お得な安いテレビスピーカーのおすすめ人気比較ランキング10選【最新2019年版】

【最新版】安いテレビスピーカーの人気10アイテムのおすすめ人気ランキング。安いテレビスピーカーの特徴や選び方から価格情報やスペック情報、クチコミやレビューまで掲載。最後に編集部おすすめの安いテレビスピーカーをランキング形式でご紹介。
おすすめStartHome編集部

大画面で臨場感のあるスポーツや映画、ライブ映像などを楽しむ場合には、テレビに付随しているスピーカーではなく、まさにその場にいるかのように大迫力のサウンドで楽しみたいものです。そんな方々が比較的手軽に映像を楽しむためには、『テレビスピーカー』を導入するのがおすすめです。

スペースに余裕がなかったとしても面倒な作業がなく設置でき、シンプルなデザインで空間に馴染むためどんな部屋であったとしても導入が可能です。どのような特徴があるのか確認していきましょう。

テレビスピーカーとは

「テレビスピーカー」は、「サウンドバー」とも呼ばれ、なじみのあるものです。『』にこだわりがある人であれば、リビングの大きなテレビと一緒にサウンドバーを設置している人がほとんどです。テレビ単体でも十分なサウンドが表現されています。ここ10年ほどでテレビは薄さを重視していますが、それでサウンドに立体感がないと感じる人がいるのも事実です。

サウンドバーはテレビとの組み合わせで立体感ある音を実現するために必要なもので、『ワンボディ型』と『2ユニット型』に分けられます。どちらもテレビだけでは出せないサウンドが魅力的です。

ホームシアターシステム何が違うのか

販売店の売り場には、サウンドバーと共にホームシアターシステムが販売されていることがあります。しかしホームシアターシステムとサウンドバーは別目的なので、注意が必要です。

ホームシアターシステムは映画館を再現するために、画面の横だけでなく座っている場所の側方や後方、場合によっては天井にもスピーカーを設置する必要があります。

座る位置を設定してスピーカーの配置を決めていくので、最適なサウンドを楽しめる範囲が限られてしまいます。一方でサウンドバーはシンプルに設置できるため、気軽に導入できるでしょう。

おすすめのテレビスピーカーの種類

2.0chタイプ

テレビスピーカーはチャンネル数で見分けますが、『2.0ch』はテレビの左右に1台ずつのスピーカーを配置することで、ステレオスピーカーとも呼ばれています。コスト重視でシンプルな構成にしたい方におすすめです。

3.1chタイプ

3.1ch』は2.1chにセンタースピーカーが追加された構成で、更に小数点以下の数字は『サブウーファー』の個数を表しています。設置場所を気にせずに本格的なサウンドを楽しむためには、この構成がもっともシンプルにできる手段です。

5.1ch以上タイプ

推測通り、『5.1ch』システムは複数のスピーカーが組み合わされており、まるでホームシアターシステムのようです。映画館のようなサウンドを楽しめますが、配置が難しく面倒で場所も取ってしまうので、こだわりが強い方におすすめです。

おすすめのテレビスピーカーの選び方

サイズで選ぶ

サウンドバーの形状はその多くが横置きの『棒状』になっており、テレビの前に設置します。これは好みによりますが、テレビの横幅とサウンドバーの大小関係がどちらが長い方が良いのか、確認して選択することをおすすめします。

それ以外にもテレビの両側に設置するタイプであれば、適切なスペースが必要になりますので、量販店などで実物を見る前にどの程度のサイズであれば、スペースに収まるのかをきちんと確認してから選びにいきましょう。

求めている機能があるかどうか確認する

サウンドバーはただテレビと線で接続して音を出すだけではなく、種類によってはさまざまな機能を搭載しています。特に重視したいのが、ワイヤレス通信ができるかどうかです。

昔ながらの線でつながっている方が良いと感じる方もいると思いますが、『Wi-Fi』や『Bluetooth』との接続機能を搭載していれば、テレビとの接続だけでなくパソコンやスマートフォンとの接続も容易にできます。

対応フォーマットによって使い方が変わる

サウンドバーを選ぶ際には、対応している音楽の形式である『フォーマット』が何かを確認しましょう。見落としがちですが手元にあるものと合わない場合には、最悪の場合再生できなくなってしまいますので注意しましょう。

ARC対応

つい忘れがちなサウンドバーの電源OFFも、『ARC対応』さえされていれば気にする必要がありません。面倒だったテレビとサウンドバーの両方の電源を押したり、音量をコントロールする必要が無くなります。テレビとサウンドバーがHDMIケーブルで接続されていれば、電源のオン・オフや音量の調整が連動して行われるため、非常に便利です。

ここ最近で発売されているものにはほとんど搭載されていますが、安い型落ちを狙う際には注意が必要です。

4Kパススルー

HDMI端子にも細かな機能の違いがあるのはご存知でしょうか。たとえばハードディスクドライブに保存してある映像をサウンドバー経由でテレビに映す場合、『4Kパススルー』の機能がついているHDMIでないと、本来の美しい画像を届けることができなくなってしまいます。

最近はストリーミング配信サービスが一般的になっているため、サウンドバーを介して接続することもないかもしれませんが、良い音質を楽しみたい場合には必須の機能です。

おすすめのテレビスピーカーメーカー

YAMAHA (ヤマハ)

音楽教室で有名な『YAMAHA』ですが、業務用のスピーカーも手掛けているためサウンドバーなどの音にこだわった製品開発は得意です。音を後ろに回り込ませるビーム状の音が特徴で立体的な音響システムをシンプルな構成で実現しています。

SONY (ソニー)

ウォークマンなどが人気になった『SONY』は、音響機器メーカーとしてもかなり認知度が高いです。それをサウンドバーに活用することで、通信の前後で音質の劣化を防ぐような技術が搭載されているため、特に無線で接続する場合に強みがあります。

BOSE (ボウズ)

高級スピーカーといえば『BOSE』です。少し高級な車でもBOSEサウンドシステムが、有料のオプション設定として使われるほどのブランド力があります。音質が良く厚みがある音が空間全体に広がっていくため、ファンがとても多いです。

JBL

あまり聞きなれない人もいるかもしれませんが、アメリカのメーカーである『JBL』はさまざまなサイズ・用途の高品質な製品を生み出し続けており、世界中にファンがいます。大音量や迫力ある音を楽しみたい場合にはおすすめです。

安いテレビスピーカー のおすすめ人気比較ランキング

第10位

YAMAHA (ヤマハ) サブウーファー A-YSTII方式 ブラック YST-FSW050(B)

9,360円(税込)

すっきりした独自性のあるデザインとYAMAHA独自の低温が魅力

YAMAHAから発売されているサブウーファーで、テレビラックにすっきり収まる省スペースで独自性のあるデザインが特徴的です。YAMAHA独自のA-YST Ⅱ方式と呼ばれる低音再生技術によって魅力的な重低音のサウンドをもたらしてくれます。自宅のテレビとも難しい操作は必要なく接続でき、デジタル・サウンド・プロジェクターのシリーズ製品と一緒に使用すれば、電源を連動させることも可能なため、つい消し忘れてつけっぱなしになってしまっていたという心配もありません。

サイズ 350×163×350mm
重さ 8.5kg
消費電力 25W
低格出力 50W
再生周波数帯域 30~200Hz
入力端子 RCAピンジャック
第9位

YAMAHA (ヤマハ) フロア型スピーカー NS-F210 ブラック NS-F210(B)

7,500円(税込)

薄型大画面システムにマッチするコンパクトなフロアスピーカー

YAMAHAからはさまざまな音響機器が発売されていますが、フロア型のスピーカーも人気を集めています。最新の薄型大画面テレビと組み合わせても見劣りしないモダンでシンプルなデザインながらも省スペース性も高いため、設置場所を選びません。
新開発のアルミコーン型ウーファーによって実現される中低音域のサウンドは魅力的で、さまざまな工夫を施して性能の向上を図っています。単体でももちろん魅力的ですが、5.1chホームシアターシステムとして使用すれば、その性能をもっとも発揮できます。

サイズ 236×1050×236mm
重さ 7.3kg
消費電力 -
低格出力 120W
再生周波数帯域 50Hz~100kHz
入力端子 バナナプラグ対応ネジ式
第8位

YAMAHA (ヤマハ) サブウーファー A-YSTII方式 ブラック YST-FSW150(B) (1台)

12,900円(税込)

低音再生技術によりクリアで上質な重低音を楽しめるサブウーファー

ファンの多いYAMAHAの製品は、その期待に高性能な製品をラインナップし続けることで応えています。シンプルでスタイリッシュな独自性のあるデザインは、こだわりの空間にマッチし、雰囲気を作りあげることにも一役買ってくれます。また、低音再生技術はクリアで上質なサウンドを生み出し、映画やライブ映像、クラシックなどさまざまなコンテンツの魅了を最大限引き出してくれる点が魅力です。
ユーザーからの口コミ評価も高く、安心して購入したいなら選択肢の1つになる製品でしょう。

サイズ 435×151×350mm
重さ 9.4kg
消費電力 45W
低格出力 75W
再生周波数帯域 35~160Hz
入力端子 RCAピンジャック
第7位

ONKYO (オンキョー) SKH-410 Dolby Atmosイネーブルドスピーカー (2台1組) ブラック SKH-410(B)

8,942円(税込)

天井からの反射を利用するイネーブルドスピーカー

ONKYOから発売されているのは2台1組で用いるイネーブルドスピーカーです。Dollby社既定の特殊なフィルターを内蔵しており、天井からの音を反射して利用することで、2台のスピーカーながらより多角的で立体的なサウンドを楽しめます。
フロアスタンディング型のスピーカーと組み合わせることで、テレビボードや床に置くときに比べると音を遠くまで飛ばせます。
他のスピーカーと組み合わせることでより迫力のあるサウンドを楽しめますので、検討してみることをおすすめします。

サイズ 120×155×153mm
重さ 2.4kg
消費電力 -
低格出力 100W
再生周波数帯域 90Hz~20kHz
入力端子 プッシュ式ターミナル
第6位

ONKYO (オンキョー) 5.1chシアターシステム/Dolby Atmos対応/DTS:X対応/4K対応/ブラック HT-S3910(B)

65,657円(税込)

これだけで臨場感を再現できるホームシアターシステム

ONKYOからは、複数のスピーカーを組み合わせた5.1chのホームシアターシステムが発売されています。Dolby AtmosやDTS:Xに対応しているため圧倒的な臨場感を楽しむことができ、新バーチャルサウンドテクノロジーにも対応しているのは魅力的ですね。
個別でスピーカーを集めて、自分でホームシアターシステムを導入するのも楽しいですが、どうしても専門知識が必要です。しかしホームシアターシステムであれば適切な製品がセットになっていますので、初心者であっても楽しめます。

サイズ 670 x 460 x 450mm
重さ 18.5kg
消費電力 -
低格出力 155W
再生周波数帯域 -
入力端子 Zone Bライン端子
第5位

SONY (ソニー) 2ウェイ・スピーカーシステム SS-CS8

8,339円(税込)

サウンドで情熱を表現する2ウェイスピーカーシステム

ウォークマンで有名なSONYからは特徴的な2ウェイ・スピーカーシステムが発売されています。アンプから入力されたサウンドを余すことなく表現するのはもちろんですが、込められた情熱までも再現するかのようなスピーカーシステムです。
25mmソフトドームトゥイーターやMRC素材を採用した100mmのウーファーユニットなど厳選したデバイスを採用することで、クリアで素直な癖のないサウンドを表現できるのが、このシステムの最大の魅力といえます。

サイズ 220 x 430 x 146 mm
重さ 5.8kg
消費電力 -
低格出力 -
再生周波数帯域 -
入力端子 Yプラグ、バナナプラグ
第4位

DENON (デノン) イネーブルドスピーカー Dolby Atmos対応 (1台) ブラック SC-EN10-BK

9,449円(税込)

天井に埋め込まれたかのような立体的なサウンドを実現

さまざまな音響製品を発売しているDENONからはDolby Atmos対応のイナーブルドスピーカーが発売されています。DTS:Xにも対応しており、天井に音を反射させることで、まるで天井に埋め込まれたスピーカーから音が響いてくるかのようなサウンドを楽しむことができます。
デザインはシンプルなブラックながらも、真四角ではない形状で、フロアスタンドスピーカーの上に設置することで、5.1chホームシアターシステムを構築できるため、予算に余裕がある方は組み合わせてみるのがおすすめです。

サイズ 110 × 154 × 130 mm
重さ 1.0 kg
消費電力 -
低格出力 80 W
再生周波数帯域 100 Hz〜20 kHz
入力端子 JEITA、PEAK
第3位

LED内蔵で重低音を楽しむことができるサウンドバー

Osunlinから発売されているサウンドバーは、左右に7色に光るLEDが搭載されており、サウンドだけでなく光でも楽しませてくれます。臨場感あふれる重低音はダブルドライバーユニットで実現されており、多くのデバイスとの接続が可能なのが魅力的です。テレビだけでなく、パソコンやスマホ、PS4などのゲームとも接続可能です。
ボディは真っ黒で比較的短めなので、薄型テレビの下に置いて組み合わせてもバランスは悪くなくスタイリッシュでモダンな雰囲気を作り出してくれます。

サイズ 670 x 460 x 450 mm
重さ 0.78 kg
消費電力 -
低格出力 -
再生周波数帯域 -
入力端子 -
第2位

SWEE スピーカースイッチャー セレクタボックス

2,778円(税込)

1入力2出力のメタル構造スピーカースイッチャー

複数のスピーカーシステムを接続し、状況に応じて切り替えながら使用したい場合には、SWEEのスピーカースイッチャーを利用するのがおすすめです。1入力2出力になっていますので、2つのスピーカーに接続できます。
コンパクトで完全密閉型のメタル構造のケースは他からの干渉に強く、素晴らしいサウンドを実現する邪魔をしません。デザインもシンプルなので、設置する場所を選ばず、さまざまなシーンで利用できるためコストパフォーマンスの高い製品です。

サイズ 148 x 128 x 51 mm
重さ 0.44kg
消費電力 220W
低格出力 -
再生周波数帯域 -
入力端子 -
第1位

BOSE (ボーズ) Companion 2 Series III multimedia speaker system PCスピーカー

11,439円(税込)

音響システムの王道BOSEのPCスピーカー

高級音響システムの王道ブランドといえばBOSEです。高級外車に装備されていたり、国産車でもオプション装備として採用されたりとブランドを確立していますが、PCスピーカーも発売しています。
クリアでハイクオリティなサウンドをたった2つのスピーカーで実現し、ヘッドホンも接続可能です。シンプルなデザインでコンパクトなため、机の上にパソコンと一緒においても邪魔になることはなく、スペースが大きくなくても満足度の高いサウンドを満喫できます。

サイズ -
重さ -
消費電力 -
低格出力 -
再生周波数帯域 -
入力端子 -

安いテレビスピーカー のおすすめ比較一覧表

商品画像
BOSE (ボーズ) Companion 2 Series III multimedia speaker system PCスピーカー B00DCGC8BS 1枚目
SWEE スピーカースイッチャー セレクタボックス B07SLJK417 1枚目
Osunlin PCスピーカー B07Q1BRBB9 1枚目
DENON (デノン) イネーブルドスピーカー Dolby Atmos対応 (1台) ブラック SC-EN10-BK B01M10QGYF 1枚目
SONY (ソニー) 2ウェイ・スピーカーシステム SS-CS8 B00JJ95Y6S 1枚目
ONKYO (オンキョー) 5.1chシアターシステム/Dolby Atmos対応/DTS:X対応/4K対応/ブラック HT-S3910(B) B07QCB36BF 1枚目
ONKYO (オンキョー) SKH-410 Dolby Atmosイネーブルドスピーカー (2台1組) ブラック SKH-410(B) B00NN4C5K8 1枚目
YAMAHA (ヤマハ) サブウーファー A-YSTII方式 ブラック YST-FSW150(B) (1台) B000WAX5CI 1枚目
YAMAHA (ヤマハ) フロア型スピーカー NS-F210 ブラック NS-F210(B) B001GQGXW6 1枚目
YAMAHA (ヤマハ) サブウーファー A-YSTII方式 ブラック YST-FSW050(B) B000VEPE10 1枚目
商品名 BOSE (ボーズ) Companion 2 Series III multimedia speaker system PCスピーカー SWEE スピーカースイッチャー セレクタボックス Osunlin PCスピーカー DENON (デノン) イネーブルドスピーカー Dolby Atmos対応 (1台) ブラック SC-EN10-BK SONY (ソニー) 2ウェイ・スピーカーシステム SS-CS8 ONKYO (オンキョー) 5.1chシアターシステム/Dolby Atmos対応/DTS:X対応/4K対応/ブラック HT-S3910(B) ONKYO (オンキョー) SKH-410 Dolby Atmosイネーブルドスピーカー (2台1組) ブラック SKH-410(B) YAMAHA (ヤマハ) サブウーファー A-YSTII方式 ブラック YST-FSW150(B) (1台) YAMAHA (ヤマハ) フロア型スピーカー NS-F210 ブラック NS-F210(B) YAMAHA (ヤマハ) サブウーファー A-YSTII方式 ブラック YST-FSW050(B)
特徴 音響システムの王道BOSEのPCスピーカー 1入力2出力のメタル構造スピーカースイッチャー LED内蔵で重低音を楽しむことができるサウンドバー 天井に埋め込まれたかのような立体的なサウンドを実現 サウンドで情熱を表現する2ウェイスピーカーシステム これだけで臨場感を再現できるホームシアターシステム 天井からの反射を利用するイネーブルドスピーカー 低音再生技術によりクリアで上質な重低音を楽しめるサブウーファー 薄型大画面システムにマッチするコンパクトなフロアスピーカー すっきりした独自性のあるデザインとYAMAHA独自の低温が魅力
価格 11,439円(税込) 2,778円(税込) 3,500円(税込) 9,449円(税込) 8,339円(税込) 65,657円(税込) 8,942円(税込) 12,900円(税込) 7,500円(税込) 9,360円(税込)
サイズ - 148 x 128 x 51 mm 670 x 460 x 450 mm 110 × 154 × 130 mm 220 x 430 x 146 mm 670 x 460 x 450mm 120×155×153mm 435×151×350mm 236×1050×236mm 350×163×350mm
重さ - 0.44kg 0.78 kg 1.0 kg 5.8kg 18.5kg 2.4kg 9.4kg 7.3kg 8.5kg
消費電力 - 220W - - - - - 45W - 25W
低格出力 - - - 80 W - 155W 100W 75W 120W 50W
再生周波数帯域 - - - 100 Hz〜20 kHz - - 90Hz~20kHz 35~160Hz 50Hz~100kHz 30~200Hz
入力端子 - - - JEITA、PEAK Yプラグ、バナナプラグ Zone Bライン端子 プッシュ式ターミナル RCAピンジャック バナナプラグ対応ネジ式 RCAピンジャック
商品リンク

おすすめのテレビスピーカーと他の端末の接続方法

スマホ、パソコンと接続する場合

サウンドバーはテレビだけでなくさまざまな機器と接続し、サウンドを楽しめます。例えば普段通勤の際に聞いているスマートフォンに保存した音源も、サウンドバーを使って聞くと違った楽しみ方ができます。

スマートフォンやパソコンをサウンドバーに接続するためには、Wi-FiやBluetooth機能が接続したイ両方の機器に搭載されている必要があり、サウンドバーは購入する際に機能がついているのかどうか確認が必要です。

PS4に接続する場合

PS4で美しい映像のテレビゲームを高音質で楽しみたい場合には、テレビとサウンドバーとPS4を接続する必要があります。その際にはHDMIケーブルを使いますが、注意が必要です。

PS4からHDMIで接続するのはサウンドバーで、サウンドバーからテレビに出力するようにしましょう。映像出力先のテレビに直接接続したくなりますが、サウンドバーも映像を送ることはできますし、間にテレビを介してしまうと低音質になってしまう可能性があります。

テレビスピーカーを設置するのに効果的な場所

テレビボードの上

サウンドバーを設置する際には、サウンドをもっとも効果的に楽しめる場所を選択する必要があります。もっともシンプルで選択しやすいのがテレビが置いてあるテレビボードの上で、テレビの前あたりです。レイアウト的にも違和感がありませんし、正面から聞けるのでサウンドバーの効果を最大限に発揮できます。

テレビの横幅とサウンドバーの横幅のバランスは、人によって好みが変わりますので注意しましょう。多くの場合には、テレビの横幅よりも短いものを選ぶのがおすすめです。

壁につるす

テレビ自体が壁掛けタイプでサウンドバーを設置するテレビボードがない場合には、テレビと同様にサウンドバーも壁掛けにすることで、臨場感のあるサウンドが楽しめます。すべての機種が壁掛けに対応しているわけではありませんので、購入する際には壁掛け対応かどうか注意しましょう。

一般的にはテレビの下に設置しますが、場合によってはテレビの上側に設置することも可能です。デザインや音の広がりを考慮しながら、どちらが合っているのか検討するのがおすすめです。

おすすめの安いテレビスピーカーまとめ

スピーカーはさまざまな種類がありますので、用途に合わせた製品を選択することが必要不可欠です。

パッと目についたときのデザインも重要ですが、それだけではなく特に接続端子や設置場所、搭載している機能に関しては十分に注意して選択することをおすすめします。

たくさんのモデルから一つに絞るのが難しいという方はぜひ今回のランキングなども参考に、自分にぴったりの商品を選んでみてください。

記事をシェアして友達にも教えよう!

安いテレビスピーカー
のおすすめ関連記事をもっと見る