コスパ最強の安いロボット掃除機のおすすめ人気比較ランキング10選【最新2020年版】

【最新版】コスパ最強の安いロボット掃除機の人気10アイテムのおすすめ比較ランキング。コスパ最強の安いロボット掃除機の特徴や選び方から価格情報やスペック情報、クチコミやレビューまで徹底比較。最後に編集部おすすめのコスパ最強の安いロボット掃除機をランキング形式でご紹介。
asahinatayuu

外出時に自動で部屋の床を綺麗にしてくれる『ロボット掃除機』。面倒な床掃除の負担を軽減できるので需要が高まっています。さまざまなメーカーから発売されていて、機能性や価格もそれぞれ異なるのでどれを選ぶべきか迷ってしまいます。

機能性が高ければ価格も高くなるのは当然ですが、できれば安くて機能性が高い製品をみつけたいのが本音。そこで今回はコスパ最強の安いロボット掃除機の選び方や、人気比較ランキングをまとめました。ぜひ参考にして自分のお部屋にぴったりのロボット掃除機をみつけましょう。

ロボット掃除機のおすすめポイント

ロボット 掃除機 おすすめ ポイント

ロボット掃除機』は電源を入れるだけで、部屋の床を自動で掃除してくれます。充電式でバッテリーが切れそうになると自動で充電台に戻り、自動で充電を開始する賢さも持ちあわせている優れもの。

本格的な床の掃除であれば従来のキャニスターやスティック掃除機が最適です。しかしロボット掃除機を外出中に動かせておけば、目にみえる埃や小さなゴミを留守中に掃除できます。少しでも部屋の床を掃除する手間をはぶきたい人におすすめです。

ナビゲーションシステム

ロボット掃除機には高精度な『ナビゲーションシステム』が内蔵されています。本体にはカメラやセンサーが搭載されており、部屋の広さや置いてある家具、ゴミの位置を正確に検知して、掃除するルートを決定します。

ナビゲーションシステムによって導き出した最適な掃除ルートを効率的に自動走行、これがロボット掃除機の賢さの理由です。製品によってナビゲーションシステムの性能が異なります。

さまざまな床に自動で対応

ロボット掃除機の裏面にはゴミを吸い込む吸引口だけではなく、走行するためのローラーや家具の足回りのゴミをかき出すサイドブラシが装着されています。製品によりますが、さまざまな床に自動で対応できモードを変更すればカーペットや畳の掃除も可能です。

進入禁止エリアの設定

高性能なロボット掃除機なら段差の検知が可能で、少しの段差なら乗り越えて掃除を続けます。階段など大きな段差を検知すると落ちないように自動で方向転換します。

進入させたくない部屋や場所には走行させない『進入禁止エリア』の設定も可能です。進入禁止エリアの設定には赤外線を利用して壁を作るタイプ、磁気テープを床に貼って進入をさまたげるタイプがあります。

吸引掃除タイプだけでなく、拭き掃除タイプも

ロボット掃除機は自動で床を走行してゴミを吸い込む、『吸引掃除タイプ』が主流です。しかし性能が進化を続けフローリングをモップで掃除してくれる『拭き掃除タイプ』も登場しています。

拭き掃除タイプは専用のシートをとりつけて稼働。基本的にフローリングでの稼働に限られていて製品モデルも多くはありませんが、拭き掃除の負担を軽減してくれるので人気がどんどん高まっています。

安いロボット掃除機のおすすめの選び方

安い ロボット 掃除機 おすすめ 選び方

では安いロボット掃除機のおすすめの選び方を解説していきます。

バッテリーで選ぶ

ロボット掃除機は基本的に充電式なので、『バッテリー』が切れてしまうと稼働が停止します。特に外出中に稼働させている場合、どこまで掃除が完了したかを把握できないので、バッテリー切れでの稼働停止を防ぎたいところです。

部屋の広さによっては、全ての場所を掃除する前にバッテリーが切れる場合もあります。バッテリーの連続稼働時間はチェックしておきましょう。あわせて充電が完了するまでの時間もチェックしておけば、掃除にかかる時間を把握できます。

サイズで選ぶ

家具の隙間や狭い場所の掃除をロボット掃除機に任せたい方は、直径や高さなどサイズの確認が必要です。特にソファーやベッドの下は、日頃の掃除が面倒なのでロボット掃除機に任せたいところ。

性能が高くても目的の場所を掃除できない製品なら、購入する意味がありません。ロボット掃除機の一般的なサイズは直径が32~35cm、高さが9cmほどです。ただし製品によっては、もっと薄型でコンパクトなモデルもあります。

Wi-Fiによるインターネット接続で選ぶ

ロボット掃除機は本体やリモコンでの操作が一般的でしたが、近年では専用アプリをスマートフォンにダウンロードしてWi-Fiによる操作が可能な製品が多く登場しています。

自宅にいなくても外出先から操作できるので、気が向いたときにロボット掃除機を稼働できます。予約設定ができる製品もあるので、稼働させるのを忘れてしまう場合に便利です。

お手入れのしやすさで選ぶ

ロボット掃除機の性能をキープするには、こまめなお手入れが重要。お手入れを怠ると性能が落ちてしまうので、お手入れのしやすさで製品を選ぶことがポイントです。

チェックポイントはダストボックスの引き出しやすさや、ブラシにゴミが絡みにくいかなど。ダストボックスとブラシが水洗いできるのかも大きなポイントです。特にセンサー部分は性能に直結する大切な箇所なので、センサー部分の掃除のしやすさも重要です。

自動充電・自動再開機能で選ぶ

自動充電』・『自動再開機能』がついていればバッテリーが切れても自動で充電台に戻り、充電が終わると掃除を再開するので便利。広い部屋を掃除するときや、長時間稼働させるなら必要な機能です。

自動充電・自動再開機能がついていなければバッテリーが切れた時点で稼働が停止してしまうので、部屋のどこにロボット掃除機があるのかわからなくなってしまいます。また充電をし忘れて外出中に稼働できない事態も防げます。

安いロボット掃除機の人気おすすめメーカー

安い ロボット 掃除機 人気 おすすめ メーカー

安いロボット掃除機は、さまざまなメーカーから発売されています。特に人気のおすすめメーカーをご紹介していきます。

iRobot (アイロボット)

iRobo』tはロボット掃除機の中でも特に知名度が高い、『ルンバ』を発売しているメーカーです。『ルンバ』は掃除ができる範囲が広いのと高い吸引力が魅力、3シリーズ発売されていて人気はロボット掃除機の中でもトップクラス。

強力なクリーニング機能AeroForceが搭載されているので、112畳もの広さをスピーディに掃除することができます。フローリングだけではなく、カーペットやラグ、絨毯も綺麗に掃除ができる最先端のロボット掃除機です。

ルンバ』の他にも『ブラーバ』という製品を発売しています。『ブラーバ』は拭き掃除をメインとしたロボット掃除機で、小さなお子様がいてフローリングの床をすぐに汚してしまう家庭に人気が高い製品です。

操作もシンプルで専用のパッドを装着しタンクに水を入れるだけ。フローリングやタイルにこびりついた汚れを落とすのに適してますが、床の埃も同時に清掃してくれるので清潔な床を保つことができます。

Panasonic (パナソニック)

Panasonic』が発売しているロボット掃除機は『ルーロ』で三角形状が特徴。日本国内のメーカーではもっとも人気が高く売れている製品で、3シリーズ発売されています。

三角形状なので部屋のすみずみまでゴミを残さずに掃除するのが大きな魅力、丸いタイプのロボット掃除機ではすみずみのゴミまで対応できません。掃除できる範囲も最大で120畳と『ルンバ』を凌ぎます。

日立

コンパクトな本体サイズで人気が高い『ミニマル』を発売しているのは『日立』です。高性能なロボット掃除機は便利ですが、その分サイズが大きくなってしまうデメリットがあります。

サイズが大きいと狭い隙間のゴミはどうしてもとり残してしまうので、部屋によっては掃除が二度手間になることも。『ミニマル』は本体幅が25cm、高さが9.2cmなので家具の隙間やソファーの下も問題なく掃除が可能です。

SHARP (シャープ)

アクオスでお馴染み『SHARP』が発売しているロボット掃除機は『ココロボ』です。『ココロボ』は音声操作が可能なだけではなく、声をかけると返してくれるペットのようなロボット掃除機。

音声でコミュニケーションがとれるのは画期的で、高齢者や小さいお子様がいる家庭に人気が高い製品です。国内メーカーの中でも価格が安く設定されているので、安いロボット掃除機を探している方におすすめです。

東芝

東芝』はお手入れが便利なダストステーションを搭載した『トルネオロボ』を発売しています。一般的なロボット掃除機は、掃除をすれば毎回ゴミ捨てをするのが当たり前です。

しかし『トルネオロボ』はダストステーションが搭載されているのでゴミを1/5に圧縮、ゴミ捨ても1か月に1度だけ。面倒なゴミ捨ての労力をなくしているのでめんどうくさがりの方におすすめできる製品です。

Dyson (ダイソン)

スティック掃除機のイメージが強い『Dyson』は、『Dyson 360 eye』というロボット掃除機を発売しています。Dysonといえば吸引力が売りですが、『Dyson 360 eye』は軽量ながら吸引力が魅力の製品です。

機能性が高く部屋の広さや物が置いてある位置を正確に特定し、効率的に掃除ができるルートを導き出します。稼働時間が短いので広い部屋には適していませんが、狭い部屋を重点的に掃除したい場合に適している製品です。

ECOVACS (エコバックス)

窓拭きをロボット掃除機に任せたいなら『ECOVACS』の『WINBOT』がおすすめです。『WINBOT』は大きな窓の掃除を、ただガラスにくっつけるだけで自動で綺麗にしてくれます。

飲食店やホテルなど窓が大きな建物での窓拭きは大変な作業です。高い場所は脚立を使わなくてはいけないので、安全面でも心配があります。『WINBOT』を使えば高い場所も自動で掃除、窓拭きの手間がかかりません。

Neato Robotics (ネイトロボティクス)

Neato Robotics』はアメリカのカリフォルニア州に本社がある海外メーカーです。Neato Roboticsが発売しているロボット掃除機は壁際の掃除に強い『Botvac』、独特な形をしているのが特徴的。

Botvac』はアルファベットのDの形でDシェイプと呼ばれる形状をしています。丸い形をしているロボット掃除機よりも壁際の掃除に強く、壁際の1.4cmまで近づくことが可能。マッピング能力が高く短時間で効率的な掃除ができる製品です。

ニトリ

家具や雑貨を販売している『ニトリ』は『ルノン XR210』というロボット掃除機を発売しています。ニトリの魅力は上質な製品を安い価格で提供している点で、コスパの高いメーカーとして知られています。

ルノン XR210』もロボット掃除機の中では特に安価で約2万円ほどで購入でき、安い製品を探している方には魅力的。吸引力は他のロボット掃除機に劣りますが、ダストボックスの大きさ、進入禁止エリアを設定できる面からみてもコスパには優れています。

ツカモトエイム

圧倒的に安いロボット掃除機を探すなら『ツカモトエイム』の『ミニネオ』がおすすめ、約1万円で購入ができます。安くても最低限の機能はついているので、ワンルームでひとり暮らしをしている方には十分です。

ミニネオ』の他に『エコモ ポンテライン』という製品も発売しており、価格は約1.5万円。吸引力の高さや稼働時間の長さから、コスパが抜群のロボット掃除機として評価が高いです。

Anker (アンカー)

モバイルバッテリーや充電器で知られる『Anker』は、新たなメーカーEufyを立ち上げ家電業界に進出しました。発売しているロボット掃除機は『RoboVac』、低価格なのに広範囲の掃除ができると評判の製品です。

RoboVac』の価格は安いもので約2万円、同価格の製品なら20~30畳の広さを掃除できるのが一般的。しかし『RoboVac』は最大でも90畳もの掃除が可能で、コスパに優れている製品として人気が高いです。

コスパ最強の安いロボット掃除機 のおすすめ人気比較ランキング

第10位

3つの掃除モードでさまざまな床に対応可能!キャニスター掃除機が届かない場所も超薄型デザインだから楽々お掃除!

吸引力が強力でしっかりとゴミを浮かせて吸い込みます。「計画式モード」「重点清掃モード」「ランダム掃引モード」と3つの掃除モードを搭載しており、状況によってモードを切り替え効率的な掃除が可能。

76mmと超薄型サイズなので、キャニスター掃除機が届かない家具やソファーの下も楽々お掃除してくれます。段差がある場所でも高性能な落下防止センサーがついているので、安心して掃除を任せることができます。

第9位

CCP mofa ロボット掃除機 ZZ-MR2-BE

3,100円(税込)

コストパフォーマンスが最高な自動モップロボット掃除機!掃除機でとり切れないハウスダストもしっかり吸着!

掃除機や拭き掃除でとり切れない花粉や細かな埃、ハウスダストを綺麗に掃除してくれる自動モップロボット掃除機。赤ちゃんがいてフローリングの床を常に清潔に保ちたいご家庭におすすめです。

吸着式なので排気はゼロ、料理中に稼働させておいても埃を巻き上げずクリーンな空間をつくりだせます。形状がマイクロファイバーなので物にぶつかっても傷つけません。安価なのでコストパフォーマンスも優秀です。

第8位

EJE ロボット掃除機 D500 PRO

17,900円(税込)

吸い込み掃除と拭き掃除の1台2役!Dタイプ形状で超薄型だからお部屋のすみずみまで綺麗に掃除できます!

フローリング専用のロボット掃除機で、吸い込み掃除と拭き掃除の2役を1台で可能にしました。形状はDタイプで74mmの超薄型、一般的な丸形ロボット掃除機よりも部屋のすみずみまで綺麗に掃除することができます。

外出時にスタートボタンを押すだけで帰宅時には部屋中が綺麗、掃除が終了すれば自動で充電台に戻ります。段差のある部屋でも1.5cmほどなら楽々乗り越えますし、5cmほどの高さから落ちる心配もありません。

第7位

+Style ロボット掃除機 B300

19,800円(税込)

わずか6.2cmの超薄型で届きにくい場所もしっかりケア!ルームマッピング機能で効率的な掃除を実現!

高さが6.2cmと超薄型なので狭い隙間の奥まで入りこみ、届きにくい場所も綺麗に掃除ができます。ルームマッピング機能で掃除のルートも確認が可能、より短時間で効率的にすみずみまで綺麗になります。

マッピング機能がついている製品の中でも特に安価で、断然コスパが良いと評判。水拭きにも対応していて、吸い込み掃除だけでは対応できない汚れや埃もしっかりと綺麗にしてくれます。

第6位

Panasonic RULO ロボット掃除機 MC-RSC10-W

43,128円(税込)

国内メーカー人気ナンバーワン!独自の三角形状で部屋のすみずみまでしっかりと掃除してくれる!

国内メーカーの中でもっとも人気が高く売れている製品のシリーズ機、通常のRULOよりも本体面積が40%カットされています。小さくなっても性能は同じで独自の三角形状はコンパクトで部屋のすみずみまでしっかりと掃除。

ハウスダスト発見センサー搭載で目にみえない花粉やダニのフン、ハウスダストを逃しません。音ひかえめモードを使えば通常モードよりも20%の実感音を減らすことができ、マンションやアパートでも音が気にならない。

第5位

Anker RoboVac G10 Hybrid ロボット掃除機 AK-T2150521

26,800円(税込)

薄型なのに最大2000Paの吸引力!音の静かさが特徴的で大きさは電子レンジの動作時と同程度!

高さが約7.2cmと薄型ながら最大2000Paの強力な吸引力でパワフルに掃除ができます。吸引だけではなくモッピングモードも搭載しているので水拭きにも対応、1台で床をピカピカにできます。

独自のナビゲーションシステムにより、短時間で効率的な掃除が可能。wi-fi機能も便利でアプリをダウンロードすれば、スケジュール設定やモード変更はスマートフォンで行うことができます。

第4位

iRobot ルンバ ロボット掃除機 R606060

28,314円(税込)

独自の3段階クリーニングシステムを搭載!あらゆる床に対応するからロボット掃除機初心者が購入すべき1台!

ロボット掃除機業界でももっとも知名度が高く、人気も高いルンバシリーズ。ルンバ独自のかき出す、かき込む、吸い込むの3段階クリーニングシステムで強力な吸引力を実現しました。

機能性に優れ部屋の広さや状況を正確に把握し効率的に掃除、カーペットや絨毯などあらゆる床にも対応。ルンバシリーズの中でも安価に購入できる製品なのでロボット掃除機初心者におすすめです。

第3位

ECOVACS ロボット掃除機 DEEBOT-N622

16,800円(税込)

世界52か国で販売台数累計トップ!V字型メインブラシとモード設定で効率的な掃除が可能!

V字型メインブラシでカーペットの汚れや埃を効率的にかき出し、パワフルな吸引力で掃除ができます。掃除モードが選択可能で、掃除の用途によってモードの使い分けが可能。

衝突防止センサーと落下防止センサーが高精度で、障害物や家具を傷つけることなく段差もしっかりと検知します。世界的に人気が高い製品で、2018年には52か国で売上台数累計トップを達成しました。約1500万のご家庭で愛用されています。

第2位

ツカモトエイム ロボット掃除機 AIM-RC03

10,500円(税込)

大人気ロボット掃除機ミニネオがコンパクトサイズに!手のひらサイズで使いやすいのに機能は充実!

圧倒的に安い価格ながら機能性が充実しているロボット掃除機ミニネオ。サイズがコンパクトになり約23.5cmの手のひらサイズ、小さくて使いやすいのに充実した機能が備わっています。

「らせん走行」「バンパー走行」「壁沿い走行」3つのモードを使い分けることで部屋の床を広範囲で掃除することができます。ダストボックスもとり外しやすくお手入れも簡単。価格面からみてもコスパが非常に高い製品です。

第1位

ILIFE ロボット掃除機 V3s Pro

16,900円(税込)

簡単操作ワンタッチで起動可能!ブラシレス吸引口でペットの毛や埃を強力に!

ワンタッチで起動ができ操作方法も簡単なので、どなたでも気楽に使えます。吸引口には強力なブラシレスモーターを採用しているので、ペットの毛や埃を強力に掃除してくれます。

多様なモード機能で目的に合った掃除ができ、予約機能で計画的な稼働も可能です。自動充電機能も搭載しているのでバッテリー切れの心配はありません。価格も2万円以下とコスパが優秀なので、はじめてロボット掃除機を購入する方にもおすすめできます。

コスパ最強の安いロボット掃除機 のおすすめ比較一覧表

商品画像
ILIFE ロボット掃除機 B06XCPQTBS 1枚目
ツカモトエイム ロボット掃除機 B00BHAXR84 1枚目
ECOVACS ロボット掃除機 B06XKC139T 1枚目
iRobot	 ルンバ ロボット掃除機 B07Q51S4GC 1枚目
Anker RoboVac G10 Hybrid ロボット掃除機 B07SM64VZZ 1枚目
Panasonic RULO ロボット掃除機 B07MFTLDD8 1枚目
+Style ロボット掃除機 B07WGJT8Y1 1枚目
EJE ロボット掃除機 B07SW9QXH7 1枚目
CCP mofa ロボット掃除機 B00NFOC3A8 1枚目
ANNEW ロボット掃除機 B07L2P3TWM 1枚目
商品名 ILIFE ロボット掃除機 ツカモトエイム ロボット掃除機 ECOVACS ロボット掃除機 iRobot ルンバ ロボット掃除機 Anker RoboVac G10 Hybrid ロボット掃除機 Panasonic RULO ロボット掃除機 +Style ロボット掃除機 EJE ロボット掃除機 CCP mofa ロボット掃除機 ANNEW ロボット掃除機
型番 V3s Pro AIM-RC03 DEEBOT-N622 R606060 AK-T2150521 MC-RSC10-W B300 D500 PRO ZZ-MR2-BE A1
特徴 簡単操作ワンタッチで起動可能!ブラシレス吸引口でペットの毛や埃を強力に! 大人気ロボット掃除機ミニネオがコンパクトサイズに!手のひらサイズで使いやすいのに機能は充実! 世界52か国で販売台数累計トップ!V字型メインブラシとモード設定で効率的な掃除が可能! 独自の3段階クリーニングシステムを搭載!あらゆる床に対応するからロボット掃除機初心者が購入すべき1台! 薄型なのに最大2000Paの吸引力!音の静かさが特徴的で大きさは電子レンジの動作時と同程度! 国内メーカー人気ナンバーワン!独自の三角形状で部屋のすみずみまでしっかりと掃除してくれる! わずか6.2cmの超薄型で届きにくい場所もしっかりケア!ルームマッピング機能で効率的な掃除を実現! 吸い込み掃除と拭き掃除の1台2役!Dタイプ形状で超薄型だからお部屋のすみずみまで綺麗に掃除できます! コストパフォーマンスが最高な自動モップロボット掃除機!掃除機でとり切れないハウスダストもしっかり吸着! 3つの掃除モードでさまざまな床に対応可能!キャニスター掃除機が届かない場所も超薄型デザインだから楽々お掃除!
価格 16,900円(税込) 10,500円(税込) 16,800円(税込) 28,314円(税込) 26,800円(税込) 43,128円(税込) 19,800円(税込) 17,900円(税込) 3,100円(税込) 8,900円(税込)
商品リンク

コスパ最強の安いロボット掃除機のおすすめまとめ

コスパ 最強 安い ロボット 掃除機 おすすめ まとめ

コスパ最強の『ロボット掃除機』の選び方と人気比較ランキングをご紹介してきました。自分に合ったロボット掃除機をみつけることはできたでしょうか?

ロボット掃除機は安いからといって機能性が劣っているとは限りません。安くても充実した機能を備えた製品はたくさんあります。部屋の広さや掃除の用途、予算に合わせてより使いやすいコスパ最強の製品を選ぶようにしましょう。

記事をシェアして友達にも教えよう!

コスパ最強の安いロボット掃除機
のおすすめ関連記事をもっと見る