中華イヤホンのおすすめ人気比較ランキング9選【最新2020年版】

【最新版】中華イヤホンの人気9アイテムのおすすめ比較ランキング。中華イヤホンの特徴や選び方から価格情報やスペック情報、クチコミやレビューまで徹底比較。最後に編集部おすすめの中華イヤホンをランキング形式でご紹介。
Moi

スマートフォンや外出時、音楽を楽しみたいときに必要なイヤホン。さまざまなブランドから販売されていますが、中でも『中華イヤホン』は低価格で購入しやすいと評判になっています。ですが種類の多さ・クオリティ・スペック・耐久性と、気になる点が多くどれを選ぶといいのか迷ってしまいますよね。

そこで今回は中華イヤホンのおすすめの選び方・おすすめ商品を10つ紹介していきます。他にも中華イヤホンのメリットとデメリットも紹介しているので、自分にピッタリのイヤホンが見つけやすくなるでしょう。

中華イヤホンとは

中華 イヤホン とは

中華イヤホンとは『中国製のイヤホン』のことです。中国製と聞くと『大丈夫?』とマイナスイメージを持つ方も少なくありませんが、最近の中華イヤホンはクオリティが高く人気を集めています。

いろいろなイヤホンを試したい方が複数購入することも多く、ブランドごとにクオリティの差はあれど、低価格で高スペックのイヤホンが購入できるのところが中華イヤホンの良さのひとつなのです。

中華イヤホンのメリット・デメリット

メリット

中華イヤホンのメリットはやはり、低価格なのに良い製品が多いところです。デザインも豊富で、日本製にも劣らない高い性能を持ったイヤホンもあります。中国製と聞くと心配になる方もいますが、オーディオ関連ではハイクオリティの製品が多いのです。

デメリット

デメリットはブランドごとに品質のムラがあるところ。同じ価格帯でもハイクオリティーの製品があれば、音質が悪い・説明書が日本語対応ではなかった・メーカーの対応がイマイチなど、デメリットはさまざまです。

メリットデメリットともにすべてのブランドに当てはまるとは限らないので、購入前のチェックが重要になります。

中華イヤホンのおすすめの選び方

中華 イヤホン おすすめ 選び方

接続方法で選ぶ

有線タイプ

有線タイプ』は一般的に広く普及していて、商品数が多く選ぶ幅がとても広くなります。音質も安定しているため、音にこだわりのある方は有線タイプがおすすめです。

有線タイプのデメリットは、コードが絡まったり劣化したりすること。コードが劣化し断線することのないよう、取り扱いに注意する必要があります。

けれど有線タイプは、コード部分にアクセサリーをつけられるなど自分好みにカスタマイズができるというポイントも。音質もデザインにこだわりたい方は、有線タイプを候補に入れてみてください。

無線タイプ

無線タイプ』はいわゆるBluetoothのこと。最近では無線タイプを使っている方が増えてきました。最大のメリットは、Bluetooth対応であればすぐに接続でき、移動中でも扱いやすいことです。ストレスなく音楽を楽しみたいという方は無線タイプがおすすめ。

デメリットをあげるなら、充電が必要なこと・有線と比べて価格帯が上がることです。種類が少ないこともあり、デザインにこだわりたい方は物足りないかもしれません。

ですがストレスなく扱いやすい点は無線タイプの良いところです。デザインにこだわりのない方もチェックしてみてください。

デザインで選ぶ

中華イヤホンは、日本製ではあまり見かけないようなデザインが豊富です。スケルトン・スタイリッシュ・カラフルなものまで。なかにはコード部分にもこだわりのある製品があります。目につくものだからこそおしゃれにしたい・誰ともかぶらないイヤホンが欲しい方にピッタリです。

ドライバーユニットで選ぶ

ダイナミック型

一般的に多く普及しているのが『ダイナミック型』で、低価格なイヤホンのほとんどがダイナミック型を採用しています。ダイナミック型は低音の再生能力が高く、音の勢いも自然に拾って流してくれることが特徴。

ボイスコイルに信号を流し、振動板を振動させることで音を出す仕組みです。ダイナミックスピーカーと構造が同じのため、ダイナミック型と名付けられました。

バランスドアーマチュア型

バランスドアーマチュア型』は、補聴器のユニットを改良して作られたドライバーのため、クリアな音を再生してくれます。密閉型のイヤホンとして知られるカナル型に使用される方式で、ダイナミック型と比べて価格帯は高くなることが多いです。

振動板を小さなピンで振動させることで音を出す仕組みになっており、高音域の再生能力は高いですが、低音域の再生能力はダイナミック型と比べ劣るところが難点です。

ハイブリッド型

ハイブリッド型』は、ダイナミック型・バランスドアーマチュア型の両方を搭載するイヤホンのこと。良いとこどりのように思えますが、違う型をあわすことによって音がバラバラになるなど、ハイブリッド型すべてが良い製品だとは言い切れません。

ですが比較的安価に購入ができ、広い音域を流せるため、コスパ重視の方におすすめのタイプになります。

ドライバーユニットの数で選ぶ

現在では、『ドライバー』の数が多ければ多いほど良いと言われています。バランスドアーマチュア型は、低音域の再生能力が低いために中音域と低音域でそれぞれ用意する、いわゆる『多ドラ化』がスタートしました。

高音域・中音域・低音域をそれぞれ再生できるようになるため、音質に強いこだわりがある方はドライバーユニットの数にも目を向けてみてください。

機能で選ぶ

リケーブル機能

リケーブル機能』とは、自分好みのケーブルを取り付けることができることをいいます。音質のイヤホンを用意し、ケーブルを取り付けるだけでより高音質のイヤホンに変化します。

音質のカスタマイズができるのはもちろん、見た目の変化も楽しめるという点が、リケーブル機能の魅力。耐久性・使い勝手・価格など選ぶポイントが増えますが、1本持っておくというのも良い選択肢です。

ノイズキャンセリング機能

音楽の時間を周りの音に邪魔されたくないという方は、『ノイズキャンセリング機能』のついたイヤホンをチェック。周りの音を打ち消すという効果があるため周りの騒音を抑えます。

気になる仕組みは、騒音とそれを打ち消す音があわさることで騒音が消されるということになります。そのため外出時などでは、身を守るためにもノイズキャンセル機能のイヤホンは避けてくださいね。

中華イヤホンのおすすめメーカー

中華 イヤホン おすすめ メーカー

KZ

2010年に設立されまだ年数の浅いブランドですが、中華イヤホンといえば『KZ』と言われるほど人気を集めているイヤホンです。Amazonの中華イヤホンランキングでも上位にのぼります。

人気の理由は高音質とコスパの良さ。上記で紹介したような高性能のドライバーユニットを採用し、価格以上の音質で安定した音を再生します。多くのシリーズを展開していておりそれぞれ良さがありますが、多くの製品がリケーブル仕様。自分好みのイヤホンに仕上げることができるのもKZの魅力です。

TFZ

TFZ』は2015年に設立された新しいブランド。歴史は浅く、中華イヤホンにしては価格が高くなる製品がありますが、高級感のあるデザイン・高音質・高性能なことから人気を集めています。見た目重視の方におすすめしたい中華イヤホンです。

リケーブル仕様で見た目も音質も変更でき、男女問わず声をクリアに流してくれるのもTFZの魅力です。

URBAN

URBAN』はシンプルなデザインが特徴的です。シンプルながらも高性能で、無駄を省いて音質のみに力を入れているブランド。一見安価なイヤホンですが、低中高すべての音域をクリアに流し繊細な音を届けます。さらにハイレゾ音源対応なので、音質重視の方におすすめです。

ベリリウムという金属を採用し、軽さと硬さも追求。音質はもちろん扱いやすさも叶えています。またほとんどの製品にマイク・着信応答と終了ボタン付きなので、音楽以外にも通話を楽しみたい方にもおすすめです。

Xiaomi

Xiaomi』はなんといってもリーズナブルな価格の製品が多いところが人気です。カラー展開も豊富で女性にも選びやすいデザインで作られています。人体工学に基づいたイヤホンのため、外れにくいしっかり耳に留まります。

バランス良く音を耳に届けるなか、特に高音域が綺麗に再生。低音域が少し軽くはなりますが、中華イヤホンを初めて購入するという方はXiaomiからチェックしてみてください。

JPRiDE

JPRiDE』はハイブランドの音質と高いクオリティを実現させ、低価格でイヤホンを販売しているブランドです。価格が高くなりがちな無線タイプでも2,000円代で購入できるという魅力があります。低価格で高クオリティのイヤホンが欲しい方におすすめ。

無線は有線よりも音質が劣りがちですが、JPRiDEは無線でも高音質。音響エンジニアがチューニングをし、バランスの良い音を届けます。さらに完全防水仕様・短い充電時間・連続8.5時間再生もJPRiDEの魅力です。

SoundPEATS

メーカー・音質重視の方には、『SoundPEATS』もおすすめです。おもに無線タイプを取り扱っており、耳掛け式から左右孤立タイプも販売。iPhone・Androidなどさまざまなデバイスでも高音質を叶えています。製品の中にはダイナミックドライバーを搭載し、クリアな高音・重みのある低音を叶えたものも。

音質の他にも、連続再生時間が長いことも人気の理由。充電のストレスから開放されたい方にもおすすめです。

中華イヤホン のおすすめ人気比較ランキング

第9位

KZ 重低音 イヤホン E1Gray-ZSNpro

(税込)

全帯域をバランス良く再生する高遮音性カナル型イヤホン

KZのZSNproは、メタルチックでコードにもこだわりあるデザインが採用されているため、デザイン重視の方にも魅力的な製品です。デザインだけではなく、全帯域をバランス良く再生して自然で音場感を楽しめることでしょう。ボーカルの声も滑らかに耳に届きます。

またフィット感のあるカナル型イヤホンで高遮音性なところも人気の理由。音楽を楽しみたい方にピッタリです。長時間つけても疲れない装着感を叶えています。

第8位

SoundPEATS Bluetooth イヤホン Q30

3,690円(税込)

どこまでも使いやすいコスパ良しの高音質カナル型イヤホン

SoundPEATSのQ30は、使いやすさにこだわった防水仕様のBluetoothイヤホンです。左右のイヤホンにマグネットが入っているため、使用しないときはまとめておくことができます。15gという軽さで使用時も使用していないときもストレスのない使用感。

Q30は低音重視なだけあって、迫力ある低音を届けます。もちろん中高音域もクリア。さらにノイズキャンセル機能搭載で、より楽しい音楽の時間を提供するコスパの良いイヤホンになっています。

第7位

音響エンジニアがチューニングした低音に強いイヤホン

2基のドライバーを搭載しているため、クリアな高音・重みのある低音を再生します。音響エンジニアがチューニングしていることも魅力的で、男女ともにどんなジャンルの音楽にも対応。さらにハイレゾ対応で、より繊細な音を耳に届けます。

デザインもシンプルで男女問わず選びやすいです。ダイヤ加工法を採用しているため、摩擦や変色に強く長時間の使用でも耳がつかれることはありません。皮膚に優しい材質を使っていることも嬉しいポイント。

第6位

TRN イヤモニ型ハイファイイヤホン V90

5,980円(税込)

広がりのある空間を演出する密閉性が高いカナル型イヤホン

人間工学に基づき設計された、しっかりと重みと高級感あるデザインのカナル型イヤホン。柔らかいイヤーピースだから耳にピタッと密着し、落ちにくくストレスのない設計です。

ハイブリッド型で高音質はもちろん、立体的で広がりのある空間を感じさせます。どのジャンルの音楽にも対応するクオリティ。音質以外にも、リケーブル対応だから自分好みにカスタマイズしたい・見た目重視の方にも。

第5位

TFZ カナル型 イヤホン T2 GALAXY 002

6,705円(税込)

中高音が強くボーカルの声がハッキリ流れるカナル型イヤホン

こちらもリケーブル対応で自分好みにカスタマイズできます。中高音に強くボーカルの声がハッキリと流れるため、女性ボーカル・ピアノの曲を聞くことが多い方には魅力あるイヤホンです。

イヤーピースが小さいため、耳奥までしっかりと入りフィット。カナル型ということもあり、音漏れがしにくく音楽をより楽しめます。またカラー展開が多く、リケーブル対応なのでカラフル好きの方にもたまらないイヤホンです。

第4位

ARKARTECH 高音質イヤホン T6-1

2,980円(税込)

低音と高音どちらも楽しめるハイレゾ対応のカナル型イヤホン

ドライバーを計4つ搭載し、低音と高音のどちらにも強く中低音までバランス良く再生します。さらにハイレゾ対応で、より臨場感ある音楽ライフを提供。音の極みとはまさにこのこと。

耳に入る部分が斜めにデザインされているため、通勤時や運動時でも落ちにくくなっています。またスマートフォンやパソコン以外のデバイスでも使用できるところが魅力的なポイントです。

第3位

バランス良く音を再生するリケーブル対応のカナル型イヤホン

こちらは一般的なカナル型イヤホンとは違ったデザインで、特別感を感じます。バランスドアーマチュア型で、低音はもちろん高音までクリアで迫力のある音を再生。中華イヤホンですが、日本人の聴覚にあわせたチューニングがされている魅力アップのポイントもあり。

カナル型で気になるのは遮音性。KB10は高い遮音性を持ち、風の音までも遮るほど密閉するため、音楽ライフをとことん楽しませてくれるイヤホンです。リケーブル対応でカスタマイズできる点も魅力的。

第2位

スケルトン好きにはたまらない音のバランスが良いカナル型イヤホン

ZS10はハイブリッド型で、低音域から高音域までバランス良く繊細かつダイナミックな音を再生するイヤホンです。人間工学に基づいた設計で快適な音楽ライフを提供します。

高音質なところも魅力ですが、ZS10は中身が透けたデザインを採用。スケルトン好きな方にはたまらないデザインになっています。カラーも豊富でリケーブル対応だから、音質はもちろん見た目も妥協したくない方におすすめです。

第1位

HUAWEI ノイズキャンセリング完全ワイヤレスイヤホン FreeBuds 3

18,800円(税込)

自然で力強い音を再生する完全ワイヤレスイヤホン

1位はHUAWEIの完全ワイヤレスイヤホン、FreeBuds 3になりました。左右が孤立しているため、コードが苦手な方に好まれます。ケースは丸く可愛さがあり、男女ともに持ちやすいデザインになっています。見た目も楽しいイヤホンだとより楽しみが増えますね。

ドライバーはダイナミック型で、自然体のあるそのままの音を再生。骨伝導センサーが内蔵されることで周囲の音を遮断し、音楽はもちろん通話中の音声もハッキリ聞こえます。
蓋を開けるだけでペアリングができたり、イヤホンをタップしたりして操作するという操作の簡単さもポイントです。

中華イヤホン のおすすめ比較一覧表

商品画像
HUAWEI ノイズキャンセリング完全ワイヤレスイヤホン B07YXZJP1P 1枚目
KZ カナル型イヤホン B07BTM6XJR 1枚目
KZ 有線イヤホン B07TB19WFJ 1枚目
ARKARTECH 高音質イヤホン B07BQDQ7DL 1枚目
TFZ カナル型 イヤホン B07K6B1J59 1枚目
TRN イヤモニ型ハイファイイヤホン B07WTNYFZB 1枚目
Xiaomi Headphones Pro B072MM5YCB 1枚目
SoundPEATS Bluetooth イヤホン B07XQ7NM6M 1枚目
KZ 重低音 イヤホン B07Q1FQSRN 1枚目
商品名 HUAWEI ノイズキャンセリング完全ワイヤレスイヤホン KZ カナル型イヤホン KZ 有線イヤホン ARKARTECH 高音質イヤホン TFZ カナル型 イヤホン TRN イヤモニ型ハイファイイヤホン Xiaomi Headphones Pro SoundPEATS Bluetooth イヤホン KZ 重低音 イヤホン
型番 FreeBuds 3 ZS10 KB10 T6-1 T2 GALAXY 002 V90 MI In-Ear Q30 E1Gray-ZSNpro
特徴 自然で力強い音を再生する完全ワイヤレスイヤホン スケルトン好きにはたまらない音のバランスが良いカナル型イヤホン バランス良く音を再生するリケーブル対応のカナル型イヤホン 低音と高音どちらも楽しめるハイレゾ対応のカナル型イヤホン 中高音が強くボーカルの声がハッキリ流れるカナル型イヤホン 広がりのある空間を演出する密閉性が高いカナル型イヤホン 音響エンジニアがチューニングした低音に強いイヤホン どこまでも使いやすいコスパ良しの高音質カナル型イヤホン 全帯域をバランス良く再生する高遮音性カナル型イヤホン
価格 18,800円(税込) 4,500円(税込) 6,800円(税込) 2,980円(税込) 6,705円(税込) 5,980円(税込) 3,480円(税込) 3,690円(税込) 円(税込)
商品リンク

中華イヤホンのおすすめまとめ

中華 イヤホン おすすめ まとめ

今回は、『中華イヤホン』の選び方とおすすめ商品10つをご紹介しました。低価格で高音質というコスパが良いと人気の中華イヤホンですが、数が多くてなかなか決まらないという悩みが出てきます。

接続方法・機能・ドライバーユニット・口コミなどはもちろん、デザインや充電時間などさまざまな観点からチェックして、あなたにピッタリの中華イヤホンを探してくださいね。

記事をシェアして友達にも教えよう!

中華イヤホン
のおすすめ関連記事をもっと見る