IH炊飯器のおすすめ人気比較ランキング10選【最新2020年版】

【最新版】IH炊飯器の人気10アイテムのおすすめ比較ランキング。IH炊飯器の特徴や選び方から価格情報やスペック情報、クチコミやレビューまで徹底比較。最後に編集部おすすめのIH炊飯器をランキング形式でご紹介。
K_tea

お米をおいしく炊くことができると人気の『IH炊飯器』は、強く均一に広がる火力により炊きあがりがムラなくふっくら。昨今は各メーカーから独自の技術や機能を用いた炊飯器が発売されています。

商品によって機能や特徴は異なるためよく吟味して購入するのがおすすめ。そこでこの記事では『IH炊飯器とは何?』というところから、選び方・おすすめの商品まで紹介します。最適なIH炊飯器を選ぶためにぜひチェックしてみてくださいね。

家族構成数に合わせたおすすめのIH炊飯器の大きさ

IH炊飯器を選ぶ際には家族構成を考慮して選ぶことが不可欠。生活のシチュエーションにそぐわない大きさのものを選んでしまうと使い勝手が悪くなってしまいます。家族の人数に応じた目安となる炊飯器の大きさは以下のとおりです。

一人暮らし夫婦2人暮らしの場合は3合4~5人の一世帯家族だと5~6合6人以上の2世帯家族だと5合~1升が目安となります。一度に食べきれるか少し多めの量を炊くくらいを目安に考えることがポイントです。

おいしくご飯を炊くためにおすすめの大きさ

お米をふっくらとおいしく炊くためには炊飯器の種類も重要ですが、一度に炊く量も意識しましょう。一般的に最大炊飯量の7~8分目が、最もお米をおいしく炊ける目安の量といわれています。

1合でお茶碗約2~2.5杯分といわれているため、先に紹介した炊飯器の大きさを考慮するのと同時に、おいしく炊ける量も目安にしてみることがおすすめですよ。

おすすめのIH炊飯器の仕組み

そもそも主流な炊飯器の種類は3つあり、『IH式』・『マイコン式』・『ガス式』に分かれます。本記事で紹介するIH式が他の種類と決定的に違うのは、内釜自体で熱が発生することにより炊きムラがないことです。

IH式

IH式』ではコイルをとおして炊飯器へ電流を流すことで内釜自体を発熱させます。そのため他の種類よりもお米へ均一に熱が伝わりやすく。また火力も強いためふっくらとした炊きあがりが実現します。

マイコン式

マイコン式』は底に搭載しているヒーターの熱でお米を炊く仕組みで、IH式と比べて熱は弱いですが炊飯器の種類としてはメジャーです。商品数が多いため広い価格帯で選ぶことが可能。

ガス式

ガス式』は強い火力が魅力ですが、釜全体へ熱を届ける能力ではIHに劣ります。

おすすめのIH炊飯器の選び方

おいしいお米といっても人によって好みは違いますよね。そのため炊飯方法や搭載する機能による炊きあがりの違いについて紹介します。好みに合った炊飯器の種類や機能を押さえてくださいね。

炊飯方式

IH式にもスタンダードな種類の他に圧力IHの2種類あります。

IH式

IH式』はお米全体へ一気に火がとおることによってふっくらと炊きあがり、粒一つひとつが独立しているため、米の粒立った食感を楽しみたい方におすすめです。食感がよく噛み応えがあるため腹もちのいいご飯になります。

粒感のあるお米は存在感があり、濃い味付けのおかずとの相性も抜群。どのジャンルの料理にも合うため、しっかりとご飯を食べたい方や食べ盛りの子どもがいるご家庭などに最適なタイプです。

圧力IH式

圧力IH式』はIH式へさらに圧力を加えて炊きこむ方法です。圧力が加わるぶんお米の芯までしっかりと火がとおり、IHのみと比べて柔らかくもちもちした食感になります。噛むたびに甘みが広がるため、お米本来のおいしさを楽しみたい方におすすめです。

粘り気があって甘みもあるため、冷めてもおいしくいいただけます。そのためお弁当など時間が経って食べる機会にぴったり。水分をしっかりと取りこんでパサつきのない状態を長く維持できますよ。

炊き分け機能

お米を好みの硬さで炊きあげるのを『炊き分け機能』といいます。お米といってもその種類は全国各地によってさまざまで、食感や硬さが大きく異なります。また各家庭によっても炊き方は微妙に違いますよね。

絶妙な仕上がりの違いを炊き分けられる炊飯器だと、特徴が異なる各地の銘柄に応じた炊飯が可能。それぞれの特徴に合わせた炊き方でお米のよさを引き出します。加えて好みに応じた変化をもたせられるため、硬さといった歯応えやもちっと感などを自在にコントロール。

炊飯器によっては白米の炊き分けだけでなく、玄米や雑穀米・麦混ぜタイプなどに応じて炊けるものも。さらに冷めてもおいしさを損なわない炊き方やスピード炊飯など、あらゆるシーンに応じて炊き分けることで、使い勝手がぐんとよくなります。

内釜の素材やコーティング

熱がダイレクトに伝わるIH炊飯器では、『内釜』の種類に注目して選ぶのもおすすめ。内釜は各メーカーの特徴が出る部分ですので、しっかりチェックしてくださいね。IH炊飯器に使われる内釜の種類としては、鉄・炭素・土鍋などがメジャーです。

鉄は熱の伝導効率がよくふっくら炊きあがりますが、重量があり重いというデメリットも。炭素も熱が伝わりやすくおいしくご飯を炊ける一方で、壊れやすい一面をもちます。土鍋はお米が水分をしっかりと吸収できるようじっくり加熱してふっくらとしたお米に。ただ性能が高いぶん土鍋は価格が高いのが難点です。

保温機能

長時間保存しておきたい方は『保温機能』もチェックしましょう。IH式の炊飯器はほとんどが24時間保温できるようになっています。炊き立ての状態を維持できる機能が備わっている商品なら、時間が経ってもおいしいご飯が食べられますよ。

長時間保存していたご飯は嫌なニオイがしてきたり黄色くなってしまううえ、食感もぱさぱさに。メーカーによってお米の水分を逃さないようにスチーム機能を搭載していたり、黄ばみやニオイを抑えるために、真空状態にしたりと工夫が施されています。

保温機能一つをとっても各商品ごとに特徴があるため、保温プラスアルファでどんな機能があれば嬉しいかを考えながら選んでみてくださいね。

お手入れのしやすさ

炊飯器は家族がいる世帯はほぼ毎日、一人暮らしでも使う機会が多いため、お手入れの負担を考慮することもとても重要です。おすすめなのはパーツがあまりなく、構造がシンプルになっているもの。

パーツが少なければ洗い物が楽になるだけでなく、洗い忘れを防ぐことにつながります。隙間や細かい部分が多いとしっかり洗えないため、カビや細菌が繁殖してしまう原因にも。また内釜がコーティングされているものだと、お米がこびりつきにくくゴシゴシ洗えますよ。

ご飯以外にもさまざまな調理ができる機種

ご飯を炊く以外にも料理やお菓子を炊飯器で作りたい方は、プラスアルファの機能が備わっているかどうかを注目してみてください。商品によっては調理に特化した炊飯器もあり、ご飯と一緒におかずも作れる同時調理の機能が備わっているものも。

活用の幅が広がるため、値が張っても総合的に考えるとコスパのいい商品に出会えるかもしれません。

IH炊飯器の人気おすすめメーカー

高品質なIH炊飯器を展開するメーカーごとの特徴を紹介します。

象印マホービン

象印マホービン』のIH炊飯器は3合から一升まで大きさが豊富にあり、きっと好みの商品が見つかるラインナップ。また炊きあがりの調整も可能で、各家庭の細かな違いを実現するわが家炊き機能も人気です。

さらにメーカーが誇る技術である炎舞炊き機能は、お米のおいしさにこだわりたい方へおすすめ。魔法瓶が有名なだけあり炊飯器の保温機能も優れているため、長時間保存してもおいしさを保てますよ。

タイガー魔法瓶

IH炊飯器の性能を左右するといっても過言ではない内釜にこだわりをみせるのが『タイガー魔法瓶』です。土鍋で炊いたような、ふっくらご飯が楽しめる本土鍋内釜を搭載している商品は人気があります。

また熱風土鍋コーティングを施してある商品もご飯のおいしさを味わえるうえ、比較的リーズナブル。炊飯器の種類が多く価格も幅広いため、ご飯のおいしさを最重視する方はタイガーの炊飯器をチェックしてみてください。

Panasonic (パナソニック)

Panasonic』のIH炊飯器はおどり炊き機能が有名。複数の熱対流によって一粒ひと粒へ均一に熱をとおすことで、ふっくらとしたご飯が炊きあがる仕組みです。おどり炊き以外にも、Panasonicの炊飯器はお米の品種に応じて炊き方を変えることができます。

細かい食感の違いも実現できるため、お米の種類や料理に最適なご飯を炊きたいという方にぴったりです。長時間の保存も得意で、スチームによりお米がぱさぱさになるのを防ぎます。

IH炊飯器 のおすすめ人気比較ランキング

第10位

日立 圧力スチームIH式炊飯器 PV-BD700

45,954円(税込)

高圧スチームで蒸らして芯まで柔らかいふっくらご飯に

日立から紹介するのはシリーズ内で機能と価格のバランスがとれた、コスパのいいIH炊飯器です。最大の特徴は圧力をかけたままスチームでしっかり蒸らすことにより、炊きムラのないふっくらとした食感のご飯が楽しめること。

炊きあがった後もスチームがご飯をしっとり保ち、24時間保温可能です。圧力とスチームのW機能を備えていますが、内釜の重さは750gと同シリーズ内で最も軽いため、お手入れも楽にできます。お米の食感も好みに応じて3パターンから選べるのが嬉しいポイントですね。

第9位

東芝 圧力IH式炊飯器 RC-10ZWM-W

88,000円(税込)

本格的なかまどご飯を楽しみたい方へ!お米本来の味を引き立てる炊飯器

ワンランク上のご飯を味わいたい方におすすめなのが、東芝の合わせ炊き機能を搭載したシリーズです。炊飯する前に内釜を真空状態にすることで、お米が芯まで水を吸収。その後に圧力をかけながら熱対流で炊きあげることにより、均一に熱が伝わります。

たっぷりと水分を含んだまま炊きこむと通常よりも熱が伝わりやすくなり、ふっくらするだけでなく大粒に炊きあがるというメリットも。玄米や麦ご飯などの健康米の炊飯にも対応し、さらに食感にごとで5とおりの炊き分け機能もついているなど、機能面が充実しています。

第8位

アイリスオーヤマ 圧力IH式炊飯器 KRC-PC50-B

29,200円(税込)

カロリー表示で健康面も◎調理にも使える

圧力炊飯でふっくらとしたおいしいご飯が炊けることはもちろん、冷めてもおいしさを維持するために蒸気を内側へ蓄える構造に。もちもちした食感を楽しめます。また忙しい毎日に使える量り炊き機能は、お米の分量をしっかり量らなくとも最適な水量を知らせてくれる便利機能です。

お米の銘柄に応じた炊き分けにより、お米それぞれの特徴やよさを引き出す機能も搭載。さらに炊飯器からよそおった量からカロリーを自動計算してくれるという、女性や健康に気をつけている方に嬉しい機能も備えています。玄米まどの健康米はもちろん、煮込みや発酵もできるため活用の幅が広がりますよ。

第7位

象印マホービン 圧力IH式炊飯器 NW-KA10AM-BZ

76,566円(税込)

3つのヒーターが激しい炎のゆらぎを再現し炊きムラなし

象印が誇る炎舞炊き機能を搭載し、かまどで炊いたようなご飯が楽しめる商品。独立した3つのヒーターがそれぞれ調整しながら熱を加えるため、激しく複雑な対流が発生してお米へ均一に火がとおります。

素材やコーティングへのこだわりも強く、発熱性と蓄熱性に優れた素材を仕様。またプラチナコートでコーティングすることにより、お米のうまみ・甘み成分を引き出します。さらに121とおりの炊き分けができ、あらゆる食感の好みに合わせた炊飯もできますよ。

第6位

炊き方が選べて使い勝手もいいIH炊飯器

三菱電機からおすすめするのは、七重全面加熱によりお米全体へ熱が伝わる仕組みのIH炊飯器。熱を維持したまま強い火力で炊くことにより、ふっくらしながらも粒立った食感に仕上がります。

また通常モードの他にもじっくり時間をかけてお米に吸水させることで、よりふっくらと甘みがある炊きあがりの芳潤炊きや、省エネ効果が期待できるエコ炊飯なども選べます。丁度いいサイズかつ手が届く価格という点もポイントです。

第5位

Panasonic IH式炊飯器 SR-KT067-W

20,900円(税込)

ふっくらおいしいご飯が炊けてお手入れも楽々

内釜の構造にこだわりのあるPanasonicのIH炊飯器は、コーティングに備長炭を使用。備長炭が発熱体になることで、内釜へ熱を効率よく伝えることができます。さらに底面と下部へ2段階にIHを搭載することで釜全体を加熱。側面とふたにもヒーターが内蔵されており、熱を逃しにくい仕組みとなっています。

操作部分のボタンなどはすべてフラットなため、汚れがたまることなく楽にお手入れ可能。キーに軽くタッチするだけでいいため機能性も優れています。3.5合と小さめサイズですので、1~2人世帯におすすめです。

第4位

アイリスオーヤマ 圧力IH式炊飯器 RC-PA30-B

12,167円(税込)

さまざまな食感のご飯を楽しみたいならコレ

高温の圧をかけることでお米の芯まで素早く熱と水分を伝えることができる、アイリスオーヤマのIH炊飯器。水分をたっぷりと蓄えてふっくらした炊きあがりを実現します。またお米の銘柄に応じて温度・水量・火加減を調整する機能も搭載し、食べ比べて違いを楽しむことも可能。

冷凍・おにぎり・どんぶりなど調理によって最適な炊き方も選べます。さらに食物繊維モードはお米が本来もっている食物繊維成分を2倍まで増加させて炊飯。食物繊維と同じ働きをするため、健康が気になる方におすすめするモードですよ。

第3位

Panasonic 圧力IH式炊飯器 SR-SPX107-RK

59,280円(税込)

おどり炊きでお米のうまみと甘みを感じるふっくら炊飯

Panasonicの独自技術であるおどり炊き機能がパワーアップした、Wおどり炊き機能を搭載。釜底から気泡を出して連続沸騰させることにより、対流を生み出す大火力おどり炊きでは粒を大きくふっくらさせます。

加圧と減圧を繰り返すことによって、お米全体をムラなく加熱する可変圧力おどり炊きは、お米の甘みやもちっと感を引き出す仕組み。これによりおいしいお米が炊きあがります。これまでとはひと味違うご飯を食べたい方におすすめです。

第2位

タイガー魔法瓶 圧力IH式炊飯器 JPC-B101-K

19,200円(税込)

かまどで炊いたような食感を実現!ふっくら粒立ったご飯が好みの方に

土鍋の特徴を再現したタイガーのIH炊飯器は、素材が異なる5層の金属を重ねることで熱をお米へ素早くダイレクトに伝えられます。釜の内・外側に土鍋コーティングを施すことで、土鍋のような細かい泡の沸騰や蓄熱性を実現。

内釜へのこだわりだけでなく、炊飯は可変する圧力を用いることで粒立った炊きあがりになります。内ふたは加熱時に蒸気を素早く除去する働きをして、保温時には水分の膜をはることで乾燥を防ぐ仕組みに。時間がたってもおいしいご飯が楽しめますよ。

第1位

象印マホービン 圧力IH式炊飯器 NW-JT10-TA

36,980円(税込)

火力と圧力をかけてお米本来のおいしさをぐっと引き出す

噛むたびにお米から甘さを感じられるような炊きあがりを実現する象印のIH炊飯器。炊飯の秘密は大火力と高圧力にあります。従来よりも強い火力を一気に加えることで激しい対流が発生し、熱と水分がお米の芯まで浸透。

お米が揺れることで甘みが引き出されます。さらに一定の圧力をかけ続けると、引き出された甘み成分がお米内部に浸透して、より甘さを感じやすく。その他にも象印が誇る、わが家炊き機能は81とおりの炊飯が可能なため、あらゆる食感のニーズに応えます。

IH炊飯器 のおすすめ比較一覧表

商品画像
象印マホービン 圧力IH式炊飯器 B07FLCWQJ5 1枚目
タイガー魔法瓶 圧力IH式炊飯器 B071GSMD4Z 1枚目
Panasonic 圧力IH式炊飯器 B06XKCJTDG 1枚目
アイリスオーヤマ 圧力IH式炊飯器 B078JZ9JWM 1枚目
Panasonic IH式炊飯器 B0743CP5XL 1枚目
三菱 IH式炊飯器 B07HMRQ45Q 1枚目
象印マホービン 圧力IH式炊飯器 B07D9RKZWF 1枚目
アイリスオーヤマ 圧力IH式炊飯器 B07TGTKZMF 1枚目
東芝 圧力IH式炊飯器 B07D9DHRJ1 1枚目
日立 圧力スチームIH式炊飯器 B07PS44GWR 1枚目
商品名 象印マホービン 圧力IH式炊飯器 タイガー魔法瓶 圧力IH式炊飯器 Panasonic 圧力IH式炊飯器 アイリスオーヤマ 圧力IH式炊飯器 Panasonic IH式炊飯器 三菱 IH式炊飯器 象印マホービン 圧力IH式炊飯器 アイリスオーヤマ 圧力IH式炊飯器 東芝 圧力IH式炊飯器 日立 圧力スチームIH式炊飯器
型番 NW-JT10-TA JPC-B101-K SR-SPX107-RK RC-PA30-B SR-KT067-W NJ-VE109-W NW-KA10AM-BZ KRC-PC50-B RC-10ZWM-W PV-BD700
特徴 火力と圧力をかけてお米本来のおいしさをぐっと引き出す かまどで炊いたような食感を実現!ふっくら粒立ったご飯が好みの方に おどり炊きでお米のうまみと甘みを感じるふっくら炊飯 さまざまな食感のご飯を楽しみたいならコレ ふっくらおいしいご飯が炊けてお手入れも楽々 炊き方が選べて使い勝手もいいIH炊飯器 3つのヒーターが激しい炎のゆらぎを再現し炊きムラなし カロリー表示で健康面も◎調理にも使える 本格的なかまどご飯を楽しみたい方へ!お米本来の味を引き立てる炊飯器 高圧スチームで蒸らして芯まで柔らかいふっくらご飯に
価格 36,980円(税込) 19,200円(税込) 59,280円(税込) 12,167円(税込) 20,900円(税込) 15,660円(税込) 76,566円(税込) 29,200円(税込) 88,000円(税込) 45,954円(税込)
商品リンク

IH炊飯器のおすすめまとめ

今回はおすすめの『IH炊飯器』についてご紹介しましたが、いかがでしたか。

炊飯器の買い替えは数年単位とそれほど頻繁なわけではありません。また人によっては毎日使うものなため、性能はもちろん使い勝手やコスパも考慮したいですよね。この記事で紹介したIH炊飯器は高性能でご飯がおいしく炊ける商品ばかりです。

価格も以前と比べてリーズナブルになったため、これまでIH炊飯器を使ったことがない方はぜひチェックしてみるのをおすすめします。ご家庭の生活スタイルに合う最適な商品を見つけてくださいね。

記事をシェアして友達にも教えよう!

IH炊飯器
のおすすめ関連記事をもっと見る