Bluetooth対応ワイヤレスヘッドホンのおすすめ人気比較ランキング10選【最新2020年版】

【最新版】Bluetooth対応ワイヤレスヘッドホンの人気10アイテムのおすすめ比較ランキング。Bluetooth対応ワイヤレスヘッドホンの特徴や選び方から価格情報やスペック情報、クチコミやレビューまで徹底比較。最後に編集部おすすめのBluetooth対応ワイヤレスヘッドホンをランキング形式でご紹介。
池田

端末に無線接続して音声を再生できる『Bluetooth対応ワイヤレスヘッドホン』。さまざまなメーカーが製造・販売しているため、性能がメーカーによって異なります。いざ商品を調べてみても種類が多すぎて、どれを購入しようか迷ってしまう方もいるのではないでしょうか。

本記事ではBluetooth対応ワイヤレスヘッドホンの選び方と、おすすめ人気比較ランキング10選を紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

Bluetooth対応ワイヤレスヘッドホンのメリット・デメリット

Bluetooth ワイヤレス ヘッドホン メリット デメリット

メリット

Bluetooth対応ワイヤレスヘッドホンのメリットといえば、やはり無線で使用できる点です。有線ヘッドホンだと移動中やカバンの中で線が絡まりやすく、断線の原因になってしまいます。

一方Bluetooth対応ワイヤレスヘッドホンであれば、線がないため断線の心配がありません。『断線が原因でよくヘッドホンを買い換える』という方は、Bluetooth対応ワイヤレスヘッドホンの購入を検討してみましょう。

デメリット

Bluetooth対応ワイヤレスヘッドホンに限らずワイヤレスの製品は、どうしてもラグが発生することもあります。接続している端末と距離があったり電波の飛び交う環境で使用したりすると、上手く動作しないこともあるので注意しましょう。

おすすめのBluetooth対応ワイヤレスヘッドホンの選び方

おすすめ Bluetooth ワイヤレスヘッドホン 選び方

Bluetoothのバージョン

Bluetoothとは無線通信方式のことです。Wi-Fiほど大容量のデータを高速で送信できませんが、年々バージョンアップを重ねて徐々により速く・多くのデータを送信できるようになっています。

Bluetoothはバージョンごとに数字が付いており、2020年1月時点は5.1が最新です。バーション4.1からはLTEの電波干渉を減らす機能が搭載され、より快適に音楽を楽しめるようになりました。2020年1月時点では、バージョン4.1~5.1を実装した製品が多いです。

各バージョンの特徴を簡単にまとめたので、製品を選ぶ参考にしてください。

・4.1:LTEの電波干渉を減らす機能が搭載
・4.2:データ通信速度が2.5倍にアップ
・5.0:データ速度、通信範囲、通信容量がさらにアップ
・5.1:方向探知機能の実装

ハウジングの形状

ハウジング』とは耳を覆う部分の名称です。ヘッドホンのイヤーカップがハウジングにあたる部分なので、ハウジング=イヤーカップと覚えておきましょう。ハウジングには2種類の形状があります。詳しく見ていきましょう。

密閉型 (クローズド型)

クローズド型』は耳をしっかり覆う形のヘッドホンです。周囲の音に邪魔されることなく、しっかり音楽を楽しみたい方におすすめです。また心地よい重低音を楽しみたい方にも、クローズド型のヘッドホンをおすすめします。

遮音性や低音を重視したい方は、クローズド型のヘッドホンを使用してみましょう。

開放型 (オープンエアー型)

オープンエアー型』はハウジングに穴が空いており、音がこもりにくいです。耳への負担が少ないので、長時間使用する方にはオープンエアー型をおすすめします。また高音が鮮明に聞こえるため、低音よりも高音を重視する方にもおすすめです。

ただハウジングが密閉されていないため、音漏れしやすくなっています。電車中や図書館といった公共の場で使用するときは、音漏れに注意しましょう。

ノイズキャンセリング機能

ノイズキャンセリング』とは周囲の音を遮断する機能です。ハウジングが密閉されている、クローズド型のヘッドホンに搭載されやすくなっています。よりクリアな音を楽しみたい方におすすめの機能です。

中にはノイズキャンセリング機能を調整できる製品もあります。電車やバスなどではノイズキャンセル機能を調整して、アナウンスを聞き逃さないようにもできる便利な機能です。

対応コーデック

コーデック』とは音声データを圧縮する方式のことです。端末からヘッドホンに音声データを送信するとき、元のデータでは容量が大きいため圧縮しています。音質やラグに関わる重要な項目で、さまざまな種類があります。主な特徴は以下の通りです。

Bluetooth対応ワイヤレスヘッドホンを購入するときは、対応コーデックの種類に注目してみましょう。ハイレゾとは臨場感のある音声を楽しめる音源のことです。詳細は後ほど解説します。

・SBC:音質は普通で少し遅延する
・AAC:SBCよりも圧縮率が小さく低遅延で音質がいい
・aptX:SBCやAACと比べて低遅延
・aptX LL:aptXより低遅延
・aptX HD:ハイレゾと同等の高音質

再生周波数帯域

再生周波数帯域』とは高音域と低音域の音質がわかる数値のことです。右値 (kHz) と左値 (Hz) の2種類あります。kHzが大きいほど高音がよく聞こえ、Hzが低いほど低音がよく聞こえます。

特に音質を重視したい方は、Bluetooth対応ワイヤレスヘッドホンの商品説明欄で再生周波数帯域を確認しましょう。

ハイレゾ対応の有無

繰り返しになりますが、ハイレゾとは臨場感あふれる音声を楽しめる音源のことです。Bluetooth対応ワイヤレスヘッドホンがハイレゾ音源に対応しているかどうかは、商品説明欄に記載されています。

実際に演奏を聞いているような音声で楽曲を楽しみたい方は、ハイレゾ音源対応のBluetooth対応ワイヤレスヘッドホンを購入しましょう。

有線接続も可能な両対応モデル

Bluetooth対応ワイヤレスヘッドホンの中には、有線接続に対応している製品もあります。外出先で『この場所は電波干渉がひどいな』と感じとき、端末に繋いで使用できるので便利です。

状況に応じてヘッドホンを使い分けたい方は、有線接続対応のBluetooth対応ワイヤレスヘッドホンを購入しましょう。

Bluetooth対応ワイヤレスヘッドホンの人気おすすめメーカー

Bluetooth ワイヤレス ヘッドホン 人気 おすすめ メーカー

SONY (ソニー)

SONY』のBluetooth対応ワイヤレスヘッドホンは、LDACというコーデックに対応している製品が多いです。LDACはSONYが開発したコーデックで、ハイレゾ音源相当の音声を再生できます。臨場感あふれる音声を楽しみたい方には、SONYのBluetooth対応ワイヤレスヘッドホンがおすすめです。

オーディオテクニカ

オーディオテクニカ』のBluetooth対応ワイヤレスヘッドホンは、オープンエアー型の製品が多いです。そして高音がクリアに聞こえる傾向にあるので、高音を重視している方におすすめします。高価な製品から安い製品まで販売しているため、予算に合わせて製品を選べます。

BOSE (ボーズ)

BOSE』は重低音に特化した、Bluetooth対応ワイヤレスヘッドホンを製造しているメーカーです。そしてノイズキャンセリング機能搭載の製品を、初めて販売したメーカーでもあります。クリアな重低音+ノイズキャンセリング搭載の製品を探している方は、BOSEの製品を購入してみましょう。

Beats (ビーツ)

Beats』が製造するBluetooth対応ワイヤレスヘッドホンは、とにかくデザインにこだわっています。カラーやデザインのバリエーションが豊富です。音質に関しては低音重視の製品が多い傾向にあります。

またBeatsは2014年5月にAppleが買収しているため、Appleの製品と互換性がある商品を製造しています。Beatsの製品は重低音にこだわっている、Apple製品の端末で使用したい方におすすめです。

SENNHEISER (ゼンハイザー)

SENNHEISER』は世界で初めてオープンエアー型のBluetooth対応ワイヤレスヘッドホンを販売した、ドイツの音響機器メーカーです。主に低音重視のダイナミック型ヘッドホンを製造しています。ダイナミック型ヘッドホンで再生できる音声は繊細さに欠けやすいです。

しかしSENNHEISERでは、クリアな音声を再生できるダイナミック型ヘッドホンを製造しています。低音にこだわったオープンエアー型のBluetooth対応ワイヤレスヘッドホンを探している方は、SENNHEISERの製品を購入してみましょう。

JVC KENWOOD (JVC ケンウッド)

JVC KENWOOD』は2008年に国内メーカーJVCとKENWOODが合併してできたメーカーです。重低音にこだわったBluetooth対応ワイヤレスヘッドホンを製造しています。とにかく価格の安い製品が多いので、重低音やコスパを重視している方にはJVC KENWOODの製品がおすすめです。

AKG (アーカーゲー)

AKG』は音響機器の設計・製造を行なっている、オーストリアのメーカーです。業務用から一般向けまで、幅広い製品を製造しています。Bluetooth対応ワイヤレスヘッドホンに関しては、デザインや持ち運びやすさにこだわったオープンエアー型が多いです。

Panasonic (パナソニック)

Panasonic』は国内有数の電機メーカーです。Technicsというブランド名で製品を製造・販売しています。主にハイレゾ対応のBluetooth対応ワイヤレスヘッドホンを製造しており、安価~高価な製品を揃えているメーカーです。高品質な製品を探している方は、PanasonicのBluetooth対応ワイヤレスヘッドホンを購入してみましょう。

Philips (フィリップス)

Philips』はオランダの電機メーカーです。ゴールデンイヤーと呼ばれる優秀な社員が製品の質を確認し、全体の65%以上が合意すると製品を販売できます。とにかく品質にこだわっているため、音質のいいBluetooth対応ワイヤレスヘッドホンが多いです。

Pioneer (パイオニア)

Pioneer』は主に車載用音響機器やパソコン用光学ドライブの製造・販売を行う、日本の老舗電機メーカーです。主にハイレゾ音源対応の、重低音重視のBluetooth対応ワイヤレスヘッドホンを取り扱っています。手頃な価格の製品を多く販売しているため、価格をなるべく抑えたい方におすすめです。

DENON (デノン)

DENON』は日本の老舗オーディオブランドです。主にノイズキャンセリング・ハイレゾ対応の、クローズド型Bluetooth対応ワイヤレスヘッドホンを製造しています。中には無線・有線の両方に対応している製品や、折りたためる持ち運びやすい製品もあります。

高い機能性のBluetooth対応ワイヤレスヘッドホンを探している方には、DENONの製品がおすすめです。

Bluetooth対応ワイヤレスヘッドホン のおすすめ人気比較ランキング

第10位

SENNHEISER Bluetooth対応ワイヤレスヘッドホン HD 4.40BT

11,348円(税込)

クリアかつダイナミックな低音を再生できるBluetooth対応ワイヤレスヘッドホン

シンプルかつ高級感あふれるデザインの、Bluetooth対応ワイヤレスヘッドホンです。aptXコーデックに対応しているため、クリアかつダイナミックな低音を再生できます。Bluetoothは4.0を採用しており、省電力化を実現している製品です。2時間充電すれば最長25時間使用できるので、持ち運びに最適だといえます。

さらに折りたためるデザインで、収納ポーチが付いてきます。また2年間の国内正規品保証も付いてくるので、安心して利用できる製品です。

第9位

オーディオテクニカ SOLID BASS SOLID BASS ATH-WS660BT

10,248円(税込)

クリアな重低音・長時間再生などに対応しているBluetooth対応ワイヤレスヘッドホン

無線ながらも圧倒的な重低音を再生できる、高性能なダイナミック型のBluetooth対応ワイヤレスヘッドホンです。Bluetooth4.1を採用することで、電波干渉の軽減を実現しています。aptXコーデックに対応しているため、低遅延で音声を再生できる製品です。

約5時間の充電で最長約40時間再生できるので、バッテリー切れの心配がありません。有線接続にも対応しているため、充電が切れても使用できます。またコンパクトに折りたためるので、持ち運びにも最適です。

第8位

SKULLCANDY Bluetooth対応ヘッドホン CRUSHER ANC

36,663円(税込)

重低音を心ゆくまで楽しめるBluetooth対応ワイヤレスヘッドホン

サブウーファー・ノイズキャンセル対応で集中して重低音を楽しめる、Bluetooth対応ワイヤレスヘッドホンです。イヤーカップに無段階スライダーが搭載されているので、振動を調整できます。

さらにデジタルハイブリッド式ANCも搭載しているため、ノイズキャンセリング機能を調整可能。イヤーカップにタッチすると、ノイズキャンセリングのオン・オフを切り替えできます。音質はaptXHDコーデックに対応しており、クリアな音声を再生できる製品です。

高級ですが高性能なので、機能性や重低音を重視する方におすすめします。

第7位

SONY h.ear on 2 Mini Wireless WH-H800

12,828円(税込)

音質・デザイン・機能性に長けたBluetooth対応ワイヤレスヘッドホン

シンプルなデザインで5種類のカラーから選べる、ハイレゾ対応のBluetooth対応ワイヤレスヘッドホンです。LDACコーデック対応の端末とペアリングすれば、ハイレゾ音源を再生できます。本製品はSONY製なので、互換性があるXperiaやWALKMANなどのSONY製端末と接続する方におすすめです。

またクイック充電に対応しており、10分で90分連続再生できます。さらに有線接続にも対応しているので、バッテリーが切れても使用できるワイヤレスヘッドホンです。

第6位

Bose Bluetooth対応ヘッドホン QuietComfort 35 wireless headphones II

35,640円(税込)

ノイズキャンセリング・Alexa対応のBluetooth対応ワイヤレスヘッドホン

ノイズキャンセリングやAmazonAlexaによる音声操作対応している、機能性抜群なクローズド型Bluetooth対応ワイヤレスヘッドホンです。BluetoothだけでなくNFCにも対応しているため、ワンタッチでスムーズにペアリングできます。フル充電で最長約20時間の連続再生が可能です。

ノイズキャンセリングは3段階で切り替えられるので、電車やバスでアナウンスを聞き逃す心配はありません。カラーバリエーションが豊富なため、機能性だけでなくデザインを重視している方にもおすすめの製品です。

第5位

Bose Bluetooth対応ヘッドホン NOISE CANCELLING HEADPHONES 700

46,750円(税込)

11段階のノイズキャンセリングに対応している音声操作可能なBluetooth対応ワイヤレスヘッドホン

多段階ノイズキャンセリングやAmazonAlexaによる音声操作対応の、Bluetooth対応ワイヤレスヘッドホンです。シンプルかつ高級感のあるオシャレなデザインで、ビジュアルグランプリ2020ライフスタイル分科会にて金賞を受賞しています。

本製品はオシャレなだけでなく、機能性も優れています。11段階調整ができるノイズキャンセリングを搭載しており、シチュエーションに合わせた使い方ができる製品です。さらに音声操作だけでなく、スマホアプリでも操作できます。

第4位

高いバッテリー効率・急速充電を実現したBluetooth対応ワイヤレスヘッドホン

10分の充電で約3時間連続再生できる、折りたたみ可能なBluetooth対応ワイヤレスヘッドホンです。PureANC機能を搭載しているので、外部の音を能動的に遮断できます。外出先でもよりクリアな音声を楽しみたい方におすすめの製品です。

そしてClass1Bluetooth対応のAppleW1チップも搭載しているため、スムーズなペアリングと高いバッテリー効率を実現しています。フル充電しておけば最長40時間使用できるので、外出先でもバッテリー切れの心配がありません。

外出先でもクリアな音声をより長く楽しみたい方には、本製品がおすすめです。

第3位

SONY Bluetoothヘッドホン WH-CH510

33,980円(税込)

高音質・軽量・低価格でコスパのいいBluetooth対応ワイヤレスヘッドホン

本製品はSONY製のBluetooth対応ワイヤレスヘッドホンです。AACコーデックに対応しており、高音質な音声を再生できます。低価格ながらもシンプルかつオシャレなデザインで、安っぽさがありません。スイーベル機構を採用しているので、フラットに収納できます。

イヤーカップには操作ボタンが付いているので、端末をポケットやカバンから取り出さなくても操作できます。フル充電で最長約35時間連続再生できるので、こまめな充電が不要です。

コスパのいいBluetooth対応ワイヤレスヘッドホンを探しているなら、本製品をおすすめします。

第2位

SENNHEISER MOMENTUM Wireless M3AEBTXL

47,599円(税込)

人気シリーズMOMENTUM第3世代のBluetooth対応ワイヤレスヘッドホン

2012年にSENNHEISERから発売され、進化を続けてきた人気シリーズMOMENTUM第3世代の、Bluetooth対応ワイヤレスヘッドホンです。3段階のノイズキャンセリング機能・オートONOFF・ボイスアシスタント連携を搭載しています。

シチュエーションに合わせてノイズキャンセリング機能を調整できるため、外出先でも気軽に使用できる製品です。使わないときに折りたためば曲を一時停止してくれるため、次回使用時に曲を探す手間が省けます。

また本製品はビジュアルグランプリ2020ライフスタイル分科会で賞を受賞。機能性だけでなくデザイン性にも優れているので、ファッションにこだわる方にもおすすめです。

第1位

SONY ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン WH-1000XM3

32,303円(税込)

ノイズキャンセリング自動調整・ハイレゾ音源相当に対応のBluetooth対応ワイヤレスヘッドホン

ワイヤレスながらもハイレゾ音源相当に対応している、クローズド型Bluetooth対応ワイヤレスヘッドホンです。SONYが開発したLDACコーデックに対応しているため、ワイヤレスでもハイレゾ音源相当の音声を再生できます。

さらに高音質ノイズキャンセリングプロセッサーQN1を搭載することで、環境に合わせたノイズキャンセリングの自動調整を実現しています。また折りたたみ収納やNFCによるワンタッチ接続も可能なので、使いやすさや持ち運びやすさも優れている製品です。

Bluetooth対応ワイヤレスヘッドホン のおすすめ比較一覧表

商品画像
SONY ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン B07GZ8DZC8 1枚目
SENNHEISER MOMENTUM Wireless B07W5PQ3V9 1枚目
SONY Bluetoothヘッドホン B07XF6LJZ2 1枚目
beats by dr.dre studio3 wireless B0776S45FC 1枚目
Bose Bluetooth対応ヘッドホン B07RSCM9ZZ 1枚目
Bose Bluetooth対応ヘッドホン B07RN6FQ8V 1枚目
SONY h.ear on 2 Mini Wireless B0756GYZTX 1枚目
SKULLCANDY Bluetooth対応ヘッドホン B07Y2VQZN9 1枚目
オーディオテクニカ SOLID BASS	SOLID BASS B0765WDQGW 1枚目
SENNHEISER	 Bluetooth対応ワイヤレスヘッドホン B01MSZSJE9 1枚目
商品名 SONY ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン SENNHEISER MOMENTUM Wireless SONY Bluetoothヘッドホン beats by dr.dre studio3 wireless Bose Bluetooth対応ヘッドホン Bose Bluetooth対応ヘッドホン SONY h.ear on 2 Mini Wireless SKULLCANDY Bluetooth対応ヘッドホン オーディオテクニカ SOLID BASS SOLID BASS SENNHEISER Bluetooth対応ワイヤレスヘッドホン
型番 WH-1000XM3 M3AEBTXL WH-CH510 NOISE CANCELLING HEADPHONES 700 QuietComfort 35 wireless headphones II WH-H800 CRUSHER ANC ATH-WS660BT HD 4.40BT
特徴 ノイズキャンセリング自動調整・ハイレゾ音源相当に対応のBluetooth対応ワイヤレスヘッドホン 人気シリーズMOMENTUM第3世代のBluetooth対応ワイヤレスヘッドホン 高音質・軽量・低価格でコスパのいいBluetooth対応ワイヤレスヘッドホン 高いバッテリー効率・急速充電を実現したBluetooth対応ワイヤレスヘッドホン 11段階のノイズキャンセリングに対応している音声操作可能なBluetooth対応ワイヤレスヘッドホン ノイズキャンセリング・Alexa対応のBluetooth対応ワイヤレスヘッドホン 音質・デザイン・機能性に長けたBluetooth対応ワイヤレスヘッドホン 重低音を心ゆくまで楽しめるBluetooth対応ワイヤレスヘッドホン クリアな重低音・長時間再生などに対応しているBluetooth対応ワイヤレスヘッドホン クリアかつダイナミックな低音を再生できるBluetooth対応ワイヤレスヘッドホン
価格 32,303円(税込) 47,599円(税込) 33,980円(税込) 33,980円(税込) 46,750円(税込) 35,640円(税込) 12,828円(税込) 36,663円(税込) 10,248円(税込) 11,348円(税込)
商品リンク

Bluetooth対応ワイヤレスヘッドホンのおすすめまとめ

Bluetooth対応ワイヤレスヘッドホンは製造しているメーカーごとに、優れている音域や機能などがあります。またBluetoothのバージョンによっても、電波干渉の影響度合いや音質が異なります。購入時は各製品の性能をしっかり確認しましょう。

よりクリアで高音質な音声を楽しみたい方は、ノイズキャンセリング機能や対応コーデックに注目してみてください。

記事をシェアして友達にも教えよう!

Bluetooth対応ワイヤレスヘッドホン
のおすすめ関連記事をもっと見る