペック情報、クチコミやレビューまで徹底比較。最後に編集部おすすめの中華系アクションカメラをランキング形式でご紹介。
池田

バイク・スキー・ダイビングなど、さまざまなアウトドアスポーツで一人称視点の映像を残せる『アクションカメラ』。中でも中華版のアクションカメラは、安価で高性能な製品が多い傾向にあります。

本記事では『中華アクションカメラ』について、特徴・選び方・おすすめ人気比較ランキングとあわせて紹介していきます。安価で高性能なアクションカメラが欲しい方は、ぜひ参考にしてください。

中華アクションカメラってどんなカメラ?

中華 アクションカメラ とは

中華アクションカメラ』は文字通り、中国産のアクションカメラです。ちなみにアクションカメラは『GoPro』とも呼ばれています。そのため中華アクションカメラは、『中華GoPro』と表記されていることもある製品です。

アクションカメラはヘルメットや自転車など、さまざまな場所に装着できます。スポーツプレイヤー視点で映像を撮影可能です。登山で足を運んだ山からの風景やシュノーケリングで潜った海の景色などを、よりダイナミックな映像として残せます。

以上の性能を備えた中国産のアクションカメラが、中華アクションカメラです。

中華アクションカメラがおすすめの理由とは

中華 アクションカメラ おすすめ 理由

格安でアクションカメラが使える

アクションカメラに限らず、中華版の製品は価格が安い傾向にあります。『価格が安いから粗悪品が多いんじゃないの?』と考える方が多いでしょう。しかし中華アクションカメラには、安くて高性能な良コスパの製品があります。

もちろん高価な製品と比べれば、防水機能や画質は劣る傾向があります。とはいえ価格の割に高画質で手ぶれ補正が優秀な製品もあるため、中国産だからといって侮れません。コスパが高いアクションカメラを購入するなら、中華アクションカメラがおすすめです。

アクションカメラを気軽に試せる

繰り返しになりますが、中華アクションカメラは安価な製品が多いです。CanonやSONYといった国内有数の電機メーカーが製造している製品は、価格が高い傾向にあります。気軽に購入できる価格とはいい難いでしょう。

一方中華アクションカメラは、5,000円前後で購入できる製品が多いです。そのため『アクションカメラがどんな製品か試してみたい』という方が、気軽に購入できます。

安いのに本家よりおすすめという声も

中華アクションカメラは、低価格ながらも高性能な製品があるためコスパがいいです。そのため一部のユーザーからは『高価な製品 (本家) よりもおすすめできる』といわれています。

中華アクションカメラのおすすめの選び方

中華 アクションカメラ おすすめ 選び方

中華アクションカメラを購入するときは、以下の点に注目してみましょう。より美しい映像を残すために、本項目の内容を押さえておいてください。

それでは詳しく見ていきましょう。

画質

中華アクションカメラに限らず、カメラでもっとも重要なのが『画質』です。より美しい映像を残したいなら、高画質な製品を購入しましょう。そしてより滑らかな映像を残したいなら、フレームレートに注目してみてください。

フレームレートとは動画で、単位時間あたりに処理する静止画の数です。フレームレートが高いほど静止画の数が多く、滑らかな映像を残せます。中華アクションカメラを購入するときは、画質とフレームレートを確認しましょう。

手ぶれ補正機能

中華アクションカメラは主に動きながら使用します。ですのでどんなに高画質でフレームレートの高い製品でも、『手ぶれ補正機能』を搭載していなければ綺麗な映像は残せません。激しい動作の中で撮影する機会が多い方にとっては、重要な項目だといえます。

中華アクションカメラを購入するときは、手ぶれ補正機能の有無を確認しましょう。

広角レンズ

広角レンズ』を搭載していれば、より広い範囲の映像を残せます。人間が普段見ている範囲は190度前後です。通常のカメラであれば、実際に見えているよりも狭い画角で映像を撮影します。

一方広角レンズ搭載のカメラは、170度前後の画角で撮影可能です。実際に見ている景色とほぼ同じ映像を残せます。よりリアルに近い景色を撮影したい方は、広角レンズ搭載の有無を確認しましょう。

4K

4K』とは『画面解像度』のことです。画面解像度が高ければ高いほど、より綺麗な映像となります。画面解像度の種類は以下の通りです。一部ですがご覧ください。

720p (HD) <1080p (フルHD) <1440p (2K) <2160p (4K)

一般的なカメラの画面解像度は2Kなので、4Kはさらに高画質だとわかりますね。より高画質な映像を残したい方は、4Kに対応しているかを確認しましょう。