密閉型ヘッドホンのおすすめ人気比較ランキング10選【最新2020年版】

【最新版】密閉型ヘッドホンの人気10アイテムのおすすめ比較ランキング。密閉型ヘッドホンの特徴や選び方から価格情報やスペック情報、クチコミやレビューまで徹底比較。最後に編集部おすすめの密閉型ヘッドホンをランキング形式でご紹介。
上山 雄大

イヤホンよりも迫力がある音を楽しめるので、『ヘッドホン』の購入を考えている方も多いでしょう。しかしヘッドホンは音漏れがしやすく外で使いづらいイメージがあるはず。

そこで今回は、音漏れがしづらい『密閉型ヘッドホン』の人気10アイテムを選び方と一緒に紹介します。ヘッドホンの種類や特徴が分かるようになり、音漏れを気にすることなく好きな音楽を楽しめるアイテムが見つかります。ぜひ参考にしてください。

密閉型ヘッドホンと開放型ヘッドホンの違い

密閉型 開放型 ヘッドホン 違い

密閉型ヘッドホンと開放型ヘッドホンの違いの違いは、ハウジングが密閉されているかいないかの違いです。ハウジングとはヘッドホンユニットを構成する部品です。密閉型はハウジングが金属や木材で密閉されています。一方で開放型はハウジングが密閉されておらずむき出しになっています。どちらもメリットとデメリットがあるので、どちらが優れているかは判断できません。以下それぞれの特徴について解説します。

遮音性の高い密閉型 (クローズド型)

密閉型』のヘッドホンはハウジングが密閉されているので遮音性が高く音漏れしづらい特徴があります。音は低音に強く、迫力がある重低音が特徴です。最近ではノイズキャンセリング機能がついたアイテムも発売されており、汎用性が高いです。しかし音が抜けないので音に歪みが生じてこもってしまうデメリットがあります。

音の表現力では開放型が優れているので、音質よりもポータブル機器として外出先で使いたい方や、迫力ある低音を重視する方に向いています。

音の広がりを感じられる開放型 (オープンエアー型)

開放型』のヘッドホンはハウジングが密閉されていないため、音がこもらず、クリアで音質がよい特徴があります。しかし構造上どうしても音が漏れてしまうので外出先では使いづらいです。中高音域では抜けがよく高音質を楽しめますが、低音に弱く迫力に欠けてしまうのがデメリット。屋内で高音質を楽しみたい方に向いているでしょう。

密閉型ヘッドホンのおすすめポイント

密閉型 ヘッドホン おすすめ ポイント

密閉型ヘッドホンには2つのおすすめポイントがあります。開放型ヘッドホンにはない特徴になりますので以下それぞれ解説します。

遮音性が高く、音漏れが少ない

密閉型ヘッドホンはハウジングが密閉されている特性上、遮音性に優れており、音漏れが少ないです。ヘッドホンを使っていると周囲が気になることがありますが、その心配がないので安心。外部の騒音もシャットアウトしてくれるので、より音楽への没入感を高められます。公共の場でも音楽を楽しめるのが密閉型ヘッドホンのよいところです。

低音に強い

低音に強く、重低音が特徴的なのでベースやドラムの音が強調されます。音に軽さを感じないのでバンドやEDMを聴く方にピッタリです。迫力を求める方に向いているアイテムです。

おすすめの密閉型ヘッドホンの選び方

おすすめ 密閉型 ヘッドホン 選び方

密閉型ヘッドホンは好きな音楽のジャンル、使用する場所、機能で選ぶとより音楽を楽しむことができます。以下それぞれ解説していきます。

使用する場所

室内だけでなく、屋外でも音楽を楽しみたいなら、コンパクトで収納性があるものを選ぶと便利です。折りたたむことができるヘッドホンを選べば持ち運びも楽。またワイヤレス接続ができるヘッドホンならケーブルのわずらわしさを感じることもないでしょう。

ただし密閉型のヘッドホンだからといって大音量を流すと音漏れする場合があります。公共の場で音楽を聴く際には十分注意しましょう。

用途やよく聴くジャンル

密閉型のヘッドホンはハウジングが密閉されているため、小さな音を逃さずにとらえることができます。音に集中したい方に向いています。実際に密閉型のイヤホンは録音作業などプロの現場でも使われているので、音楽の没入感を求める方にピッタリです。

ジャンルは低音に強い特徴を考慮すると、ベースやドラムの存在感が際立つロックやEDMといったジャンルが合います。好きな音楽のジャンルや再生する環境を考えて選ぶと、音楽の魅力を引き立てることができるでしょう。

接続方法

密閉型ヘッドホンは有線接続だけでなく、最近はワイヤレス接続ができるタイプも販売されています。以下接続方法について解説します。

有線接続

有線接続』はヘッドホンとオーディオ機器をケーブルで繋ぐ接続方法です。ワイヤレスと違って音の遅延がなく音質も優れています。またバッテリー残量を気にしなくてよいこともポイントです。またケーブルを交換すれば、音質調整やスマホと繋いで通話することができるモデルもあります。ただしケーブルのわずらわしさがあるので携帯する際に不便です。

ワイヤレス接続 (Bluetooth接続)

Bluetooth』でスマホやオーディオ機器と接続すればケーブルのわずらわしさを気にすることなくさまざまな利用シーンで活用できます。スポーツをしながら音楽を聴くこともできるでしょう。

有線に比べると音質が劣りますが、コーデックが高音質のモデルを選ぶと有線接続と変わらない音質を楽しむことができます。高音質を聴きたいなら『apt-x』や『LDAC』を選びましょう。

装着タイプ

ヘッドホンは装着タイプによって2種類に分けられます。オーバーイヤー型とオンイヤー型がありますが、それぞれ装着感が異なるのが特徴です。以下それぞれ解説します。

オーバーイヤー型

オーバーイヤー型』はヘッドホンで主流のタイプです。装着時に耳を覆う構造になっており、安定感があります。耳を覆う設計なので音が漏れにくく音質の面でも優秀です。しかし大型で重くオンイヤー型と比べると携帯性で劣る弱点があるので、携帯性よりも使用感を重視する方に向いています。

オンイヤー型

オンイヤー型』は耳に乗せるようにして装着します。耳を覆うためのパーツがなくコンパクトですっきりしたデザインです。携帯性に優れるのがメリット。しかし固定しないと外れやすく強く締めつける必要があるので装着感はイマイチ。音質面でもオーバーイヤー型に劣ります。持ち運びが便利なので携帯性を重視する方にピッタリの形です。

密閉型ヘッドホンのスペックの見方と単位

密閉型 ヘッドホン スペック 見方 単位

ヘッドホンのスペックは性能を決める重要な要素です。しかし専門用語が多く分かりづらいので、ヘッドホン選びの参考になるように解説します。

再生周波数帯域 (GHz)

再生周波数帯域』とはヘッドホンが再生できる音の周波数の幅です。Hzという単位で表すことができます。数値の幅が広いほど音の再現性が高く音質に優れます。商品のパッケージに表示されていることが多いので参考にするとよいでしょう。ただしパッケージに書かれている表示は目安としてとらえて実際に試聴することをおすすめします。

出力音圧レベル/能率/感度 (dB/mW)

ヘッドホンから出力される音の強さを表した数値です。単位は『dB/mW』で表します。数値が大きければ同じボリュームでもより強い音を出すことができます。

最大入力 (mW)

ヘッドホンに入力できる最も大きい電力の値です。数値が大きいほど大きい音を出すことができます。

インピーダンス (Ω)

インピーダンス』とはヘッドホンの電気抵抗値のことです。単位はΩで表します。数値が大きいほど音が小さくなりますが、その分音質がよくなりクリアな音を楽しめるようになります。

密閉型ヘッドホンの人気おすすめメーカー

密閉型 ヘッドホン 人気 おすすめ メーカー

ヘッドホン選びで迷ったら、これから紹介する人気メーカーの製品を選択肢に入れるとよりよいものを選ぶことができます。参考にしてください。

SONY (ソニー)

SONY』のヘッドホンは機能性に富んでおり、ノイズキャンセリング機能を搭載した製品が有名です。品質もよくさまざまなジャンルの音楽を楽しみたい方にピッタリのメーカーになります。

Beats (ビーツ)

Beats』のヘッドホンはシンプルでデザイン性に優れたものが多いです。ファッションにも合わせやすいので携帯して音楽を聴きたい方は選んでみてはいかがでしょうか。

SENNHEISER (ゼンハイザー)

ドイツの音響メーカーである『SENNHEISER』は、音楽制作のプロも使う高品質な製品づくりが特徴です。音の再現性が高くフラットでクリアな音質に魅力があります。

AKG (アーカーゲー)

AKG』は70年の歴史を持つオーストリアの老舗音響メーカーです。音の再現性に優れクリアな高音質が特徴的。性能のよさから長年プロに愛されてきたメーカーでもあります。

Bose (ボーズ)

Bose』はアメリカのオーディオメーカーでパワフルな音作りが特徴です。低音域から高音域までバランスのよい音質が特徴で、あらゆるジャンルの音楽と相性がよく幅広い利用シーンで活躍します。

密閉型ヘッドホン のおすすめ人気比較ランキング

第10位

SENNHEISER PXC 550-II Wireless 508337

42,420円(税込)

ノイズキャンセリング機能を搭載し仕事やプライベートでも活躍するヘッドホン

ノイズキャンセリング機能を搭載したヘッドホン。環境に応じてキャンセリング機能を最適化するのであらゆる利用シーンに適応します。周囲の音をある程度取り入れたいときに役立ちます。さらにワイヤレス対応のヘッドホンなので、携帯性に優れているのがポイント。コーデックはapt-xとAACに対応しているので、ワイヤレスでも音質の劣化を気にすることなくハイレベルな音を楽しむことができるでしょう。

第9位

気密性が高いので音漏れの心配がなく迫力ある重低音を楽しめるヘッドホン

ヘッドホンユニットから鼓膜までしっかりと気密する構造で、音漏れを気にすることなく重低音を楽しむことができます。内蔵されたアンプが低音を強調するので迫力が大幅に増しているでしょう。重低音のきいた迫力あるサウンドを楽しんでみてはいかがでしょうか。

ワイヤレスヘッドホンですが、SONYが独自に開発した「DSEE」と呼ばれる技術により、圧縮音源の音質劣化を防ぎ高音質を実現しました。軽量でヘッドクッションもやわらかいので装着感も抜群。音楽好きにはたまらないヘッドホンといえるでしょう。

第8位

Panasonic ワイヤレスステレオヘッドホン RP-HTX80B

6,060円(税込)

音の再現性を追求したPanasonicの高音質サウンドが特徴的なヘッドホン

Panasonic RP-HTX80Bはプロの音楽制作現場で使われる「ドーム型ハウジング」を搭載し高音質を実現しました。さらに新開発した40mmドライバーと「アコースティック・ベース・コントロール」によりドライバユニットの空気の流れを最適化。音を高いレベルで再現し、歪みを減らすことに成功しました。

コーデックはAACにも対応しているので非常に音質がよいです。レベルの高い音をヘッドホンで聴きたい方にピッタリの一台です。

第7位

ノイズキャンセリング機能と大口径40mmドライバー搭載で迫力ある音をじっくりと楽しむことができるヘッドホン

大型の40mmドライバーを搭載しているので力強い重低音を楽しむことができます。ノイズキャンセリング機能も搭載しているので音楽への没入感も高く集中して楽しめます。コーデックはAACに対応しているので音質も文句なし。

さらにスマホと連携してメッセージ通知を音声で知らせてくれる「Notification」に対応しているので、大事なメッセージを見逃しません。音楽に集中しすぎて大事な着信やメッセージを見逃す心配がないので安心です。

第6位

audio-technica SOLID BASS ATH-WS660BT

11,580円(税込)

携帯に便利なコンパクトボディーと40時間のバッテリー持続力で外出先で威力を発揮するヘッドホン

最大の特徴は携帯性の高さです。ポータブル性を重視しており、折りたたむことができるので持ち運びが楽です。バッテリーの持続時間もフル充電すれば40時間持たせることができます。外出先で音楽を聴きたい方にピッタリの一台です。

音質についてはコンパクトですが、大口径53mmドライバーを搭載しているため、パワフルで迫力ある重低音を再現できます。毎日の通勤時間や旅の移動中に快適に音楽を楽しむことができるでしょう。

第5位

SONY デジタルサラウンドヘッドホンシステム 密閉型 MDR-HW700DS

40,980円(税込)

映画館のような臨場感があるサラウンド音声が楽しめるヘッドホン

MDR-HW700DS』の最大の特徴は、映画館のような臨場感がある音を楽しめることです。SONY独自のバーチャルサラウンド技術である「VPT」を搭載したことにより実現しました。ヘッドホンをつけるだけでまるで映画館にいるような気分に浸れます。

HD音声フォーマットに対応しているのでブルーレイやゲーム機と接続して映画や音楽など幅広く楽しめます。コンテンツによって音にエフェクトをかけることができるので楽しさが増すでしょう。映画をよく見る方やゲームが好きな方にピッタリのヘッドホンです。

第4位

自然な音声の再現にこだわったクリアな音質が特徴のヘッドホン

自然で繊細な音質が特徴のヘッドホンです。「メタルエンクロージャー」と呼ばれるシステムを搭載することにより安定的でクリアなサウンドを実現しました。また40mmフリーエッジ・カーボンペーパードライバーを搭載し低域から高域まで幅広く音を再現することが可能です。

自然でフラットな音が好きな方やクラシック音楽が趣味の方にピッタリのヘッドホンといえるでしょう。

第3位

SONY h.ear on 3 Wireless NC WH-H910N

28,798円(税込)

軽量で携帯性がありながらもしっかり高音質でハイレゾ音質が楽しめるヘッドホン

コンパクトで軽量ですが、ハイレゾ音質を実現するための25mm高精細ドライバーを搭載し圧倒的な高音質を実現しています。無線接続でもコーデックがAACやLDACに対応しています。「DSEE HX」と呼ばれる圧縮音源をアップスケーリングする技術でハイレゾ級の音質をワイヤレスでも楽しめるようになりました。

さらに機能性にも優れ、アプリを使えば自分が好きな音にカスタムすることができます。ノイズキャンセリング機能も備わるので、より音楽に集中して楽しめます。音質と機能性を両立した優れたヘッドホンといえるでしょう。

第2位

SENNHEISER MOMENTUM Wireless M3AEBTXL 508234

47,599円(税込)

数々の受賞歴を誇るSENNHEISERのMOMENTUMシリーズの最新モデルで圧倒的な音質を実現

オーディオビジュアルアワードなど数々の賞を受賞してきたMOMENTUMシリーズの最新モデルです。受賞歴が示すように抜群の音質を誇り、音楽のプロの方々にも愛用されてきました。新たに開発した42mmドライバーを搭載し、前モデルからさらに進化。機能面でもノイズキャンセリング機能を搭載しあらゆる利用シーンで活躍します。ワイヤレスであり携帯性にも優れ、コーデックは高音質apt-xに対応。欠点が見当たらないほど優れた一台です。

第1位

SONY ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン WH-1000XM3

35,474円(税込)

高性能ノイズキャンセリング機能と音質カスタマイズ機能で音楽ライフが楽しくなるヘッドホン

SONY 1000X WH-1000XM3の最大の特徴は、外音取り込み機能つきノイズキャンセリング機能と、音質カスタマイズ機能です。ノイズキャンセリング機能は周囲の環境にあわせて機能を最適化。外音取り込み機能もついているので、周囲の音も聴き逃しません。さらに音質のカスタマイズは「VPT」やイコライザー機能により、自由にコンテンツにあった音に変更可能。

音質はワイヤレスでも圧縮音源をアップスケーリングする「DSEE HX」でハイレゾ並みの音が楽しめます。ヘッドホンに必要な機能を取り揃えた理想的な一台といえるでしょう。

密閉型ヘッドホン のおすすめ比較一覧表

商品画像
SONY ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン B07GZ8DZC8 1枚目
SENNHEISER	 MOMENTUM Wireless M3AEBTXL B07W5PQ3V9 1枚目
SONY h.ear on 3 Wireless NC B07YYFJD14 1枚目
THERMOS VECLOS  B07GCZNDL6 1枚目
SONY デジタルサラウンドヘッドホンシステム 密閉型 B00FJISYZQ 1枚目
audio-technica SOLID BASS B0765WDQGW 1枚目
Pioneer SCENE STYLE B07ZHRL9SP 1枚目
Panasonic ワイヤレスステレオヘッドホン B076WN9H9T 1枚目
SONY EXTRA BASS B07XF6N6L5 1枚目
SENNHEISER PXC 550-II Wireless B07XYLPPSL 1枚目
商品名 SONY ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン SENNHEISER MOMENTUM Wireless M3AEBTXL SONY h.ear on 3 Wireless NC THERMOS VECLOS SONY デジタルサラウンドヘッドホンシステム 密閉型 audio-technica SOLID BASS Pioneer SCENE STYLE Panasonic ワイヤレスステレオヘッドホン SONY EXTRA BASS SENNHEISER PXC 550-II Wireless
型番 WH-1000XM3 508234 WH-H910N HPT-700 MDR-HW700DS ATH-WS660BT SE-S6BN RP-HTX80B WH-XB900N 508337
特徴 高性能ノイズキャンセリング機能と音質カスタマイズ機能で音楽ライフが楽しくなるヘッドホン 数々の受賞歴を誇るSENNHEISERのMOMENTUMシリーズの最新モデルで圧倒的な音質を実現 軽量で携帯性がありながらもしっかり高音質でハイレゾ音質が楽しめるヘッドホン 自然な音声の再現にこだわったクリアな音質が特徴のヘッドホン 映画館のような臨場感があるサラウンド音声が楽しめるヘッドホン 携帯に便利なコンパクトボディーと40時間のバッテリー持続力で外出先で威力を発揮するヘッドホン ノイズキャンセリング機能と大口径40mmドライバー搭載で迫力ある音をじっくりと楽しむことができるヘッドホン 音の再現性を追求したPanasonicの高音質サウンドが特徴的なヘッドホン 気密性が高いので音漏れの心配がなく迫力ある重低音を楽しめるヘッドホン ノイズキャンセリング機能を搭載し仕事やプライベートでも活躍するヘッドホン
価格 35,474円(税込) 47,599円(税込) 28,798円(税込) 27,000円(税込) 40,980円(税込) 11,580円(税込) 9,898円(税込) 6,060円(税込) 24,669円(税込) 42,420円(税込)
商品リンク

密閉型ヘッドホンのおすすめまとめ

音漏れが気になる『ヘッドホン』でも、『密閉型』を選べば周囲を気にせずに音楽を楽しむことができます。通勤や通学でも気軽に高音質が聴ける優れたアイテムです。ヘッドホンが気になる方は密閉型を選ぶとよいでしょう。

今回の記事で紹介した密閉型ヘッドホンの選び方やおすすめを参考にして、自分に合ったアイテムを選んでみてはいかがでしょうか。

記事をシェアして友達にも教えよう!

密閉型ヘッドホン
のおすすめ関連記事をもっと見る