43型テレビのおすすめ人気比較ランキング9選【最新2020年版】

【最新版】43型テレビの人気9アイテムのおすすめ比較ランキング。43型テレビの特徴や選び方から価格情報やスペック情報、クチコミやレビューまで徹底比較。最後に編集部おすすめの43型テレビをランキング形式でご紹介。
おすすめStartHome編集部

家庭に1台は必需品の『液晶型テレビ』、ひとことに『薄型テレビ』といっても発売しているメーカによって映画やドラマ好きのために映像にこだわり、音楽好きのために音質にこだわりがあったりとさまざまです。

さらに壁掛けのタイプや部屋のインテリアに合わせたデザインを選ぶことも可能になり選択肢がかなり広がっています。お気に入りの『液晶テレビ』に出会えるように、ここではテレビの選び方とおすすめのテレビをいくつか紹介していきます。

43型テレビのおすすめの選び方

43型テレビ おすすめ 選び方

種類で選ぶ

有機EL

有機ELテレビ』は今、大注目の次世代テレビと言われています。画質がとても綺麗なのが特徴で動きの激しいゲームやスポーツもとてもスムーズに映すことができ、ブルーライトが軽減されるので目に優しいテレビです。

厚さも液晶テレビよりも薄く約5mmで作ることができるので壁掛けテレビとしても使用でき、お部屋の空間を広く見せることができます。有機ELテレビは高いイメージがありますが価格20万円ほどで購入できるタイプもあり数年前よりお手軽に購入することができます。

液晶テレビ

8インチから100インチまで幅広いタイプがある『液晶テレビ』は画面が見えやすく、消費電力が少なくいのが特徴です。

液晶テレビの後ろからバックライトの光を当てて映像を映すため画面全体が白っぽく見えてしまう『黒浮き』が起こりやすいデメリットがありますが、テレビの主流は液晶テレビと言われ、技術もすでに確立しているので有機ELテレビよりも販売価格はお手頃になっています。

解像度で選ぶ

解像度』とはテレビ画面の細かさのを表しています。テレビ画面を拡大してみると細かい点の集まり、ドット柄のようなものでできているので、この点が細かければ細かいほどテレビ画面の解像度が高くより肉眼に近い状態の映像を映すことが可能になります。

ちなみに最近登場してきた4Kや8Kも解像度を表し、今までのテレビが2Kなのでより綺麗で鮮やかな映像を映すことが可能になりました。

LEDバックライトで選ぶ

直下型

テレビの真後ろが全体的に光るようにバックライトを配置する方法を『直下型』といいます。

直下型のメリットは画面すべてを均一な明るさにすることができ、より綺麗で鮮明な映像を映しだすことができます。液晶パネルの真後ろにバックライトを配置するため本体が少し厚くなってしまう、部品の数が多くなってしまうため次に紹介するエッジ型より価格が高くなってしまうのがデメリットです。

エッジ型

液晶テレビ発売当初から使用されバックライトを画面端に配置する方法を『エッジ型』といいます。エッジ型のメリットはバックライトの配置が上下左右なので消費電力が少なく電気代の節約になり、発売当初から使用しているので技術が確立され価格も比較的お手頃に購入することができます。

その一方、バックライトが端にしかないため画面の中心部が若干暗く、均一な明るさにならないのがデメリットです。

録画機能で選ぶ

テレビ番組はリアルタイムではなく録画をして後から見るという方も増えているのでニーズに合わせて色々な録画機能がついているテレビが発売されています。

いくつかの番組を同時に録画できるものや内臓のHDDやブルーレイディスク、DVDに録画できるタイプがあります。また、録画機能付きのテレビはテレビと録画機器をそれぞれで購入するより安く済む場合もありおすすめです。

スピーカーで選ぶ

テレビスピーカーは音質をよくするための装置です。スピーカーを内蔵できない薄型テレビもあるため音質に差がでる場合もあります。臨場感のある映画やドラマ、音楽番組など、よく視聴する番組に合わせてスピーカーを選ぶのもおすすめです。

さらにBluetoothやWi-Fiの機能で配線がいらないモデルもあり、とても便利です。種類がたくさんあるので置くスペースにあったスピーカーを選ぶのがベストです。

インターネット接続で選ぶ

インターネットといえばパソコンやスマートフォンをイメージされる方が多いとおもいますが、最近ではテレビがあれば利用できるようになりました。インターネット動画共有サイトの動画はもちろん、映画やドラマのコンテンツを配信しているサイトの映画やドラマもテレビ画面から見ることができます。

キーボードを接続すればインターネット検索ができるので大きいテレビ画面でネットショッピングを楽しむこともできますし、インターネットとテレビを同時に見ることができる機能があるテレビ販売しています。

HDD機能で選ぶ

テレビ番組を録画するには『HDD』と呼ばれるハードディスクを使用するのが一般的です。HDD録画のメリットは長時間の録画が可能なことです。HDDの容量にもよりますが500GBで約62時間の録画ができるので録画番組が多いはHDDの容量が多いタイプのものを選びましょう。

テレビにHDDが内蔵されていると接続する手間が省けますが、故障の原因が多くなりHDDが内蔵されていないテレビより少し割高になってしまうのがデメリットです。

デザインで選ぶ

ほぼ毎日見るテレビは機能面だけで選ぶのではなく部屋をオシャレに見せてくれるインテリアとしても活躍します。

テレビの画面を縁取る枠の幅を最小限にしたデザインでまるで写真やポスターを見ている感覚になるオシャレ度の高いデザインや、画面が少し湾曲していて立体感がでるスタイリッシュなデザインやテレビを壁に掛けることで部屋の空間を広く見せるなど、さまざまなデザインがあり部屋のイメージに合わせてぴったりのテレビを選ぶことができます。

重量で選ぶ

テレビが大きくなるほどテレビ本体の重量も重くなります。薄型テレビが普及し昔のテレビよりも軽量化されています。一般的にリビングに置くのが40型からで約10kg~15kgです。映画やドラマを多く見る方だと49型~55型などの大型のものが臨場感が演出されるのでおすすめですが、このタイプになると20kg~30kgほどの重量になってしまいます。

内蔵している機能やスピーカーによって重さに若干の差があるのでテレビを置く部屋の広さに合わせ選ぶのをおすすめします。

43型テレビのおすすめメーカー

43型テレビ おすすめ メーカー

Panasonic (パナソニック)

Panasonic』は日本国内で初めて3Dテレビを発売したメーカーで、2003年からビエラシリーズのテレビを発売しています。ネットゲームができるアプリが内蔵されているなどほかのメーカーにはない機能があり、サイズのラインナップも豊富で用途に合わせて選ぶことができます。

SONY (ソニー)

SONY』はオーディオ機器でとても有名でテレビでもその技術を使用し音響にこだわりを持っています。音楽番組を見るのに最適ですがSONY独自で開発した超解像エンジンがあり高画質の美しい映像を映すことができます。

SHARP (シャープ)

SHARP』のAQUOSシリーズは映像がとても綺麗に映ることが特徴です。独自技術の『リッチカラーテクノロジー』を使用して今まで以上に鮮やかな風景を街並みを楽しむことができます。

三菱

三菱』のリアルシリーズは2004年から発売されています。オーディオと同じ音質を感じられる機能やリモコンの操作でテレビ画面を左右に動かし、どこに座っても正面でテレビを見られるオートターン機能が人気を呼んでいます。

東芝

REGZAシリーズで有名な『東芝』は、録画を忘れて見逃してしまったテレビ番組を遡って見ることができる『タイムシフトマシン』が搭載されています。録画予約をしていなくても見ることができるのがとても人気なポイントです。

43型テレビ のおすすめ人気比較ランキング

第9位

LG Electronics 43V型 4Kチューナー内蔵液晶テレビ 43UM7500PJA

59,798円(税込)

4Kチューナー内蔵で新4K衛星放送をすぐに見れる。

AIが地上波でもスマートフォンアプリのネット動画でも綺麗でクリアな映像を映しだし、明るい部屋でテレビを見るときに画面が暗く見えにくくなる現象も、映像全体を明るくするのではなく暗い部分の輝度を明るく調整してくれる優れもの。どこの場所に座ってもテレビ画面が鮮やかに見える広視野角・高発色のIPS4Kパネルを搭載しています。

第8位

部屋のイメージに合わせてスリムでデザイン性が高いブラック・ウォームシルバーの2色ラインナップです。

SONY独自の超解像エンジン『4K X-Reality PRO』を搭載することでテレビを見ているとは思えない、キメの細かく臨場感のある映像を映しだすことが可能になりました。さらに、鮮やかな色を再現するために『トリルミナスディスプレイ』を採用し、さまざまな色の違いを表しています。動画や音楽、ゲームやネットショッピングなどを自由に楽しめる『Android TV』がコンテンツとし導入されました。

第7位

LG Electronics 43V型 液晶テレビ 43UJ630A

65,000円(税込)

LG独自の高画質技術で映像をさらに綺麗で美しく表現します。よく使用するアプリは『お好みボタン』で楽々操作が可能です。

Color Master Engine』はLG独自の4K液晶テレビの高画質エンジンです。カラー・コントラスト・精細度どれをとっても最高の技術で映像の鮮やかさを忠実に再現するので普段見ている番組も綺麗に映ります。よく使用するアプリケーションはリモコンの番号キー(お好みボタン)に登録し登録後は番号キーの長押しだけで登録したアプリケーションがスムーズに起動します。

第6位

4K放送が受信できるチューナー内蔵されているのでテレビ1台で4K放送が楽しめます。

4K映像のあらゆる色を忠実に再現する『ヘキサクロマドライブ』を搭載し美しく映像を表現しています。スタンドの底面にPanasonic独自の『転倒防止スタンド』を設置することで地震の強い揺れによる薄型テレビ・大型テレビの転倒を防ぐことができ、さらに別売りのスマートスピーカーを連携することでチャンネル切り替えや音量調整をリモコンなしで行えます。

第5位

Hisense 43V型 4Kチューナー内蔵液晶テレビ 43A6800

55,980円(税込)

REGZAとの共同開発で生まれた高性能映像エンジン『NEO』を搭載し見やすさに着目したテレビです。

中国の家電ブランドのハイセンスは映像がもつ明るさや暗さをより幅広く映すことができる『ハイダイナミックレンジ』を搭載し、現実の世界に近いリアルな明るさ・暗さを再現するのと同時にコントラストを引き上げ、映像に立体感を演出するハイコントラストを使用し臨場感と奥行のある映像に仕上げています。11個のインターネット動画にも対応し映画や音楽を楽しめます。

第4位

倍速駆動パネル搭載で激しい動きのあるスポーツ番組の動きの映像もなめらかに見ることができます。

テレビ1台で高画質の4K放送を見ることができる4Kチューナー内蔵タイプのテレビです。別売りの外付けUSBハードディスクを接続することで裏番組の録画が可能になり見たいテレビ番組が重なっても安心です。

1秒間に120コマの描画をするこで映像の残像感が低減され、激しいスポーツシーンなど動きの速い映像をなめらかで見やすくする倍速駆動パネルを搭載しています。『ドルビーアトモス』を使用しスピーカーを設置しなくても音が立体的に聴こえる機能もあります。

第3位

直下型のLEDバックライト搭載でテレビ画面を均一に明るく保ち、繊細で綺麗な映像をお届けします。

現在見てるテレビ番組以外に放送中の地上デジタル放送6チャンネルを画面上に表示することができる『まるごとチャンネル』、2番組を同時に見られる『ダブルウィンドウ』機能で左右の画面入れ替えもボタン1つで簡単に操作ができます。

タイムシフト機能で録画を忘れたテレビ番組もすぐに視聴可能です。ボイス機能もありあなたの声でリモコンに話しかけるだけで見たいテレビ番組や番組録画や天気予報を確認することができる優れものです。

第2位

Hisense 43V型 液晶テレビ HJ43K3120

29,500円(税込)

薄型テレビのスピーカーでもクリアで臨場感のある音質を再現し映画や音楽鑑賞を楽しめます。

直下型LEDバックライトで色ムラの少なく、IPSパネルでテレビ画面の正面だけではなく斜めからでも綺麗で鮮やかな映像を届けることができます。『スーパーバス』機能搭載で従来の薄型テレビでは聞き取りにくい低音部分の音を補い薄型テレビの弱点である音質を改善しました。臨場感・迫力が増し、今まで以上に映画・ドラマや音楽を楽しむことができます。

第1位

207万画素の高画質フルハイビジョンコンテンツの映像もそのままの解像度で視聴が可能です。

SONY独自技術の超解像エンジン『X X-Reality PRO』を搭載し高性能でキメの細かい映像を映し出すことが可能です。別売りのハードディスクを接続するとテレビを見ていても簡単に裏番組を老録画することができる再生に便利な機能があります。

全体の音の大きさを帰ることなく声の音量を変えることができる『クリアボイス』機能や無線LAN内蔵なのでワイヤレスでインターネット動画を見ることができます。

43型テレビ のおすすめ比較一覧表

商品画像
SONY BRAVIA B01MUDW90G 1枚目
Hisense 43V型 液晶テレビ B01MQFOJ5W 1枚目
東芝 REGZA B07SSLH84Y 1枚目
SONY BRAVIA B07QSTYW5Y 1枚目
Hisense 43V型 4Kチューナー内蔵液晶テレビ B07K7D8SFV 1枚目
Panasonic VIERA B07MJ999GW 1枚目
LG Electronics 43V型 液晶テレビ B0734M8NNS 1枚目
SONY BRAVIA B0716F1RLW 1枚目
LG Electronics 43V型 4Kチューナー内蔵液晶テレビ B07Q5Z54F7 1枚目
商品名 SONY BRAVIA Hisense 43V型 液晶テレビ 東芝 REGZA SONY BRAVIA Hisense 43V型 4Kチューナー内蔵液晶テレビ Panasonic VIERA LG Electronics 43V型 液晶テレビ SONY BRAVIA LG Electronics 43V型 4Kチューナー内蔵液晶テレビ
型番 KJ-43W730E HJ43K3120 43Z730X KJ-43X8500G 43A6800 TH-43GX850 43UJ630A KJ-43X8000E B 43UM7500PJA
特徴 207万画素の高画質フルハイビジョンコンテンツの映像もそのままの解像度で視聴が可能です。 薄型テレビのスピーカーでもクリアで臨場感のある音質を再現し映画や音楽鑑賞を楽しめます。 直下型のLEDバックライト搭載でテレビ画面を均一に明るく保ち、繊細で綺麗な映像をお届けします。 倍速駆動パネル搭載で激しい動きのあるスポーツ番組の動きの映像もなめらかに見ることができます。 REGZAとの共同開発で生まれた高性能映像エンジン『NEO』を搭載し見やすさに着目したテレビです。 4K放送が受信できるチューナー内蔵されているのでテレビ1台で4K放送が楽しめます。 LG独自の高画質技術で映像をさらに綺麗で美しく表現します。よく使用するアプリは『お好みボタン』で楽々操作が可能です。 部屋のイメージに合わせてスリムでデザイン性が高いブラック・ウォームシルバーの2色ラインナップです。 4Kチューナー内蔵で新4K衛星放送をすぐに見れる。
価格 59,980円(税込) 29,500円(税込) 119,980円(税込) 114,800円(税込) 55,980円(税込) 124,800円(税込) 65,000円(税込) 77,980円(税込) 59,798円(税込)
商品リンク

43型テレビのおすすめまとめ

各メーカーからさまざまな種類が発売されている薄型テレビ、映画やドラマをよく見るので臨場感や迫力がほしい、音楽を聴くのが好きで音質のいいテレビがほしいなど各家庭で薄型テレビに求めるものにも違いがあります。オシャレなデザインも発売されているので部屋のイメージに合わせることができるので各メーカーの特徴を比べて自分にぴったりのテレビを1台選んでみてください。

記事をシェアして友達にも教えよう!

43型テレビ
のおすすめ関連記事をもっと見る