スライサーのおすすめ厳選人気ランキング10選

【最新版】スライサーの厳選10アイテムのおすすめ人気ランキング。スライサーの特徴や選び方から価格情報やスペック情報、クチコミやレビューまで掲載。最後に編集部おすすめのスライサーをランキング形式でご紹介。
syun

野菜を薄く切ったり、細かく切ったりするのに便利な調理器具『スライサー』。最近はスライスだけでなく、千切りやみじん切りなど、切り方のバリュエーションも豊富になってきています。ですがその分、調理器具に詳しくない方にとっては、どのスライサーを選べばよいのかわかりにくくなっていると感じることはありませんか。

今回はそんな時短ができて便利なスライサーの特徴や選び方を丁寧に解説していきます。厳選した人気おすすめ商品もランキング形式でご紹介しますので、興味のある方はぜひ参考にしてみてください。

スライサーの特徴

スライサー おすすめ 1

スライサー』は調理器具の一つで、一台あるだけで家事の幅が広がる便利なアイテムです。スライサーの特徴を知って便利に使えるスライサーを選べるようになりましょう。

料理にかかる時間を短縮できる

日頃から時間がなく、料理をする時間を短縮したいと思う方にスライサーはぴったりです。

スライサーを使うことで、『薄切り』『千切り』『みじん切り』などが簡単にできるようになるため、料理にかかる時間を短縮することができます。

日々忙しく、時間がないような場合でも、スライサーを使うことで、あっという間に料理の準備が完了し、ストレスなく炊事できることでしょう。

料理の腕が向上する

スライサーは時短ができるだけでなく、料理のバリュエーションを増やすのにも利用できます。千切りや薄切りなど、包丁では難しい作業も、スライサーがあれば安全に早く仕上げることができ、メニューの種類も豊富になっていくことでしょう。

また料理の見栄えも綺麗になるため料理の品目が増えたり、盛り付けがうまくなったりするなど、料理の腕が上がります。

スライサーとピーラーの違い

スライサーと似た調理器具で、『ピーラー』という調理器具があり、何がどう違うのかわからない方もいるでしょう。スライサーとピーラーには以下のような違いがあります。

ピーラーは皮を剥くための調理器具ですが、最近ではキャベツの千切りや、大根の細切りなどができるピーラーも販売されており、より簡単に料理の下準備ができるようになっています。

この後紹介するスライサーを選ぶ際のポイントを踏まえた上で、スライサーとピーラーどちらが必要か見極めると、より用途にあった調理器具をそろえられるでしょう。

おすすめのスライサーの選び方

スライサー おすすめ 2

スライサーを選ぶにも、たくさんの種類があり、どのスライサーを買えばよいか迷うこともあるでしょう。スライサーを選ぶポイントを知って、自分にあったスライサーを選べるようになりましょう。

動作方式で選ぶ

スライサーといえば手で使う調理器具というイメージがありますが、電動スライサーも販売されています。どのような違いがあるのでしょうか。

電動式

電動式スライサー』は食材を入れるだけでスライスできるので、手が汚れず、均等なスライスも簡単にできます。大量の食材を使う場合にもぴったりです。

ただしサイズが大きく、コンセントも必要になるため、あらかじめ収納場所やコンセントの位置を考えた上で購入したいところです。大量の食材を使うことが多く、収納場所に困らないようであれば、電動スライサーを買い、時短にも役立ちます。

手動式スライサー

手動式スライサー』の特徴は何といっても気軽に使えることです。中にはスライスの仕方によってスライサーを複数使うこともありますが、ケースにまとめて収納できるため収納にも困ることはありません。

一方気軽に使える分、手でスライスをする必要があるため、たくさんの食材をスライスするのに時間がかかりますし、硬い食材をスライスする際は体力が必要です。

スライサーをどのように使うのか把握した上で商品を選びましょう。

スライスする食材で選ぶ

スライサーは食材に特化した商品もあり、『野菜用』『パン用』『ゆで卵用』など、スライスする商品によって買うべきスライサーが異なります。

スライサーを買った後に『実は必要ない機能だった』ということがないように、事前にどんな食材をスライスするのかを確認しておきましょう。

用途に合わないスライサーを買ってしまうと、使う機会がなくせっかく買ったスライサーが無駄になりかねません。

安全性で選ぶ

固い食材や小さな食材など、スライスする食材によっては、がたついたり、うまく力が入らなかったりと、使い勝手が悪くなるスライサーもあります。刃物を使った調理器具ですので、安全に怪我をしないようなスライサーを選びたいところです。

そこで具体的に、どのようなことを気をつけてチェックすればよいのかご紹介します。

指切り防止機能

スライサーを使う上で最も不安なのが、刃で指を切ってしまうことです。特に小さい食材をスライスする際は細心の注意が必要となりますが、スライサーの中には、『指切り防止機能』である『プロテクター』が付いている商品があります。

プロテクターが指を守ってくれるため、指の怪我を防止するだけでなく、食材を最後まで使い切ることができるという特徴もあります。

安定性

スライサーを使う食材によっては、本体のバランスが悪いものや、小さすぎてうまくスライスできない商品があります。不安定なスライサーは危険な上にスライスするのに時間がかかってしまうなど、スライサー本来の特徴を活かせません。

使いやすいスライサーを選ぶには、受け皿が大きく安定性のあるスライサーを選びましょう。怪我の心配もなく、すばやく調理できます。

切り方・切り幅で選ぶ

食材をさまざまな『切り方』や『切り幅』にしたい場合は、スライサーの切り方や切り幅を確認しておきましょう。せっかく買ったスライサーも切りたいサイズにスライスできなければ無駄になってしまいます。

切り方や切り幅を調整したい場合はセット販売されているスライサーを選びましょう。一つのセットで千切りの細さを変更できたり、おろし器が付いていたりするものもあります。1セット購入するだけで幅広い用途に使用できるためとても便利です。

刃が錆びにくさで選ぶ

一度買ったスライサーはできるだけ長く使いたいものです。ですがスライサーは使い続けると、錆びてきてしまうものもあります。錆びた結果スライサーの切れ味が悪くなると、効率的にスライスできません。

そのため刃が錆びにくかったり、刃を交換できたりするタイプの商品を買えば、長くスライサーを使用できます。

またたとえ錆びにくいスライサーを買ったとしても、こまめに手入れをし、水分が残った状態で放置しないように気をつけましょう。

スライサーのおすすめメーカー

スライサー おすすめ 3

スライサーを作っているメーカーはいくつかあり、それぞれ特徴が異なります。メーカーの特徴を知ることも、自分にあったスライサーを選ぶポイントです。メーカーの中でもおすすめのスライサーメーカーをご紹介します。

貝印

貝印』は1808年創業のキッチン用品を幅広く扱うメーカーです。

シンプルでありつつも、機能性が高く、長く使い続けられる商品が特徴となっています。1808年から伝わる鍛治技術を使って開発された商品をはじめ、商品数も幅広く、用途に合わせて商品を購入できます。

頑丈で長く使えるスライサーを探している方は貝印のスライサーを検討してみてはいかがでしょうか。

OXO (オクソー)

OXO』はユニークなアイディア商品が特徴のメーカーです。『できるだけたくさんの人が使いやすい製品』をモットーに開発しており、便利な商品だけでなく、綺麗な色合いの商品を揃えているのもOXOならでは。

毎年発表する製品はいずれも2年以上の歳月を費やして開発しており、リピーターが多く主婦に人気のメーカーです。

京セラ

京セラ』は、デザイン性と品質にこだわっているメーカーです。キッチンツールだけでなく家電製品や情報機器などを幅広く扱う企業だけあって、品質を求めるユーザーから定評があります。

特に軽くて錆びにくいセラミックを1959年からいち早く取り入れていたのが特徴であり、先進的な商品づくりにこだわっている企業です。

愛工業

使いやすく、手入れのしやすいキッチン用品を用意しているのが『愛工業』。

元々は自動車部品の開発をしていた会社であり、細かい気配りを意識した商品やこだわりを持った商品を展開しています。ユーザー目線で商品を開発しているため、誰でも簡単に使える商品を多くそろえているという特徴があります。

調理器具にこだわりのある方は愛工業のスライサーが相性がよいでしょう。

スライサー のおすすめ人気比較ランキング

第10位

ベンリナー ジャンボベンリナーNo.120スライス幅 まな板幅 120mm

2,414円(税込)

プロの板前さんが作ったような、極薄切りを実現

大きく安定したスライサーなので、プロの板前さんのようにすばやく綺麗にスライスできます。

本体がブレない「滑り止め」とボールに固定させる「ひっかけ足」が付いているため、がたつくなどの不便さを感じることがありません。

スライスの厚さを調整するダイヤルが付いており、切り幅を調整できます。幅広い用途と使い勝手の良さが好評の商品です。

サイズ 32.5×16×5cm
原産国 日本
材料 本体:ABS樹脂、刃:ステンレス
付属品 替え刃
ブランド ベンリナ―
第9位

和平フレイズ スライサー FR-9288

1,238円(税込)

包丁使いが苦手でも綺麗に食材をカット

4種類のスライサーが付いているため、用途に合わせて使い分けられます。

滑り止めが付いているため安定してスライスでき、野菜が小さくなっても安全にスライスできるホルダーが付いているため、包丁使いが苦手な方でも綺麗に食材をカット可能です。

使用後は専用ケースに入れて収納できるため、置き場所に困ることがありません。

サイズ 29×9×8cm
原産国 日本
材料 本体:ABS樹脂、調理プレート:ABS樹脂、刃部:ステンレス刃物鋼
付属品 -
ブランド 和平フレイズ
第8位

貝印 調理器セット デリコ DZ0746

1,037円(税込)

主婦目線で作られた革命的スライサー

千切り・ツマ切り・スライス・おろし・皮引き・安全ホルダー が入っているスライサーです。様々な使い方ができる上、収納もしやすく主婦目線で作られています。

切れ味も良いので効率よく料理を用意でき、安全ホルダーのおかげで小さな野菜も最後までスライス可能。

リピーターも多い人気商品です。

サイズ 10.2×29.5×10.5cm
原産国 台湾
材料 本体:スチロール樹脂、調理プレート・皮引き・安全ホルダー:ABS樹脂、スライス刃・皮引き刃:ステンレス刃物鋼、クシ刃:ステンレススチール
付属品 千切り、ツマ切り、スライス、おろし、皮引き、安全ホルダー、収納ケース
ブランド 貝印
第7位

kaedesera キッチンスライサー

2,160円(税込)

誰でも簡単に使えるスライサー

薄切り、千切り、つまり切り、おろしなど包丁で食材を切る手間が省けるスライサーで、切れ味が良く使い勝手も良いため誰でも簡単に使えるのが特徴。

出荷前に一つ一つ検品しているため品質も良く、デザインが良いため重宝する商品です。

簡単にかつ長期的に使いたい方におすすめします。

サイズ 32×4.5×10.5cm
原産国 日本
材料 -
付属品 ブレード、スライス、千切り、みじん切り、花型切り、クリア収納ボックス、皮むき器、ホルダー、ご注意の説明書
ブランド kaedesera
第6位

SUNCRAFT キャベツ用スライサー BS-271

1,185円(税込)

半玉キャベツも楽々スライサー

スライサーの幅が14センチと半玉キャベツも簡単にスライスできるため、包丁で野菜を切り分ける必要がありません。

大きなスライサーにありがちな不安定さも克服しており、ホルダー付きのため安全に簡単に使用可能です。

実際に使った方にしかわからない驚くほどの切れ味を持っています。料理の時短に大貢献するスライサーです。

サイズ 38.2×14×1.8cm
原産国 日本
材料 本体:ABS樹脂、刃:刃物用ステンレス鋼
付属品 -
ブランド サンクラフト
第5位

愛工業 Aセット 野菜調理器Qシリーズ

2,846円(税込)

長く重宝するスライサー

野菜炒めやサラダの下ごしらえに便利な商品です。

薄切り、千切り、おろし、と用途別に使用可能。大きな安全カバーが付いているため指を切る心配がなく、切れ味の良いスライサーを安心して使えます。

長くにわたって使う方もいるほど、品質の良いスライサーです。

サイズ 16.5×9.8×26cm
原産国 日本
材料 本体:ABS樹脂、刃:ステンレス鋼刃
付属品 薄切り器、千六本、細千切り器、大根おろし器、滑り止め
ブランド 愛工業
第4位

貝印 おろし器 SELECT 100 DH3002

1,250円(税込)

使いやすい工夫が満載のおろし器

力を入れずに楽におろせるおろし器です。斜め45度の刃が抵抗を少なくし均一におろせるような工夫がなされ、おろす面には食材に力を入れやすい7度の傾斜が付いています。

容器は角を取った滑らかな形で洗いやすく、汚れがたまりにくいため衛生面でも安心です。余分な水分をきり、適度な水分を残せる目皿も付いています。

サイズ 8.1×31.5×9.2cm
原産国 日本
材料 本体:ABS樹脂、ナイロン、ポリウレタン
付属品 -
ブランド 貝印
第3位

下村企販 キャベツスライサー とんかつ屋さん ふわふわ千切りキャベツ

1,304円(税込)

お店ででくるような千切りができる本格スライサー

幅が広いスライサーなので、キャベツを丸ごとスライス可能。切れ味が良くお店でててくるような千切りを家庭で再現できます。

ホルダーも付いており、怪我をする危険がないだけでなく力を入れずにスライスでき、長く使っても切れ味が落ちないのも特徴です。

サイズ 14.6×38×1.8cm
原産国 日本
材料 本体:ABS樹脂、刃:ステンレス鋼
付属品 ホルダー
ブランド 下村企販
第2位

ワッフルスライスが簡単にできるスライサー

レストランで見かける網目状のポテトフライを家庭で再現できます。

ジャガイモだけでなくリンゴをワッフルカットして子供に用意するなど、他の野菜も用途に合わせて切り方を変えられ、様々な用途で使い分けができるスライサーです。

サイズ 34.1×12.6×3.3cm
原産国 ドイツ
材料 本体:ABS樹脂、刃:ステンレス鋼
付属品 スライサー、安全ホルダー
ブランド Borner
第1位

京セラ セラミック うす切りスライサー CSN-152WHP

1,075円(税込)

いつでもなんどでも清潔に使えるスライサー

ファインセラミック刃を使っており、何度水洗いしても錆びることがありません。台所用漂白剤でつけおき漂白除菌もでき、いつでも清潔に使うことができるスライサーです。

軽い力でスライスできるため誰でも簡単に使えます。プロテクターを使えば使用していて指先を怪我することはないでしょう。

サイズ 9.1×2.4×27.6cm
原産国 日本
材料 本体:ABS樹脂、刃:ファインセラミックス、プロテクター:ポリプロピレン
付属品 プロテクター
ブランド 京セラ

スライサー のおすすめ比較一覧表

商品画像
京セラ セラミック うす切りスライサー CSN-152WHP B000LN8CDS 1枚目
Borner PL 5O52050saf B00GM6TUJI 1枚目
下村企販 キャベツスライサー とんかつ屋さん ふわふわ千切りキャベツ  B003TFFFYE 1枚目
貝印 おろし器 SELECT 100 DH3002 B0009WCIEA 1枚目
愛工業 Aセット 野菜調理器Qシリーズ B005EOOA8A 1枚目
SUNCRAFT キャベツ用スライサー BS-271 B001TM6PKW 1枚目
kaedesera キッチンスライサー B07DHPWBXQ 1枚目
貝印 調理器セット デリコ DZ0746 B002GKB4I4 1枚目
和平フレイズ スライサー FR-9288 B00BDVA4TW 1枚目
ベンリナー ジャンボベンリナーNo.120スライス幅 まな板幅 120mm B06XWZ16JJ 1枚目
商品名 京セラ セラミック うす切りスライサー CSN-152WHP Borner PL 5O52050saf 下村企販 キャベツスライサー とんかつ屋さん ふわふわ千切りキャベツ 貝印 おろし器 SELECT 100 DH3002 愛工業 Aセット 野菜調理器Qシリーズ SUNCRAFT キャベツ用スライサー BS-271 kaedesera キッチンスライサー 貝印 調理器セット デリコ DZ0746 和平フレイズ スライサー FR-9288 ベンリナー ジャンボベンリナーNo.120スライス幅 まな板幅 120mm
特徴 いつでもなんどでも清潔に使えるスライサー ワッフルスライスが簡単にできるスライサー お店ででくるような千切りができる本格スライサー 使いやすい工夫が満載のおろし器 長く重宝するスライサー 半玉キャベツも楽々スライサー 誰でも簡単に使えるスライサー 主婦目線で作られた革命的スライサー 包丁使いが苦手でも綺麗に食材をカット プロの板前さんが作ったような、極薄切りを実現
価格 1,075円(税込) 2,277円(税込) 1,304円(税込) 1,250円(税込) 2,846円(税込) 1,185円(税込) 2,160円(税込) 1,037円(税込) 1,238円(税込) 2,414円(税込)
サイズ 9.1×2.4×27.6cm 34.1×12.6×3.3cm 14.6×38×1.8cm 8.1×31.5×9.2cm 16.5×9.8×26cm 38.2×14×1.8cm 32×4.5×10.5cm 10.2×29.5×10.5cm 29×9×8cm 32.5×16×5cm
原産国 日本 ドイツ 日本 日本 日本 日本 日本 台湾 日本 日本
材料 本体:ABS樹脂、刃:ファインセラミックス、プロテクター:ポリプロピレン 本体:ABS樹脂、刃:ステンレス鋼 本体:ABS樹脂、刃:ステンレス鋼 本体:ABS樹脂、ナイロン、ポリウレタン 本体:ABS樹脂、刃:ステンレス鋼刃 本体:ABS樹脂、刃:刃物用ステンレス鋼 - 本体:スチロール樹脂、調理プレート・皮引き・安全ホルダー:ABS樹脂、スライス刃・皮引き刃:ステンレス刃物鋼、クシ刃:ステンレススチール 本体:ABS樹脂、調理プレート:ABS樹脂、刃部:ステンレス刃物鋼 本体:ABS樹脂、刃:ステンレス
付属品 プロテクター スライサー、安全ホルダー ホルダー - 薄切り器、千六本、細千切り器、大根おろし器、滑り止め - ブレード、スライス、千切り、みじん切り、花型切り、クリア収納ボックス、皮むき器、ホルダー、ご注意の説明書 千切り、ツマ切り、スライス、おろし、皮引き、安全ホルダー、収納ケース - 替え刃
ブランド 京セラ Borner 下村企販 貝印 愛工業 サンクラフト kaedesera 貝印 和平フレイズ ベンリナ―
商品リンク

スライサーを使う際のおすすめポイント

スライサーはさまざまメリットがありますが、使う際に知っておくべきポイントがありますのでご紹介します。

スライサーを安全に使うには

スライサーは便利に使うことができる商品ほど、刃物で指を切ってしまう可能性があります。安全にスライサーを使う方法を知っておきましょう。

付属品をきちんと使う

スライサーには、指先を守るために
・プロテクター
・野菜を抑えるホルダー

が付いている商品があります。

スライサーに慣れてきても、手動電動、どちらも付属品が付いている商品が多いため、スライサーを使う際は付属品を使い、予期せぬ怪我を防ぎましょう。

収納時は刃をきちんと保管する

スライサーの中には刃が取り外しできるタイプの商品があります。使った後は刃を取り、洗って収納しておきましょう。

スライサーと別に管理しておくことで怪我を防ぐことができるだけでなく、洗うことで衛生的に保管することもできます。

刃が取れないスライサーの場合は、ピーラーや包丁と同じ場所に収納するようにし、怪我をしないようにわかりやすく収納しましょう。

スライサーの刃専用のカバーを使って保管しても良いでしょう。

洗浄の際は歯ブラシがおすすめ

スライサーを洗う際に、刃で怪我をしてしまわないか不安に思う方もいるでしょう。スライサーはスポンジで洗ってしまうと指を切ってしまう可能性があります。また、衛生的にするためにも歯ブラシをつけて細かい部分の汚れを落としましょう。

刃を触る必要がないため怪我を防ぐことができ、安全に手入れをすることができます。

スライサーを上手に使うコツ

スライサーは誰でも簡単に使うことができますが、コツを知ることでより便利に使うことができます。特に、用途によってコツが異なりますので、それぞれご紹介します。

キャベツの千切り

スライサーでキャベツの千切りをする場合、キャベツを半分に切った後、角からスライスをするとスムーズに千切りすることができます。

スライス面が平らになってきたら、また別の角からスライスをすると最後まで楽に無駄なくスライスすることができ、強めに押してスライスすればより食感の良いキャベツの千切りが完成します。

玉ねぎのみじん切り

スライサーを使えば玉ねぎのみじん切りが簡単にできてしまいます。太い千切り用のスライサーを使い、皮をむいてスライサーにかけるだけです。

玉ねぎが小さくなってくると怪我をしてしまう恐れがあるため、ホルダーを使って最後までスライスできるようにしましょう。

大根・人参の千切り

大根や人参をスライサーで千切りする際は、繊維に沿ってスライスすると、シャキシャキとした食感の良い千切りができます。

千切りされた大根や人参を好みの長さにカットするだけでサラダや料理の下ごしらえが簡単にできます。特に人参の千切りは多くのメニューで使えるため時短に役立つでしょう。

きゅうりの薄切り

きゅうりをスライサーで薄切りする際は、きゅうりを水洗いしてヘタを切っておきます。輪切りする際は、きゅうりを刃に垂直に当ててスライスします。斜め切りしたい場合は、角度をつけてスライスすると、簡単に薄切りすることができます。

斜め切りする際は、角度を変えずに動かしましょう。綺麗な輪切りができます。

肉のスライス

肉をスライサーでスライスする場合は、冷凍しておくとスライスしやすくなります。脂で滑りやすいため、プロテクターやホルダーは必ず使うようにしましょう。

厚めにカットしたい場合は、冷凍せず生肉の状態でスライスすれば、厚さのある肉にスライスすることができます。

ブランドスライサーはプレゼントにもおすすめ

ブランドスライサーはプレゼントにも最適です。特に忙しい方や、子供がいて料理を時短したい方に非常に喜ばれることでしょう。

プレゼントに選ぶ際のポイントや、相場を知って、スライサーをプレゼントをする際の参考にしましょう。

ブランドスライサーを選ぶ際のポイント

ブランドスライサーをプレゼントする場合は、
・収納しやすい
・スライスできる切り口の種類
・楽に誰でも使うことができる

この3つのポイントを押さえておきましょう。

輪切りや千切りなどのスライサーがセットになっている商品や、スライスする厚さを調整できる商品は、使う幅が広がるため、プレゼントに向いています。

特に女性にプレゼントをする際は、ホルダーが付いていたり、ハンドルを回すだけでカットできたりするスライサーなど、力を入れずにスライスできる商品がおすすめです。

ブランドスライサーの相場

ブランドスライサーをプレゼントする際に気になるのが相場ではないでしょうか。ブランドスライサーの相場は1,000円から5,000円が相場となっています。

値段によって品質や機能が異なりますが、プレゼントする相手の用途に合わせて商品を選ぶとよいでしょう。

おすすめのスライサーまとめ

今回はおすすめの『スライサー』についてまとめてみましたが、いかがでしたか。

スライサーは輪切りや千切りなど用途によって種類が異なります。さまざまなシーンに合わせた商品が開発される中、種類が多い分どの商品を買えば良いのか判断しづらいこともあるでしょう。

スライサーの購入を検討している方は、ぜひこの記事を参考に、用途にあったスライサーを選んでみてください。

記事をシェアして友達にも教えよう!

スライサー
のおすすめ関連記事をもっと見る