ビデオカメラのおすすめ人気比較ランキング10選【最新2020年版】

【最新版】ビデオカメラの人気10アイテムのおすすめ比較ランキング。ビデオカメラの特徴や選び方から価格情報やスペック情報、クチコミやレビューまで徹底比較。最後に編集部おすすめのビデオカメラをランキング形式でご紹介。
おすすめStartHome編集部

イベントや旅行など、大切な人との思い出を映像で残せる『ビデオカメラ』。映像の記録を目的としているため、スマートフォンよりも本格的できれいな動画を撮影できます。しかしビデオカメラは種類が豊富で、どんな機能のものを選べばいいか悩んでしまうでしょう。

そこで今回は、ビデオカメラの選び方やおすすめアイテムをランキング形式で紹介します。あなたの目的に合ったビデオカメラを見つけるために、ぜひ参考にしてください。

ビデオカメラのおすすめの種類

おすすめ ビデオカメラ 種類

ハンディカメラ

機能が豊富で片手で操作できる『ハンディカメラ』は、初心者にも使いやすいことが特徴です。ズーム機能に優れており、運動会や発表会など被写体をアップで撮影したいシーンでも活躍してくれます。

映像の乱れを防ぐ『手ブレ補正機構』や、ピントを被写体に合わせてくれる『オートフォーカス機能』が搭載されているため、本格的な動画撮影にぴったりです。幅広い性能の商品が発売されているので、価格やニーズに合わせて選べます。

アクションカメラ

小型で軽量の『アクションカメラ』は、自転車やバイクのハンドル、体に装着して撮影できることが特徴です。手ブレに強く、スポーツなどの激しい動きを撮影するときに向いていることが特徴です。

ハードシーンの撮影に対応しているビデオカメラのため、防水性・防雪性・耐衝撃性などに優れています。ダイナミックな動きでも迫力ある映像を楽しむことができるので、サイクリングやマリンスポーツなどの撮影にもおすすめです。

ビデオカメラのおすすめの選び方

ビデオカメラ おすすめ 選び方

画質で選ぶ

4K

4Kテレビ』が普及しはじめたことで、今後一般的になるビデオカメラの画質です。自宅のテレビが4K、または買い換える予定がある場合は、ビデオカメラの画質も4Kを選ぶことをおすすめします。

4Kの解像度は3840×2160で、その美しさはフルHDの約4倍です。細かい部分まできれいに映し出し、まるでその場で見ているかのような感覚を味わえます。フルHDのビデオカメラよりも重みがあり価格も高めですが、高画質で映像を残しておきたい人にはぴったりの画質です。

フルHD

フルHD』の解像度は1920×1080で、YouTube上の動画でもよく使用される一般的な画質です。4Kよりきめ細やかさは劣るものの、なめらかで美しい映像を楽しめる画質で撮影できます。

4Kよりもコンパクトなボディで、持ち運びや操作がしやすいです。さらに比較的価格が安いことも魅力のひとつ。画質と価格の両方を重視したい場合は、フルHDを選ぶことをおすすめします。

フレームレートで選ぶ

フレームレート』とは1秒間に撮影する静止画のコマ数のことです。動画のなめらかさが決まる要素で、数字が大きいほどなめらかな映像を撮影できます。自然な動きに見えるフレームレートは30fpsですが、4Kビデオカメラを選ぶなら60fpsでもコマ落ちせずに美しい映像に仕上がります。

よりなめらかな映像を撮影したい場合は120fpsもありますが、データ容量が大きくなるためメモリーオーバーに注意が必要です。使用目的に合ったものを選びましょう。

ズーム機能で選ぶ

ビデオカメラの『ズーム機能』は、光学ズームとデジタルズームの2種類があります。光学ズームはレンズを動かして被写体に焦点を合わせるため、画質の劣化が少なくきれいに撮影できます。一般的な用途なら20倍ズームがおすすめですが、本体が大きくて価格が高いことがデメリットです。

デジタルズームは、デジタル処理で被写体の大きさを変えて撮影します。拡大しているだけなので画質が劣化することがありますが、光学ズームより本体が小さくて価格が安いことが魅力です。用途と価格を比較して選ぶことをおすすめします。

手ブレ補正機能で選ぶ

ビデオカメラの撮影で失敗する原因のひとつが『手ブレ』です。『手ブレ補正機能』がないと撮影時の揺れがビデオカメラに伝わり、きれいな映像が撮影できません。手ブレ補正機能には、『光学式』と『電子式』の2種類があります。

手で持って撮影することが多い場合は『光学式』を、三脚を利用して撮影することが場合は『電子式』を選ぶとよいでしょう。

光学式

光学式』はリアルタイムで補正するため残像がなく、ズームでも手ブレしないことが特徴です。

電子式

電子式』は撮影後に補正するため残像が残ることがありますが、光学式より価格が安いことが特徴です。

オートフォーカス性能で選ぶ

動くものを被写体にするなら、『オートフォーカス機能』を重視して選ぶことがおすすめです。被写体に自動でピントを合わせて追従し続けてくれるため、動きが早くてもきれいに撮影できます。

子供の運動会やスポーツの試合、動き回るペットの撮影など、さまざまなシーンでオートフォーカス機能が活躍。顔認証オートフォーカスが搭載されているモデルもあるので、ベストショットを逃さずに思い出を残せます。

重さで選ぶ

400g以下

重さ400g以下のビデオカメラは、手で持ったまま長時間撮影しても疲れにくいことが特徴です。三脚を使えない場合や、軽さを重視したい人におすすめです。ただし性能よりも軽さを重視されていることが多いため、機能をチェックしてから選びましょう。

400g以上500g未満

重さ400g以上500g未満のビデオカメラは、使い心地と性能のバランスが良いことが特徴です。手で持って撮影する時間が短い場合や、三脚を利用しての撮影が多い人におすすめです。画質や性能を求めるならば、400g以上のビデオカメラを選びましょう。

500g以上

重さ500g以上のビデオカメラは、手で持って撮影するには厳しい重さです。豊富な機能や高い性能を求めつつ、三脚を利用して撮影する人におすすめです。子供の成長記録やペットの撮影にはあまり向いていません。

広角撮影の性能で選ぶ

広範囲の風景などをきれいに撮影できる『広角撮影』。デジタルカメラに比べて広角撮影に弱いビデオカメラは、手ブレ補正機能をONにすることで広角撮影が対応されないモデルもあります。

大人数で撮影したい場合や、学芸会などその場を全体的に撮影したい場合は、機能やスペックを確認してから選ぶことをおすすめします。

防水性能で選ぶ

キャンプやマリンスポーツなどアウトドアで撮影したい人は、『防水性能』を重視して選ぶことをおすすめします。水深50mを超える撮影にも対応できるモデルなど、ラインナップも豊富です。

ほとんどのアクションカメラには、防水性能が搭載されています。海水浴やスノボなど家族旅行の思い出を映像に残すことができるのも、うれしいポイントです。ただしハンディカメラには防水性能が搭載されていないものもあるため、確認するようにしましょう。

顔認証機能で選ぶ

大勢の人の中のひとりにピントを合わせて撮影するのは難しいもの。運動会などで子供の顔にピントが合わなくて、苦労したことがある人も多いでしょう。ピント合わせをスムーズにしたい場合は、『顔認証機能搭載』のビデオカメラを選ぶことをおすすめします。

顔認証機能は撮影したい人の顔をタッチするだけで簡単にピントを合わせられ、肌のトーンなども自動で調整してくれます。機種によっては人物の顔と名前を登録できる機能が搭載されており、頻繁に同じ人を撮影するときに便利です。

マイクの性能で選ぶ

画質も重要ですが、音質もビデオカメラを選ぶときの重要なポイントです。SONY製品は高性能マイク搭載モデルのラインナップが豊富。5方向の音声を集めつつノイズも抑えてくれるため、原音に近い音質が楽しめます。

さらに一部機種には、撮影者の声を抑えてくれる『マイボイスキャンセリング機能』が搭載されています。自分の声を気にしないで撮影できるため、運動会の応援も思いっきり楽しめるのが魅力です。

暗所撮影性能で選ぶ

誕生日パーティーや発表会など暗い場所で撮影することも考えて、『暗所撮影性能』が搭載されているモデルを選ぶことをおすすめします。ビデオカメラは暗い場所でピントを合わすことができません。

ケーキのろうそくを消す瞬間や、発表会でスポットライトに照らされた子供をきれいに撮影するためには、暗所撮影できるビデオカメラが必須です。暗い場所での思い出も、きれいな映像で残せます。

ビデオカメラのおすすめメーカー

ビデオカメラ おすすめ メーカー

SONY (ソニー)

ビデオカメラメーカーとしても高い人気を集める『SONY』は、日本を代表する映像・音響機器の総合メーカーです。『Handycam (ハンディカム)』の発売により、一般家庭に動画文化を普及させた立役者とも言えます。

Panasonic (パナソニック)

幅広い家電製品を取り扱う『Panasonic』は、日本を代表する総合家電メーカーです。ビデオカメラの分野でもさまざまな製品を開発し、『ワイプ撮り』や『あとから補正』など優れた機能を持つ製品が豊富なことで人気があります。

JVC ケンウッド

JVC ケンウッド』は、音響機器や家庭用高画質プロジェクターを製造するメーカーです。ビデオカメラブランド『Everio(エブリオ)』を展開しており、防水・防塵・耐衝撃・耐低温の機能を搭載したシリーズはアウトドア使いに最適です。

ビデオカメラ のおすすめ人気比較ランキング

第10位

SAC 4K アクションカメラ MC8000BK

5,980円(税込)

プロの4Kを搭載したアクションカメラ。1600万画素の高画質録画を手軽に楽しめます。

170度調整可能な超広角レンズで広範囲の撮影も最適。防水ケースを付けることで水深30mまで対応できるため、アクティビティ中でも鮮明な動画が撮影できます。スローモーション撮影・タイムプラス撮影など、多彩なモードを搭載。Wi-Fi対応なので、撮ったその場でスマホなどへ転送できます。

自転車やバイクへの取り付けや、車に取り付けて車載モードでの使用も可能です。付属の遠隔操作リモコンを使用することで、さまざまなシーンの撮影を楽しめます。

第9位

卓越した高画質技術の組み合わせで、4Kならではの高精細映像で思い出をリアルに再現します。

約829万画素の解像度で、大画面で見ても細部まできれいな映像を再現。4Kテレビはもちろん、フルHDテレビで再生しても高精細なフルハイビジョン映像を楽しめます。色や球面のズレを補正するレンズの採用で、コントラストが鮮やかな画質を実現しました。

安定してワイド撮影がおこなえる『光学式手ブレ補正』を搭載。動きながらでもなめらかな映像を撮影できます。ズームに連動して音声レベルを変化させるマイクで、クリアな音質を再現できるカメラです。

第8位

4Kの60fpsで驚くほどなめらかな映像を撮影できます。動きながらでも安定した動画の撮影が可能です。

撮影者の動きを予測してカメラのブレを補正。なめらかで安定した映像を撮影できます。水深10mの撮影にも対応できる優れた耐久性と防水性をもつカメラで、水中の美しさをそのまま再現。マリンスポーツにもぴったりです。

動きながらでも安定した動画が撮影でき、速度があるシーンでもしっかりと動画におさめることが可能。その場をそのまま切り取ったような美しい画質は、動画でも静止画でもリアルな思い出を残すことができるカメラです。

第7位

Panasonic HDビデオカメラ HC-V360MS

23,100円(税込)

iA高倍率ズームの搭載で遠くの被写体もブレずに撮影。大きくきめ細やかな映像を記録できます。

90倍の高倍率で被写体を描写するiAズーム。光学ズームの領域を超えた美しいハイビジョン画質で撮影できます。撮影中の映像を自動で水平にしてくれる『傾き補正』は、腕を高く上げたり話しながらの撮影でも傾きのない映像に自動補正してくれる優れた機能です。

光学式と電子式の両方で手ブレ補正するため、歩行時やズーム時、暗所撮影でも失敗することなく撮影できます。小型のボディで気軽に持ち歩けるのも特徴で、子供の成長記録も撮影しやすいカメラです。

第6位

4K60fpsと1080p/240fpsでの撮影で、スローモーション再生も高品質で楽しめます。

水深10mまで対応できる防水性をもつアクションカメラです。小型で持ち運びもしやすいため、旅行やアウトドアにも気軽に持っていけます。手ブレ補正にも強く、スノボやサーフィン、バイクなど動きのある撮影も快適です。

音声コマンドやタッチズームの機能が動画撮影の幅を広げ、より臨場感のある映像を残せます。低光量性能とナイトフォトモードで夜の撮影も簡単。星空や花火の思い出も、美しい映像で残すことができるカメラです。

第5位

高性能な手ブレ補正機能で、ズームしても動いていても安定した撮影に。仕上がりが美しい映像を楽しめます。

レンズとセンサーを一体にしたことで、カメラ本体が動いてもバランスを保つことが可能。ブレやすい状況でも『空間光学手ブレ補正』のはたらきで、見やすく美しい映像が撮影できます。

高速・高精度にピントを合わせるため、ズームやカメラの向きを変えたときでも撮影チャンスを逃しません。『自動風ノイズ低減』や『マイボイスキャンセリング』で録音したくない音声を低減。撮りたい被写体だけを、最高の映像と音質で残すことができるカメラです。

第4位

従来のHERスタイルの撮影に加えて360度カメラも搭載。3つのレンズが1つになった驚きのカメラです。

360度撮影で周囲の光景を臨場感あふれる映像で残せます。革新的な水平維持機構でどんなに傾いてもなめらかな動画に。さらに強い安定化機構も備えているので、ブレのない映像を撮影できます。激しい動きにも対応できるカメラです。

超広角から狭角まで幅広く対応し、どんなシーンでも完璧な瞬間を撮影できます。6つのマイクが連動する360度オーディオで、まるでその場にいるような音質を録音可能。映像も音声も迫力ある動画を楽しめます。

第3位

ブレのない安定した映像を撮影できる4Kのハンディカメラ!感動するほど美しい映像が残せます。

SONY独自の『空間光学手ブレ補正』を搭載。手の揺れに合わせてレンズが動くため、圧倒的にブレない映像を撮影できます。動き回る子供やペットでもきれいに撮影。大画面で見ても、感動するほどブレずにくっきりとした映像を楽しめます。

動く被写体にピントを合わせ続ける『ロックオンAF』を搭載。さらに自動で撮影シーンを見分ける『おまかせオート』で、状況に合った映像や音が簡単に撮れます。大切な思い出を美しく残すことができるカメラです。

第2位

Panasonic 4Kビデオカメラ HC-VX992M

62,890円(税込)

手のひらサイズデジタル4Kビデオカメラ!持ち運びしやすくいつでもどこでも手軽に高画質撮影が楽しめます。

重量355gの軽さのコンパクトボディで、長時間の撮影も疲れにくいです。ズーム時の解像度が高く、手ブレや傾きを自動で補正。気軽にきれいな映像が撮影できるため、女性でも扱いやすいです。

あらかじめ4Kで広く撮影しておくと、撮影した後から気になる箇所を編集・補正できるのも魅力です。手ブレしていてもズームをしていなくても、簡単操作できれいな画角で保存できます。初心者の方でも安心して撮影できるカメラです。

第1位

高い手ブレ補正機能「HyperSmooth 2.0 」を搭載したアクションカメラで、なめらかな映像を撮影できます。

3つのレベルの安定化機能を搭載。過酷な撮影状況でもなめらかな映像を撮影できます。動きに合った視野角を簡単に設定できるデジタルレンズで、さまざまなシーンの撮影に対応。リアルで迫力のある映像を楽しめます。

LiveBurstモードを使えば、撮影の前後1.5秒間を静止画で記録可能。写真として抜き出したり、3秒間の4Kビデオクリップで共有することもできます。思い出を最高のショットで残せるカメラです。

ビデオカメラ のおすすめ比較一覧表

商品画像
GoPro HERO8 B07YJVK1QQ 1枚目
Panasonic 4Kビデオカメラ B07QB6GMHC 1枚目
SONY Handycam B079FHKKKS 1枚目
GoPro MAX B07YKRGL5W 1枚目
SONY Handycam B01N4ND7XU 1枚目
GoPro HERO6 B0761Q2CG5 1枚目
Panasonic HDビデオカメラ B01JRFABSY 1枚目
GoPro HERO7 B07H8YDBJ2 1枚目
SONY Handycam B00HVRG7MU 1枚目
SAC 4K アクションカメラ B07B48BHNX 1枚目
商品名 GoPro HERO8 Panasonic 4Kビデオカメラ SONY Handycam GoPro MAX SONY Handycam GoPro HERO6 Panasonic HDビデオカメラ GoPro HERO7 SONY Handycam SAC 4K アクションカメラ
型番 CHDHX-801-FW HC-VX992M FDR-AX45 CHDHZ-201-FW HDR-CX680 CHDHX-601-FW HC-V360MS CHDHX-701-FW FDR-AX100 MC8000BK
特徴 高い手ブレ補正機能「HyperSmooth 2.0 」を搭載したアクションカメラで、なめらかな映像を撮影できます。 手のひらサイズデジタル4Kビデオカメラ!持ち運びしやすくいつでもどこでも手軽に高画質撮影が楽しめます。 ブレのない安定した映像を撮影できる4Kのハンディカメラ!感動するほど美しい映像が残せます。 従来のHERスタイルの撮影に加えて360度カメラも搭載。3つのレンズが1つになった驚きのカメラです。 高性能な手ブレ補正機能で、ズームしても動いていても安定した撮影に。仕上がりが美しい映像を楽しめます。 4K60fpsと1080p/240fpsでの撮影で、スローモーション再生も高品質で楽しめます。 iA高倍率ズームの搭載で遠くの被写体もブレずに撮影。大きくきめ細やかな映像を記録できます。 4Kの60fpsで驚くほどなめらかな映像を撮影できます。動きながらでも安定した動画の撮影が可能です。 卓越した高画質技術の組み合わせで、4Kならではの高精細映像で思い出をリアルに再現します。 プロの4Kを搭載したアクションカメラ。1600万画素の高画質録画を手軽に楽しめます。
価格 55,880円(税込) 62,890円(税込) 80,900円(税込) 67,100円(税込) 47,180円(税込) 36,500円(税込) 23,100円(税込) 38,999円(税込) 147,180円(税込) 5,980円(税込)
商品リンク

ビデオカメラのおすすめまとめ

ビデオカメラ おすすめ まとめ

今回はおすすめの『ビデオカメラ』についてご紹介しましたが、いかがでしたか。ビデオカメラとひとことで言っても、さまざまなモデルがあります。機能や特徴もそれぞれ違うため、どの商品を選べばいいのか悩む人も多いでしょう。

最高の瞬間を撮影するためには、目的に合った商品を選ぶことが大切です。今回の記事では、子供の成長記録からアクティビティな映像まで撮影できるビデオカメラを紹介しました。ランキングを参考にして、あなたにぴったりの1台を選んでみてください。

記事をシェアして友達にも教えよう!

ビデオカメラ
のおすすめ関連記事をもっと見る