安いイヤホンのおすすめ人気比較ランキング10選【最新2020年版】

【最新版】安いイヤホンの人気10アイテムのおすすめ比較ランキング。安いイヤホンの特徴や選び方から価格情報やスペック情報、クチコミやレビューまで徹底比較。最後に編集部おすすめの安いイヤホンをランキング形式でご紹介。
おすすめStartHome編集部

最近はサブスクリプションサービスで音楽が聴けるなど、より音楽が身近になりました。

音楽を聴く機会は増えたけど、
「良い音で音楽を聴きたいけどイヤホンにお金をかけたくない」
「安くて高音質なイヤホンがほしい」
そんな悩みを持った方は多いのではないでしょうか。

この記事ではそんな悩みを抱えたあなたに安いイヤホンの特徴や選び方をわかりやすく解説していきます。
それでもイヤホンの選び方がわからないという方に、当メディアおすすめのイヤホンもご紹介していきますのでぜひご一読ください。

安いイヤホンの特徴

イヤホン 安い おすすめ 特徴
安いイヤホンの特徴は種類が豊富なところです。
低価格で種類が豊富ですので、自分の生活スタイルや好みの音質にあわせてイヤホンを選ぶことができます。
特筆すべきところは、低価格でもおどろくほど高音質な音楽が楽しめること。
ハイレゾ対応のイヤホンも5000円以下で購入できます。
安いイヤホンのもうひとつの特徴は断線をしてもすぐに買い替えることができるところです。
気兼ねなくイヤホンを使えてストレスがありません。
安いイヤホンは選択肢が多いので、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

安いイヤホンのおすすめの選び方

イヤホン 安い おすすめ 選び方

用途で選ぶ

リモート会議で使う

リモート会議で使用するのにおすすめなのがBluetooth対応イヤホン。
Bluetooth対応のイヤホンはコードレスなのでストレスなく使用できますし、通話対応のマイク機能が付属しているものが多いので、リモート会議での使用にピッタリなイヤホンです。
また、イヤホンジャックが搭載されていないスマートフォンを使用している方にもBluetooth対応イヤホンがおすすめです。
イヤホンジャックがないスマートフォンは変換ケーブルを使ってイヤホンを使用することも可能ですが、イヤホンと変換ケーブルの両方を持ち運ばなくてはならないので不便です。
Bluetooth対応イヤホンであれば、イヤホンのみあれば良いので快適に音楽を楽しめます。

スポーツで使う

ランニングなどで汗をかきながらイヤホンを使用していると、汗でイヤホンが濡れて故障してしまうことがあります。
そこでおすすめなのが、防滴・防水機能付きのイヤホンです。
防滴・防水機能付きのイヤホンなら汗で濡れても故障する心配がないので、故障を恐れずスポーツに集中することができます。

防滴・防水機能の性能は「IPX2」のように表記され数字が高いほど防水性能が優れています。
急な雨にも対応したい方は「IPX4」以上のイヤホンがおすすめです。

聴く音楽のジャンルで選ぶ

安いイヤホンの音質はバランスがとれた「フラット」タイプのイヤホンが少ないです。
ですので自分の聴く音楽のジャンルに合わせてイヤホンを選ぶと、より高音質な音楽が楽しめます。

安いイヤホンの音質は、
・カマボコ
・ドンシャリ
の2種類のタイプがあります。

カマボコタイプは中音域を鳴らすのが得意なイヤホンなのでボーカルメインの曲やオーケストラを聴くのに適しています。
ドンシャリタイプは重低音と高音域を鳴らすのが得意なイヤホンなので、ロックやEDM、ヒップホップを聴くのに適しています。

駆動方式で選ぶ

この章では、イヤホンの駆動方式にフォーカスして見ていきます。
・ダイナミック型
・バランスドアーマチュア型
・ハイブリッド型
の順に解説していきます。

ダイナミック型

ダイナミック型のイヤホンは音の信号を振動板(ダイヤフラム)に伝達することで音を出力します。
一般的なイヤホンはこのダイナミック型であることが多いです。

ダイナミック型イヤホンの特徴は音域が広く、特に低音域を出すのが得意なタイプです。
重低音を強調したい方におすすめで、ロックやEDM、ヒップホップをよく聴く方はこのダイナミック型のイヤホンを選ぶと良いでしょう。

バランスドアーマチュア型

高価格帯のイヤホンで多く採用されているのがバランスドアーマチュア型。
バランスドアーマチュア型はアーマチュアという鉄板に電流を流して振動させることで音を出力しています。

中音域・高音域の音を出すのが得意で、音の解像度が高いのが特徴です。細かい音ひとつひとつを表現してくれます。
ダイナミック型に比べると迫力はありませんが、音の解像度が高くバランスのとれた音を鳴らすのでリスニングやモニター用に使用されます。

ハイブリッド型

ハイブリッド型のイヤホンはダイナミック型とバランスドアーマチュア型、両方のドライバーユニットを搭載したモデルになります。

ハイブリッド型のイヤホンは重低音が得意なダイナミック型の迫力ある音と、中音域・高音域が得意なバランスドアーマチュア型の音を両方あわせ持っているため、音のレンジが広く表現力豊かな音を楽しめます。

ハイブリッド型のイヤホンは複数のドライバーユニットを搭載しているため高価格であることが多いです。

接続方法で選ぶ

ここからは、有線タイプのイヤホンと無線タイプのイヤホンの特徴について解説していきます。

有線

昔から馴染みのある接続方法が有線タイプのイヤホンです。
有線タイプは安いイヤホンでも比較的高音質なものが多く、ハイレゾ音源対応のイヤホンも販売されています。
イヤホンのコードに音量を調節するリモコンが搭載されているなど、有線タイプのイヤホンは低価格でも高機能な製品が多いです。

有線タイプのイヤホンのデメリットはコードが絡まることです。
急いで絡まったコードをほどこうとすると断線の恐れがあるので注意が必要です。

無線

無線での接続方法で一般的なのがBluetoothを使った接続です。
Bluetoothイヤホン最大の特徴はワイヤレスであることです。
コードがいらないので、快適に音楽を聴くことができます。

Bluetoothイヤホンのデメリットはイヤホンのバッテリーを気にする必要があることです。
また、Bluetoothで音を聴いていると音が遅延して聴こえてくることがあります。
そのためゲームでBluetoothイヤホンを使用するのは避けましょう。

付け心地で選ぶ

この章では、イヤホンの付け心地について解説していきます。
イヤホンには、
・カナル型
・イヤーインナー型
・耳掛け型
の3種類があります。
以下で詳しく解説します。

カナル型

カナル型のイヤホンはイヤーピースを耳栓を入れるように装着します。
遮音性が高いので環境音を排除して、音楽に集中することができます。
また、カナル型は音漏れが少ないのも特徴のひとつです。

耳栓代わりにもなるカナル型イヤホンは遮音性がかなり高いので屋外での使用には注意が必要です。

イヤーインナー型

イヤーインナー型は耳穴に引っかけるようにして装着するタイプです。
イヤホンと耳穴に隙間があるので、遮音性はなく音漏れもします。
カナル型、イヤーインナー型、耳掛け型の3種類の中では一番古いタイプのイヤホンです。

耳掛け型

耳掛け型のイヤホンは耳にフックを引っかけて装着します。
耳掛け型はフックを使用するので耳にしっかりフィットするので安定感があります。
歩行時もしっかり固定されるのでイヤホンを装着しなおす手間がありません。

機能で選ぶ

最後にイヤホンの機能にフォーカスして見ていきましょう。

・ノイズキャンセリング機能
・防水機能
・ハイレゾ対応機能
・リモコン機能
の順にご紹介します。

ノイズキャンセリング機能

ノイズキャンセリング機能は周囲のノイズを除去してくれる機能です。
カフェでの周りの人の話し声や電車の音などを除去してくれるので、音楽に集中することができます。
周囲の音が除去されると音量が小さくても音楽がしっかり聞こえてくるので、耳にも優しい機能です。

音楽を聴かずにノイズキャンセリング機能のみで使用することができるので、作業に集中したいときにも使える機能です。

ノイズキャンセリングの精度が高くなるほど価格も上がるので注意しましょう。

防水機能

スポーツをしながらイヤホンを使用することを目的にしている方は、防水機能を持ったイヤホンを購入することをおすすめします。

防水機能がついたイヤホンには「IPX2」というような表記がされています。
語尾の数字が高いほど、防水性能が高くなります。

最近は完全防水のイヤホンも販売されていて、「IPX7」以上がそれに該当します。
完全防水ですと急な雨でも安全に使用できるのでおすすめです。
防水性能が上がれば上がるほど、価格も高価になっていきますので注意しましょう。

ハイレゾ対応機能

ハイレゾ音源とはCDを超える情報量を持った音質のことをいいます。
情報量がとても多いので一般的なイヤホンではハイレゾ音源を表現しきれません。

そこで必要なのがハイレゾ対応イヤホンです。
ハイレゾ対応イヤホンであれば、ハイレゾ音源の高音質な音楽を十分に楽しむことができます。

「ハイレゾ対応イヤホンって高いんじゃないの?」と感じる方が多いかと思いますが、最近は技術も進んで比較的安く手に入れることができます。

リモコン機能

意外にあると便利な機能がリモコン機能です。

わざわざデバイスをポケットから出さなくても、イヤホンについているリモコンで音量を調節したり曲を飛ばしたりできるのでとても便利です。

特にランニングなどスポーツをしているときは、スマホの画面を見ることなく操作ができるので安全面でもおすすめです。

また、マイク機能がついたイヤホンはスマホを取り出すことなくハンズフリーで通話できるのでとても便利です。

安いイヤホンのおすすめメーカー

イヤホン 安い おすすめ メーカー
ここからは、安いイヤホンのおすすめメーカーをご紹介します。
・Xiaomi
・SONY
・Pioneer
・ANKER
・Razer
の順にご紹介します。

Xiaomi

Xiaomi(シャオミ)は中国の総合家電メーカーです。
Xiaomiはイヤホン、ヘッドフォン、Bluetooth対応イヤホン、USB Type-C対応イヤホン、そしてハイレゾ音源対応イヤホンとオーディオ関連商品を多く取り扱っています。
どれも低価格ながらも、デザインと音質にこだわりがありマニアから多くの人気を集めています。

SONY

オーディオメーカーとして有名なSONYは音の信頼性があります。
最近のSONY製品は、Bluetoothとノイズキャンセリングを搭載したイヤホン・ヘッドフォンのラインナップが充実しています。

Pioneer

Pioneerはカーエレクトロニクス事業がメインの会社です。
カーエレクトロニクス事業で培った技術をオーディオ製品落とし込んでいます。
そのため安価で高品質なイヤホンの生産に成功しています。

ANKER

ANKERは中国に本社を置くスマートフォン・タブレット関連製品を取り扱う企業です。
ANKERのイヤホンは、ワイヤレスでの再生や充電、防水機能を搭載するなど最新のテクノロジーを使っているのが特徴です。
最新のテクノロジーを使用しているのに価格は安価なので、少ない投資で最新の技術を体感できます。

Razer

Razerはサンフランシスコとシンガポールに本拠地があるゲーミング機器メーカーです。
Razerのイヤホンは緑色のロゴが特徴でおしゃれなデザインになっています。
ゲームに最適化されたイヤホンや、猫耳がついたヘッドフォンなど個性的な製品が多いのが特徴。

安いイヤホン のおすすめ人気比較ランキング

第10位

オーディオアワード「VGP2019」で金賞を受賞、ナチュラルな音を追及したイヤホン

家電批評オブ・ザ・イヤー2018 受賞したイヤホン「final FI-E3DSSC」。
最新の音響工学と心理学の研究成果を駆使して製作され、ナチュラルで心地の良いサウンドを実現しています。
低音から高音をフラットに鳴らすことで、音の解像度が上がりナチュラルで広がりを感じる音を楽しめます。
再生・停止・巻き戻し・早送りの操作が行えるリモコンが付属します。
また、マイクも搭載していてハンズフリー通話も可能です。
イヤホン本体は高級感のあるステンレスを使用。

第9位

オーディオアワード「VGP2019」で金賞を受賞、目の前で演奏しているかのようなクリアな音質

「final E2000 FI-E2DALC」は最新の音響工学と心理学の研究成果を使用し、設計されたイヤホンです。

音域をフラットにすることでクリアな音質を表現することに成功。
高音域に少しの特色をつけることによって、臨場感のある音を楽しむことができます。

final独自のイヤーピーススウィングフィット機構はイヤーピースを左右に動かすことができ、耳穴にフィットする設計になっています。

再生・停止・巻き戻し・早送りの操作が行えるリモコンを搭載。
ハンズフリー通話も可能。

第8位

Bluetooth4.1で超高音質を実現、10㎜のダイナミック型ドライバーで迫力の重低音

「Razer Hammerhead BT」は10㎜のダイナミック型ドライバーを搭載したBluetoothイヤホンです。
大きいドライバーを搭載することで迫力のある重低音が鳴り響きます。
無線はBluetooth4.1を採用していて、Bluetooth4.0に比べて通信品質が向上しています。
その他の機能として、
・バッテリーは最大8時間の連続再生が可能
・防汗仕様
・iOSとAndoroid両方に対応したリモコン・マイクを搭載
があります。

第7位

USB Type-Cを採用したエレコムのハイレゾ対応イヤホン

「ELECOM EHP-UC100M」は接続方式にUSB Type-Cを採用したイヤホンです。
イヤホンジャックを搭載していないAndoroid端末のスマートフォンで、変換ケーブルを介さずそのまま接続できます。
また、ハイレゾ音源に対応したイヤホンになっているので、ハイレゾ音源の音楽を高音質で楽しむことができます。
9.2mmのダイナミックドライバーと高磁力のネオジムマグネットを搭載していて、迫力のある重低音と解像度の高い音を楽しめます。

第6位

NITIKAのAPPLE MFI 認証製品のハイレゾ対応イヤホン

APPLE社からMFI認証を受けたハイレゾ音源対応のイヤホンです。
ハイレゾ対応イヤホンなので高音質で臨場感のある音を楽しめます。
接続端子はLightningコネクタを採用していて、イヤホンジャックを搭載していないiPhoneやiPadに直接接続することができます。
また、マイク付きリモコンが付属していて、音量操作や曲送り、曲戻り、ハンズフリー通話だけでなく、遮音機能やマイクでのSiriの操作が可能になっています。

第5位

おしゃれなデザインが目を引く、最新のBluetooth5.0を採用した高音質イヤホン

おしゃれな色合いが特徴のBluetoothイヤホン「Senzer Q20」。
見た目がおしゃれなので女性におすすめのイヤホンです。
機能面では最新のBluetooth5.0を採用していて通信速度と通信範囲が飛躍的に向上、動画再生での音の遅延もありません。
ハイレゾ対応でHi-Fi高音質、臨場感のあるサウンドを楽しめます。
防水性能も備わっていて、防水性能を表す数値は「IPX5」。小雨程度の防水に対応しています。

第4位

最大15時間再生可能なソニーのBluetoothイヤホン

「SONY WI-C310」は最大15時間再生可能なイヤホンになっており、充電の心配をすることなく音楽を楽しむことができます。
クイック充電に対応していて10分の充電で60分の再生が可能。
外出前に充電ができていなくても、身支度をしている間に充電をすることで音楽を楽しむことができます。
イヤホンのコードにもこだわっていて、一般的なイヤホンの形状とは異なるフラットなデザインを採用。コードをフラットにすることで絡まりづらくしています。

第3位

グラフェンコート振動板を採用した、Pioneerのハイレゾ対応イヤホン

グラフェンという素材をコーティングした振動板を使用することで不要な振動を抑え、タイトでキレのある音が特徴のイヤホンです。
コンパクトでスタイリッシュなデザインで、「ビジュアルグランプリ2018 SUMMER ライフスタイル分科会」を受賞しています。
オーバーイヤーフィットスタイルといってコードを耳にかけて装着できるデザインになっています。
コードを耳にかけてイヤホンを装着することによって安定性が向上し、歩行時にイヤホンがずれない仕組みになっています。

第2位

ダイナミック型ドライバー1基とバランスド・アーマチュア型ドライバー4基を積んだハイブリッド型イヤホン

「KZ ZS10」はダイナミック型ドライバー1基とバランスド・アーマチュア型ドライバー4基を搭載しているハイブリッド型のイヤホンです。
5基のドライバーを搭載することによって、ハイレゾ音源を存分に堪能することができます。
100から200時間のエージングを施すことによって、工場出荷時の音質よりもさらに音質が向上します。
「KZ ZS10」のアップグレードケーブル(別売り)を使用することによって、音の解像度が上がりクリアな音に進化させることができます。

第1位

JVCケンウッド イヤホン HA-FX37BT

2,780円(税込)

約14時間連続再生が可能な大容量バッテリーを積んだBluetoothイヤホン

「JVCケンウッド HA-FX37BT」は約14時間の連続再生が可能な、大容量バッテリーを搭載したBluetoothイヤホンです。
長時間再生が可能なので、バッテリーの残量を気にすることなく音楽を楽しめます。
バッテリーとリモコンをネックバンド部に搭載することにより、イヤホンの重さを軽くし快適に装着できるデザインになっています。
ネオジウムマグネットを使用することによってバランスのとれた音を鳴らします。

安いイヤホン のおすすめ比較一覧表

商品画像
JVCケンウッド  イヤホン B06ZYLHMJ5 1枚目
KZ  イヤホン B07BT2YB63 1枚目
Pioneer  イヤホン B079ZSFHPV 1枚目
SONY イヤホン B07SR8KKML 1枚目
Senzer  イヤホン B07R4DJ561 1枚目
イヤホン NITIKA  B07FBGSMB7 1枚目
ELECOM  イヤホン B07CGVHTPR 1枚目
Razer Hammerhead BT B01MTX5AJR 1枚目
final  E2000 B075GDT2R9 1枚目
final  イヤホン B075G6S4RS 1枚目
商品名 JVCケンウッド イヤホン KZ イヤホン Pioneer イヤホン SONY イヤホン Senzer イヤホン イヤホン NITIKA ELECOM イヤホン Razer Hammerhead BT final E2000 final イヤホン
型番 HA-FX37BT ZS10 SE-CH3T WI-C310 Q20 AP-203-BK EHP-UC100M A3235011 FI-E2DALC FI-E3DSSC
特徴 約14時間連続再生が可能な大容量バッテリーを積んだBluetoothイヤホン ダイナミック型ドライバー1基とバランスド・アーマチュア型ドライバー4基を積んだハイブリッド型イヤホン グラフェンコート振動板を採用した、Pioneerのハイレゾ対応イヤホン 最大15時間再生可能なソニーのBluetoothイヤホン おしゃれなデザインが目を引く、最新のBluetooth5.0を採用した高音質イヤホン NITIKAのAPPLE MFI 認証製品のハイレゾ対応イヤホン USB Type-Cを採用したエレコムのハイレゾ対応イヤホン Bluetooth4.1で超高音質を実現、10㎜のダイナミック型ドライバーで迫力の重低音 オーディオアワード「VGP2019」で金賞を受賞、目の前で演奏しているかのようなクリアな音質 オーディオアワード「VGP2019」で金賞を受賞、ナチュラルな音を追及したイヤホン
価格 2,780円(税込) 3,831円(税込) 2,323円(税込) 3,300円(税込) 5,380円(税込) 2,650円(税込) 2,265円(税込) 2,455円(税込) 4,068円(税込) 4,517円(税込)
商品リンク

安いイヤホンのおすすめまとめ

いかがでしたでしょうか。
安いイヤホンでも高機能で高音質なものが多いというのがおわかりいただけかと思います。
安いイヤホンを選ぶ際のポイントは、
・用途で選ぶ
・聴く音楽のジャンルで選ぶ
・駆動方式で選ぶ
・接続方法で選ぶ
・付け心地で選ぶ
・機能で選ぶ
でしたね。
上記6つのポイントを踏まえて、自分に合ったイヤホンを購入しましょう。

記事をシェアして友達にも教えよう!

安いイヤホン
のおすすめ関連記事をもっと見る