オーバーヘッドヘッドホンのおすすめ人気比較ランキング10選【最新2020年版】

【最新版】オーバーヘッドヘッドホンの人気10アイテムのおすすめ比較ランキング。オーバーヘッドヘッドホンの特徴や選び方から価格情報やスペック情報、クチコミやレビューまで徹底比較。最後に編集部おすすめのオーバーヘッドヘッドホンをランキング形式でご紹介。
おすすめStartHome編集部

近年スマートフォンが普及したことで、ますます人気が高まっている『ヘッドホン』。現在ヘッドホンと言えば、ファッションアイテムの一部としても愛用されつつあり、音質や装着感などにこだわり抜いたヘッドホンがここ数年でいっきに増加しました。

さまざまなタイプのヘッドホンが発売されていますが、今回はそのなかでも『オーバーヘッドヘッドホン』に注目。今回の特集では、オーバーヘッドヘッドホンの特徴から選ぶうえでのポイント、価格からクチコミまで充実の内容で選定しました。

オーバーヘッドヘッドホンヘッドホンを探している方は、ぜひ参考にしてみてください。

そもそもオーバーヘッドヘッドホンとは?

オーバーヘッド ヘッドホン とは

オーバーヘッドタイプ』は、ヘッドホンのなかで最も愛用されている形状とも言えます。ヘッドホンを頭にのせるという一般的に知られている形状で、パーツは2部から構成。

サイズ感も大きく高音質であることがこのヘッドホンの最大の魅力で、ヘッドホンのおよそ80%以上がこのタイプだと言われています。

おすすめのオーバーヘッドヘッドホンの選び方

おすすめ オーバーヘッド ヘッドホン 選び方

ハウジングの形状で選ぶ

ハウジング』は、ヘッドホンの外観を自分好みにカスタマイズできる重要なポイントとなります。『オープンエアー型』『密閉型』の2つの構造からなり、素材もプラスチック以外にさまざまな素材が使用されることにより音が変化し、音質的に重要な役割をもっています。

密閉型 (クローズド型)

密閉型』は、スタンダードな形状で一般的に知られています。外部の音を遮断することで、低音を逃さず繊細な音も聴き取りやすい構造。周囲への音漏れの心配もないので迫力ある重低音サウンドも楽しめ、また公共機関でも使い心地よく音楽に没頭できるのが最大の魅力です。

低音が効いた曲を楽しみたい方や、小さな音も聴き逃したくない方にはおすすめです。ただし、長時間装着すると蒸れてしまうという点には注意が必要でしょう。

開放型 (オープンエアー型)

開放型ヘッドホンとは、イヤーカップ部分の背面にメッシュ素材のような穴が多数開いているタイプ。音の広がりを感じられるため自然なサウンドで圧迫感も少なく、聴き疲れしにくい点がメリットになります。

ただし開放型ヘッドホンは、密閉型ヘッドホンと比較すると音漏れが気になるので屋外での使用には注意が必要でしょう。そのため屋外での使用は控え、個人での使用がおすすめです。通気性にも優れている軽量モデルが多いので、映画やライブ映像などの長時間の視聴にもおすすめです。

クラシックやアコースティック楽器を中心とした音楽鑑賞を楽しみたい方や、音質重視でヘッドホンを選びたい方は開放型ヘッドホンをおすすめします。自宅でサウンドを楽しみたい方には最適です。

装着タイプで選ぶ

オーバーイヤー型

イヤーパッドが耳を覆う形状からなり、本体が大きい分高音質が楽しめることから長時間の音楽鑑賞にも向いている『オーバーイヤー型』。ミュージシャンや音楽に関わるプロの現場でもこのヘッドホンは必須であり、音質にこだわる方には最適のアイテムです。

全体的にも重みがあるためポータブル使用に不向きですが、高音質で優れたモデルが多数発売されています。

オンイヤー型

オンイヤー型』は、イヤーパッドを耳に乗せるだけの軽快な装着感が特徴的でコンパクトなモデルを多数発売しているのがメリットです。オーバーイヤー型と比べると、低音の再生能力やスケール感には劣る部分がデメリット。

しかし軽量かつ折りたためるタイプが多くポータブル使用にも向いているため、軽快な装着感を求めている方にはおすすめです。また価格もリーズナブルなためヘッドホン初心者にもおすすめです。

接続方式で選ぶ

有線接続

有線接続は一般的に広く普及していて、最大のメリットはノイズが少ないので音質の劣化を感じることなく最大限に楽しめます。品質、種類、価格のバリエーションも豊富なので高価格から低価格な製品まで発売されており、なかには100円ショップやコンビになどでも購入可能。

またケーブルを接続することですぐに再生機器に接続できる点もメリットであり、音質は必須という方は有線のヘッドホンがおすすめです。しかしケーブルの劣化や取り回しが邪魔だったり、断線などの心配点は唯一のデメリット。

ワイヤレス接続 (Bluetooth接続)

ワイヤレスイヤホンが主流になってきている現在、従来使用してきたイヤホンコードがなくなって邪魔な配線がなく、イヤホンのみで音楽を聴くことが可能。またコードが絡まるなどといった心配もなく充電中でも音楽を聴けるようになります。

一方でBluetoothは、ほかが発する電波からの干渉を受けるため音が遅れることもあり、画面と連動させて行うゲームなどには不向きかもしれません。このことからも、ワイヤレス方式は自由に動きながら音楽を楽しみたい方には最適です。

機能で選ぶ

ノイズキャンセリング

ノイズキャンセリング機能』とは、周囲から聞こえてくる騒音を軽減しクリアな音を楽しめる機能のことです。静かな環境を作り出すので、電車移動や騒音の激しい場所、集中したいときなどにその効果を発揮します。

ノイズの音を軽減させるモデルもあり、電車やバスなどの公共機関などでも不要な音を極力抑えながらアナウンスなど大事な音を聞き取ることが可能。音楽を聴くために使用するのはもちろんのこと、耳に装着するだけでも騒音が軽減されるので耳栓代わりに使えるのもポイントです。

ハイレゾ音源対応

ハイレゾ音源』とは、従来と比較してCDを超える情報量を持った『高音質なオーディオ』のことです。

レコーディング現場にいるような空気感やライブなどでの臨場感が楽しめ、CDや音源データなどでは伝えきれない音域を収録し、まるでレコーディングスタジオで聴いているかのように表現できる高い音が特徴的です。

現在販売しているオーディオ機器の中には、ハイレゾ対応している製品かひと目でわかるものが多いので購入する際にはその点をチェックしましょう。

好みの音楽ジャンルで選ぶ

販売しているヘッドホンは種類ごとに音域が異なり、音楽をさらに楽しめるようにそれぞれ工夫されていることから、聴く音楽のジャンルや好みによってヘッドホンを選ぶのがおすすめです。そのため購入するヘッドホンが好みのジャンルに合った音域かを把握しておく必要があります。

J-POPといった邦楽を聴かれる方には中高域が強いタイプがおすすめです。逆に、ロックやジャズを聴かれる方には低音域に強いタイプが合っています。また、クラシックのように幅広く音域が使われている曲の場合には、フラットな音域が必要になってきます。

いずれにせよ製品情報だけでは決めかねると思いますので、口コミやレビューなど実際の感想を参考に選ぶようにしましょう。

スペックで選ぶ

ヘッドホンを選ぶ際に確認必須なのがヘッドホンの『スペック』です。

製品パッケージやカタログ、製品ページなどには必ず書かれていて見た目だけではわからない機能や特徴を教えてくれるのがスペックです。たくさんの項目があって見方もそれぞれ異なるスペックについて、簡単に説明していきましょう。

再生周波数帯域 (GHz)

再生周波数帯域』とは、再生できる周波数の下限から上限までを単位『Hz』として表記したものになります。

数値幅が大きければ大きいほど広い音域を再生できることになりますが、製品ページやカタログなどに表示するスペックについてはルールが定めておらず、実際に聴こえ可聴域を記載しているメーカーもあれば、機器を使用し計測した数値を記載しているメーカーもあります。

ちなみに、ハイレゾロゴマークがついているヘッドホンは、高域再生性能が40000Hz以上のタイプになります。

出力音圧レベル/感度/能率 (dB/mW)

ヘッドホンから音がどのくらいのレベルによって再生音を感じられるかを表す数値であり、単位は『dB/mW(デシベル)』になります。

この数値が大きくなるほど大きな音量を一定のボリュームで獲得することが可能です。

最大入力 (mW)

ヘッドホンに入力可能な最大電力を表す数値が『最大入力』で、『mW』の単位で表記されます。

また、数値が大きいから良いということではなく、プレーヤー側の最大出力以上もしくは同等の数値であれば問題ありません。

インピーダンス (Ω)

インピーダンス』は、『Ω (オーム)』という単位で表記され、これはヘッドホンがもともと持っている電気抵抗の大きさを表した数値になります。

大きければ音が小さく、一方小さいと音が大きくなる特徴があるので、低い電圧で駆動するポータブルプレーヤーには、低めのインピーダンスを使うことで電力効率が良くなります

オーバーヘッドヘッドホンの人気おすすめメーカー

オーバー ヘッドヘッドホン 人気 おすすめ メーカー

SONY (ソニー)

SONY』は世界的有名なメーカーで知られ、ヘッドホンではプロ一般問わず国内トップクラスのレベルを誇ります。特に音響機材に力を入れていることから、音楽スタジオでも使用されてきました。

プロ用として発売した『MDR-CD900ST』モデルは、現在もなお長い年月業務用ヘッドホンとして圧倒的な影響力を誇っています。一般用ヘッドホンも広帯域に対応可能で、騒音を打ち消す機能も搭載している製品もあり優れたスペックを備えているのが最大の魅力です。

audio-technica (オーディオテクニカ)

audio-technica』は50年以上もの歴史がある日本を代表するヘッドホンメーカーで、価格帯も幅広く豊富な種類を取り扱ているのが特徴です。
SONYに劣らない製品を数多く取り揃え、国内では珍しく開放型ヘッドホンに力を入れ幅広く展開しています。
高音をやや強めた爽やかなサウンド感が特徴的で、使い勝手が良く鳴らしやすい設計がおすすめ。

Beats (ビーツ)

Beats』のヘッドホンは2006年に登場して以降、音楽ファンやミュージシャンを中心に愛され続けてきました。

ファッショナブルなデザインが人気でカラーバリエーションも豊富なのが特徴であり、音質も良好なので重低音重視の方は特に要チェックです。

2014年からAppleに買収されて以来、iPhoneやiPadなどの同メーカー製品との親和性も強化されています。
アスリートからモデルまで幅広いセレブたちに愛用されているブランドです。

BOSE (ボーズ)

BOSE』はアメリカ発のオーディオ機器メーカーで、創業から50年以上も経った今でも熱狂的ファンを獲得し続けています。

世界で初となるノイズキャンセリング機能を開発したメーカーであり、ヘッドホンのみならずイヤホンやスピーカーを中心にさまざまな音響機器をリリースしている点もポイントなブランドです。

重低音以外にも、声の帯域と言われる中音域をクリアに聴かせてくれるモデルを発売しています。華やかであり聴き応え抜群の心地よいサウンドを探している方に必見です。

SENNHEISER (ゼンハイザー)

SENNHEISER』は、1945年に創立されたドイツの老舗音響機器メーカーであり業務用を中心とし世界的に絶大な支持を得ています。

1968年には世界初となる開放型ヘッドホンを開発し、販売総数1,000万台を超える大ヒットを記録し、以降SENNHEISERは国内外からのファンを獲得し続けてきました。精密かつ滑らかなサウンドを鳴らす空間表現力の高さもポイントです。

オーバーヘッドヘッドホン のおすすめ人気比較ランキング

第10位

SENNHEISER オープンバックヘッドホン HD 660 S

74,150円(税込)

優れた音質を確保し熱狂的なオーディオファンに最適なオープン型ダイナミックヘッドホン。

SENNHEISER HD 660 S』は、要求が厳しいリスナーに向けて細部にまでこだわり抜き、HD 650の後継機種として、前モデルを超える優れた性能を実現しました。

頑丈かつ軽量な構造もリスニングを快適にし、イヤーカップは耳にフィットする楕円形の形状です。また厚みあるヘッドバンドと交換可能なイヤークッションで、音楽を楽しむことに重点を置きリラックスできる贅沢な空間を提供します。

第9位

迫力ある低音域とクリアで繊細な高音域、可聴帯域をはるかに超える超高音域の再生を実現。

新開発されたドライバーユニットで、空気の波動を邪魔せずハイレゾ音源をクリアに再生することを実現。

ケーブルと通話にも使えるマイク付きで、好みや対応機器に応じてケーブルを付け替えられます。

ヘッドホン自体を軽量化しイヤーパット部分を改良したことで長時間のリスニングも可能になりました。

付属でついているリモンは操作しづらいと感じる時もありますが、その際はアプリをダウンロードすることで自分好みの操作方法に変更できます。

第8位

AKG リファレンスヘッドホン K701

18,000円(税込)

開放型ヘッドホンの原点とも言えるモデル。生産終了した現在もなお人気のヘッドホン。

AKG K701』は、オーディオファンを魅了したAKG Kシリーズのフラッグシップモデルです。
他にはない最高のサウンドを提供し、重低域から超高域まで再生するサウンドゾーン、動きを支えるムーブメントゾーンの2部構成によりスムーズな動作を実現しました。

長時間の音楽鑑賞にも最適で、iPhoneでも直接聴けますがヘッドフォンアンプ、ポータブルアンプを使用することでより一層心地良く聴けます。

第7位

男女問わずファッションの一部として取り入れやすいスタイリッシュなデザイン

Beats Solo3 Wireless』は、バッテリーが最長40時間駆動するのでお気に入りの音楽をリピート再生にしつつワイヤレスで1日中楽しむことができます。
バッテリー残量が少なくなってきても、Fast Fuel機能搭載なのでわずか5分の充電で最長3時間再生可能です。

世界中が認めたBeats独自のサウンドで、細かなチューニングによって幅広い音域とクリアなサウンドを実現。

また、クッション付きイヤーカップで外部のノイズをシャットアウトするのでサウンドだけに集中できるのが最大の魅力です。

第6位

Bose wireless headphones II QuietComfort35 II RGD

35,640円(税込)

BOSEが世界初となるGoogleアシスタントを搭載したヘッドホン。様々な操作を音声でコントロールできます。

QC35 II』はQuietComfortシリーズの最新版であり、Bluetoothによるワイヤレスリスニングの機能を統合し、『Bose Connect』アプリなどを使用することで簡単にスマホとペアリングでき音楽などを楽しめます。また、バッテリーは連続約20時間の音楽再生にも対応可能です。

ノイズキャンセリング機能も搭載し、高・低・オフの3段階で切り替えられるようになりました。一方で電車やアナウンスなど人の声の帯域は、安全面や聞き逃し防止などのためにあえて聴き取りやすくチューニングされています。

第5位

BOSENOISE NOISE CANCELLING HEADPHONES NC HDPHS 700

46,750円(税込)

2019年9月に登場したばかりのBOSE最新モデル

新モデルの特徴は、耳の方に向かって徐々に細くなっていく形状で、主張しすぎないデザインへと変更し、ブラックとラックスシルバーの2色のカラーで販売。

イヤーパッドを装着時は耳にぴったりと吸い付くような感触で、周囲のノイズが入らないように設計されています。また、電源を入れると、残量時間を音声で教えてくれる機能が搭載されました。さらにBluetoothでスマホやプレーヤーにペアリングすることで、その機器名も読み上げてくれます。

第4位

beats by dr.dre ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン studio3 wireless

33,980円(税込)

BeatsのBluetoothノイズキャンセリングヘッドホン。対応デバイスと簡単にペアリングし省電力で駆動します。

Beats Studio3 Wireless』は、2017年10月に『Studio V2』の後継モデルとしてリリースされた製品です。

Studio3』では、Apple W1チップを搭載したことで、iPhone・iPad・Macなどと簡単にペアリングし、同期先の切り替えも簡単になりました

またカラーバリエーションも6色と豊富な発売でそろえ、音質もバランスが良くノイズを感じることなくクリアな音楽を楽しめます。装着感も心地よく、バッテリーも長持ちすることから満足感が高い製品です。

第3位

SONY h.ear on 3 Wireless NC WH-H910N

27,800円(税込)

高いノイズキャンセリングとハイレゾ音源を楽しめるカラバリ展開も豊富。

h.earシリーズの第三世代モデルが登場。ファッションを楽しみつつお手軽に音楽を聴きたいという人に最適なシリーズ。

周囲の騒音などをノイズで打ち消し、音楽だけに集中させてくれるデジタルノイズキャンセリング機能が搭載されています。

ノイズキャンセリング稼働時は最長35時間再生可能で、ノイズキャンセリングOFF時には最長45時間の音楽再生が可能です。突然の外出時でも10分の充電で2.5時間再生可能になるクイック充電に対応しています。

第2位

SENNHEISER MOMENTUM Wireless M3AEBTXL

47,599円(税込)

Bluetooth5.0対応のワイヤレスヘッドホンで、低遅延・高音質を実現し3モードのノイズキャンセル機能も搭載。

MOMENTUMらしい美しいデザインで、高音・低音の音質はNCワイヤレスヘッドホンの中でも抜群。

十分な側圧で耳にフィットし、ノイズキャンセリングは3段階で選択可能で、最高レベルでノイズキャンセリングを使用するとかなり静かになります。

音漏れの心配もあまり必要ありませんが、爆音で聞けば漏れるので注意が必要です。折り畳むとコンパクトになりますが、元のサイズが大きめなので多少携帯性の悪さを感じ、持ち運びのポーチの大きさが唯一のマイナス点でしょう。

第1位

SONY イヤレスノイズキャンセリングヘッドホン WH-1000XM3

34,300円(税込)

SONY独自開発の業界最高クラスの高音質ノイズキャンセリング機能搭載。こだわりの高音質を堪能できます

前モデルより20g軽量化しているので、ヘッドバンドの角度が改良され装着感もさらに向上。
WH-1000XM3』に搭載された『高音質ノイズキャンセリングプロセッサーQN1』は、前モデルと比較すると4倍もの処理性能を実現可能に。

また、ワイヤレスでもハイレゾ相当の高音質を楽しめ、長時間の外出でも心配ない最大30時間のロングバッテリー。その場の環境や装着状態に最適化してノイズキャンセリング機能の体験をさらに高めることができる『NCオプティマイザー』搭載しています。

オーバーヘッドヘッドホン のおすすめ比較一覧表

商品画像
SONY イヤレスノイズキャンセリングヘッドホン B07GZ8DZC8 1枚目
SENNHEISER  MOMENTUM Wireless  B07W5PQ3V9 1枚目
SONY h.ear on 3 Wireless NC  B07YYFJD14 1枚目
beats by dr.dre ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン B0776S45FC 1枚目
BOSENOISE NOISE CANCELLING HEADPHONES B07RSCM9ZZ 1枚目
Bose wireless headphones II B07RN6FQ8V 1枚目
beats by dr.dre Solo3 Wireless B07PRWZ28M 1枚目
AKG リファレンスヘッドホン B000EBBJ6Y 1枚目
SONY ヘッドホン B07HMCNDK6 1枚目
SENNHEISER オープンバックヘッドホン B076HP574T 1枚目
商品名 SONY イヤレスノイズキャンセリングヘッドホン SENNHEISER MOMENTUM Wireless SONY h.ear on 3 Wireless NC beats by dr.dre ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン BOSENOISE NOISE CANCELLING HEADPHONES Bose wireless headphones II beats by dr.dre Solo3 Wireless AKG リファレンスヘッドホン SONY ヘッドホン SENNHEISER オープンバックヘッドホン
型番 WH-1000XM3 M3AEBTXL WH-H910N studio3 wireless NC HDPHS 700 QuietComfort35 II RGD K701 MDR-1AM2 HD 660 S
特徴 SONY独自開発の業界最高クラスの高音質ノイズキャンセリング機能搭載。こだわりの高音質を堪能できます Bluetooth5.0対応のワイヤレスヘッドホンで、低遅延・高音質を実現し3モードのノイズキャンセル機能も搭載。 高いノイズキャンセリングとハイレゾ音源を楽しめるカラバリ展開も豊富。 BeatsのBluetoothノイズキャンセリングヘッドホン。対応デバイスと簡単にペアリングし省電力で駆動します。 2019年9月に登場したばかりのBOSE最新モデル BOSEが世界初となるGoogleアシスタントを搭載したヘッドホン。様々な操作を音声でコントロールできます。 男女問わずファッションの一部として取り入れやすいスタイリッシュなデザイン 開放型ヘッドホンの原点とも言えるモデル。生産終了した現在もなお人気のヘッドホン。 迫力ある低音域とクリアで繊細な高音域、可聴帯域をはるかに超える超高音域の再生を実現。 優れた音質を確保し熱狂的なオーディオファンに最適なオープン型ダイナミックヘッドホン。
価格 34,300円(税込) 47,599円(税込) 27,800円(税込) 33,980円(税込) 46,750円(税込) 35,640円(税込) 20,132円(税込) 18,000円(税込) 19,620円(税込) 74,150円(税込)
商品リンク

オーバーヘッドヘッドホンのおすすめまとめ

音質や機能性に優れた商品を多数ご紹介しましたが、お好みのヘッドホンは見つかりましたか?

各社のこだわりポイントを参考に、1万円前後でも自分好みの最高のヘッドホンを見つけることができます。

音楽が身近な存在になっている現代だからこそ、ヘッドホンが奏でる本物の音色に包まれた素敵なライフスタイルを手に入れてみてはいかがでしょうか。ぜひ、音楽をさらに楽しんで聴ける、あなただけのヘッドホンをさがしてみてください。

記事をシェアして友達にも教えよう!

オーバーヘッドヘッドホン
のおすすめ関連記事をもっと見る