紙パック式掃除機のおすすめ人気比較ランキング10選【最新2020年版】

【最新版】紙パック式掃除機の人気10アイテムのおすすめ比較ランキング。紙パック式掃除機の特徴や選び方から価格情報やスペック情報、クチコミやレビューまで徹底比較。最後に編集部おすすめの紙パック式掃除機をランキング形式でご紹介。
K_tea

生活に欠かせない掃除機は、使い勝手がよくて機能性も優れているものを選びたいですよね。ただ掃除機と一口にいっても種類が豊富で、どれがご自身の生活スタイルに合っているか分からない方も多いのではないでしょうか?

そこでこの記事では紙パック式の掃除機にフォーカスして、選び方の基準やおすすめする商品などを紹介します。ぜひ購入する際の参考にしてみてくださいね。

紙パック式掃除機とサイクロン式掃除機の違い

掃除機には大きく分けて紙パック式とサイクロン式があり、それぞれの違いと特徴を解説します。

紙パック式

紙パック式は掃除機内にセットされた紙製のパックに吸い込んだホコリやチリを集塵するタイプです。ホコリがいっぱいになったらその都度捨てる必要があり、使い捨てのパックを使います。

定期的にホコリのたまり具合をチェックして交換する手間はかかりますが、吸引した時に紙パックがフィルターの役割を担うため、ホコリの排出を防ぐという特徴も。掃除の際になるべくホコリが舞わないようにしたい方へおすすめのタイプです。

サイクロン式

サイクロン式は掃除機内に、吸引したホコリ・チリをためておくダストカップを内蔵しているタイプ。吸い込んだ空気とホコリを回転させて遠心力によって分離させます。ホコリだけを集塵し空気はそのまま排出される仕組みです。

ダストカップのたまり具合を定期的に確認する必要はありますが、紙パックのように交換するひと手間が省けて手軽。商品によって吸引したホコリの排出を防ぐフィルターの性能に差があるため、注意して選びましょう。

紙パック式掃除機のおすすめポイント

紙パック式掃除機のメリットを紹介します。

ゴミ捨てやお手入れが楽

吸引したホコリは掃除機内に広がらず紙パックに集塵されていくため、いっぱいなったら紙パックを取り外して捨てるだけという手軽さが魅力です。サイクロン式だと吸い込んだ後に掃除機内で回転させながら集塵し、あちこちにホコリがたまってしまいます。

またダストカップへ直接ホコリがたまってしまうので、掃除機自体の掃除をしなければなりません。お手入れやゴミ捨ての楽さを重視するなら紙パック式がおすすめですよ。

ゴミ捨ての回数が減らせる

紙パック式はゴミがいっぱいになったら交換するのに対して、サイクロン式は掃除機をかける都度ダストカップのお手入れをする必要があります。掃除機内へ直接ホコリがたまるため、ゴミ捨てを怠るとホコリが詰まったり性能の低下にもつながってしまう恐れが。

掃除機をかける機会が多い方ほどゴミ捨ての回数が少なければ負担もかかりません。紙パック式はお手入れの頻度を抑えたい場合にもぴったりです。

衛生的で埃が舞いにくい

先に紹介したように紙パック式は内蔵する紙パックがフィルターの役目を果たすため、吸引したホコリが排出しにくいという特徴をもちます。空気だけを逃して掃除中にホコリが舞いにくいというメリットも。

また捨てる際は紙パックを取り外すだけで完了し、直接ホコリを触ることがありません。そのため手が汚れず衛生的で、ホコリ・ハウスダストなどに反応しやすい方も使いやすいタイプです。

価格が安い

紙パック式は以前よりさまざまなメーカーから販売されており、商品数が豊富にあります。そのため価格帯の幅が広くコストを抑えたい方にもぴったり。幅広い商品展開で、そのぶん生活スタイルや好みに応じた商品に出会える可能性も高くなります。

交換用の紙パックを購入しなければなりませんが、複数メーカーの掃除機に対応しているタイプでも数百円ほどと低価格。長い目でみても本体価格がリーズナブルな紙パック式の方が高コスパといえます。

紙パック式掃除機のおすすめの選び方

機能面や使い勝手の点から、紙パック式掃除機の選び方について紹介します。

重量と持ち運びやすさ

部屋数が多いご家庭や階段のある家に住んでいる方は、持ち運びの負担を考慮した軽量タイプを選んでみてはいかがでしょうか?一般的に紙パック式である場合が多いキャニスター型だと3kg前後、スティック型は2kg前後のものをおすすめします。

キャニスター型は持ち手部分の幅やつかみやすさ・重さなどもふまえて選ぶのがポイントです。またスティック型はモーターが搭載している位置に注目してみてください。下の方にあれば掃除機をかける際に重心がぶれずストレスなく扱えます。

電源方式

運転時間の長さや使い勝手を左右するコード。コードがある場合・ない場合それぞれの特徴を紹介します。

コードレス掃除機

スティック型の掃除機に多いコードレスタイプ。特徴はなんといっても使い勝手がいいことです。コードがないぶん思い通りに掃除機を動かすことができて、掃除中にコードが家具などへ絡まってしまうこともありません。

また軽くスムーズに動かしやすいのも魅力。コードレスタイプだと使用できる時間は30分前後の商品が多いようです。ただ給電しながらではないため、一般的にコードがあるタイプよりも吸引力は弱い傾向にあります。

コードつき掃除機

コードつきタイプは給電しながら掃除できて、バッテリーの心配をせずに使えます。また安定して電力を得られるため、パワフルな吸引力を搭載する商品が多い傾向に。一度の掃除機がけでホコリをしっかり取り除きたい方や、部屋が広く掃除する時間の長い方などにおすすめです。

ただコードがあるぶん動きが制限されるのはデメリット。コードが家具などに絡まっていないか確認しながら掃除する必要があります。

機能性

掃除機それぞれが搭載する独自の機能や特徴をチェックしてみるのもおすすめです。各メーカーごとで独自技術を搭載していたり、掃除機ごとに得意とする機能は異なります。基本性能にプラスして求める機能を考えてみてくださいね。

たとえばホコリセンサーを搭載している商品ならば、目の届かない棚の上やベッド下の汚れをしっかり吸引することができます。またサイクロン式でも高性能なフィルターを搭載することでホコリを舞いにくくする特徴をもつ商品も。

吸込仕事率

販売されている掃除機のほとんどに、日本電機工業会で定められた規格にそった方法で測定された数値の表示があります。この数値のことを吸込仕事率といい、掃除機の吸引力を表す指標です。吸込仕事率の数値が大きいほど吸引力が強くなっていくといわれており、単位はWで表します。

基本的には400~500Wほどあれば吸引力が強いとされているため、目安にしてみてください。ただあくまでも目安なため、掃除機の性能は吸込仕事率に加えた他の機能を総合して決まるという点を忘れないようにしましょう。

付属品

一台で床だけでなくソファなどの家具や、高い位置の掃除もまかないたい方は、付属品の充実度もチェックすることをおすすめします。商品によっては延長パイプや、隙間などせまい場所の掃除に使える隙間ノズル、布製の家具に使える専用のヘッドが付属しているものもあります。

付属品が充実していれば活用の幅が広がって、使い勝手がよくなるばかりか複数の掃除用具を購入する必要もありません。出費も抑えられますし収納場所にも困りませんよ。

価格

紙パック式の掃除機は先に紹介したように商品数が多いぶん、価格帯は5,000~30,000円までと幅広く展開があります。価格がリーズナブルな商品のなかには、高性能さを備えている良品もあるため、できるだけ多くの商品を見比べてみてください。

また価格の高い掃除機は最新技術やさまざまな追加機能が搭載しているものがあります。もちろん高性能に越したことはありませんが、掃除機をかける部屋の広さや、掃除の頻度などを考慮してご自身に最適な価格帯の商品を選んでくださいね。

紙パック式掃除機の人気おすすめメーカー

紙パック式の掃除機を販売するメーカーにフォーカスして、それぞれの特徴を紹介します。各メーカーの独自技術などをチェックしてみてくださいね。

Panasonic (パナソニック)

電化製品の大手メーカーであるPanasonicは、掃除機もサイクロン式やスティック型、コードの有無に至るまで、多数の商品展開があります。価格の幅も広いため高品質でリーズナブルな商品を見つけられるかもしれません。

Panasonicの掃除機で有名な機能としては、目に見えないサイズの微細なホコリまでキャッチするクリーンセンサーや、ノズル交換が不要で利便性の高いくるっとパワーノズルなどがあります。

三菱電機

三菱電機の掃除機は数千円のリーズナブルなものから、10万円近くのハイエンドモデルまで幅広い価格帯で展開しており、きっと最適な商品が見つかるはず。紙パック式の掃除機だとリーズナブルな商品が多く、コストを抑えたい方におすすめですよ。

風の力を加えて吸引力をアップさせたかるスマ機能を搭載している機種が人気。またコンパクトなのに大容量のダストボックスや、床上10cmまで倒しても吸引できるノズルなど、痒い所に手が届く仕様になっているのも魅力です。

アイリスオーヤマ

家具から家電まで幅広いジャンルの商品を取り揃えるアイリスオーヤマは、その商品もリーズナブルながら高品質なのが特徴。紙パック式の掃除機は一万円以下で手に入るものもあります。

ホコリの集塵率が99%以上を誇るハイパワー吸引機能を備えている商品は、一度の掃除機がけでしっかりホコリを除去できるため時短にも。プラスアルファの機能は少ないですが、そのぶん吸引力に特化した低価格な商品が豊富にあるのは嬉しいポイントです。

マキタ

業務用の掃除機を多数展開しているマキタは、プロ品質の高性能さが魅力。商品数は少ないですが、吸引力・バッテリーのもちなどにおいて確かな実力を備えています。高品質ながら手に届きやすい価格で、ぜひチェックしてみてください。

また人気のスティック型は性能もさることながら、シンプルかつコンパクト設計で部屋のインテリアを邪魔しません。掃除機の大きさやデザインも重視したいという方におすすめですよ。

紙パック式掃除機 のおすすめ人気比較ランキング

第10位

ツインバード キャニスター型コードつき掃除機 YC-5022R

12,314円(税込)

シンプル設計で使いやすさを追求した掃除機

リーズナブルな家電を展開するツインバードからおすすめするのは、キャニスター型でコードつきの掃除機。紙パックは素早く捨てられてゴミ捨てが楽になります。吸込口には吸引する空気の流れを利用して回転するタービンヘッドを採用。

パワフルにブラシを回転させることで、カーペット奥のホコリ・汚れをしっかり取り除きます。本体はシンプルなデザインで操作しやすく、ハンドル部分には力を入れなくても握りやすい、大きめのサークルハンドを採用するなど使い勝手も抜群の商品です。

第9位

アイリスオーヤマ スティック型コードつき掃除機 IC-CSP5-R

15,000円(税込)

キャニスター型とスティック型のいいとこどりをした第3のクリーナー

小型で重さも2kgほどと軽量な掃除機は、スティック型の弱点であった吸引力の弱さをクリアした新しいタイプの商品です。ブラシの回転でヘッドが進むパワーヘッドを搭載しており、99%以上と高い集塵率を誇ります。

ほこり感知センサーも搭載。ホコリの量を見分けてパワーを自動制御するため、無駄な電力を使いません。さらに人間の目には見えないホコリもキャッチして、部屋の清潔を保ちます。複数の高機能を備えていながら高価格ではないため、コスパ面も優れている商品です。

第8位

Miele キャニスター型掃除機 Compact C1

36,666円(税込)

吸引力・清浄力・高品質の3拍子を求める方におすすめ

掃除機に必要な要素を網羅しているミーレの掃除機。モーター性能はさることながら、本体の気密性や空気の流れなどを細かく計算・設計することで、200kgの洗濯機が持ち上がるほどの高い吸引力実現しています。

PM2.5よりもはるかに小さく目視では確認できない、0.3㎛の微粒子までも吸引できるため、どんなに小さなホコリ・細菌でも逃さず除去。また本体を開けると紙パックの蓋が閉じる仕組みになっており、ホコリが舞い上がることもありません。数十年単位で使える丈夫さも備えているため、高価格ですが長く使うことをふまえるとコスパがいいといえます。

第7位

日立 キャニスター型コードつき掃除機 CV-VP5 W

9,980円(税込)

リーズナブルで使い勝手もいい日立の掃除機

一般的にサイズが大きく使いやすさではハンディ型に劣るといわれるキャニスター型の掃除機。ただ日立の掃除機はキャニスター型ながら、コンパクトかつ3kgほどと軽量なため小回りが利きます。ブラシは空気の力で回転させホコリをかき上げるエアーヘッドを採用。

前・左右からホコリを吸引するため部屋のすみずみまで綺麗に。ヘッドはクルっと回転し自在に動かせるため、家具やカーペットなど障害物の多い部屋でも楽に掃除機がけが可能です。さらにヘッドは丸洗い可能で、常に吸引力を落とさず使えますよ。

第6位

SHARP キャニスター型コードレス掃除機 EC-AP700N

30,541円(税込)

コードレスなのに吸引力抜群!軽量で持ち運びも◎

キャニスター型ながら本体の重さが1.8kgと超軽量さが魅力の掃除機。商品によってはスティック型よりも軽く、持ち運びも楽に行えます。コードレスのため直観的に操作できるのが魅力です。集塵力を上げるために大風量ターボモーターや高効率なバッテリーを搭載。

パワフルな吸引力を実現し、微細なハウスダストやカーペット奥のホコリまでもかき出して除去します。さらにコードレスタイプだと稼働時間は30分前後の商品が多いなか、SHARPの掃除機は省エネ運転を駆使することで、最長60分の使用が可能です。

第5位

マキタ スティック型コードレス掃除機 CL108FDSHW

13,661円(税込)

コンパクトで軽量ながらパワフルな吸引力を搭載

片手で楽に操作できてホコリはしっかり集塵するマキタの掃除機は、スティック型で楽に掃除をしたい方におすすめ。もちろん吸引力も強く微細なホコリも逃さず吸引します。シンプルなデザイン性も人気がありますよ。

追加機能も優れており、たとえばワンタッチで連続運転を行うスイッチや、バッテリー切れの際はLEDライトが点灯、吸引したホコリのこぼれ落ちを防ぐゴミストッパなどを搭載しています。備わっていると使える嬉しい機能ばかりなので、ぜひ詳細をチェックしてみてくださいね。

第4位

三菱電機 キャニスター型コードつき掃除機 TC-FM1J-S

17,900円(税込)

強い吸引力と清潔な空気の排気を兼ね備える掃除機

三菱電機からおすすめするのは、ハイパワーな吸引力が魅力のキャニスター型掃除機。強力モーターで2種類のブラシを回転させることにより、軽く滑らせるだけでホコリをグングン吸引します。ヘッドのバンパーにより壁際付近のホコリも逃さずキャッチ。

また紙パックに加えて空気の清浄用フィルターも搭載しており、排出する空気にホコリ・汚れを混入させない工夫が施されています。花粉やアレル物質など0.5㎛以上の微細なホコリ・ウイルスを99%以上の確率で逃さないため、空気の清潔さも保たれますよ。

第3位

Panasonic キャニスター型コードつき掃除機 MC-PKL20A-W

12,801円(税込)

舞い上がったホコリもキャッチして効率よく掃除機がけ

吸込仕事率520Wと強力な吸引力をもつPanasonicの掃除機は、一度の掃除機がけでしっかりホコリを吸引するため、短時間で掃除が完了します。またエアダストキャッチャー機能により、床上30cmまで舞い上がったホコリもノズルの上方向からキャッチ。高い集塵力を誇ります。

ヘッド部分には吸い込む空気の力を利用してブラシを回転させるエアロノズルを搭載。滑りのいいフローリングの床と相性抜群です。さらに紙パックは吸引したハウスダストを99.9%と高い確率で逃さな仕様になっているため、ホコリの浮遊を防げます。

第2位

アイリスオーヤマ スティック型コードレス掃除機 IC-SLDC4

9,680円(税込)

超軽量で掃除機がけが楽に!使いやすさにもこだわりあり

スティック型のなかでも特に軽量な1.2kgしかないため、小回りが利いて持ち運びも楽に行えます。従来品と比べて吸引力が30%アップし、ヘッド部分の幅も広く。さらに吸引力が強くなり集塵力も強力になりました。

ほこり感知センサーにより省エネで使えるうえ、ホコリの量によって点灯する色が変わるため部屋の汚れ具合を確認しながら掃除できます。コードレスなためハンディタイプとしても使えるのが嬉しいポイント。使い勝手がいいのに一万円以下というリーズナブルさも魅力です。

第1位

Panasonic スティック型コードレス掃除機 MC-PBU520J-N

39,800円(税込)

多彩な機能を備えデザイン性も高いイチオシ商品

スタイリッシュなデザインで、壁にかけて収納・充電でき、省スペースにもなるPanasonicの掃除機。ヘッド部分にはあらゆる床の特性に対応できるよう、3種のブラシが使われています。また裏にはローラーがついており横に滑らせながらの吸引も可能。

見えないホコリを感知して吸い取るクリーンセンサーや、せまい隙間もノズルをつけ替えることなく対応できる、くるっとパワーノズルなど使える機能が満載です。コードレスなため、ハンディとしても使用できますよ

紙パック式掃除機 のおすすめ比較一覧表

商品画像
Panasonic スティック型コードレス掃除機 B07FQTXBHJ 1枚目
アイリスオーヤマ スティック型コードレス掃除機 B075FR6CR9 1枚目
Panasonic キャニスター型コードつき掃除機 B07NBCKRVN 1枚目
三菱電機 キャニスター型コードつき掃除機 B07NBJZ1R5 1枚目
マキタ スティック型コードレス掃除機 B07GWY3HYD 1枚目
SHARP キャニスター型コードレス掃除機	 B074MDMZ7M 1枚目
日立	 キャニスター型コードつき掃除機 B0038OW32I 1枚目
Miele キャニスター型掃除機 B07KWX98Y4 1枚目
アイリスオーヤマ スティック型コードつき掃除機 B07PTZPF4G 1枚目
ツインバード キャニスター型コードつき掃除機 B073323WQ7 1枚目
商品名 Panasonic スティック型コードレス掃除機 アイリスオーヤマ スティック型コードレス掃除機 Panasonic キャニスター型コードつき掃除機 三菱電機 キャニスター型コードつき掃除機 マキタ スティック型コードレス掃除機 SHARP キャニスター型コードレス掃除機 日立 キャニスター型コードつき掃除機 Miele キャニスター型掃除機 アイリスオーヤマ スティック型コードつき掃除機 ツインバード キャニスター型コードつき掃除機
型番 MC-PBU520J-N IC-SLDC4 MC-PKL20A-W TC-FM1J-S CL108FDSHW EC-AP700N CV-VP5 W Compact C1 IC-CSP5-R YC-5022R
特徴 多彩な機能を備えデザイン性も高いイチオシ商品 超軽量で掃除機がけが楽に!使いやすさにもこだわりあり 舞い上がったホコリもキャッチして効率よく掃除機がけ 強い吸引力と清潔な空気の排気を兼ね備える掃除機 コンパクトで軽量ながらパワフルな吸引力を搭載 コードレスなのに吸引力抜群!軽量で持ち運びも◎ リーズナブルで使い勝手もいい日立の掃除機 吸引力・清浄力・高品質の3拍子を求める方におすすめ キャニスター型とスティック型のいいとこどりをした第3のクリーナー シンプル設計で使いやすさを追求した掃除機
価格 39,800円(税込) 9,680円(税込) 12,801円(税込) 17,900円(税込) 13,661円(税込) 30,541円(税込) 9,980円(税込) 36,666円(税込) 15,000円(税込) 12,314円(税込)
商品リンク

紙パック式掃除機のおすすめまとめ

紙パック式掃除機』に注目して、選び方の基準やおすすめ商品などを紹介してきました。紙パック式はスティック型の掃除機に搭載されている場合も多く、お手入れやゴミ捨ての楽さを求める方にぴったりです。

実際に商品を選ぶ際は同じメーカーのモデル違いで比べてみるのもおすすめ。搭載する機能をよく見てみたら、新しいモデルでなく従来品でも十分な場合があります。高性能でコスパのよい掃除機を見つけてくださいね。

記事をシェアして友達にも教えよう!

紙パック式掃除機
のおすすめ関連記事をもっと見る