コスパ最強の安いヘッドホンのおすすめ人気比較ランキング10選【最新2020年版】

【最新版】コスパ最強の安いヘッドホンの人気10アイテムのおすすめ比較ランキング。安いヘッドホンの特徴や選び方から価格情報やスペック情報、クチコミやレビューまで徹底比較。最後に編集部おすすめの安いヘッドホンをランキング形式でご紹介。
おすすめStartHome編集部

音楽を自宅でも外出先でも楽しみたいとき、『ヘッドホン』を利用する方は多いのではないでしょうか。ヘッドホンの価格帯はさまざまで、安い入門用から高いハイエンドモデルまで、ユーザーのニーズに合わせて選びやすくなっています。

今回はヘッドホンの特徴や選び方、実際の商品ランキングを紹介していきます。自分がヘッドホンにどのような要素を求めているかを意識しながら、今回の記事を参考にしてみてください。

おすすめのヘッドホンの価格相場

ヘッドホン 安い おすすめ 特徴

1万円以下のヘッドホンの特徴

1万円以下の比較的安いヘッドホンでも、性能はマチマチです。音楽が聴ければいいという方向けのコスパ重視モデルだけでなく、近年話題のハイレゾ音源に対応する機種もあります。

人が多い場所で役立つノイズキャンセリングが備わったヘッドホンも選べるため、1万円以下でも意外と満足度は高いでしょう。ヘッドホンの性能を知る役割も果たしてくれますから、オーディオ初心者の方におすすめの価格帯です。

1万円〜5万円のヘッドホンの特徴

1万円〜5万円のヘッドホンは、少し高級な部類に入ります。ほとんどの機種に1万円以下のヘッドホンで挙げた特徴が備わっていますし、低価格帯よりグレードが高い音を耳で感じることができます。

価格はネックになりますが、ヘッドホンで贅沢な気分を味わいたい方や、低価格帯のヘッドホンが物足りなくなったユーザーの買い替えに最適です。

5万円以上のヘッドホンの特徴

5万円以上のヘッドホンともなると、基本的には趣味の世界です。しかしオーディオ分野のプロも使うようなヘッドホンなら、それまでとは別次元の音質を体験させてくれます。

ただ性能だけを追求するのではなく、自分が好きなジャンルに特化したヘッドホンをゲットできると、日常の音楽がグンとランクアップします。10万円を超えるヘッドホンもたくさんありますが、購入するときは宝の持ち腐れにならないように、要求スペックを満たせる機種を選びましょう。

おすすめの安いヘッドホンの選び方

音質

ヘッドホンを探すとき、目にすることが多いワードが『ハイレゾ』。ハイレゾとは、『ハイ(=高い)レゾリューション(=解像度)オーディオ』の略称になります。細かい説明は省きますが、カンタンにいえば音の表現がCDと比較して段違いなのです。

ヘッドホン 安い おすすめ 音質

ハイレゾ音源に興味がある方は、必ずハイレゾ対応ヘッドホンを購入しましょう。今回のテーマである安いヘッドホンでは、まだ対応機種は少ないものの、探してみると見つけられます。

機能

屋外で音楽を楽しむ用途がメインなら、おすすめのヘッドホンはワイヤレスタイプ。収納時にケーブルが絡まることによる断線リスクを減らせますし、見た目にもおしゃれです。

またキレイに折りたためるヘッドホンは、屋内で使うときも収納に役立ちます。非常にコンパクトにまとまるヘッドホンもたくさんあるので、チェックしておきたい項目です。

接続方法

有線接続

近年はワイヤレスヘッドホンの人気が高いですが、有線タイプも根強く愛されています。ヘッドホンと再生機器を有線で接続するメリットは、音の遅延や劣化が起きにくくなることです。ワイヤレスタイプと違ってバッテリー残量を気にする必要がない利点もあります。

ヘッドホン 安い おすすめ 有線接続

その反面、タッチノイズや上述の断線リスクがあるため、取り扱いに注意が必要です。ヘッドホンをバッグに入れて持ち運ぶ場合、ケーブルが絡まないように気をつけましょう。

ワイヤレス接続

主に無線規格の『Bluetooth』で接続するワイヤレスヘッドホンは、ケーブルが邪魔にならないため、ランニングなどのアクティブに動きまわるシーンでも気持ちよく音楽を楽しめます。

ヘッドホン 安い おすすめ ワイヤレス接続

ただし人が多い場所で無線通信が切れたり、外出先でのバッテリー切れが起こると、まったく音楽を聴けなくなってしまいます。そうしたデメリットも把握した上で、用途に応じたワイヤレスヘッドホンを探しましょう。

ハウジングの形状

ハウジングとは、ヘッドホン本体の1番外側の部分にあたるパーツです。ハウジングはヘッドホンの見た目に影響するだけでなく、音質にも関係してきます。今度はヘッドホン選びにおけるハウジングの特徴を見ていきましょう。

密閉型 (クローズド型)

ヘッドホン本体の音が出る部分を、樹脂や木製のハウジングでまるごと包んでしまう構造です。下の画像のように、ヘッドホンの形状で一般的に連想されるタイプが密閉型です。

ヘッドホン 安い おすすめ 密閉型

密閉』という表現のとおり、周囲の雑音を遮断しながら音楽に集中できることが大きなメリット。満員電車などで起きると恥ずかしい音漏れ防止の効果も得られます。

密閉型はパワフルな重低音を余すことなく楽しめますが、音の種類によってはこもったように聞こえてしまうこともあります。細かな楽器の音までクリアに聴き取りたい場合、密閉型は不利になることを覚えておきましょう。

開放型 (オープンエアー型)

密閉型とは真逆に、ハウジングがメッシュのような細かい穴を開けた形状になっています。この『』のおかげで音がヘッドホンの内側にこもらないため、非常にクリアな高音域を堪能できます。装着中に耳を圧迫しないことから、疲れを最小限に抑えられることも嬉しいポイント。

ただし開放型は周囲の音を遮る効果が低いので、人が多い場所で音楽を聴く用途には向きません。自宅で音楽鑑賞を楽しみたい方におすすめです。

装着タイプ

オーバーイヤー型

オーバーイヤー型ヘッドホンは、耳全体を包み込むように装着するタイプ。装着時の安定感や遮音性能に優れているため、通勤や通学での使用にもピッタリです。

ヘッドホン 安い おすすめ オーバーイヤー型

ただ必然的にヘッドホン全体のサイズが大きくなってしまうことから、重量は比較的重たくなります。お店のオーディオコーナーでヘッドホンを着けてみるなどして、実際の使い心地をチェックするといいでしょう。

オンイヤー型

名称が示すとおり、耳の上に被せるように装着します。特徴はオーバーイヤー型と真逆で、耳の圧迫感が少ない上に重量も軽いです。携帯性に関しては、オンイヤー型のほうが優れているといえるでしょう。

オンイヤー型ヘッドホンはリーズナブルな価格の機種が多いため、買い替えにも便利です。注意点として、耳の穴に近い位置で装着する都合上、長時間の使用時は耳に負担がかかりやすいことを覚えておいてください。

スペック

再生周波数帯域 (GHz)

ヘッドホンで再生可能な音の周波数を『Hz(ヘルツ)』で表した数値です。このスペック値の上限と下限の幅が広いヘッドホンほど、低音~高音まで幅広いレンジ(周波数レンジ)を表現できます。

ただし再生周波数帯域のスペックを記載する際の明確な規定はないため、人間の耳で実際に聴き取れる『可聴域』の数値を記載しているメーカーもあれば、計測機器の数値をそのまま記載するメーカーもあります。あくまで参考程度に捉えておきましょう。

出力音圧レベル/感度/能率 (dB/mW)

単位は『dB(デシベル)/mW(メガワット)』で表現されます。たとえば再生機器から1mWの音が入力されたときに、ヘッドホンが90dBの音を鳴らすなら、出力音圧レベルは『90dB/1mW』です。

この数値が大きいほうが、ヘッドホンから流れる音量は大きくなります。

最大入力 (mW)

ヘッドホン側に瞬間的に加えてもいい最大電力の数値です。ヘッドホン側の数値が再生機器の最大出力よりも上であれば、特に気にする必要はありません。

インピーダンス (Ω)

電気抵抗に用いる単位の『Ω(オーム)』ということで、ヘッドホンの電気抵抗の大きさを表す数値。覚えておくべきことをシンプルにまとめると、インピーダンスが大きいヘッドホンは聴こえる音量が小さくなり、小さいヘッドホンだと音量が大きくなります。

安いヘッドホンのおすすめメーカー

audio-technica (オーディオテクニカ)

音響や映像関連の機器を手がけるメーカーである『audio-technica』は、ヘッドホンの分野でも有名です。リーズナブルな機種からこだわりのハイエンドモデルまで幅広く展開しているため、ヘッドホンを検索するだけで無数の選択肢が見つかります。

ヘッドホン 安い おすすめ オーディオテクニカ

自分好みのヘッドホンを買い替えていけるので、末長く付き合っていけるでしょう。

SONY (ソニー)

ウォークマンなどが名な家電メーカーの『SONY』ですから、オーディオ分野にも豊富な実績があります。1万円以下の安いヘッドホンも品質に抜かりはなく、ダイナミックなパワフルサウンドで楽しませてくれます。

ウォークマンと相性がいいワイヤレスタイプも充実しているので、通勤・通学用のヘッドホンを探している方にもおすすめです。将来的に高価格帯のヘッドホンに買い替えれば、さらなる感動のサウンドが待っているに違いありません。

Pioneer (パイオニア)

近年はカーナビ事業に力を入れている『Pioneer』ですが、現在も高品質のヘッドホンを多く開発しています。気軽に使えるリーズナブルな機種から、プレミアム感を突き詰めた超高級ヘッドホンまで、選択肢はさまざまです。

ノイズキャンセリング機能に優れたワイヤレスヘッドホンが多いので、外で音楽を聴くとき以外にも、音漏れが気になる音声通話にも大活躍します。

PHILIPS (フィリップス)

PHILIPS』はオランダの企業で、電動歯ブラシや電気シェーバーを販売するメーカーとして知っている方も多いでしょう。実はフィリップスが販売するヘッドホンは、クラシック愛好家からの評価が高いです。クラシック好きは、特に購入を検討する価値があります。

Bang&Olufsen (バング&オルフセン)

Bang&Olufsen』はデンマークのメーカーで、デザイン性の高さがユーザーの支持を集めています。もちろんヘッドホンの性能自体も抜かりはないので、デザインを追求したい方におすすめです。

SENNHEISER (ゼンハイザー)

ドイツの世界的な音響機器メーカーである『SENNHEISER』は、名前だけは知っているという方も多いかもしれません。オーディオ分野のプロたちを満足させる性能は折り紙付きで、極上の音楽を味わえるヘッドホンが豊富にラインナップされています。

Creative (クリエイティブ)

1981年にシンガポールで創業された『Creative』は、音響業界では比較的新興メーカーといえるでしょう。シンプルデザインのヘッドホンは、たしかな性能と使いやすい機能性が両立しています。

COWIN (コワイン)

中国メーカーの『COWIN』も、2000年代に入ってからオーディオ市場に参入した新しめの企業です。コスパのいいヘッドホンが充実しているため、初心者も高品質のサウンドを楽しめます。

コスパ最強の安いヘッドホン のおすすめ人気比較ランキング

第10位

音が気持ちよく抜ける

低音~中高音の再生を強力にサポートするセミオープンエアー型の構造が、自分の部屋をプロ並の音楽環境に変えてくれます。長期間の使用で損耗が激しいケーブルやイヤーパッドを交換可能なので、メンテナンス性が気になるユーザーもバッチリ。

装着時に長さを調整してくれるセルフアジャスト機能を採用したヘッドバンドが、頻繁に音楽を聴く方に嬉しいこだわりです。

第9位

シンプルイズベストな1台

約2時間の充電で16時間の音楽再生ができることから、旅行などにも持っていきやすいワイヤレスヘッドホンです。32mmドライバーを搭載することで、エントリーモデルとしては十二分な低音を提供してくれます。

最大2台の機器で同時にヘッドホンが使えるマルチポイント機能を活用すれば、仕事とプライベートの使い分けもカンタンです。シンプルながらも機能性に優れた人間工学デザインのおかげで、どこにいても安定した装着感で音楽を聴いていられます。

第8位

Panasonic ヘッドホン RP-HX350

1,478円(税込)

エントリーモデルにおすすめ

手軽に入手できる価格設定に、高音質を目指した設計の36mmドライバーが魅力的です。快適に耳を包み込むイヤーパッドが、音漏れ防止と負担軽減の効果を発揮。

ケーブルの絡みが起こりにくい平型のフラットコードで、扱いやすさが向上しています。平たくして収納スペースを減らせるスイーベル(首振り) 折りたたみ機構も便利です。

第7位

毎日音楽を楽しもう

個性を抑えたデザインは、カジュアルからフォーマルまでシーンを選ばずにヘッドホンが使いやすくなるポイントです。音声アシスタントの起動をサポートするリモコンボタンとマイクを搭載しているため、スマホを音楽プレーヤーとして使っているユーザーにピッタリ。

約17時間のワイヤレス再生ができる大容量バッテリーは、外出時の頼もしい味方です。低音を強調するバスブースト機能で、さらに迫力を増したサウンドも楽しめます。

第6位

耳に響かせる重低音

パワフルな重低音域を表現してくれるEXTRA BASS専用30mmドライバーが鳴らすサウンドは、ヘッドホンとは思えない臨場感です。低反発素材のイヤーパッドと、丈夫かつ快適な装着感のヘッドバンドが、頭部とヘッドホンの密着性を高めて音を届けます。

スイーベル機構や絡みにくいセレーションケーブルで、使い勝手の面も優秀です。スマホのハンズフリー通話を実現するマルチファンクションボタンとマイクを内蔵したリモコンも、便利に使いこなしましょう。

第5位

プロの性能を体験

幅広い音をクリアに再現する高性能40mm径ダイナミック・ドライバーが、さまざまな音楽をバランスよく耳に届けてくれます。密閉型のオーバーイヤーヘッドホンなので、音楽への集中力がアップすること間違いなし。

圧迫感を極力排したデザインになっていますから、長時間の使用も苦になりません。AKGプロフェッショナルシリーズのエントリーモデルとして開発されているため、プロ仕様ヘッドホンに興味を持っている方にもおすすめです。

第4位

Panasonic ヘッドホン RP-HD300B

9,856円(税込)

ハイレゾを堪能できる

直径40mmのHDドライバーが、ハイレゾ音源を高水準の表現力で楽しませます。フル充電で約24時間使えることもあり、安い価格帯のワイヤレスヘッドホンでは破格の性能といえるでしょう。

バランス重視のOFFモード、低音重視のBass Enhancerモード、ボーカル曲に強いClear Voiceモードの3種類を切り替えられるので、対応できる曲の幅が広いこともポイントです。無線通信非対応のテレビでも使えるようになる着脱式ロングケーブルが付属します。

第3位

Panasonic ヘッドホン RP-HTX80B

6,005円(税込)

ヘッドホンにファッションをプラス

全体の色調を統一したワントーンデザインが、好みに合わせたカラーを選びやすくなっています。40mmドライバーの性能をフルに発揮する空気の流れを作ったアコースティック・ベース・コントロールで、低音の表現力が非常に高いです。

耳元にリモコン操作用のボタンを集中させている設計なので、操作に慣れればスマホや音楽プレーヤーに一切触らずに音楽が聴けます。ヘッドバンドは締め付けが少ないピアノ線材、イヤーパッドもソフトで耳に密着しやすい新設計です。

第2位

いろいろなシーンで活躍

大口径の50mmドライバーユニットを採用したことに加え、ドライバーユニット前後の音圧バランスを調整したアコースティックオプティマイザー構造により、幅広いレンジの再現能力がアップしています。

室内用に3.5mの延長ケーブルが付属するため、自宅で使うヘッドホンを探している方にもおすすめです。本体ケーブルと延長ケーブルのどちらも、クリアでキレのいい音質を実現するOFC線(銅線) を使用しています。

第1位

圧巻の長時間再生

小型の30mmドライバーをカバーする高音質設計が、コンパクトサイズに見合わぬ迫力のサウンドを体感させてくれます。最大35時間のワイヤレス再生と、約132gの軽量設計を活かせば、使い方のバリエーションが一気に広がるでしょう。

耳元のボタン操作、ハンズフリー通話対応、スイーベル機構など、ワイヤレスヘッドホンに必要な機能が揃えられています。スマートな印象を与える単色のカラーリングもおしゃれなポイントです。

コスパ最強の安いヘッドホン のおすすめ比較一覧表

商品画像
SONY ヘッドホン B07XF6LJZ2 1枚目
DENON ヘッドホン B0041VDWZY 1枚目
Panasonic ヘッドホン B076WN9H9T 1枚目
Panasonic ヘッドホン B07PFN7447 1枚目
AKG K SERIES B06XT8DLZV 1枚目
SONY EXTRA BASS B06W9LJWSG 1枚目
JVC ヘッドホン B07N47W1BH 1枚目
Panasonic ヘッドホン B00KGRP1II 1枚目
JBL ヘッドホン B07TBCMXCZ 1枚目
AKG K SERIES B07YFGQ76D 1枚目
商品名 SONY ヘッドホン DENON ヘッドホン Panasonic ヘッドホン Panasonic ヘッドホン AKG K SERIES SONY EXTRA BASS JVC ヘッドホン Panasonic ヘッドホン JBL ヘッドホン AKG K SERIES
型番 WH-CH510 AH-D1100 RP-HTX80B RP-HD300B K52 MDR-XB550AP HA-S48BT RP-HX350 TUNE 500BT K240 Studio
特徴 圧巻の長時間再生 いろいろなシーンで活躍 ヘッドホンにファッションをプラス ハイレゾを堪能できる プロの性能を体験 耳に響かせる重低音 毎日音楽を楽しもう エントリーモデルにおすすめ シンプルイズベストな1台 音が気持ちよく抜ける
価格 3,599円(税込) 5,148円(税込) 6,005円(税込) 9,856円(税込) 3,918円(税込) 3,567円(税込) 3,180円(税込) 1,478円(税込) 4,838円(税込) 5,794円(税込)
商品リンク

コスパ最強の安いヘッドホンのおすすめまとめ

今回のランキングでは、コスパ重視の『安いヘッドホン』も1万円ギリギリを攻めた高性能モデルも、まんべんなくランクインしていました。ユーザーがヘッドホンに求める多様なニーズがうかがえます。

自分が気持ちよく音楽を聴けるヘッドホンであれば、安いモデルを選んだって構いません。音質や機能性、デザインを吟味しながら、最高の使い心地を備えたヘッドホンをゲットしましょう。

記事をシェアして友達にも教えよう!

コスパ最強の安いヘッドホン
のおすすめ関連記事をもっと見る