6インチタブレットのおすすめ人気比較ランキング6選【最新2020年版】

【最新版】6インチタブレットの人気6アイテムのおすすめ比較ランキング。6インチタブレットの特徴や選び方から価格情報やスペック情報、クチコミやレビューまで徹底比較。最後に編集部おすすめの6インチタブレットをランキング形式でご紹介。
垣内 結以

6インチタブレット』は片手で操作ができ、携帯性に優れています。スマホ代わりに使うことができ、1台で2役の機能を果たすことも可能です。サイズはスマホより一回り大きく、自宅はもちろんのこと、出先で動画視聴やゲームを楽しみたいときにも最適。

大型タブレットより価格が安く、コストパフォーマンス重視で選びたい人にとっても魅力的なのではないでしょうか。今回は6インチタブレットのおすすめの選び方、人気商品ランキングをご紹介します。

6インチタブレットとファブレットとの違い

6インチ タブレット 
 ファブレット 違い

6インチタブレットを探していると、しばしば『ファブレット』と表記された商品が見つかります。ファブレットとはスマホとタブレットの両方の機能を備えたデジタル機器で、大きさは5.5インチ(または5インチ)以上7インチ未満です。

Phone』と『Tablet』を掛け合わせた造語で、厳密にはスマホの一種に分類されます。

ファブレットとタブレットは見た目上よく似ていますが、大きな違いは通話機能です。ファブレットはスマホの一種なのでもともと通話機能が備わっています。一方タブレットは通話アプリをインストールすると通話できますが、一般的には通話機能はついていません。

スマホとタブレットを兼ね備えたデジタル機器がほしい人はファブレットを、スマホとタブレットを分けて持ちたい人は通信機能のついていないタブレットを選ぶといいでしょう。

6インチタブレットのおすすめの選び方

6インチ タブレット おすすめ 選び方

通信方式で選ぶ

セルラーモデル

セルラーモデル』はSIMカードを挿入すればネット回線に接続できるモデルです。どこでも通信可能なので、外出先などWi-Fi接続ができない場所でも使用できます。

セルラーモデルはWi-Fiとも接続できるため、自宅やカフェなどWi-Fi環境が整った場所ではWi-Fi接続に切り替え可能です。

Wi-Fiモデルと比べると値段はやや高めですが、ポケットWi-Fiを持っていない人や、外出先でタブレットを頻繁に使用する人ならセルラーモデルのほうが使い勝手がいいでしょう。

Wi-Fiモデル

Wi-Fiモデル』はWi-Fi環境が整った場所でのみインターネット通信ができます。主にWi-Fi環境のある自宅やオフィスで使用する人におすすめです。無料でWi-Fi環境を提供しているコンビニやカフェ、施設などで使用すれば通信料金がかかりません。

ただしWi-Fi環境がない場所では、スマホのテザリング機能を使えば使用できます。テザリング機能とは、スマホをWi-Fiルーターのように経由してインターネットにアクセスできる機能のことです。外出先で使用する頻度が少ない人はWi-Fiモデルでも十分対応できるでしょう。

OSで選ぶ

Android

Android』はGoogleが開発したOSです。スマホやタブレットに搭載されており、世界中に多くのユーザーがいます。AndroidはGoogleが無償提供しているため、すべてのメーカーで使用できるのが特徴です。そのため他のOSを搭載したタブレットより価格が安く、費用を抑えたい人におすすめできます。

またウィジェットを活用すればホーム画面のカスタマイズが可能です。端末の種類が多いため、多くの製品の中から選べるという楽しみもあります。

iOS

iOS』はAppleが開発したOSで、iPadやiPhoneなどに使われています。感覚的に使えるデザインで子どもからお年寄りまで使いやすく、タブレット初心者も安心です。安定性、安全性に優れており、アプリは開発基準が厳しいため質の高いものがそろっています。

Androidと比べると端末の種類が限られており、価格もやや高めです。しかしiPhoneやMacを使っている人ならアカウントやアプリの連携がスムーズで、利便性が高いというメリットがあります。

Windows

Windows』はMicrosoft製のOSです。パソコンのOSとして知名度が高く、世界シェアはNo.1。Windows搭載のタブレットがあれば、普段使っているパソコンのソフトを共有できます。

ただしアプリは少ないので、WordやExcel、PowerPointなどのMicrosoft Officeソフトをメインで使いたい人向けです。他のOSを搭載したタブレットより価格は高めですが、サブPCとして仕事やプライベートで使いたい場合に最適。

6インチタブレットのおすすめメーカー

6インチ タブレット おすすめ メーカー

Amazon (アマゾン)

Amazon』はアメリカに本拠地を置くECサイト運営会社です。Amazonは『Fireタブレット』という名称の製品を販売しており、Androidをもとにした『Fire OS』というOSを搭載しています。

Amazonは電子書籍リーダーの『Kindle』も販売していますが、こちらは液晶画面が白黒で書籍やマンガを読むのに特化したデジタル機器です。『Fireタブレット』はカラー画面で映画や動画の視聴、ゲーム、読書などさまざまなエンタメコンテンツに対応しています。

比較的価格が安いため、価格重視の人にぴったりです。

ASUS (エイスース)

ASUS』は台湾に本社があるパソコン、スマホ、タブレット、周辺機器メーカー。価格が安くてスペックの高い製品が多いため日本で人気があり、優れた操作性で初心者も使いやすいです。

サイズやOS、通信方式のバリエーションが豊富で処理能力が高く、独自の映像技術を搭載しており映画や動画を高画質で楽しめます。

ノートパソコンとしても使える2in1タブレットも販売されており、ライトユーザーからヘビーユーザーまでおすすめです。

Huawei (ファーウェイ)

Huawei』は中国に本社があるスマホ、タブレット等家庭用デバイスを販売する会社です。ラインナップが豊富で耐久性や操作性に優れており、安心して使えます。

Huawei製タブレットの魅力はなんといっても価格の安さです。大型タブレットや高スペックのタブレットでもお手頃価格で手に入り、価格重視の人に人気があります。高級感のあるデザインで、見た目にこだわる人も満足できるでしょう。

6インチタブレット のおすすめ人気比較ランキング

第6位

ASUS ZenFone 2 フリースマホ ZE500KL-BK16

18,000円(税込)

画面占有率70%で大迫力の画面!耐傷性に優れたSIMフリースマホ

手のひらにすっぽり収まるサイズでありながら、画面占有率は70%で迫力のある画面を楽しめます。耐傷性のあるディスプレイを使用しているので、バッグやポケットに入れて持ち運び可能です。

丸みを帯びたデザインで持ちやすく、画面をダブルタップするだけでオンとオフの切り替えができます。音量調整は人差し指で簡単に操作できる位置にあり、人間工学に基づいたデザインが魅力的。メモリ容量は2GBのSIMフリー。Webカメラはアウトカメラが1,300万画素、インカメラが500万画素です。

第5位

Lenovo PHAB2 Pro 6.4インチファブレット MSM8976

34,800円(税込)

世界初!Google Tangoに対応した6.4インチファブレット

TangoはGoogleが開発したAR技術で、センサーを使うことによって空間や奥行き、モーションを認識できる機能です。「PHAB2 Pro」は世界で初めてGoogle Tangoに対応し、キッチンやリビングを仮想空間としてゲームが楽しめるARゲーム、ファブレット上で物体の大きさを測定するARユーティリティが搭載されています。

1600万画素(アウトカメラ)、800万画素(インカメラ)の高画質カメラはAR機能と連動した撮影も可能。メモリ容量は4GB、ストレージ容量は64GBで、画面の解像度は「1440 x 2560ドット」と高いスペックを誇ります。

第4位

通話機能つきでスマホの利便性を兼ね備えたSIMフリー6インチタブレット

3G回線を使った通話とデータ通信ができるSIMフリータブレットです。付属のスタイラスペンを使えば絵や文字を画面に書くことができ、データ保存できます。Webページや画像の切り取りやコピー&ペーストもスタイラスペンで操作できるので、書き込み機能が充実したタブレットを探している人におすすめです。

「1920×1080ドット」のフルHDスクリーンで、LEDバックライトつき。メモリ容量は2GB、ストレージ容量は16GBです。OSはAndroidで、800万画素(アウトカメラ)・120万画素(インカメラ)のWebカメラを搭載しています。

第3位

FREETEL SAMURAI KIWAMI 2 タブレット FTJ162E-RAIJIN

22,800円(税込)

デザイン重視の人におすすめ!スーパー有機ELディスプレイを搭載したフルメタルボディ

メモリ容量4GB、ストレージ容量64GBを搭載した「SAMURAI KIWAMI 2」。つや消し加工が施されたフルメタルボディがかっこよく、デザイン重視の人に最適です。「SAMURAI KIWAMI」と比較すると高速性能は1.6倍、駆動時間は1.8倍アップしています。

スーパー有機ELディスプレイを採用しており、驚くほど美しい映像を堪能することが可能です。動画ブレに強く、スピード感のある動画やゲームが楽しめます。メインカメラは1600万画素、サブカメラは800万画素で一眼レフのような背景ぼかし仕上げにも対応。

第2位

SONY Xperia Z Ultra タブレット SOL24

25,981円(税込)

世界最薄!フルフラットボディだから持ちやすい防水・防塵性能つき6.4インチタブレット

厚さが約6.5mmと薄く、フルフラットボディで持ちやすいのが特徴です。キーボードを好きな位置に変えられるため片手でのテキスト入力ができ、外出先で手がふさがってしまったときも楽々操作できます。

「1920×1080ドット」のフルHD液晶で臨場感あふれる映像を鑑賞でき、動画視聴やゲームなどエンタメコンテンツをたっぷり楽しみたい人におすすめです。防水・防塵性能を備えているためキッチンなどの水回りでも使用できます。外出先で急に雨が降ってきたときも安心ですね。

第1位

Google Nexus 6 タブレット XT1100

14,500円(税込)

機能性重視のデザイン!Android搭載のWQHD有機ELスマホ

Googleとモトローラが共同開発したAndroid搭載のスマホです。メモリ容量は3GB、ストレージ容量は32GB。ディスプレイには5.96インチのWQHD有機ELが使用されており、「2560×1440ドット」という高解像度で美しい映像を手のひらで楽しめます。

メインカメラは1300万画素、サブカメラは200万画素でフラッシュと手ぶれ補正機能つきです。機能性を重視したシンプルなデザインで、背面には「NEXUS」の文字があります。

6インチタブレット のおすすめ比較一覧表

商品画像
Google Nexus 6 タブレット B00R7W88HG 1枚目
SONY Xperia Z Ultra タブレット B00KXVOOJ4 1枚目
FREETEL SAMURAI KIWAMI 2 タブレット B01N7A1TKA 1枚目
ASUS タブレット B00HC62IAK 1枚目
Lenovo PHAB2 Pro 6.4インチファブレット B072KMWRHJ 1枚目
ASUS ZenFone 2 フリースマホ B012SXM6GW 1枚目
商品名 Google Nexus 6 タブレット SONY Xperia Z Ultra タブレット FREETEL SAMURAI KIWAMI 2 タブレット ASUS タブレット Lenovo PHAB2 Pro 6.4インチファブレット ASUS ZenFone 2 フリースマホ
型番 XT1100 SOL24 FTJ162E-RAIJIN ME560-BK16 MSM8976 ZE500KL-BK16
特徴 機能性重視のデザイン!Android搭載のWQHD有機ELスマホ 世界最薄!フルフラットボディだから持ちやすい防水・防塵性能つき6.4インチタブレット デザイン重視の人におすすめ!スーパー有機ELディスプレイを搭載したフルメタルボディ 通話機能つきでスマホの利便性を兼ね備えたSIMフリー6インチタブレット 世界初!Google Tangoに対応した6.4インチファブレット 画面占有率70%で大迫力の画面!耐傷性に優れたSIMフリースマホ
価格 14,500円(税込) 25,981円(税込) 22,800円(税込) 33,600円(税込) 34,800円(税込) 18,000円(税込)
商品リンク

6インチタブレットのおすすめまとめ

今回は『6インチタブレット』の特徴や選び方、おすすめ商品をご紹介しました。

6インチタブレットにはスマホとタブレットの両方の機能を備えたファブレットもあるため、スマホと2台持ちしたいかどうかによってどちらがいいのか判断しましょう。

6インチでも高解像度で美しい映像が楽しめる製品やスタイラスペンに対応した製品もあります。ぜひ今回ご紹介した選び方やおすすめ商品を参考に6インチタブレットを選び、動画視聴やゲーム、読者などに活用してください。

記事をシェアして友達にも教えよう!

6インチタブレット
のおすすめ関連記事をもっと見る