布団クリーナー (布団用掃除機) のおすすめ人気比較ランキング10選【最新2020年版】

【最新版】布団クリーナー (布団用掃除機) の人気10アイテムのおすすめ比較ランキング。布団クリーナー (布団用掃除機) の特徴や選び方から価格情報やスペック情報、クチコミやレビューまで徹底比較。最後に編集部おすすめの布団クリーナー (布団用掃除機) をランキング形式でご紹介。
稲垣 達也

梅雨や花粉の時期に重宝する『布団クリーナー』。布団は湿気を含むと菌が繁殖して寝心地が悪くなるだけでなく、体に悪影響を及ぼす可能性も。毎日体に触れるものは清潔にしておきたいところです。

そこで今回は布団クリーナーの特徴や選び方、スペックや口コミまで徹底比較した上で、最後に編集部おすすめの布団クリーナーをランキング形式でご紹介。自分に合った製品を選び快適な朝を迎えましょう。

布団用の掃除機『布団クリーナー』とは?

布団クリーナー おすすめ 説明

布団クリーナーは布団のダニや花粉を取り除くのに特化した掃除機です。PM2.5の影響で天日干しの効果に疑問が生まれ、室内で布団をキレイにできる方法として考案されたのが普及のきっかけ。

家庭用掃除機で吸い取れないダニやハウスダストを取り除く力を持っており、ダニ対策としてUV照射機能やセンサーを搭載した製品も展開されています。メーカーによって形やウリとしている機能がまったく異なるのが布団クリーナーの面白い点です。

布団クリーナー (布団用掃除機) のメリット・デメリット

メリット

布団クリーナーのメリットは天日干し以上の殺菌効果を得られること。天日干しをするとダニは日陰へ逃げてしまいますが、クリーナーは狙った場所に当てられるためダニの除去率が高いです。

温風の出る製品を選べば湿気が取れてフカフカの布団を維持。ハンディタイプで軽い製品が多く、女性や子供も簡単に使えます。重くて布団を持てない、悪天候でベランダに干せない、そんな悩みを解消してくれるのが布団クリーナーです。

デメリット

専用タイプの吸引口は単純構造のため目詰まりを起こしやすいのが弱点。目詰まり解消の手間や普段のお手入れの頻度が多くなるのを覚えておきましょう。

兼用タイプは家庭用掃除機として使え、一台で家中を清潔に保てるためコストの面で優れています。しかしノズル交換の手間や、他の場所で吸い取ったゴミや菌を布団に付着させてしまう可能性も。清潔の感覚は人それぞれですがデメリットといえるでしょう。

おすすめの布団クリーナー (布団用掃除機) の選び方

布団クリーナー おすすめ 選び方

衛生的な『専用』かコスパのいい『兼用』か

専用タイプは布団掃除に特化したデザインと機能性に優れています。扱いやすい設計はもちろんのこと、UV除菌やたたき出しなどダニの除去対策が充実。ヘッドの付け替えがないためダニやホコリを移す可能性は低く衛生面でも安心です。

兼用タイプはヘッドを付け替えることで布団以外の場所を掃除できます。一台あれば家庭用掃除機を買う必要がないことも。モノを少なくしたい人やコスパを重視したい人に適しています。

掃除の仕方

布団をたたいた後に吸引する掃除方法が一般的。細かいゴミやハウスダストは布団に挟まっているので、ダニを浮かび上がらせた後にする必要があります。『布団たたき機能』を搭載した製品であれば1分間に多くの振動を与えられて効率的です。

一方強力な吸引力でゴミやハウスダストを除去する製品も発売されています。製品を選ぶ際は『たたき機能』と『吸引力』のどちらをウリにしているか確認しましょう。

集じん方式の違い

紙パック式

紙パック式』は吸引したゴミやダニがゴミパックに溜まります。ゴミ捨て時にハウスダストの舞い上がりをおさえられて衛生的。ダストボックスに多くのゴミを溜められるので頻繁にゴミを捨てる必要はありません。

一方でゴミが溜まってくると吸引力は落ちます。紙パックの購入費用がかかることも頭に入れておきましょう。紙パック式はゴミ捨てに手間をかけたくない人、衛生面にこだわりたい人に適しています。

サイクロン式

ゴミと空気を分離させ、ゴミだけをダストボックスに集めるのが『サイクロン式』。ゴミの溜まり具合に関係なく吸引力を保てるのが特徴です。また紙パックなどの消耗品を購入する必要はないためコスト面でも優れています。

溜まったゴミを簡単に捨てられますが定期的なフィルター清掃は必須。お手入れが楽な水洗い可能モデルも発売されているので、掃除方法を踏まえた上で製品を選びましょう。

紙パックレス式・フィルター式

紙パックレス式』・『フィルター式』は目の細かいフィルターでゴミを塞ぎ、空気だけを流す集じん方法。細かいゴミをキャッチしやすい点は紙パック式と同じですが、消耗品を必要としないのはメリットです。

弱点はゴミが溜まると吸引力が落ちること。そのため定期的なお手入れは必要になります。お手入れに手間がかかってもいいからゴミは逃したくない、そんな人におすすめです。

電源方式

電源方式は『コード式』と『充電式』の2タイプあり、一度に掃除する布団の枚数で選ぶのが一般的。充電式の連続稼働時間は6〜25分。クリーナーはゆっくり動かす必要があるので、一度に2、3枚の布団を掃除するなら20分以上稼働する充電式、もしくは充電切れのないコード式を選びましょう。

一人暮らしの人は充電式で十分な一方で、家族で使用する場合は充電を気にせず使えるコード式が合っています。家族構成や一度に使用する布団の枚数を考えて選ぶようにしましょう。

ダニへの対策性能

ダニ対策』としては『UVライト機能』があります。ライト照射によりダニや菌が繁殖しにくい環境を作れ、天日干しと同様の効果を得られます。どの程度効果があるのかはメーカーや製品によって異なり、人気メーカーの『レイコップ』は99.9%の菌を除去できるとのこと。小まめにクリーナーをかけることでより効果を期待できます。

温風の出る機種を使えば湿気が取れてフカフカな布団に。ダニ対策に力を入れたい人はUVライト機能や温風の有無を確認しましょう。

センサー機能

布団の中にあるゴミやダニの存在を教えてくれるのが『センサー機能』。人の目に見えるゴミの大きさは約70μmといわれていますが、布団クリーナーのセンサーはさらに小さい20μmまで検知可能です。

ゴミやダニが溜まっている場所がわかるため、掃除の時間短縮とキレイさを実感できます。ゴミ以外を感知すると紫外線にさらさないよう運転が停止する製品も発売されています。センサーは心配性でクリーナーをかけ過ぎてしまう人にもおすすめの機能です。

ゴミタンク容量の大きさ

ゴミタンク容量』の大きさはチェックすべきポイント。ゴミタンクは水中で洗浄する必要があり、お手入れに手間がかかります。面倒だからと放置しておくと吸引力が弱まってモーターの故障に繋がることも。

お手入れの頻度を少なくしたいのであれば容量の大きなゴミタンクを選びましょう。分解の簡単な製品はさらにお手入れが楽になるので確認してみてください。

布団クリーナー (布団用掃除機) の人気おすすめメーカー

布団クリーナー おすすめ メーカー

RAYCOP (レイコップ)

布団クリーナーのパイオニア的存在である『RAYCOP』。機種によって独自の機能を搭載しているのが特徴です。布団たたき機能や、99.9%の除菌を可能にしたUVライトなどの基本性能を備えており、ダニの繁殖しやすい環境を作らせません。

非常に軽く布団の上でも滑らかに動いてくれるので、男女年齢問わず使いやすいのも魅力。シンプルでわかりやすい機能とダニやホコリなどの除去に特化したメーカーです。

dyson (ダイソン)

ハンディクリーナーでありながら吸引力のある製品が多い『dyson』。おなじみのスティッククリーナーに布団用アタッチメントを付ける兼用タイプが基本です。毎分10万回転以上の吸引を実現し、細かいゴミを逃さず吸い取れるのは魅力。

コードレスでも20分以上の連続使用が可能で、布団の多い家庭でも安心して使えます。特有の高い運転音をおさえたモデルも登場しました。強力な吸引力でダニを除去したい人におすすめのメーカーです。

Panasonic (パナソニック)

さまざまな電化製品を取り扱っている『Panasonic』は業界初の紙パック式を採用したことで有名です。専用と兼用の2タイプを発売しており、用途に合わせて選べるのが魅力。

紙パックだけでなく、布団たたき機能などの基本性能やクリーンセンサーを含む補助機能も充実しています。布団への吸い付きをおさえる『抗菌W回転ローラー』という独自機能を搭載したモデルも展開。兼用モデルはノズルやホースなどのアタッチメントが多彩で、家中をキレイにできるアイテムを揃えています。

アイリスオーヤマ

アイリスオーヤマ』はリーズナブルな価格で必要機能を備えた製品を発売しているメーカーです。小型でありながら布団たたきやダニちりセンサー機能もしっかり搭載。温風を送り込む機種もあり、ダニの発生しにくい環境作りや湿気を取るのに活躍します。

立てたままで収納できスペースを取らないのも魅力。女性や子供が扱いやすいコンパクト製品が多いメーカーです。

布団クリーナー (布団用掃除機) のおすすめ人気比較ランキング

第10位

毎分10,000回の振動でダニやホコリをかき出す「ワイド電動パワフルヒーター」搭載のコード式布団クリーナー。

強力な吸引力を持つサイクロン式クリーナーです。強い気流でダニを衝突死させる「ダニプレス」が特徴で、3分間吸引後のダニの死滅率は94%。LEDライトにより吸い込んだゴミやハウスダストが見やすいのも魅力です。ダストケースは丸洗い可能でお手入れも簡単。
ハンドルから手を離すと運転停止するアイドリングストップ機能搭載で、小まめにオンオフを繰り返す必要はありません。布団の枚数が多く、強い吸引力で布団をキレイにしたい人に好まれている製品です。

第9位

Electrolux 紙パック式キャニスター型 EET530SO

22,500円(税込)

密閉性の高いノズルで99%のゴミを除去し、豊富なアタッチメントで掃除場所を選ばない兼用クリーナー。

「床を拭いたようなキレイさ」がウリの本製品は、強力で豊富なノズルによりゴミを逃さずキャッチ。普段はスティックタイプで部屋全体の掃除として使え、UVライト機能ノズルを装着すれば本格的に布団掃除が可能になります。
連続運転時間は最長48分で、小まめな充電を必要としないのも魅力です。ダストカップとフィルターは水洗いできてお手入れ簡単。メインの掃除機としても布団クリーナーとしても活躍する製品です。

第8位

Dyson サイクロン式スティック型 SV14 ABL

76,378円(税込)

重量わずか1.2kgのコンパクトサイズながら、AC電源で高い吸引力を体感できる布団クリーナー。

AC電源による高い吸引力を持った本製品は、軽量かつコンパクトで扱いやすいのが特徴。吸引仕事率60Wの高速遠心分離サイクロン方式により吸引力を落とさずに使い続けられます。

布団ノズルの付け替えは簡単で長時間の使用も負担になりません。ノズルと一緒に収納できる収納台が付くのもうれしいポイント。コードは約5mで、コンセントの抜き差しなく部屋中を掃除したい人に適している製品です。

第7位

SHARP サクロン式キャニスター型 EC-VX700-N

29,800円(税込)

業界初の紙パック式を導入し、ゴミ捨ての楽さと布団の上での動かしやすさを体感できるクリーナー。

業界初の紙パック式を採用した布団専用クリーナー。クリーンセンサーで取ったゴミをばらまくことなく捨てられるのが魅力です。フィルターやダストボックス内の掃除が不要というメリットも。
ビートブラシ付きのノズルは毎分約6,000回の振動を起こし、アレル物質を99%以上除去します。布団の上でスムーズに滑り、重さに不満を持つユーザーの声に応えました。布団掃除に特化しているためアタッチメントはありません。徹底的に布団をキレイにしたい人はチェックしておきましょう。

第6位

Panasonic サイクロン式スティック型 MC-BU110J-T

14,850円(税込)

Lifeシリーズに比べて吸引幅が20%アップし、寝具を傷めない構造でゴミやハウスダスト、髪の毛まで取りきります。

布団へのダメージをおさえつつ微塵なゴミやハウスダストを取りきる「フィンパンチブラシ」が特徴。毎分18,000回の布団たたきとブラシ機能で徹底的に布団をキレイにします。高い吸引力を誇りながらもフロントグリルにより布団への吸い付きをおさえました。
重量1.9gという軽さと持ちやすいハンドルで長時間の使用も快適。ダストボックスののぞき窓を拡大し、目でキレイさを実感できます。楽しく掃除したい人はチェックしておきましょう。

第5位

日立 サイクロン式スティック型 PV-BFH900 N

44,800円(税込)

高い吸引力と2つのたたきパッドでゴミやハウスダストを逃さない兼用クリーナー。

本製品は2つのたたきパッドと400Wの強い吸引力が魅力。布団クリーナーとしてはもちろん、ノズルを変えればハンディクリーナーとしてさまざまな場所を掃除可能です。裏面のセンサーは対象物から離れると運転が止まる仕組みになっており、ゴミ以外が紫外線にさらされる心配はありません。
持ちやすいハンドルと小型設計で女性や子供も安心して使えます。カーペットやソファ、布団もキレイにできる人気の製品です。

第4位

RAYCOP 布団クリーナー RS3-100JPWH

36,666円(税込)

99%の除菌UV、高吸引力、高回数たたきの3拍子で効率的にハウスダストを取り除く専用クリーナー。

本製品はアクティブパンチを採用しており、毎分28,800回の高回数たたきでハウスダストを浮かび上がらせるのが得意。60度近い温風でダニの死滅や布団の湿気を取ることができる「ドライエアブロー」で布団を快適に保ちます。

また温風搭載モデルとしては史上最小で最軽量。取り回し抜群なので快適に掃除可能です。性能の高さが際立つ製品なので、高性能クリーナーを求めている人はおさえておきましょう。

第3位

東芝 布団クリーナー VC-CLF1-W

17,480円(税込)

約80秒で布団を掃除できる速さと3つの掃除モードが魅力の専用クリーナー。

吸い付きをおさえる設計と高い吸引力により、80秒で布団をキレイにできるのが魅力。1.8kgと軽く、握りやすいグリップ構造で取り回しも快適です。自動、かけふとん、羽毛の3種類のお掃除モードがあり、寝具へのダメージを最小限にしたい人の要望に応えました。
ゴミを分離、圧縮することでゴミ捨て時のホコリの舞い上がりを防ぐ「デュアルトルネード」を採用。充電しながら収納や、ホコリの付着防止ヘッドカバーが付くのもうれしいポイントです。掃除以外の機能も充実している布団クリーナーです。

第2位

ダイソン特有の運転音が大きく改善され、最大30分間も高い吸引力を保ち続ける兼用クリーナー。

独自のデジタルモーターで高い吸引力を実感できるクリーナーです。最大30分間も高い吸引力を保つため、長くなりがちな布団掃除の場面で大いに活躍。また運転音の軽減を実現したモデルなので赤ちゃんの眠りをさまたげることなくキレイにできます。

透明設計でゴミを確認しやすく、ワンタッチ操作で捨てられます。ノズルはモーターヘッドやフトンツールなど計6種類を用意しており、家中をくまなく掃除可能。運転音が静かなダイソン製品を体感したい人はおさえておきましょう。

第1位

アイリスオーヤマ 布団クリーナー KIC-FAC3

10,000円(税込)

ゴミの量をタンプで知らせてくれるダニちりセンサーと、コンパクトかつ高吸引力が魅力の温風クリーナー。

世界に拠点を持つアイリスオーヤマの布団専用クリーナーです。超ワイドたたきパッドと2つのサイクロン気流によりハウスダスト除去率98%を実現。特徴であるダニちりセンサーはゴミの量に応じて緑、黄、赤へと色が変化し、捨てるタイミングがわかりやすい設計になっています。
ダニの死滅率を上げる温風機能も搭載し、布団をふっくらさせる技術にも長けています。1.6kgと軽く、低重心設計で取り回しも楽々。機能性と使いやすさを兼ね揃えた布団クリーナーです。

布団クリーナー (布団用掃除機) のおすすめ比較一覧表

商品画像
アイリスオーヤマ 布団クリーナー B07SCGSFJB 1枚目
Dyson Dyson V7 Mattress B0721XKGPB 1枚目
東芝 布団クリーナー B011XMWJFM 1枚目
RAYCOP 布団クリーナー B082C6KRNV 1枚目
日立 サイクロン式スティック型 B07GQ75CDP 1枚目
Panasonic サイクロン式スティック型 B01GNR3YHE 1枚目
SHARP サクロン式キャニスター型 B013DEZ1U8 1枚目
Dyson サイクロン式スティック型 B07PKN45Y3 1枚目
Electrolux 紙パック式キャニスター型 B007CBMPFS 1枚目
iRobot ブラーバ B07S4S9X65 1枚目
商品名 アイリスオーヤマ 布団クリーナー Dyson Dyson V7 Mattress 東芝 布団クリーナー RAYCOP 布団クリーナー 日立 サイクロン式スティック型 Panasonic サイクロン式スティック型 SHARP サクロン式キャニスター型 Dyson サイクロン式スティック型 Electrolux 紙パック式キャニスター型 iRobot ブラーバ
型番 KIC-FAC3 HH11-COM VC-CLF1-W RS3-100JPWH PV-BFH900 N MC-BU110J-T EC-VX700-N SV14 ABL EET530SO B390060
特徴 ゴミの量をタンプで知らせてくれるダニちりセンサーと、コンパクトかつ高吸引力が魅力の温風クリーナー。 ダイソン特有の運転音が大きく改善され、最大30分間も高い吸引力を保ち続ける兼用クリーナー。 約80秒で布団を掃除できる速さと3つの掃除モードが魅力の専用クリーナー。 99%の除菌UV、高吸引力、高回数たたきの3拍子で効率的にハウスダストを取り除く専用クリーナー。 高い吸引力と2つのたたきパッドでゴミやハウスダストを逃さない兼用クリーナー。 Lifeシリーズに比べて吸引幅が20%アップし、寝具を傷めない構造でゴミやハウスダスト、髪の毛まで取りきります。 業界初の紙パック式を導入し、ゴミ捨ての楽さと布団の上での動かしやすさを体感できるクリーナー。 重量わずか1.2kgのコンパクトサイズながら、AC電源で高い吸引力を体感できる布団クリーナー。 密閉性の高いノズルで99%のゴミを除去し、豊富なアタッチメントで掃除場所を選ばない兼用クリーナー。 毎分10,000回の振動でダニやホコリをかき出す「ワイド電動パワフルヒーター」搭載のコード式布団クリーナー。
価格 10,000円(税込) 26,298円(税込) 17,480円(税込) 36,666円(税込) 44,800円(税込) 14,850円(税込) 29,800円(税込) 76,378円(税込) 22,500円(税込) 43,860円(税込)
商品リンク

布団クリーナー (布団用掃除機) を使うおすすめの頻度

手軽さを活かして1週間を目安に掃除するのが理想的。布団を干すのが習慣となっている人は天日干しの後に使うとより効果を実感できます。ダニを駆除したい場合は乾燥機やダニ退治グッズを併用してみてください。

クリーナーを使う頻度が多すぎると布団にダメージを与える可能性があり、精神的にも疲れてしまいます。家庭の状況に合わせて無理なく使うのが掃除を長続きさせるコツ。自分や家族が楽しいと感じる頻度を意識してみましょう。

布団クリーナー (布団用掃除機) のおすすめまとめ

眠りを快適なものにしてくれる『布団クリーナー』は、軽量化やコンパクト化が進んでいます。機能性やゴミの捨て方、音の大きさはメーカーや製品によって大きく異なり、自分を取り巻く生活環境を踏まえた上で製品を選ぶのが大切。

私たちは多くの時間を睡眠に費やすため、布団の清潔維持は常に心がけたいところ。今回ご紹介した製品を参考に、心地よく朝を迎えられる環境を作り出してみてください。

記事をシェアして友達にも教えよう!

布団クリーナー (布団用掃除機)
のおすすめ関連記事をもっと見る