掃除機のおすすめ人気比較ランキング10選【最新2020年版】

【最新版】掃除機の人気10アイテムのおすすめ比較ランキング。掃除機の特徴や選び方から価格情報やスペック情報、クチコミやレビューまで徹底比較。最後に編集部おすすめの掃除機をランキング形式でご紹介。
おすすめStartHome編集部

部屋のほこりやゴミを一掃させる掃除機は、家庭の生活環境を保つ代表的なアイテムになっています。昔から存在する掃除機は今や新たな進化をし続けて、多様性のあるデザインのものも増えているのが特徴です。

さまざまな形状や構造で部屋の環境を整えるのが現代の掃除機。異なる性能は、生活スタイルによって最適なものを選ぶカギとなります。そんなさまざまな違いを見せる、掃除機のおすすめをまとめてご紹介します。

サイクロン式と紙パック式掃除機の違い

掃除機 おすすめ 違い

サイクロン式

空気とゴミを回転させながら吸い込む『サイクロン式掃除機』は、ダストカップに集塵する仕組みになっています。そのためゴミをためる、紙パック等の消耗品が必要ないのが特徴です。ランニングコストを抑えるメリットがありますが、定期的にお手入れをする必要があります。

もし清潔に保ちたいのであれば、丸洗い可能なダストカップや排気フィルターの性能がよいものがおすすめ。チリが空中にまう恐れもなく、清潔に保てるので要チェックです。

紙パック式

紙パックに吸い取ったゴミを集めて、いっぱいになったらそのまま捨てられるのが『紙パック式掃除機』の魅力です。消耗品のため、定期的にコストがかかりますが清潔に保ったまま捨てられるので、面倒なお手入れをする必要がありません。

ただし吸引したときにゴミが通過して外に空気が排気されるので、ゴミのたまり具合によっては匂いが気になることもあります。紙パックの交換を定期的にすることで悪臭の発生が起こりにくくなり、掃除が終わっても清潔な環境に整えられます。

ロボット型

代表的な『ロボット型掃除機』といえばルンバ。コードも自分で掃除機をかける手間も、一切必要がなく、自動で掃除を始めてくれます。本体カメラやセンサーで部屋の位置や物体を感知し、障害物の多い部屋の掃除も隅々まで行ってくれる便利な掃除機です。

Wi-Fi機能も搭載されており、スマホの専用アプリから操作ができる掃除機も存在。お出かけ中でも家に帰ってきたころにはゴミが一掃された状態にしてくれる、優れた掃除機です。

スティック型掃除機とキャニスター型掃除機

掃除機 おすすめ 型

スティック型

スティック状でコンパクトな掃除機で、置き場所も困らないのが魅力の『スティック型』。余計なものを全て取り除いた形状は、狭い場所での掃除もスムーズに行うことができます。使いやすさも特徴的で片手で簡単に掃除ができるのもポイント。コードレスなスティック型掃除機が多く、掃除中にわずらわしさを感じることがありません。

どこでも気軽に掃除できるので、階段等の掃除にも最適。床以外の掃除もできるモデルもあり、全体的な掃除も隅々まで行えます。

キャニスター型

重いモーターをタイヤで転がす形状の『キャニスター型掃除機』は、近年新たな進化を遂げています。従来の操作性をさらに向上させ、負担がかからないまま掃除をすることが可能です。モーター部分も軽量化されており、持ち運びもスムーズにできるようになっています。

ゴミの処理方法は紙パック式が多く、楽に使えるのも特徴。サイズが大きいので広い置き場所を確保する必要がありますが、昔よりも使いやすさがあがっているので高齢者にもおすすめの掃除機です。

掃除機のおすすめの選び方

掃除機 おすすめ 選び方

ヘッドの形状

モーター式

モーター式』の掃除機にはヘッド内に回転するブラシが備わっています。ブラシを回転させながらゴミを書き出せるので、こまかなゴミやほこりをより丁寧に吸い取れるようになっています。カーペットやじゅうたん等のゴミが絡みやすい素材でも、すっきりと吸い取ることが可能。集塵性の高さがモーター式の特徴です。

ブラシが搭載されているのでヘッドはやや大きめ。各メーカーの中級機種にも備わっている、精密さがとりえのヘッドになっています。

自走モーター式

自走モーター式』の掃除機は、通常のモーター式に自走機能を取りつけたのが特徴です。モーター式と比べて、力を入れなくても快適かつ清潔に掃除が行えます。軽いタッチで掃除が行えるので高齢者にもおすすめ。ヘッド部分に自走機能を取りつけた分、やや重たくなっています。
搭載されているのは主に高級モデルのもの。価格は高価ですが、他のものよりスムーズに掃除できるヘッドになっています。

エアタービン式

エアタービン式』の掃除機は吸引するときの風を利用して、ブラシを回転させます。ブラシを回転させるモーターがないので、コストがかからないヘッドです。構造は他のものよりシンプルで軽量なのが特徴。コンパクトな構造なので、重さを感じることなく掃除ができます。

コストがかからない反面、モーター式と比べて集塵性がやや劣るデメリットが存在します。カーペットやじゅうたん等の絡みやすい素材よりも、広いフローリング床の掃除に適したヘッドです。

機能

掃除機 おすすめ 機能

汚れセンサー

スティック式掃除機は、『汚れセンサー』が搭載されていることがほとんどです。ゴミの存在を知らせてくれるので、みえないゴミでもまとめて吸い取ることができます。手元のランプで知らせるモデルが数多く存在するので、見逃しにくいのも魅力的。

ゴミの量によって吸引力を自動的に調節するものもあり、電池が減りづらくなっています。効率的に掃除ができる機能なので、小さなゴミも見逃すことなく吸い取りたい人にはうってつけの機能です。

複数の機能を持つマルチ掃除機

最近の掃除機には、1台でさまざまな役をこなす機能性を持ちあわせたものも存在します。あまりものを置きたくない人や、一つのもので全てをこなしたい人に最適です。

たとえば空気清浄機と掃除機を一体化させた商品では、掃除をした後でも使える掃除機になっています。収納しなくても空気清浄機として扱えるので便利な商品です。他にも布団クリーナーとして使える掃除機や、ワイパーと組みあわせた高い集塵性を備えた掃除機等も存在しています。

バッテリー

基本的にかかる掃除時間はおよそ45分といわれており、中でも掃除機を使用する時間は10分だということが分かっています。

もし使用時間が長くかかってしまうなら、バッテリーの持ち時間が長い掃除機がおすすめ。コードレスのスティック型掃除機でも、およそ20分から40分までが多いといわれています。性能や吸引の強さによっても持ち時間が変わってくるので、購入前はバッテリーの持ち時間も確認もしましょう。

吸込仕事率

掃除機 おすすめ 吸収率

掃除機を選ぶときに重要視されるのがスペック。スペックの中でも『吸引仕事率』という、吸引力を数値化した項目があります。サイクロン式のスティック型では最大20~100Wが基本的。紙パック式のキャニスター型であれば最大でも、200~500Wが一般だとされています。

ただし数値は、ヘッドブラシが取りつけていない状態で計測されたものなので、ヘッドやブラシによっては多く変わることもあります。備わった機能によって左右されるので要注意です。

重量

キャニスター型は3kg、スティック型は2kgが基本とされており、スティック型の方が軽いのが特徴です。ただし床に置くタイプのキャニスター型の場合は、持ち運ぶときに持つパイプ部分が軽ければ問題ありません。パイプの部分は軽い素材でできているモデルも存在するので、天井掃除をするなら軽いモデルのものを選びましょう。

持ち運ぶ範囲によっては重さを気にする必要があるので、自分が使用する範囲を考えて選ぶと、負担をかけずに掃除が行えます。

コードの有無

現在の電源部分は『コード付き』と『コードレス』の2種類。

コード付き

コード付き』は、従来の掃除機であるキャニスター型に多く採用されており、長時間の使用でもバッテリー切れがないのが特徴です。安定した動作で快適に掃除できる以外にも、吸引力が優れていることもあげられます。

コードレス

コードレス』が多いスティック型は、バッテリー性能が向上してきており、バッテリー切れが少なくなってきました。吸引力も高まっており、少しずつ人気を集めています。

最新掃除機のトレンドとおすすめポイント

掃除機 おすすめ ポイント

最近の掃除機のトレンドはスティック型のモデルで、上位を占めていることがうかがえます。スティック型の欠点だったバッテリーと吸引力が進化したことで、人気のある掃除機へと変貌を遂げています。キャニスター型でもコードレスで使用できるモデルも存在し、多様性のある掃除機として進化しているのが特徴。

集塵方法としては紙パックかサイクロン、どちらかで決まります。クリーン性の高いものや、静音性の高いものもあるので総合的に好まれるものを選びましょう。

掃除機の人気おすすめメーカー

掃除機 おすすめ メーカー

dyson (ダイソン)

吸引力の高いというフレーズで有名になった『dyson』では、パワー力の高いモーターを採用しています。じゅうたんの隙間に入りこんだゴミでも、一掃してくれるのが特徴です。

ゴミ捨ては軽くタッチするだけですむのがポイント。お手入れが面倒な人でも気軽に行えます。アタッチメントを替えるだけでハンディクリーナーとして使える、実用性の高い掃除機が数々存在します。使いやすさと汎用性を求める人にピッタリなメーカーです。

MAKITA (マキタ)

業務用電子工具を揃える『MAKITA』では、紙パック式のスティッククリーナーが有名です。新幹線の車内清掃にも採用されるほど、使い勝手がよく高性能なのが特徴的。1回充電しただけで長時間の使用が可能な他、吸引力も優れています。バッテリー切れの心配がないほど、長持ちで使いやすいのが魅力です。

デザイン性は基本的にシンプル。他のインテリアの邪魔にならない調和性も兼ね備えています。充電器を外した状態での充電も可能な、掃除機も存在するメーカーです。

日立

自走式ヘッドブラシを備えたコードレス掃除機が人気の『日立』。コードレスとは思えないほどの吸引力が、小さなゴミの吸い残しを防ぎます。コードがないので気軽に使えるのが魅力的。階段での使用も可能なので快適な掃除が行えます。

日立のコードレス掃除機ならバッテリー交換も簡単。バッテリー以外にダストカップや、ブラシもワンタッチで取り外しができる仕様になっています。お手入れが必要なダストカップの丸洗いも簡単なメーカーです。

東芝

総合的なバランスが整った『東芝』のクリーナーは、吸引力も使いやすさも全て完璧です。操作もお手入れもしやすいので、どのような家庭にも適した掃除機になっています。
ラインナップは幅広く選べるのが特徴。

強い吸引力のフィルターのない、サイクロンクリーナーが特に人気の商品になっています。ヘッドブラシは自走式で効率重視で掃除したい人にもおすすめ。高速気流で圧縮される仕組みのダストカップが、コンパクトな掃除機に作りあげています。

SHARP (シャープ)

サイクロン式掃除機をもっとも早く作り出したメーカーとして有名な『SHARP』。人気商品のスティッククリーナーは、スリム化したモデルが多く製造されています。吸引力が高いのも特徴で、ほこりが気になる天井等の掃除にもおすすめです。

ラインナップの豊富さは他のメーカーに負けておらず、さまざまなものから選べます。スティッククリーナーやキャニスター型以外にも、紙パック式やサイクロン式も存在するので自分の好きな性能から選べるメーカーです。

掃除機 のおすすめ人気比較ランキング

第10位

SHARP サイクロン式キャニスター型 EC-CT12-C

9,980円(税込)

持ち運びも抜群、最大5mのコードがついたストイックなデザインのコンパクトキャニスター型掃除機

サイクロンと思えないような動作音が魅力的な掃除機です。64dbの小さな音でしっかり掃除します。タービンヘッドやエコモードもついており、コスト削減も可能。つまみを回すだけで簡単にクリーニングできます。からぶき機能もついており、フローリングや畳でも拭き掃除ができるのも魅力の一つ。ダストカップはワンタッチで外せます。操作が楽なので高齢者にもおすすめ。吸引力、クリーン性、機能性全てが充実した掃除機です。

第9位

Panasonic サイクロン式スティック型 MC-VGS8000-W

47,480円(税込)

収縮性のあるデザインで身近な掃除も楽々掃除できる水洗いも可能なコードレススティック型掃除機

スタンド式の充電器がついた持続性の高いスティック型掃除機です。高さ調節ができるので場所によって掃除しづらい位置でも、ちょうどいい長さにできます。充電時間は約3時間。早いわりには最大65分まで使用できるほど、持続性も持ちあわせた掃除機です。ノズルを交換すればどのような隙間でもスムーズに掃除できます。クリーンセンサーもあり、みえないゴミをくまなく吸い取ることが可能。水洗いも可能なので、掃除機本体も清潔に保てるのが特徴です。

第8位

Panasonic サイクロン式キャニスター型 MC-SK17A-R

11,701円(税込)

お手入れも持ち運びも簡単でハウスダストもすっきり吸い取るコンパクトでおしゃれな色合いのキャニスター型掃除機

容赦なくほこりを吸い取る機能が備わった掃除機です。エアダストキャッチャーが搭載されているので、空気中をまう床上約30cmのハウスダストもすっきり吸い取ります。4ステップで簡単にお手入れが可能。シンプルな構造なので、お手入れ前に手間取ることがありません。コードも5mと長めに対応。動作音もうるさすぎないので、ペットがいても安心して利用できます。吸引力もバッチリ備わった実用性の高い掃除機です。

第7位

Electrolux サイクロン式スティック型 ZB3103

16,632円(税込)

コンパクトなサイズに改造・収納できる意のままに操れるヘッドがついた北欧カラーを特徴としたスティック型掃除機

部屋のインテリアとしても楽しめるような色合いの掃除機です。ヘッド操作は180度まで対応でき、掃除がしにくいちょっとした隙間でも快適に入ります。手首に負担のかからない構造は利用者の動きにも対応。500gの重さなので階段での掃除も楽にできる優れものです。洗浄できるダストカップや、フィルターは無駄な時間をかけることなく清潔を保ちます。ブラシをきれいにする機能もあり、絡まりやすい髪の毛やほこりを全て吸引してくれる掃除機です。

第6位

日立 サイクロン式スティック型 PV-BFH900 N

44,800円(税込)

2.1gの重量で軽々と掃除ができる水洗いも丸ごと可能にした多彩な機能のコードレススティック型掃除機

コードレスで軽量の天井掃除もできる、強力なパワーをもった掃除機です。軽い使い心地以外にも調節可能な収縮性もあり、さまざまな場所での掃除を可能にしています。ヘッド部分はもちろん、ダストカップも全て水洗いができ、クリーンな状態に整えられます。先のホースは5種類から選べられるのが特徴。場所にあった掃除ができるのもポイントです。いつもはできない社内の掃除や、引き出しまで隅々行える多様性のある掃除機です。

第5位

Dyson サイクロン式キャニスター型 CY29FF

59,999円(税込)

特大サイズのモーターを備えたパワフルで爽快な掃除ができるサイクロン式キャニスター型掃除機

どれだけ高い場所でも気軽に掃除ができる伸縮性の高い掃除機です。Dysonの技術を存分に扱った構造が、パワフルな掃除機に作りあげています。モーターが高速なだけでなく、床面のほこりも一切逃さないような吸引力が魅力的です。小スペースでもコンパクトに収納できる伸縮性も備わっており、置き場所に困らないのも特徴。レバーを押すだけでゴミを捨てられる気軽さも備わっています。バランス感覚も優れていて、自動で起きあがれる安定性のある掃除機です。

第4位

日立 サイクロン式キャニスター型 CV-SF300 N

25,823円(税込)

押しても引いてもきれいな状態にできる壁際の掃除にも最適なライトを照らすキャニスター型掃除機

パワーあふれる吸引力と、ゴミを吸い取りやすい機能が備わった掃除機です。ほんのり暗い場所でもライトが床面を照らしてくれるので、みえにくいほこりを一掃できます。押しても引いても、吸引するゴミの量が変わらないのも特徴です。お手洗いは水で丸ごとつけるだけ。ブラシもダストパックも簡単かつきれいにすることができます。ゴミ捨てもワンタッチで楽々。圧縮されたゴミが一気に出るので時間がかかりません。1か月に1回ゴミ捨てするだけでも、清潔が保てる掃除機になっています。

第3位

SHARP サイクロン式スティック型 EC-AR3S-P

33,400円(税込)

丈夫な軽量スティックを備えた着脱式バッテリーつきのスタイリッシュなコードレススティック型掃除機

長時間の使用を可能にしたバッテリー切れの心配がない掃除機です。バッテリーは本体から簡単に外せるので、掃除中でも気軽に充電ができます。予備バッテリーも備えれば、長時間でも安心して掃除できます。吸いこみ口も簡単に着脱可能。立ったままでもボタンを押すだけで、狭い隙間を快適に掃除できます。片手で持てるほど軽量で、エアコン等の高い場所でも掃除がしやすいのも魅力。多彩な方法で掃除ができる利便性の高い掃除機です。

第2位

マキタ サイクロン式スティック型 CL072DZ

5,675円(税込)

軽量でコンパクトな収納性が優れた扱いやすさを重視したシンプルなコードレススティック型掃除機

狭い部屋でも収納できるすっきりとした形状の掃除機です。吸いこみ仕事率14/5Wの力でさまざまな場所を清潔にします。コンパクトなサイズなので高い場所での使用も可能。持ち運びもでき、階段での使用もスムーズに行えます。シンプルなデザインで余計なものが取り除かれている掃除機なので、使いやすさも抜群です。交換性の紙パック式でゴミ捨ても簡単。コードレスなので掃除の妨げにもならない、すっきりとした掃除機になっています。

第1位

Dyson サイクロン式スティック型 SV11 SLM

36,000円(税込)

家の住居にあわせた使い方ができるパワフルなモーターがついた小型で軽量なスティック型掃除機

コンパクトに改良されたモーターが備わった、パワー力の高い掃除機です。伸縮性のあるパイプは狭い隙間にも対応しており、さまざまな掃除のしにくい場所でも活躍ができます。エアコン等の高い場所での使用にも最適。コンパクトかつ軽量で片手で操作ができます。ノズルを交換すれば、ソファ等のゴミが沈みやすい場所も掃除可能。モードによって可動時間が最大30分まで引き延ばせる、持続性も持ちあわせています。充電時間も3.5時間ですませられる快適な掃除機です。

掃除機 のおすすめ比較一覧表

商品画像
Dyson サイクロン式スティック型 B07PLQ9VZP 1枚目
マキタ サイクロン式スティック型 B004JZSBHG 1枚目
SHARP サイクロン式スティック型 B07RLY8QSF 1枚目
日立 サイクロン式キャニスター型 B07FFMXWGP 1枚目
Dyson サイクロン式キャニスター型 B07CYHXN1M 1枚目
日立 サイクロン式スティック型 B07GQ75CDP 1枚目
Electrolux サイクロン式スティック型 B01L16CNZ6 1枚目
Panasonic サイクロン式キャニスター型 B07DDFGFWX 1枚目
Panasonic サイクロン式スティック型 B07FQZZ5FY 1枚目
SHARP サイクロン式キャニスター型 B005C7WEAU 1枚目
商品名 Dyson サイクロン式スティック型 マキタ サイクロン式スティック型 SHARP サイクロン式スティック型 日立 サイクロン式キャニスター型 Dyson サイクロン式キャニスター型 日立 サイクロン式スティック型 Electrolux サイクロン式スティック型 Panasonic サイクロン式キャニスター型 Panasonic サイクロン式スティック型 SHARP サイクロン式キャニスター型
型番 SV11 SLM CL072DZ EC-AR3S-P CV-SF300 N CY29FF PV-BFH900 N ZB3103 MC-SK17A-R MC-VGS8000-W EC-CT12-C
特徴 家の住居にあわせた使い方ができるパワフルなモーターがついた小型で軽量なスティック型掃除機 軽量でコンパクトな収納性が優れた扱いやすさを重視したシンプルなコードレススティック型掃除機 丈夫な軽量スティックを備えた着脱式バッテリーつきのスタイリッシュなコードレススティック型掃除機 押しても引いてもきれいな状態にできる壁際の掃除にも最適なライトを照らすキャニスター型掃除機 特大サイズのモーターを備えたパワフルで爽快な掃除ができるサイクロン式キャニスター型掃除機 2.1gの重量で軽々と掃除ができる水洗いも丸ごと可能にした多彩な機能のコードレススティック型掃除機 コンパクトなサイズに改造・収納できる意のままに操れるヘッドがついた北欧カラーを特徴としたスティック型掃除機 お手入れも持ち運びも簡単でハウスダストもすっきり吸い取るコンパクトでおしゃれな色合いのキャニスター型掃除機 収縮性のあるデザインで身近な掃除も楽々掃除できる水洗いも可能なコードレススティック型掃除機 持ち運びも抜群、最大5mのコードがついたストイックなデザインのコンパクトキャニスター型掃除機
価格 36,000円(税込) 5,675円(税込) 33,400円(税込) 25,823円(税込) 59,999円(税込) 44,800円(税込) 16,632円(税込) 11,701円(税込) 47,480円(税込) 9,980円(税込)
商品リンク

掃除機のおすすめのお手入れ方法

外装部分

掃除機 おすすめ 外部部分

用意するものはタオルとアルコール消毒液だけ。まずは電源コードが抜かれているか確認しましょう。コードが抜かれていないと、感電や故障の原因になります。コードを抜いたらタオルを水で濡らします。絞りきったら消毒液で染みこませることが大事。

消毒液は掃除機についた汚れや雑菌を落とすのに重要です。本体の汚れを隅々まで拭けば、本体部分の掃除は完了します。タイヤ部分は歯ブラシでこするとこまかい汚れがきれいに落とせます。

ヘッド部分

パワーヘッド

掃除が難しいヘッド部分にはピンセットと水で対応しましょう。まずブラシとホースを分離させ、隙間用口モードでブラシの排気口から吸い取ります。回転ブラシに絡まったゴミは、ピンセットで取り除きましょう。ブラシホルダーと回転ブラシはしっかり外すと、隅々まで掃除ができます。

全てのゴミをとった後は回転ブラシのみ、洗剤を使わない水洗いをしましょう。後は自然乾燥にまかせると変形等のトラブルもなく、安全に乾かせます。元の場所に装備すれば完了です。

エアーヘッド

用意するものはピンセットと歯ブラシとタオルのみ。ヘッド、ブラシ部分全て分解し、ピンセットでゴミを取りましょう。取り除いたら全てのパーツを水洗いします。ヘッド部分は歯ブラシで磨くと、汚れが落とせるのでおすすめです。

終わった後はヘッドとブラシホルダーをしっかりタオルで拭き取りましょう。回転ブラシは自然乾燥させるのがポイント。ドライヤーは変形する原因になるのでやめましょう。乾いたら全て装着させて完了です。

サイクロン掃除機フィルター

サイクロン掃除機のフィルター掃除には、本体についたクリーニングブラシと水を使いましょう。ダストボックスを外し、フィルターカバーからクリーンカバー、カップカバー、ダストカップの順に取り外します。タオルを水につけたらしっかり水気をとって、フィルターカバーを拭きましょう。ダストカップは水につけながら、スポンジで磨くのがおすすめです。

後はクリーンブラシでクリーンフィルターやカップカバーを水で洗います。終わった後は十分に乾かしてから装着させましょう。

掃除機のおすすめまとめ

掃除機 おすすめ まとめ

お気に入りのサイズや機能で選べば、住居に適した『掃除機』を使用することができます。機能性が充実していればさまざまな使い方で掃除ができることも可能。さまざまな場所で使用するなら機能性の高いものを、特にこだわらないならシンプルなものを選ぶ等、使用方法によって決めることも大切です。

長く掃除機を使うなら定期的なお手入れも必要。正しいお手入れをすれば機能が劣ることもありません。快適に掃除ができる方法を身につけて、新しい掃除機の性能を活かしましょう。

記事をシェアして友達にも教えよう!

掃除機
のおすすめ関連記事をもっと見る