初心者向けドローンのおすすめ人気比較ランキング10選【最新2020年版】

【最新版】初心者向けドローンの人気10アイテムのおすすめ比較ランキング。初心者向けドローンの特徴や選び方から価格情報やスペック情報、クチコミやレビューまで徹底比較。最後に編集部おすすめの初心者向けドローンをランキング形式でご紹介。
Moi

風景や人物撮影の幅を広げる『ドローン』。今ではバトル要素が含まれた、お子さんの遊び道具としても人気を集めています。そんなドローン、操縦が難しそう・うまく飛ばせるのかが心配という悩みから、購入に踏み出せない方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで今回は、初心者の方でも操縦しやすく想像通りの撮影ができるようなドローンを10機ご紹介します。他にもおすすめのメーカー・操縦方法・ドローンの楽しみ方もお話するので、ぜひチェックしてください。まずはドローンのおすすめのタイプから見て、どれがあなたに向いているのかを考えていきましょう。

ドローンのおすすめタイプ

ドローン おすすめ タイプ

ラジコンタイプ

ラジコンタイプ』のドローンは、自分で操縦を楽しみたい方におすすめです。コントローラーを使用し自分の好きな場所へと飛ばすことができて、ラジコンヘリやラジコンカーがお好きな方に向いています。

ただ初心者の方には扱いにくいという難点が。スマートフォンで風景を見ながら操縦することが難しく、常にドローンを見ながらの練習が必要となります。あくまでドローンを飛ばして遊びたいという方におすすめです。

もちろん操縦に慣れると、スマートフォンで風景を楽しみながらドローンを飛ばす楽しみ方ができるので、初心者の方や低価格に抑えたい方はラジコンタイプから始めるといいかもしれません。

自律飛行タイプ

ドローンにコンピューターを搭載してプログラミングすることで、自律飛行をするタイプを『自律飛行タイプ』と呼びます。GPSを搭載しており、飛んでいる位置を把握しながらプログラミング通りに飛行します。専用のアプリを使用しスマートフォンで操縦をする製品が多く、アプリも簡単で使いやすいつくりのものがほとんどです。初心者の方でも扱いやすいでしょう。

自律飛行タイプは空撮に向いていて、飛ばして遊ぶよりも臨場感と広さのある撮影を行いたい方にもおすすめです。ですが場所によってはGPSがうまく使えないときもあるため、自動帰還機能や障害物を避ける機能があると良いですね。

ドローンのおすすめ操縦方法

ドローン おすすめ 操縦方法

ドローンの操縦方法は製品によって異なりますが、基本的な動きはほとんど同じです。ここでは、基本的な操縦方法をご紹介します。

1.離着陸

スロットルと呼ばれます。まずは思い切り上昇させることから始めましょう。慣れてきたら目線の高さというように少しずつ下げていきます。反対に着陸は、ゆっくりとドローンを降ろします。着陸を確認したらプロペラを停止。

2.前後

エレベータと呼ばれます。ドローンの向きや進む方向を確認して行いましょう。最初は小さく動かして、慣れてきたら大きく動かします。離着陸も含めて練習すると、慣れが早くなり上達しやすくなりますよ。

3.左右旋回と左右移動

ラダー・エルロンと呼ばれます。前後移動と同じで、まずは小さい動きから始めましょう。

コントローラーにはモード1・モード2と種類があるため、説明書を参考に操縦しやすい法を選びましょう。

初心者向けドローンのおすすめポイント

初心者向け ドローン おすすめ ポイント

ドローンで競争

友達と競争するという遊びもドローンの楽しみ方のひとつです。細かい操縦の必要がなく、前後左右や旋回の基本的な動きができれば十分楽しめるでしょう。製品の中には、競争以外にも赤外線を当てて攻撃するドローンもあります。このようなバトル要素は子供から大人まで、初心者から上級者の方まで楽しめる遊び方です。

空からの撮影を楽しむ

ドローンを持つならやはり、撮影をしたいと思う方も多いでしょう。最初は操縦の練習が必要となりますが、基本的な動きができるようになれば十分綺麗な映像が撮影できます。

撮影ができるドローンには、スマートフォンを使用しリアルタイムで映像を確認しながら操縦できる製品が多いです。理想通りの撮影ができるのはもちろん、操縦も簡単にできるようなつくりの製品が多いため、初心者の方にもぜひ試してほしい楽しみ方です。

初心者向けドローンのおすすめの選び方

初心者向け ドローン おすすめ 選び方

GPS機能の有無で選ぶ

GPSが搭載されたドローンは、自律飛行・自動ホバリングができます。自動飛行とは、ドローンが位置を把握しながらあなたが設定したルートを飛行すること。そして自動ホバリングとは、空中でドローンが静止することです。

どちらも初心者の方におすすめの機能で、操縦の練習よりも早く飛ばしたいという方は、GPSが搭載されたドローンを選びましょう。

プロペラガードの有無で選ぶ

プロペラガード』とは、プロペラを360°囲むことで衝撃からドローンを守るものです。ドローンを操縦する際は周りに気をつけることが大切ですが、万が一壁にぶつかった際でも損傷を防ぐことができます。

また人に当たってしまっても怪我のリスクを下げることができるため、初心者の方はもちろん上級者の方でもプロペラガードのついたドローンを選びたいところですね。

高度維持機能の有無で選ぶ

高度維持機能とは、1度上昇させた位置をキープする機能です。操縦に慣れていないときは、高さを維持することがとても難しいはず。安定した動きをサポートする機能が、高度維持機能なのです。

フラフラしてうまく操縦できない・高さをキープする段階で挫折するということがなく、ドローンライフを楽しく過ごせるように高度維持機能のついたドローンがおすすめです。

ヘッドレスモードの有無で選ぶ

ヘッドレスモード』は、ドローンがどの方向を向いていても、レバーを倒した方向に進む機能のこと。基本的に搭載されている製品が多く、操縦がとてもやりやすくなるため嬉しいポイントです。

ドローンが自分の後ろにいる場合は、ヘッドレスモードがうまく作動しないことがあります。一度着陸させると向きが再設定されるので、覚えていてくださいね。

FPV機能の有無で選ぶ

FPV機能』とは、コントローラーに設置したスマートフォンなどで、ドローンが見ている映像をリアルタイムで見られる機能です。臨場感のある視点から操縦でき楽しいことはもちろん、映像を見ながら構図を決めることもできるため、映像や写真を撮影する方はFPV機能搭載の製品がおすすめ。

初心者向けドローンのおすすめメーカー

初心者向け ドローン おすすめ メーカー

DJI (ディージェーアイ)

DJI』は中国に本社を置いている知名度の高いドローンメーカーです。一般向け・プロ向け・産業用まで幅広いドローンを取り扱っており、7割ほどのシェアを独占しています。価格も比較的求めやすい製品から高価な製品もあり、自分に合うドローンが見つかりやすいメーカーといえます。

デザインもコンパクトなものから重みあるメタリックなものまで揃っているため、見た目重視の方もぜひチェックしてください。

RYZETECH (ライズテック)

RYZETECH』はコンパクトで持ち運びのしやすいドローンを開発しており、Telloシリーズが有名なメーカーです。どれも初心者の方でも操縦しやすく飛行も安定しているため、お子さんと一緒に楽しめるドローンでもあります。

スマートフォンVRヘッドセット対応の製品もあり、FPV視点で驚きの飛行体験ができるのも人気の理由です。

Parrot (パロット)

Parrot』は、シンプルだけどかっこいい・コンパクトなドローンメーカー。友達とバトルができる製品・手紙や小さな荷物を持たせられる製品・ゴーグルで臨場感ある体験ができる製品と、各製品遊び方にこだわりがあります。

撮影に特化した製品では、4K対応で2100万画素の写真を撮影することができるなど、撮影を楽しみたい方にもピッタリのメーカーです。

ドローン使用上の注意点

ドローン使用上 注意点

ドローンを使用する上で注意したいことは、ドローンの規制法です。大中小サイズを問わず守らねばいけないルールがあり、詳しくは国土交通省のホームページ『無人航空機の飛行ルール』に記載してあります。ここではドローンを飛ばしては行けない場所をピックアップしてご紹介しますね。

1.国の重要な施設・外国公館・原子力事業所
2.高速道路・新幹線上空・変電所
3.空港周辺・人口密集地地区・イベント会場上空・私有地上空

規制対象は他にもあります。また危険物の輸送や物を上空から落とすことも禁止です。購入前にしっかりとチェックしておきましょう。

初心者向けドローン のおすすめ人気比較ランキング

第10位

扱いやすさにこだわった、1台目に選びたいドローン

コンパクトだけど高性能なHolyStoneのHS320。バッテリーが2個ついているため、飛行時間が22分と長時間楽しめます。3段階スピード調整が可能で競争することはもちろん、720pカメラで高解像の撮影もできるため、幅広い年齢層から人気を集めています。

操縦も簡単で、ヘッドレスモードとプロペラガードつきという初心者の方に嬉しいポイントも。さらに低電圧アラーム搭載で、飛行中にバッテリーの残量が少なくなった場合自動着陸してくれます。とことん扱いやすさにこだわった製品です。

第9位

高画質カメラ搭載でコスパ良しのドローン

720p対応200万画素HDカメラを搭載した、撮影向けのドローンです。プロペラガードはドローン全体を囲むタイプなので、外での飛行はもちろん室内での損傷も防ぎます。また前後にライトが設置してあるため、向きが把握しやすく慣れるまでの操縦も楽ちん。

デザインはスポーティーで3色展開。かっこいいデザインが好きな方におすすめです。

第8位

Potensic ドローン GPS搭載 ASD

12,990円(税込)

撮影のためにつくられた高性能ドローン

1080pで120°広角HDカメラ搭載で、撮影用のドローンを探している方におすすめです。GPS搭載なので、高度維持・ホバリングで安定感ある撮影ができることでしょう。撮影したデータはシェアすることが可能で、専用アプリを使用すればあなたの見ている世界をたくさんの人に見てもらうことができます。

ドローンを使用する上で心配な紛失についても、バッテリー残量が少なくなったときに戻ってきてくれる、自動帰還機能も魅力的です。さらに撮影対象をセットすれば、ドローンが追尾してくれるフォローミー機能もついていて、まさに撮影のためにつくられたドローンになっています。

第7位

コントローラーから手を離しても安定ある飛行ができるドローン

スマートフォンで簡単に操縦できる、コンパクトでどこか可愛いドローンです。自動操縦機能搭載のため、コントローラーから手を離しても安定したまま飛行を続けます。また手の上からでも離陸できるのも魅力的。

ドローンを飛ばすことはもちろん、機能追加ができることがMamboFlyの特徴です。Canon・Grabber・FPVカメラも追加可能で、ドローンライフがより楽しくなること間違いなし。

第6位

Ryze Tello Tello CP.PT.00000208.01

12,992円(税込)

誰もが楽しめて使いやすい、世界一を目指すドローン

世界一楽しいドローンを目指すためにつくられたTello。手からトスするとその場でホバリング・スマートフォンでの簡単操縦が人気を集めています。撮影に関しては、Intelプロセッサー採用で高画質映像を再現。さらに5MP写真の撮影ができます。

バッテリー残量が少なくなると教えてくれたり、接続が切れると着陸してくれたりと、ドローン操縦に慣れていない方でも扱いやすいドローンになっています。シンプルでコンパクトなデザインが好きな方にもおすすめです。

第5位

細身ながら高性能!操縦のしやすさと安定感を叶えたドローン

本体が赤く細身なHolyStoneのHS200。高度維持機能・自動ホバリング搭載で安定感のある飛行ができます。またヘッドレスモード搭載だから、初心者の方でも方向に戸惑わず操縦が可能。操縦のしやすさ以外にも、FPVカメラでリアルタイムの映像をスマートフォンで確認できるところもポイントです。

コントローラーはどこか懐かしさを感じるデザイン。初心者の方はもちろんラジコン好きな方にもおすすめしたいドローンになっています。

第4位

どこへでも持ち運べるコンパクトな撮影用ドローン

シンプルで軽やかなデザインが特徴のG-ForceのGRANFLOW。驚きなのは、カメラのアングル切り替えができるところ。ドローンの前方と底部分の2つにカメラがついているため、状況に応じて撮影が楽しめます。この機能がついたドローンは少ないため、撮影用のものを探している方におすすめです。

コントローラーもコンパクトで、持ち運びに便利なケースつき。どこへでも連れて行くことができるのも、ドローン好きな方にはたまらないポイントですよね。

第3位

高画質・長時間飛行で、あなたの理想の映像をサポートするドローン

折りたたみ可能で持ち運びがしやすいHolyStoneのHS720。グレーで重みのあるデザインが特徴です。最大飛行時間26分・4K対応・2種類のスピードで、あなたの撮影をしっかりと支えます。

バッテリーの残量が少ないときやあなたとの距離が大きく離れたときは、自動帰還機能が起動して損傷から守りながらあなたの元に帰ってくるところも魅力的。操縦にまだ慣れておらず損傷が怖い・長く大切に使いたい方におすすめです。

第2位

コンパクトなのに頑丈!撮影を極めしドローン

折りたたみ可能で、開いても閉じても細くコンパクトなデザインが特徴です。4K HDRカメラでレンズが180°回転ができて、さらに2.8倍のロスレスズーム可能という撮影を極めしドローン。幻想的であなたの理想を超えるのではないでしょうか。

本体が細くコンパクトと記載しましたが決して壊れやすいことはなく、カーボン繊維を使用して頑丈につくられています。デザインと強度を妥協したくない方におすすめです。

第1位

これまでのドローンでは想像できない撮影をこなすハイエンドドローン

ドローンの操縦に慣れていない方・趣味でドローンを集めている方・プロの方、さまざまな層から支持されているDJI Mavic Air。ポケットに入るコンパクトさやシンプルなデザインはもちろん、ハイエンドな飛行性能も人気の理由です。

180°のパノラマ撮影・25枚の写真を8秒で合成するスフィアパノラマにも対応。これまでの撮影用ドローンとは想像できない高性能なドローンです。さらにUltra HDでの動画撮影・スローモーションの撮影もできるので、あなたの撮影の幅を広げること間違いなし。撮影に力を入れたい方におすすめです。

初心者向けドローン のおすすめ比較一覧表

商品画像
DJI Mavic Air B0797HP1CY 1枚目
Parrot ANAFI B07D9WQWYF 1枚目
Holy Stone ドローン B07XL34K8P 1枚目
G-Force GRANFLOW B07LH2BDNH 1枚目
Holy Stone ドローン B01G36GDZK 1枚目
Ryze Tello Tello B07979Q4YS 1枚目
Parrot Mambo Fly B076SZ279F 1枚目
Potensic ドローン GPS搭載 B07D2BVQBX 1枚目
G-Force Hubsan X4 B00I3SCHBQ 1枚目
Holy Stone ドローン B07RXQSP88 1枚目
商品名 DJI Mavic Air Parrot ANAFI Holy Stone ドローン G-Force GRANFLOW Holy Stone ドローン Ryze Tello Tello Parrot Mambo Fly Potensic ドローン GPS搭載 G-Force Hubsan X4 Holy Stone ドローン
型番 CP.PT.00000142.01 PF728005 HS720 GB061 HS200 CP.PT.00000208.01 PF727078 ASD H107C-1 HS370
特徴 これまでのドローンでは想像できない撮影をこなすハイエンドドローン コンパクトなのに頑丈!撮影を極めしドローン 高画質・長時間飛行で、あなたの理想の映像をサポートするドローン どこへでも持ち運べるコンパクトな撮影用ドローン 細身ながら高性能!操縦のしやすさと安定感を叶えたドローン 誰もが楽しめて使いやすい、世界一を目指すドローン コントローラーから手を離しても安定ある飛行ができるドローン 撮影のためにつくられた高性能ドローン 高画質カメラ搭載でコスパ良しのドローン 扱いやすさにこだわった、1台目に選びたいドローン
価格 105,820円(税込) 85,851円(税込) 29,990円(税込) 14,280円(税込) 11,080円(税込) 12,992円(税込) 10,005円(税込) 12,990円(税込) 8,500円(税込) 5,599円(税込)
商品リンク

初心者向けドローンのおすすめまとめ

初心者向け ドローン おすすめ まとめ

今回は、初心者の方におすすめのドローンメーカー3つと製品10機・選び方・操縦方法・使用上の注意をご紹介しました。自分に合ったドローンが選べてこそ、長く楽しめるものです。撮影・競争など目的を明確にしておくことで、あなたに合ったドローンがより見つかりやすくなるでしょう。

今回ご紹介した以外の製品にも良い製品はたくさんあるので、ぜひチェックしてくださいね。ドローンをコレクションして楽しむのもアリかもしれません。

最後に注意したいことは、ドローンは大中小サイズによって法規制も異なることです。なかには免許取得も必要なドローンもあるため、法規制もしっかりと確認しあなたも周りの方も楽しめるドローンライフを送りましょう。

記事をシェアして友達にも教えよう!

初心者向けドローン
のおすすめ関連記事をもっと見る