電気毛布のおすすめ厳選人気ランキング7選

【最新版】電気毛布の厳選7アイテムのおすすめ人気ランキング。電気毛布の特徴や選び方から価格情報やスペック情報、クチコミやレビューまで掲載。最後に編集部おすすめの電気毛布をランキング形式でご紹介。
onishiyuki

お布団が冷たくなる季節に、身体の冷え対策で活躍する『電気毛布』。ひざ掛け用・敷く用・掛け敷き両用の3種類があり、ダニ退治・タイマー機能・電磁波カットなど機能もさまざまです。

今回はそんな電気毛布の特徴、選ぶときのポイントについて解説していきます。厳選したおすすめ商品もランキング形式でご紹介していきますので、購入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

電気毛布とは

電気毛布』とは、電熱を発生させて温かくなる仕組みの毛布です。お布団に電気毛布を挟んで温めたり、膝に掛けて身体を温めたりして使います。

最近ではUSB接続のタイプも販売され、オフィスでの冷え対策にも使われるようになりました。そんな電気毛布の電気代や、お手入れ方法を見ていきましょう。

電気毛布は暖房費を節約できるアイテム

電気毛布 おすすめ 節約

他の暖房機器と比べ、電気毛布は暖房費を節約できるアイテムです。温度調節の強弱によって変化しますが、1時間電気毛布を使用してかかる電気代は0.5円〜2円ほど。

1日8時間使ったとしても、1ヶ月の電気代は120〜480円程度で済むでしょう。灯油やガスの暖房費と比べると、コストパフォーマンスは高いです。眠るときはストーブを消して電気毛布を使うと、暖房費を大幅に節約できます。

丸洗いできる電気毛布が多い

電気毛布 おすすめ 丸洗い

丸洗いできる電気毛布が多いので、お手入れも簡単です。コントローラーを外してネットに入れ、毛布洗いモードで洗いましょう。

丸洗いできるかは商品タグや取り扱い説明書に記載されていますので、よく確認してください。また叩きつけるようにして洗うドラム式洗濯機では洗濯できない商品が多いので注意しましょう。

おすすめの電気毛布を選び方

用途に応じて選ぶ

温まり方で電気毛布の種類を選びましょう。ここではシングルのベッドやお布団で温まるタイプ、ダブルベッドを温めるか体に掛けるタイプ、座っているときやキャンプで使うタイプ、の大きく3つのタイプに分けて説明していきます。

シングルベッドなら敷き毛布がおすすめ

電気毛布 おすすめ 敷き

シングルのベッドやお布団で温まるなら、『敷き毛布』がおすすめです。敷き毛布の幅はシングルサイズに適した80cmが多いのですが、掛け敷き両用の電気毛布だと大きめな商品が多く、シングルベッドやお布団からはみ出てしまいます。

またシングルサイズの電気毛布は敷くタイプが多く、他のタイプよりデザインが豊富です。シングルサイズの電気毛布は敷き毛布タイプの商品を選ぶといいでしょう。

ダブルベッドなら掛け敷き両用がおすすめ

電気毛布 おすすめ 掛け敷き

ダブルベッドを温めるか、体に掛けて電気毛布を使用したい場合は『掛け敷き両用』がおすすめです。

掛け敷き両用のタイプは大きめに作られているので、ダブルベッドも全体的に温められます。敷く専用の電気毛布はシングルサイズが多いのでダブルベッドのサイズを探すのは一苦労ですが、掛け敷き両用であれば種類も豊富です。大きめのサイズの商品が欲しいときは掛け敷き両用から選ぶことをおすすめします。

外で使うときはひざ掛けタイプ

電気毛布 おすすめ キャンプ

キャンプなど座っているときに温まりたいならば、『ひざ掛けタイプ』が便利。掛け敷き両用は大きすぎて、使いにくいです。また外に持ち出すものは、デザインも重視したいもの。

ひざ掛けタイプはフリンジが付いていたり、柄があったりして豊富なデザインから好みの商品を選べます。USB接続でパソコンやモバイルバッテリーと繋げて使える電気毛布もあるので、座るときに使うのはひざ掛けタイプがおすすめです。

サイズで選ぶ

電気毛布を使うところによって適したサイズを選びましょう。お布団やダブルベッドなどは大きさが決まっているので、頭に入れておくと役に立ちます。

布団で使うなら横幅80cmがおすすめ

電気毛布 おすすめ 身長

お布団で使うなら、電気毛布の横幅は80cm前後で長さは身長に合わせて選びましょう。敷く専用であれば、横幅は80cmの商品が多数。

長さは130〜190cmまで展開されています。電気毛布の中にある電熱線が毛布の端まではないので、長さが足りないと足が温められないこともあります。

体に掛けるなら横幅130cm以上がおすすめ

電気毛布 おすすめ 横幅

ダブルベッドで使ったり肩から掛けて使ったりする場合は、横幅130cm以上の電気毛布が便利でしょう。ダブルベッドは横幅140cmのサイズで作られているため、130cm以上幅があるとベッドの端まで温かいです。

横幅が130cm以上ある電気毛布は、長さが180〜190cmの商品が多いため、体に掛けるにしても130cmほどあれば、体全体を覆うことができて十分に温められます。

ひざ掛け用なら横幅70cm以下がおすすめ

電気毛布 おすすめ 小さい

座って膝から電気毛布を掛けて使うときは、できるだけ小さめのサイズがよいでしょう。大きいサイズになるほど重くなり、持ち運びのことを考えても不便です。

70cm×100cmほどのサイズであれば足元を十分に温められて、肩にも掛けられます。ボタンなどで両端を留められるタイプも便利です。ひざ掛け用では、できるだけコンパクトなサイズの商品を選びましょう。

お手入れの仕方で選ぶ

自分ができるお手入れの仕方で電気毛布を選びましょう。洗濯機のみOK・手洗いのみOK・水洗いはNGなど、電気毛布によってお手入れ方法が違います。電気毛布を清潔に保てるように、お手入れ方法は要チェックです。

洗濯機で丸洗いできる電気毛布

電気毛布 おすすめ 洗濯機

楽にお手入れしたい人は洗濯機で丸洗いできる電気毛布を選ぶのがおすすめです。簡単にコントローラーが取れるようになっているので、コントローラーを外しネットに入れてお洗濯します。洗濯機に入れて干すだけと、お洋服と同じ簡単なお手入れ方法です。

手洗いOKの電気毛布

電気毛布 おすすめ 手洗いOK

電気毛布の電熱線によって洗濯機が壊れないか不安な人には、手洗いができるタイプをおすすめします。浴槽にぬるま湯を貯めて洗剤を入れ、30分ほど浸け置きしてから洗いましょう。手で押したり揉んだりするのもいいですが、足で踏みながら洗うと洗濯が少し楽です。最後にシャワーでしっかりとすすいでから干しましょう。

洗濯機・手洗いがNGの電気毛布

電気毛布 おすすめ たたきぶき

洗濯機や手洗いがダメな電気毛布の場合は、汚れが気になったときだけたたきぶきしましょう。水で薄めた洗剤をタオルなどの布に染み込ませ、固く絞ってから電気毛布をたたきます。その後綺麗なぬるま湯を染み込ませて、固く絞った布で電気毛布をたたき、陰干ししたらお手入れは終わりです。なかなか大変な作業なので、掃除やお手入れをいとわない人に向いています。

素材で選ぶ

電気毛布の素材はお値段と肌触りのどちらかに注目して選ぶことが多いです。

アクリル・ポリエステル

電気毛布 おすすめ リーズナブル

お値段を重視するなら『アクリル』・『ポリエステル素材』など、化学繊維の電気毛布を選ぶことが多いでしょう。化学繊維の素材であれば、3,000円ほどから販売されています。

またアクリルやポリエステル素材は特別汚れない限りダニが寄ってきにくい素材のため、ダニが心配な人も化学繊維の電気毛布を選ぶと安心です。

綿・フランネル

電気毛布 おすすめ 肌触り

肌触り重視の人には『綿』や『フランネル素材』の電気毛布がおすすめです。天然繊維で肌にも優しく、チクチクすることがありません。

8,000円以上の商品が多く、中には数万円する電気毛布もあり、お値段は化学繊維の電気毛布と比べると倍以上になります。しかし安心感のあるやわらかい電気毛布を探している人や、肌の弱い人には天然繊維の電気毛布がおすすめです。

付属機能で選ぶ

欲しい機能で選ぶのもおすすめです。電気毛布によって搭載されている機能はさまざまで、最新だと遠隔操作ができるものもあります。機能性も電気毛布を選ぶときによく見てみましょう。

温度調節機能

電気毛布 おすすめ 温度調節

最低限欲しい機能は、『温度調節機能』でしょう。暑くなったら電源を切り、寒くなったら電源を入れなおす必要があれば面倒です。

温度調節機能があれば、その日の室温や自分の体調に合わせて温度が変えられておすすめです。さらに室温センサーのある電気毛布は、室温に合わせて自動的に調節してくれます。

オン・オフタイマー機能

電気毛布 おすすめ タイマー

電気毛布に『オン・オフタイマー機能』があると便利に使えます。オンタイマーは朝冷える時間にセットすると温かい状態で起きることができ、オフタイマーは眠りにつく頃にセットすると自動的に電源が切れるため便利です。

寒くて起きることや、付けっぱなしで寝て電気代がかかることを予防できます。

電磁波カット機能

電気毛布 おすすめ 電磁波カット

電磁波カット機能』があると、子どもや妊婦さんが使っても安心です。

WHOによると電磁波が及ぼす小児白血病などの健康リスクについて、強い証拠はないとしていますが電気毛布は長時間の接触が考えられるので、念のため電磁波カットの機能があるとベターです。電磁波カットがなくて心配なときは、電気毛布に直に触れずタオルケットなどを挟むとよいでしょう。

ダニ退治機能

電気毛布 おすすめ ダニ対策

アレルギーを気にする人は『ダニ退治機能』がおすすめです。ダニが死滅するとされている50度以上を30分ほどキープします。

その後は電気毛布にダニの死骸が残るので、丸洗いできるものは洗濯し、洗えないものは掃除機をかけましょう。ダニ退治機能があればスイッチを入れるだけで退治してくれるので、手間をかけずきれいにできる機能です。

スイッチの遠隔操作機能

電気毛布 おすすめ 遠隔操作

めんどくさがり屋さんにはスイッチで『遠隔操作』ができる機能付きの電気毛布もおすすめです。

ただし遠隔操作にはスマホで電源を操作するコントローラーとコンセントが必要です。遠隔操作ができれば、わざわざコントローラーの近くまで行かなくてもよくなります。電源のON・OFFが億劫な人は検討してみてください。

おすすめの電気毛布のブランド・メーカー

ここでは、イチオシする電気毛布のブランドやメーカーを4つご紹介します。ブランドやメーカーの特徴を押さえると、電気毛布を探すときのヒントにもなるのでチェックしていきましょう。

椙山紡織

電気毛布やヒーターなどの暖房機器を専門に取り扱っている『椙山紡織』。生地メーカー発祥で、温かさだけでなく、優しく包み込まれるような心地良さを追求して商品の開発をしてきました。リーズナブルな商品が多く、電気毛布デビューにもおすすめです。

コイズミ

暖房機器だけでなく、家電製品も扱う『コイズミ』の商品は質がよいのが特徴です。デザイン性も高く、個性的な商品も販売されています。プレゼント用にはもちろん、こだわって電気毛布を選びたい人にもおすすめのメーカーです。

広電

電気毛布や電気カーペットなど布の暖房機器を専門とする『広電』は、糸偏暖房機器のシェアNO.1を誇り、不良率は業界ダントツで低いです。上質な品質の『Lifon』と、リーズナブルな『KODEN』の2つのブランドが展開されています。

Panasonic (パナソニック)

幅広い電気製品を扱う世界的な電機メーカーの『Panasonic』。抗菌防臭加工がされている電気毛布が多いのが特徴です。省エネで無駄な電気代をかけないため、より電気代を抑えたい人におすすめします。

電気毛布 のおすすめ人気比較ランキング

第7位

ゼンケン ゼンケン 電気ひざかけ ZR-50LT

15,120円(税込)

電磁波カット機能付き!妊婦も赤ちゃんも安心のひざ掛け

電磁波カットの機能が付いたひざ掛けを求めている人におすすめ。電磁波カット仕様にあわせて綿100%素材で触り心地も良く、赤ちゃんでも安心して使えます。大人のからだもすっぽりと包み込むワイドサイズです。

両端にボタンが付いているのでショールとして羽織って留めることも可能。ひざ掛けタイプでも機能はかなり充実していて、2時間のオフタイマーや室温センサーまで付いています。安心安全の高機能なひざ掛け電気毛布です。

種類 ひざ掛け
サイズ 160(フリンジ含む)×93cm
ブランド・メーカー ゼンケン
消費電力 50W
素材 綿
丸洗い 〇(手洗い)
温度調節機能
タイマー機能
電磁波カット
ダニ退治
第6位

広電 広電(KODEN) 電気毛布 掛け敷き シングル 188×130cm

8,980円(税込)

敏感肌でも安心の綿100%!オフタイマーで夢に導きます

敏感肌の人や触り心地にこだわりたい人におすすめの商品です。綿100%で作られている毛布は抜群の触り心地で、刺激に弱い肌も優しく包み込みます。2時間のオフタイマー機能、ダニ退治機能、頭寒足熱設計を採用しており、洗濯もOKと機能性も抜群。

通気性がいいので洗濯後も乾きやすく、毛玉もできにくい素材です。少しお値段が張りますがその分機能や質のレベルは高い商品となっています。

種類 掛け敷き両用
サイズ 188×130cm
ブランド・メーカー 広電
消費電力 80W
素材 綿
丸洗い
温度調節機能
タイマー機能
電磁波カット ×
ダニ退治
第5位

LIFEJOY LIFEJOY 日本製 電気ひざ掛け 120cm×62cm ベージュ JBH121

3,580円(税込)

ぬくもりある生地は電気なしでもぽかぽか!年中使えるひざ掛け

年中温まれるひざ掛けを探している人におすすめです。温度調節を中に設定して使うと1時間あたりの電気代は僅か0.6円。冬は電気を通して使用し、夏はクーラーの冷え対策として電気なしでも使えます。

ダニ退治は毛布をポリ袋に入れて温度を強に設定し、3時間ほど電気を通すだけで完了。そのあとは洗濯機で丸洗いすれば、ダニの死骸も除去できて完璧です。安心の日本製で、フサの部分は職人が1本1本丁寧にひねって作っています。

種類 ひざ掛け
サイズ 120cm × 62cm
ブランド・メーカー LIFEJOY
消費電力 55W
素材 ポリエステル・アクリル
丸洗い
温度調節機能
タイマー機能 ×
電磁波カット ×
ダニ退治
第4位

山善 (YAMAZEN) 山善 (YAMAZEN) 洗えるミックスフランネル 電気掛敷毛布 シングルサイズ YMK-CT42(GY)

6,948円(税込)

柔らか素材のフランネル!オフタイマーで切り忘れの防止に

ミックスフランネルを使用しており、ポリエステルも編み込まれています。しかし2種類のポリエステルを交互に編んでいて光沢があり、高級感のあるように見える毛布です。

電源を入れてから8時間後に自動でスイッチが切れるので切り忘れを防げます。室温センサーで表面温度が保たれ、低温やけどもしにくいです。基本的な温度調節やダニ退治の機能もあり、洗濯機での丸洗いにも対応。

種類 掛け敷き両用
サイズ 130cm×188cm
ブランド・メーカー 山善
消費電力 75W
素材 ポリエステル・フランネル
丸洗い
温度調節機能
タイマー機能
電磁波カット ×
ダニ退治
第3位

椙山紡織 Sugiyama 電気掛敷兼用毛布 NA-013K

3,628円(税込)

ダブルサイズでも1時間あたり最大1.1円!電気代のコストも軽減

掛け敷き両用タイプの電気毛布を低価格で購入したい人におすすめです。温度調節をマックスの強に設定しても1時間あたりの電気代は1.1円ほどで、本体も高価ではなく掛け敷き両用でダブルサイズの電気代としては低コストです。

機能面では温度調節の他にも室温センサー、ダニ退治機能も付いており丸洗いokと申し分ありません。バックライトが付いたコントローラーで夜間も温度調節がしやすいです。配線の設計が理想的な睡眠環境とされる頭寒足熱になるように作られているので快適に眠れます。

種類 掛け敷き両用
サイズ 188×130cm
ブランド・メーカー 椙山紡織
消費電力 80W
素材 ポリエステル・アクリル
丸洗い
温度調節機能
タイマー機能 ×
電磁波カット ×
ダニ退治
第2位

MORITA MORITA 電気掛敷き毛布 ホットブランケット TMB-S14KS

2,220円(税込)

無段階で細かい温度調節が可能!ダブルサイズの敷き用にもOK

温度調節を細かくしたい人におすすめ。温度調節の段階がないので自分に合わせて微細な温度調節ができます。130×190㎝と大きく、ダブルベッドに敷いてもちょうどいいサイズです。

温度調節機能の他にも基本的な室温センサーやダニ退治機能もあります。ダブルサイズの毛布が入る洗濯機があれば自宅での丸洗いもでき、掛け敷き両用の中では高いコストパフォーマンスの商品です。

種類 掛け敷き両用
サイズ 190×130cm
ブランド・メーカー MORITA
消費電力 60W
素材 ポリエステル
丸洗い
温度調節機能
タイマー機能 ×
電磁波カット ×
ダニ退治
第1位

椙山紡織 Sugiyama 敷き毛布 140×80cm NA-023S

2,380円(税込)

リーズナブルで機能満載!驚きのコストパフォーマンス

他の商品と比べて比較的低めの価格設定ですが、温度調節機能・室温センサー・ダニ退治の基本的な機能はしっかりとあります。洗濯機での丸洗いができるのでお手入れも簡単です。冷えやすい足元をしっかりと温め、胸元は暑くなりすぎないように工夫もされています。

電気毛布のコントローラーはバックライト付き。温度調節で最大の強にしても1時間あたりの電気代は0.8円と、電気料金を含めてもコストパフォーマンスは抜群です。

種類 敷き毛布
サイズ 幅140×長さ80cm
ブランド・メーカー 椙山紡織
消費電力 55W
素材 ポリエステル・アクリル
丸洗い
温度調節機能
タイマー機能 ×
電磁波カット ×
ダニ退治

電気毛布 のおすすめ比較一覧表

商品画像
椙山紡織 Sugiyama 敷き毛布 140×80cm NA-023S B005HMMBYE 1枚目
MORITA MORITA 電気掛敷き毛布 ホットブランケット TMB-S14KS B07XZ283Z1 1枚目
椙山紡織 Sugiyama 電気掛敷兼用毛布 NA-013K B005HMMC0M 1枚目
山善 (YAMAZEN)  山善 (YAMAZEN) 洗えるミックスフランネル 電気掛敷毛布 シングルサイズ YMK-CT42(GY) B07JLVM8XK 1枚目
LIFEJOY LIFEJOY 日本製 電気ひざ掛け 120cm×62cm ベージュ JBH121 B07449NYHZ 1枚目
広電 広電(KODEN) 電気毛布 掛け敷き シングル 188×130cm B07HMRZFXN 1枚目
ゼンケン ゼンケン 電気ひざかけ ZR-50LT B00H1OIDHA 1枚目
商品名 椙山紡織 Sugiyama 敷き毛布 140×80cm NA-023S MORITA MORITA 電気掛敷き毛布 ホットブランケット TMB-S14KS 椙山紡織 Sugiyama 電気掛敷兼用毛布 NA-013K 山善 (YAMAZEN) 山善 (YAMAZEN) 洗えるミックスフランネル 電気掛敷毛布 シングルサイズ YMK-CT42(GY) LIFEJOY LIFEJOY 日本製 電気ひざ掛け 120cm×62cm ベージュ JBH121 広電 広電(KODEN) 電気毛布 掛け敷き シングル 188×130cm ゼンケン ゼンケン 電気ひざかけ ZR-50LT
特徴 リーズナブルで機能満載!驚きのコストパフォーマンス 無段階で細かい温度調節が可能!ダブルサイズの敷き用にもOK ダブルサイズでも1時間あたり最大1.1円!電気代のコストも軽減 柔らか素材のフランネル!オフタイマーで切り忘れの防止に ぬくもりある生地は電気なしでもぽかぽか!年中使えるひざ掛け 敏感肌でも安心の綿100%!オフタイマーで夢に導きます 電磁波カット機能付き!妊婦も赤ちゃんも安心のひざ掛け
価格 2,380円(税込) 2,220円(税込) 3,628円(税込) 6,948円(税込) 3,580円(税込) 8,980円(税込) 15,120円(税込)
種類 敷き毛布 掛け敷き両用 掛け敷き両用 掛け敷き両用 ひざ掛け 掛け敷き両用 ひざ掛け
サイズ 幅140×長さ80cm 190×130cm 188×130cm 130cm×188cm 120cm × 62cm 188×130cm 160(フリンジ含む)×93cm
ブランド・メーカー 椙山紡織 MORITA 椙山紡織 山善 LIFEJOY 広電 ゼンケン
消費電力 55W 60W 80W 75W 55W 80W 50W
素材 ポリエステル・アクリル ポリエステル ポリエステル・アクリル ポリエステル・フランネル ポリエステル・アクリル 綿 綿
丸洗い 〇(手洗い)
温度調節機能
タイマー機能 × × × ×
電磁波カット × × × × × ×
ダニ退治
商品リンク

おすすめの電気毛布まとめ

いかがでしたか。今回は『電気毛布』の電気代や洗い方、購入する際の選ぶポイントとおすすめの商品を紹介しました。

電気毛布の使い道を決めてから選ぶと、種類やサイズで失敗することはありません。自分に合った機能を搭載した電気毛布を見つけ、寒い時期も快適に乗り越えましょう。もし一つの商品に絞るのが難しいようであれば、ぜひ今回のランキングも参考にしてみてくださいs。

記事をシェアして友達にも教えよう!

電気毛布
のおすすめ関連記事をもっと見る