ノイズキャンセリングイヤホンのおすすめ人気比較ランキング10選【最新2020年版】

【最新版】ノイズキャンセリングイヤホンの人気10アイテムのおすすめ比較ランキング。ノイズキャンセリングイヤホンの特徴や選び方から価格情報やスペック情報、クチコミやレビューまで徹底比較。最後に編集部おすすめのノイズキャンセリングイヤホンをランキング形式でご紹介。
上山 雄大

車や飛行機での移動中に、周囲の音が気になって音楽に集中できないことがあるでしょう。そんなときに役に立つのが周りの音を消して、音楽だけを高音質で再生する『ノイズキャンセリングイヤホン』です。

今回はノイズキャンセリングイヤホンの選び方と、おすすめのイヤホンをランキング形式で紹介します。

ノイズキャンセリングイヤホンの選び方が分からない方でも、自分に合ったイヤホンを見つけることができます。イヤホン選びで迷っている方は参考にして下さい。

ノイズキャンセリングイヤホンとは

ノイズキャンセリング イヤホン とは

ノイズキャンセリングイヤホンとは周囲の雑音を打ち消して、騒音が気になる場所でもクリアな音が聞けるイヤホンです。

イヤホンに搭載されたノイズキャンセリング機能は、内蔵されたマイクが周囲の雑音を拾い、音波をぶつけて騒音を打ち消す効果を持っています。そのためクリアな音が楽しめるだけでなく、耳栓としての効果も発揮します。

通常のイヤホンよりも優れた機能を持っているので、外出先で音楽を聴きたい人にピッタリです。

ノイズキャンセリングの仕組み

ノイズキャンセリングの仕組みを説明すると、まず、イヤホンに取り付けられたマイクが騒音を拾います。そして、『逆位相』と呼ばれる騒音とは真逆の音を発生させて、騒音を打ち消すことができるのです。

よって乗り物での移動中など音が気になる場面でも、イヤホンから聴こえてくる音楽をクリアな音質で楽しめます。

ノイズキャンセリングできる音・できない音

ノイズキャンセリングイヤホンは全ての音を打ち消せるわけではありません。キャンセルできる音とできない音が存在します。以下ではそれぞれについて詳しく解説していきます。

ノイズキャンセリングできる音

ノイズキャンセルできる音は、電車、自動車、飛行機などの走行音やオフィスの空調の音など周波数が低い音です。ノイズキャンセルイヤホンは基本的に移動中の走行音などをシャットアウトすることを想定しています。

ノイズキャンセリングできない音

一方でノイズキャンセルできない音は、人の話し声やアナウンスなど周波数が高い音です。周波数が高い音をキャンセルするのは不得意ですが、密閉型のイヤホンであれば、ある程度話し声など雑音が防げます。

ノイズキャンセリングイヤホンのメリット・デメリット

ノイズキャンセリング イヤホン メリット デメリット

ノイズキャンセリングイヤホンはたくさんのメリットが存在しますが、デメリットも存在しています。以下ではそれぞれについて詳しく解説しますので参考にして下さい。

メリット

ノイズキャンセリングイヤホンのメリットは、ノイズキャンセリング機能による騒音低減力の高さ。乗り物での移動中に走行音が大きくて、音楽を邪魔してしまう経験は誰にでもあるでしょう。公共交通機関を利用する方にとっては、走行音などを気にせずに音楽が楽しめます

ワイヤレスのイヤホンであれば、コードが絡む事もありませんし、離れた場所からでも聴けるので、場所を問わずとても便利です。

デメリット

ノイズキャンセリングイヤホンのデメリットは、騒音低減力の高さにより、外部の音が聞こえづらくなってしまうこと。

クリアな音質が聴けるのは良いのですが、歩行中に近づいてきた車の音が聞き取れずに、危険な状況に陥る可能性があります。外出時の使用には注意が必要でしょう。

ノイズキャンセリングイヤホンのおすすめの選び方

ノイズキャンセリング イヤホン おすすめ 選び方

遮音性で選ぶ

ノイズキャンセリングイヤホンの最大の特徴である、騒音低減能力の高さで選ぶのが一番大切です。メーカーや機種によって搭載されるマイクの数や処理能力が異なります。価格に比例して性能が良くなる特徴があり、高価ですが、アナログ式よりもデジタル式の方が騒音低減力が高いです。

デジタル式ノイズキャンセリングイヤホンの販売メーカーはBoseとSONYの2社になります。BoseとSONYは騒音低減能力に優れるイヤホンのラインナップが豊富で、性能を求めるなら上記2社の製品を選ぶと良いでしょう。

バッテリーの持ちで選ぶ

ノイズキャンセリングイヤホンは、電力を消耗します。バッテリーが切れるとノイズを低減することができなくなります。有線で接続する製品であればバッテリーの持ちが良く、長時間の使用にも耐えることができるのであまり問題にならないでしょう。しかしワイヤレスの製品はバッテリーの消耗が早いので、持続時間が長い製品を選ぶことがポイントです。

バッテリーの消耗時間は自分の利用シーンに応じて選択するのがベスト。日常の外出程度であれば持続時間が短くても構いません。しかし旅行など長時間使用する機会が多い方は、なるべく持続時間が長い製品を選ぶと良いでしょう。

装着感で選ぶ

高性能なノイズキャンセリングイヤホンを入手しても、自分の耳にあったイヤホンでなければ、快適に音楽を楽しめません。イヤーフックやイヤースピースが用意された製品であればパーツの交換が可能なので、自分にあったイヤホンにカスタムできます。

イヤースピースには様々な種類がありますが、シリコン素材が主流で耳にフィットしやすいのが特徴です。ウレタン素材であれば、潰してから装着すると元の大きさに戻ってしっかりと耳にフィットするので付け心地抜群。

耳かけ型イヤホンに使われるイヤーフックは、爪形の製品の固定力が高く、装着しやすい特徴もあります。

付け方で選ぶ

イヤホンの付け方は『カナル型』『イヤーインナー型』『耳かけ型』の3種類です。

カナル型』はイヤホンで最も多く、耳栓のような形状で、イヤースピースを耳穴に装着して使用します。『イヤーインナー型』は耳の表面に引っかけて使用し、『耳かけ型』は耳にイヤーフックを乗せて固定して使用します。以下ではそれぞれの特徴を解説するので参考にして下さい。

カナル型

カナル型』は耳栓のような形をしており、耳に入れ込んで使用します。フィット感があるので付け心地が抜群。遮音性にも優れており、音をクリアに聴くことが出来ます。

イヤーインナー型

イヤーインナー型』はカナル型と異なり、耳の表面に引っかけて使用します。付け外しが簡単で楽に使用できますが、外れやすいため、歩きながらの使用には向いていません。また音漏れがしやすい弱点があります。

耳掛け型

耳かけ型』は、耳の上にイヤーフックを引っかけて使用するタイプです。固定力に優れるので、多少の振動では外れません。ジョギングなど運動中に使用したい方に向いています。

接続方法で選ぶ

ノイズキャンセリングイヤホンの接続方法は、『有線タイプ』と『ワイヤレスタイプ』があります。以下ではそれぞれの特徴を解説しますので、利用シーンに応じて選んで下さい。

有線タイプ

有線タイプ』のノイズキャンセリングイヤホンは、音質がよく遅延が少ない特徴があります。ワイヤレスと違って、コードを直接つなぎ、高音質のデータを直接伝えるので遅延が発生しません。

しかし携帯性が悪く、ケーブルが絡まって咄嗟に使えないことがあります。また邪魔になるので、動きながらの使用にも向いていません。家でじっくり音楽を聴きたい方であれば音質も良いので優先接続でも十分でしょう。

ワイヤレスタイプ

ワイヤレスタイプ』のノイズキャンセリングイヤホンは、ケーブルがないので携帯性に優れています。外出先や歩きながら使いたい方はワイヤレスの方が使い勝手が良いです。

しかしワイヤレスイヤホンはケーブルがないので、データを圧縮して伝える必要があります。そのため有線タイプのイヤホンに比べて、音質が多少劣ります。音質が多少劣っても携帯性を重視する方はワイヤレス接続のイヤホンを選ぶと良いでしょう。

駆動方式で選ぶ

ワイヤレスイヤホンには『ダイナミック型』『バランスドアーマチュア型』『ハイブリッド型』の3種類の駆動方式があります。以下ではそれぞれの特徴を詳しく解説します。

ダイナミック型

イヤホンの駆動方式の1つである『ダイナミック型』は、音の信号を直接振動板に伝えて振動させて音を発生させます。音の歪みが少なく、低音域の音を出すのが得意なので、非常に迫力があるのが特徴。再現できる周波数帯も広いので、優れた駆動方式といえます。

構造がシンプルなので、安価で購入できるのも嬉しいポイントです。

バランスドアーマチュア型

バランスドアーマチュア型』は、磁石の周りに設置されたアーマチュアと呼ばれる鉄板を振動させて、振動板に伝えて音を発生させます。ダイナミック型と異なり、中音域から高音域を得意としているので、非常にクリアな音を楽しめるでしょう。しかし歪みが出やすく、周波数帯が狭いデメリットがあります。

ハイブリッド型

ハイブリッド型』は、ダイナミック型とバランスドアーマチュア型の駆動方式の特徴を併せ持った駆動方式です。ダイナミック型の低音とバランスドアーマチュアの高音を発生するのでバランスの良い音質を実現できます。しかし音がバラバラになって聴こえてしまう特徴もあるので、ハイブリッド型だからといって一概に優れているわけではないので注意しましょう。

音質で選ぶ

イヤホンは音質も重要です。高音質なノイズキャンセリングイヤホンの特徴は、ハイレゾに対応しており、駆動方式はクリアな音質が聴ける、バランスドアーマチュア型かハイブリッド型を選ぶと良いでしょう。低音の迫力を求めるならダイナミック型の駆動方式でも構いません。

ワイヤレスタイプなら『LDAC』、『aptx』、『HDコーデック』対応の製品を選べば、優れた音質が保証されます。

残留ノイズの少なさで選ぶ

ノイズキャンセリングイヤホンには『残留ノイズ』があります。残留ノイズとは、音楽を流さずに、ノイズキャンセリング機能が動作しているときに聞こえてくるノイズです。ノイズキャンセリングイヤホンの特徴ですが、通常は音楽を流すことでノイズは聞こえなくなります。

しかし耳栓の代わりには使えないので、なんとかしたい人も多いでしょう。高価なイヤホンであれば残留ノイズが気にならないモデルがあるので、耳栓として使いたい方は1万円以上のモデルを選ぶと良いです。

重量で選ぶ

イヤホンは使う方によっては、毎日使うものですし、長時間の使用する場合も多いです。重量があるイヤホンでは疲労感を感じる原因にもなりますので、なるべく軽いものを選ぶのがポイント。

ワイヤレスイヤホンなら左右合計で20g以内が軽いです。首掛け型のワイヤレスイヤホンなら本体部分も含めて50g以内が軽いといえるでしょう。

使用シーンで選ぶ

ノイズキャンセリングイヤホンは完璧に音をシャットアウトできれば良いわけではありません。使用シーンによって機能を調節できるイヤホンが良いです。周囲の音をある程度聴きたいときには機能を弱めて、ゆっくり休みたいときや音楽に集中したいときは機能を強化できれば便利です。

大事なアナウンスを聞き逃したり、事故が起きる可能性を減らせるので大切な機能になるでしょう。

防水・防塵機能の有無で選ぶ

イヤホン外で使用することも多いので、防水・防塵機能があるイヤホンを選びましょう。防水機能は普段の生活レベルから、水中での使用を念頭にしたものまで様々な種類があります。

防水レベルは国際標準規格の『IPX』で表されています。普段の生活レベルの防水機能であれば、『IPX4』『IPX5』が良いです。水中での使用を考えている方であれば、『IPX7』を選びましょう。

ノイズキャンセリングイヤホンのおすすめメーカー

ノイズキャンセリング イヤホン おすすめ メーカー

ノイズキャンセリングイヤホンのおすすめメーカーを紹介します。購入を迷う方は世界的に指示されているメーカーで選びましょう。

Bose

Bose』はアメリカのマサチューセッツ工科大学を基盤として設立されたオーディオメーカーで、高い技術力を持ちます。ノイズキャンセリング機能はBoseが開発したのが始まりであり、最高品質の製品ラインナップが特徴です。高品質のモデルを探している方にピッタリでしょう。

SONY

Boseに匹敵する高品質な製品を開発しているメーカー『SONY』。ノイズキャンセリングイヤホンはどれも音質が良く、機能性も高いです。周囲の環境に合わせて騒音低減機能を調節できる高機能なモデルをそろえています。

JBL

アメリカの名門オーディオメーカー『JBL』。表現力に定評があるメーカーで『JBLサウンド』として有名です。スマホアプリでノイズキャンセリング機能を調節できる製品を開発し、機能性にも優れています。

TaoTronics

オーディオだけでなく、様々な電化製品を生産しているメーカー『TaoTronics』。機能性に優れたモデルが豊富ですが、どれも安価で入手しやすいのが特徴。コストパフォーマンスに優れたメーカーといえます。

Pioneer

Pioneer』は日本の大手電機メーカーです。スピーカーの開発に定評があります。スピーカー開発のノウハウをイヤホンに活かした、高品質な製品ラインナップを展開。安価で購入できるのに品質が良いメーカーです。

audio-technica

audio-technica』は日本の有名オーディオメーカーで、高品質なスピーカーやヘッドホンの開発で有名です。高級なモデルから安価なモデルまで幅広いラインナップを揃えており、ワイヤレスヘッドホンの分野で賞を受賞しています。

ノイズキャンセリングイヤホン のおすすめ人気比較ランキング

第10位

SONY ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン WI-C600N

12,852円(税込)

バランスドアーマチュア方式採用の首掛け型のワイヤレスイヤホン。

SONYの高品質なノイズキャンセリングイヤホンです。デジタル式で高いノイズキャンセリング効果を発揮します。ハイレゾには対応していませんが、ワイヤレスは高音質なAACとaptXに対応しているので、音質はハイレゾと同クラス。

さらに、バランスドアーマチュア型の駆動方式を採用しているので、中~高音域において非常にクリアな音を再生可能です。

ハイレゾ対応していないので、比較的に安価に購入できるのがメリット。安価ですがAACとaptXに対応しており音質が良く、手軽に高音質が楽しめるワイヤレスイヤホンになります。

第9位

MASTER & DYNAMIC ノイズキャンセリング完全ワイヤレスイヤホン MW07 PLUS

37,223円(税込)

ニューヨークのオーディオブランドから登場した、高級感のあるノイズキャンセリングイヤホン。

ニューヨークのオーディオメーカーである、MASTER & DYNAMICのノイズキャンセリングイヤホンで、高級感のあるデザインが特徴的です。前モデルからデザインは変わっていませんが、アクティブノイズキャンセリング機能とアンビエントリスニング機能を搭載しています。

新たに搭載されたアンビエントリスニング機能は、適度に外の音を取り込めるので、周囲の環境が気になる方にピッタリ。大事なアナウンスを聞き漏らすことがありません。またバッテリーが改良され、連続10時間の再生が可能になりました。音質についてもaptX対応でクリアな音質を体感できます。

デザインのみならず、製品の性能が高いレベルで纏まった優れたノイズキャンセリングイヤホンといえるでしょう。

第8位

JVC ワイヤレスイヤホン XE-M10BT

12,083円(税込)

JVCから発売された首掛け型ノイズキャンセリングイヤホン。

周囲音取り込み機能と、スマホアプリによる、音質変更が可能なノイズキャンセリングイヤホン。本体部分にマイクを備え付け、リスニング中の音楽はもちろん、周囲音も高音質で伝えてくれます。他人と会話をしながら音楽が聴ける優れた製品です。さらにスマホアプリ『ライブモニター』と連動して自分好みの音質に細かくチューニングできるので、音質にこだわりがある方にピッタリ。

コーデックはAACとaptXに対応しており、ハイレゾに相当する音質です。さらにJVCの高音質化技術である『K2 TECHNOLOGY』により、コーデックごとにパラメータを最適化し高音質化を実現しました。音質のこだわりがあなたの音楽ライフをより良いものにするでしょう。

第7位

SONY 完全ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン WF-SP700N

15,050円(税込)

SONYの完全独立型ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン。『IPX4』の防水機能で、雨や水しぶきからイヤホンを防護。

左右が完全に独立したワイヤレスノイズキャンセリングイヤホンです。高い防水機能を持ち、ケーブルもないので、スポーツなどアクティブなシーンで活躍します。周囲音の取り込みも可能で、会話しながら音楽が聴けるのがポイント。

音質はAACにも対応しているので問題なし。さらに、ダイナミック型の駆動方式で重低音が効いており、迫力がある音が楽しめるので、スポーツの興奮を高めてくれるでしょう。

第6位

Bose ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン QuietControl30 WLSS

29,700円(税込)

BOSEから発売されたノイズキャンセリングイヤホン。

ノイズキャンセリングの強さを12段階と細かく調節することができるイヤホン。周りの状況に応じて、細かく騒音低減力をコントロールできるので非常に使い勝手が良いです。騒音低減力も高いので、音楽に没頭したいときや耳栓代わりに使いたいときに効果を発揮します。

有名メーカーBOSEならではの音質の高さも魅力的。またワイヤレスでありながら音の遅延も少ないのでストレスがありません。

第5位

SONY ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン WI-SP600N

13,248円(税込)

外音取り込み機能と防水性能を備えたノイズキャンセリングイヤホン。

ノイズキャンセリング機能に加えて、外音取り込み機能や防水性も備えた多機能なイヤホンです。重心が低く設計されている他、アークサポーターが改良されているため、スポーツなどアクティブなシーンで抜群の装着感を味わえます。

ダイナミック型の駆動方式を採用しており、価格の割に重低音が効いた迫力ある音を楽しめるのでより音楽への没入感を高めてくれるでしょう。

第4位

JVCケンウッド ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン HA-FX87BN

7,151円(税込)

ノイズキャンセリング機能と防水性、さらに音声アシスタント機能を備えたマルチに活躍する高性能イヤホン。

JVCケンウッドのノイズキャンセリングイヤホン。低価格ですが防水性能も高く、音声アシスタント機能に対応しており、ハンズフリー通話が可能です。外出先やスポーツでの利用において効果を発揮します。

ノイズキャンセリングイヤホンの中では価格が安いので、入手しやすいのが魅力的。音質も悪くなく、多くの機能が備え付けられているのでコストパフォーマンスに優れた製品といえるでしょう。

第3位

SONY ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン WI-1000XM2

32,800円(税込)

SONYの最高音質を堪能できるワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン。

SONYから発売されたワイヤレスノイズキャンセリングイヤホンで、最大の特徴は業界最高ともいわれる高音質。コーデックはLDACに対応しており、ハイレゾ音源を劣化せずに転送して再生します。またDSEE HXが搭載されているため、ストリーミング配信の圧縮音源をハイレゾ音質にアップして聴けます。またバッテリーの耐久時間が最大で15時間あるのも魅力的。

ワイヤレスイヤホンの弱点であった音質の劣化を克服した製品です。高音質で音楽を楽しみたい方は購入して損はないでしょう。

第2位

SONY 完全ワイヤレスイヤホン WF-1000XM3

25,802円(税込)

高いノイズキャンセリング性能とハイレゾ相当の音質を実現した、高性能のノイズキャンセリングイヤホン。

ノイズキャンセリング機能の性能は業界最高といわれています。高性能なプロセッサーを搭載しているため、電車や飛行機などの低音域の騒音だけでなく、中高音域の騒音まで完璧にシャットアウト。

ワイヤレスイヤホンでも、MP3などの圧縮音源をハイレゾ音質までアップ。遅延や音質の劣化を感じることがなく、高音質が再生できます。さらにノイズキャンセリング機能をONにした状態でも、バッテリーが24時間も持ちます。高音質を長時間楽しめる優れたイヤホンです。

第1位

Appleユーザー必見の完全独立型ノイズキャンセリングイヤホン。優れたデザイン性と多機能が特徴的。

Appleの美しいデザインからノイズキャンセリング、外部音取り込み機能、防水性、優れた装着感とイヤホンに求められる全てが備わった1台です。高性能スピーカードライバを備えており、低音から高音域まで優れた音質を聴けます。独立型で防水機能も備わっているのであらゆるシーンで活躍必至。

Apple製のデバイスを持っている方であれば、簡単な接続が可能です。Appleファンであれば、ぜひ1台購入しておきたいイヤホンでしょう。

ノイズキャンセリングイヤホン のおすすめ比較一覧表

商品画像
Apple AirPods Pro B07ZPS4FSW 1枚目
SONY 完全ワイヤレスイヤホン B07TKGGZ47 1枚目
SONY ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン B07YYF4N6H 1枚目
JVCケンウッド ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン B07ND3JFDF 1枚目
SONY ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン B07BXMBYYQ 1枚目
Bose ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン B01G16PY2A 1枚目
SONY 完全ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン B07BX8WB91 1枚目
JVC ワイヤレスイヤホン B0798BV24M 1枚目
MASTER & DYNAMIC ノイズキャンセリング完全ワイヤレスイヤホン B07Y28Q22S 1枚目
SONY ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン B07MGZSJ9N 1枚目
商品名 Apple AirPods Pro SONY 完全ワイヤレスイヤホン SONY ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン JVCケンウッド ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン SONY ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン Bose ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン SONY 完全ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン JVC ワイヤレスイヤホン MASTER & DYNAMIC ノイズキャンセリング完全ワイヤレスイヤホン SONY ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン
型番 MWP22J/A WF-1000XM3 WI-1000XM2 HA-FX87BN WI-SP600N QuietControl30 WLSS WF-SP700N XE-M10BT MW07 PLUS WI-C600N
特徴 Appleユーザー必見の完全独立型ノイズキャンセリングイヤホン。優れたデザイン性と多機能が特徴的。 高いノイズキャンセリング性能とハイレゾ相当の音質を実現した、高性能のノイズキャンセリングイヤホン。 SONYの最高音質を堪能できるワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン。 ノイズキャンセリング機能と防水性、さらに音声アシスタント機能を備えたマルチに活躍する高性能イヤホン。 外音取り込み機能と防水性能を備えたノイズキャンセリングイヤホン。 BOSEから発売されたノイズキャンセリングイヤホン。 SONYの完全独立型ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン。『IPX4』の防水機能で、雨や水しぶきからイヤホンを防護。 JVCから発売された首掛け型ノイズキャンセリングイヤホン。 ニューヨークのオーディオブランドから登場した、高級感のあるノイズキャンセリングイヤホン。 バランスドアーマチュア方式採用の首掛け型のワイヤレスイヤホン。
価格 30,580円(税込) 25,802円(税込) 32,800円(税込) 7,151円(税込) 13,248円(税込) 29,700円(税込) 15,050円(税込) 12,083円(税込) 37,223円(税込) 12,852円(税込)
商品リンク

ノイズキャンセリングイヤホンのおすすめまとめ

今回ご紹介した『ノイズキャンセリングイヤホン』は、外部の音に音楽を邪魔をされることを解消したアイテムです。ある程度外部音を取り込めるイヤホンも発売されているので無音状態が心配な方でも安心。

音楽を聴くだけなら普通のイヤホンでも十分ですが、ノイズキャンセリングイヤホンで音楽を楽しめば、より没入感を高められます。今回の記事で紹介した選び方のポイントやランキングを踏まえて、ぜひ検討してみてください。

記事をシェアして友達にも教えよう!

ノイズキャンセリングイヤホン
のおすすめ関連記事をもっと見る