200g未満!小型ドローンのおすすめ人気比較ランキング10選【最新2020年版】

【最新版】小型ドローンの人気10アイテムのおすすめ比較ランキング。小型ドローンの特徴や選び方から価格情報やスペック情報、クチコミやレビューまで徹底比較。最後に編集部おすすめの小型ドローンをランキング形式でご紹介。
Moi

ここ数年で見かける・聞くことが多くなった『ドローン』。風景を撮影したり、配達に使用されたり、救助の状況を把握したりとさまざまな場所で利用されています。自分も撮影のためにドローンの購入を検討しているけれど、まだまだ馴染みが薄いためにどれを選ぶといいのか悩みますよね。さらに大中小のサイズでも悩みの種が増えてしまいます。

そこで今回は小型ドローンに焦点を絞り、おすすめポイント・選び方・おすすめメーカー3つと製品10機を紹介していきます。他にも小型ドローン使用上の注意を解説するので、購入前にチェックして楽しいドローンライフを過ごしましょう。

小型ドローンとは

小型 ドローン とは

小型ドローン』とは、重量が200g以下のドローンのこと。中型〜大型のドローンとは違い、航空法の法規制から外れるため、マナーを守れば堂々と飛行させることができます。航空法から外れるといっても、小型ドローンにも適用される法規制もあるので注意が必要です。それについては後ほど解説するので、購入前にぜひチェックしてください。

小型ドローンは、初めて購入する方・低価格に抑えたい方・航空法に厳しくないドローンが欲しい方にピッタリの、扱いやすいドローンです。まずは小型ドローンのおすすめポイントを3つ紹介します。

小型ドローンのおすすめポイント

小型 ドローン おすすめ ポイント

コンパクト

小型ドローンの良いポイントは、なんといってもコンパクトなところ。200g以下ということもありそのほとんどが小さなサイズになっています。なかにはポケットに収まる製品も。持ち運びがしやすいため、ピクニックや旅行の際にもすぐに取り出すことができ、風景をより楽しむことができるでしょう。

低価格

小型ドローンは、中型〜大型に比べて低価格で購入できます。初めてドローンを購入する方はとくに、操作性・小型でどのくらいの性能があるのかを確認するにはピッタリです。また低価格でもカラーバリエーションが豊富な製品があるため、コレクションしたい方にもおすすめです。

規制がない

はじめにもお伝えしましたが、小型ドローンは重量200g以下のため航空法の法規制から外れます。飛行の許可を得る必要がなく、面倒な手続きが必要ありません。

法規制から外れるといっても、飛行が許可されている場所を把握することが大切です。また飛行が許可されている場所でも、周りに迷惑がかからないように誰もが気持ちよく過ごせるように心がけましょう。

小型ドローンのおすすめの選び方

小型 ドローン おすすめ 選び方

自動帰還機能の有無で選ぶ

自動帰還機能とは、電波が途切れるなど予期せぬトラブルが起きた際に、ドローンが自動で元いた場所に帰ってくる機能です。遊んでいるうちに電波が切れてなくすなどがないように備わっている、便利でおすすめの機能のひとつ。

ホバリング機能の有無で選ぶ

ホバリングとは、ドローンを空中で静止させること。ドローンを使用するうえで、できれば覚えていたい操作のひとつです。製品の中には自動ホバリング機能搭載のものがあり、墜落せずきれいな映像や写真を撮ることができます。初心者の方はとくに、自動ホバリング機能が搭載された製品がおすすめ。

ローターガードの有無で選ぶ

ドローンの操作に慣れていないうちは、ローターガードがついた製品を選びましょう。プロペラガードとも呼ばれています。プロペラを360°囲い守ることで、壁や人などにぶつかった際に、怪我や損傷を防ぐことができるのです。初心者の方はもちろん、ドローンを長持ちさせたい方にもおすすめ。

GPS機能の有無で選ぶ

GPS機能は自律飛行や自動ホバリングができるため、できれば搭載された製品を選びたいところです。自律飛行とは、ドローンが自分の位置を把握した状態で飛行すること。自動ホバリングとはドローンを空中で静止させることでしたね。GPS機能がついていると、宅配や農業などドローンの可能性も広がります。

注意したい点は、GPSを受信できない場所での使用です。電波が届かなくなるとドローンをなくしてしまうこともあるため、受信できるのかどうかを事前にチェックしておきましょう。

ヘッドレスモードの有無で選ぶ

ヘッドレスモードとは、ドローンがどの方向を向いていても、操縦レバーを倒した方向に進んでくれる機能のこと。小型ドローンには基本的に搭載されています。操縦に慣れていない方でも、感覚的にドローンを扱えるため嬉しいポイントです。

注意したいのは、ドローンを自分の後ろに回り込ませたとき。ヘッドレスモードがしっかりと検知されていないと、方向が反対になります。一度地面に降ろしてあげると方向が再設定されるので、臨機応変に対応しましょう。

電波の周波数で選ぶ

ドローンの主な周波数は、2.4GHzと5.8GHzの2つがあります。2.4GHzの製品は、一般向けドローンに使われており、必要な免許が必要ありません。

5.8GHzの製品は、FPV用のドローンに使われており、高速通信が可能という魅力ある製品になります。ですが第4級以上のアマチュア無線従事者免許・無線局の開局手続きが必要になるため、購入前の電波の周波数を確認が重要です。

小型ドローンのおすすめメーカー

小型 ドローン おすすめ メーカー

Ryze Tech

Ryze Tech』は、2017年に中国で設立されたまだ新しい会社ですが、DJI製フライトコントロール・Intelプロセッサーを搭載した『Tello』シリーズで名を広げました。なかにはスマートフォンVR対応で、驚きの飛行体験ができる製品も。

コンパクトでシンプルなデザイン・初心者でも扱いやすい操作のしやすさ・安定した飛行が人気で、子供から大人まで楽しめるドローン開発を行っています。

Parrot

シンプルながらもかっこいい、見た目重視の方におすすめのドローンメーカー『Parrot』。スピードを出してライバルと競うのもよし、手紙を持たせてコミュニケーションをとるのもよし、さまざまな楽しみ方ができるようなドローンを販売しています。

製品のなかには、スマートフォンで簡単に操作できたり、VRで飛行体験ができたりと初心者から上級者まで、誰もが楽しくドローンライフが送れることでしょう。4K対応で高画質なビデオ・写真を撮ることができます。

Holy Stone

黒を基調としたかっこいいデザインが多いドローンメーカー『Holy Stone』。コントローラーもどこか親しみのある操作しやすいつくりになっています。さまざまな通販サイトでも人気で、海外での人気も高く購入しやすいブランドのひとつです。

製品の品質を重要とし、高品質・低価格で消費者に提供。最大飛行時間30分という製品もあり、きれいな風景をより長く楽しめるように作られています。

小型ドローン使用上の注意

小型 ドローン 使用上 注意

はじめに小型ドローンは航空法の法規制から外れているとお話しましたが、場所によっては小型でも規制が出てきます。下記に規制対象の場所や状況をまとめるので、しっかりと確認しておきましょう。

1.空港周辺・人口密集地地区・150m上空・イベント会場上空・私有地の上空
2.国の重要な施設・原子力事業所・外国公館
3.高速道路・新幹線上空・変電所・無線施設付近
4.危険物の輸送・物を落とす

上記以外にも、規制対象になる場所があるため、国土交通省が掲載している『無人航空機の飛行ルール』を確認してから、ドローンを飛ばしてください。

小型ドローン のおすすめ人気比較ランキング

第10位

3種類のスピード調整可能!誰もが楽しめる小型ドローン

スポーティーなデザインと重みのあるプロペラが特徴のHS210。21gととても軽量でありながらも頑丈なローターガードで損傷を防ぎます。飛行時間が20分と長いことも魅力です。高度維持ができる自動ホバリング機能・方向を気にしなくてもいいヘッドレスモード機能搭載で、誰でも扱いやすい小型ドローンになっています。

低速・中速・高速の3種類のスピード調整が可能のため、慣れないうちの練習や友達と競うなどさまざまな遊び方ができるのも人気の理由。子供から大人まで・初心者から上級者まで、誰もが楽しめる小型ドローンをお探しの方におすすめです。

第9位

臨場感ある映像をスマホで見ながら操作できる小型ドローン

スマートフォンから映像を楽しみながら操作ができて、臨場感あるドローン体験が可能。気圧センサーによる高度維持機能で安定性もあり、ヘッドレスモードで初心者でも楽しめるために入門機とも呼ばれています。

また有効距離外に飛ばすとアラームが鳴るため、子供にも持たせやすいおもちゃだと人気です。誰でも扱いやすいだけではなく、黒のスタイリッシュなデザインで見た目重視の方にもおすすめ。

第8位

対戦ドローンという新しい発想!楽しみが倍増する小型ドローン

ドローンといえば動画や飛ばして遊ぶ・写真を撮るイメージが強いですが、HolyStoneのHS177は赤外線攻撃でバトルできるという、新しい発想のドローンです。4回赤外線攻撃が当たるとドローンが停止。ライバルよりも先に攻撃を当てて楽しみましょう。

高精度気圧センサーで高度維持ができるのはもちろん、ヘッドレスモードや360°回転できるフリップモードも搭載されています。遊び心をくすぐる、ドローンライフがより楽しくなるドローンです。

第7位

SNAPTAIN ドローン Snaptain-S5C

6,099円(税込)

音声でコントロールできて720p HDで撮影できる小型ドローン

スタイリッシュなデザインが特徴のSnaptainS5C。720p HDカメラで広角撮影ができて、きれいな映像や写真を撮ることができます。コントローラーにスマートフォンをセットすると、撮影している映像をリアルタイムで見られるので、いつもの視界で新しい発見ができるかも。

別売りのVRヘッドセットをつけると、普段は見られない臨場感ある世界が楽しめます。さらに英語だけになりますが、音声制御ができるのも魅力ポイント。まるでドローンと会話をしているような、親近感のわく小型ドローンです。

第6位

4種類のスピードでさまざまな撮影方法が楽しめる小型ドローン

少し重みあるデザインのHolyStone HS160。驚きなのは折りたたみ式で持ち運びがしやすいこと。どんな場所へも連れて行くことができます。安定したホバリング・720p HDカメラできれいな写真が撮影できるのも人気の理由。

Wifiカメラを通じると撮影している映像をリアルタイムで見ることができるため、撮りたい映像を簡単に撮影できます。さらに低速・中速・中高速・高速の4種類のスピードが出せるのも魅力。さまざまな撮影方法が楽しめます。

第5位

Hubsan レーシングドローン H122D

13,888円(税込)

3種類のスピードを楽しめるレース向けの小型ドローン

HubsanのH122Dは、レース向けの小型ドローンです。スピードは3種類。使いこなしてレースをものにしましょう。FPVゴーグルをつけると、ドローン目線になってスピードを出して走る楽しさを体験することができますよ。

ドローンの墜落・プロペラが停止した場合に損傷を防ぐために、モーターが自動的に停止。116gと見た目よりも重く作られているため、これは嬉しい機能ですね。レースを楽しむもよし、臨場感ある風景を楽しむのもよし、楽しいドローンライフを提供してくれます。

第4位

高解像度はもちろん操作性に優れた小型ドローン

トスするだけでホバリング・スマートフォンで簡単操作と、初心者の方におすすめのTello。撮影機能も優秀で、手ブレ補正・ビデオの自動撮影・5MP写真の高解像度写真も撮影できます。高解像度の秘密には、DJIとIntelの技術が詰め込まれています。

自動離陸・自動着陸・フェールセーフ機能でドローンの損傷を避けながら操作ができるのも人気の理由。初心者から上級者まで扱いやすいドローンです。

第3位

自動操縦機能搭載で安定感のある小型ドローン

ParrotのMamboFlyは、自動操縦機能が搭載された安定性のあるドローンです。飛行制御機能も備わっていることで、コントローラーから手を離してしまっても安定した動きで損傷しにくくなっています。

コントローラーはお持ちのスマートフォン。操作が簡単なだけではなく、アプリデザインがユーザーの使いやすさを重視して開発されました。さらにドローンに機能を追加することも可能な点も魅力的。なかにはCanonのカメラもあります。

第2位

希望通りのルートを飛びながら広い視野で撮影する小型ドローン

最大の魅力はオートリターン機能。ドローンがどこにあっても・バッテリー不足でも、オート帰還が自動でオンになりあなたの元へ帰ってくるのです。高度維持機能やヘッドレスモードなどのドローンを守る機能も搭載されています。

他にもウェイポイントモードという、アプリで飛行ルートを描けばその通りにドローンが動いてくれる機能も。あなたの撮影したい風景を、120°広角1080pで撮影します。

第1位

ドローンの能力と魅力を詰め込んだ小型ドローン

最後はHolyStoneのHS120Dです。最大飛行時間32分・1080pで撮影する点が人気の理由。さらにワンキーリターンという、スイッチひとつで自動的に離陸ポイントに帰還する機能も初心者の方には嬉しいポイントですね。

驚きな点はまだあり、GPSが搭載されているためドローンを紛失してしまっても位置を地図で確認できるのです。他にも希望のルートを飛行するウェイポイントモード・スピード調整が可能など、ドローンの能力と魅力をたっぷりと詰め込んだ製品になっています。

小型ドローン のおすすめ比較一覧表

商品画像
Holy Stone ドローン B07H3MN3ST 1枚目
Tech ドローン B07QQYRXVT 1枚目
Parrot Mambo Fly B076SZ279F 1枚目
DJI Tello B07979Q4YS 1枚目
Hubsan レーシングドローン B07H9TB1XY 1枚目
Holy Stone ドローン B0753FPW43 1枚目
SNAPTAIN ドローン B07KXNW5WF 1枚目
Holy Stone ドローン B077D8LYD7 1枚目
Potensic ドローン B07BXKGV7Q 1枚目
Holy Stone ドローン B07DJZ8FWC 1枚目
商品名 Holy Stone ドローン Tech ドローン Parrot Mambo Fly DJI Tello Hubsan レーシングドローン Holy Stone ドローン SNAPTAIN ドローン Holy Stone ドローン Potensic ドローン Holy Stone ドローン
型番 HS120D TR016W PF727078 CP.PT.00000208.01 H122D HS160 Snaptain-S5C HS177 A20BW HS210
特徴 ドローンの能力と魅力を詰め込んだ小型ドローン 希望通りのルートを飛びながら広い視野で撮影する小型ドローン 自動操縦機能搭載で安定感のある小型ドローン 高解像度はもちろん操作性に優れた小型ドローン 3種類のスピードを楽しめるレース向けの小型ドローン 4種類のスピードでさまざまな撮影方法が楽しめる小型ドローン 音声でコントロールできて720p HDで撮影できる小型ドローン 対戦ドローンという新しい発想!楽しみが倍増する小型ドローン 臨場感ある映像をスマホで見ながら操作できる小型ドローン 3種類のスピード調整可能!誰もが楽しめる小型ドローン
価格 19,990円(税込) 15,628円(税込) 9,369円(税込) 10,450円(税込) 13,888円(税込) 7,920円(税込) 6,099円(税込) 5,117円(税込) 4,899円(税込) 3,750円(税込)
商品リンク

小型ドローンのおすすめまとめ

小型 ドローン おすすめ まとめ

今回は、『小型ドローン』の選び方・おすすめメーカー3つと製品10機・使用上の注意を紹介しました。小型ドローンはドローンを初めて購入する方や操作にまだ慣れていない方はもちろん、コレクションしたい方にもおすすめです。

映像や写真を撮影するだけではなく、ライバルと競う遊び心をくすぐるドローンも販売されています。製品の機能はもちろんですが、法規制もチェックしてからあなたに合う小型ドローンを見つけてくださいね。

記事をシェアして友達にも教えよう!

小型ドローン
のおすすめ関連記事をもっと見る