G-SHOCKのおすすめ厳選人気ランキング10選

【最新版】G-SHOCK (Gショック)の厳選10アイテムのおすすめ人気ランキング。G-SHOCK (Gショック)の特徴や選び方から価格情報やスペック情報、クチコミやレビューまで掲載。最後に編集部おすすめのG-SHOCK (Gショック)をランキング形式でご紹介。
mori

重厚感のあるデザインで1983年から愛されている『G-SHOCK』。時間がずれづらいなどの性能面や丈夫さなどの機能面で充実しています。

この記事ではG-SHOCKの選び方のコツや編集部厳選のおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。G-SHOCKに興味のある方はぜひ参考にしてみてください。

おすすめのG-SHOCK (Gショック)の選び方

ライフスタイルから選ぶ

タウンユース

普段使いの『タウンユース』では機能性だけでなくおしゃれも重視します。

クラシカルな外見や黒やスチールを合わせた高級感あるデザインのモデルの『ORIGIN』『MTG』『Bluetooth』『Baby-G』などがおすすめです。

ビジネスユース

G-SHOCKは『ビジネスユース』にも適しています。アウトドアのイメージがありますが、デザインがシンプルなものからスーツに合う高級感のあるものまであるためフォーマルな場面でも活用されています。

たとえばビジネスユースで人気のある『MTG』は隅々にまでこだわった緻密なデザインや高級感のあるモデルが多く、ビジネスマンにも人気のモデルです。ビジネスシーンで使う場合は機能面も必須です。電波機能やEmail確認などがあるためビジネスシーンに合わせて必要な機能を使分けるようにしましょう。

タウンユースの視点で選ぶ場合は他にも、『BASIC』『MR-G』『G-STRRL』のモデルがおすすめです。

アウトドアユース

アウトドアユース』で選ぶならまずは機能面に着目しましょう。登山などの場合は耐衝性が強いモデル。海やウィンタースポーツなら防水性の機能が必要です。さらにダイビング用の耐水圧性モデルもあります。

海やダイビングに行くなら、『frogman』『GULFMASTER』『G-lide』『Baby-G』がおすすめです。また登山などのアウトドアなら、『GULFMASTER』『Rangeman』『G-lide』です。

フェイスの形状で選ぶ

フェイスとは、時計の文字盤の形を表します。G-SHOCKには、文字盤が四角形の『スクエア』文字盤が丸い『ラウンド』文字盤がひとまわり大きい『ビッグケース』の3種類があります。

搭載機能で選ぶ

スマートフォンリンク

スマートフォンリンク』とはスマートフォンと連携できる機能を持つものです。

具体的には
・自動時刻修正
・ワールドタイム設定
・フライトログ機能
・携帯電話検索
・ミュージックコントロール
・Email確認
・ストップウォッチデータ転送機能
・アラーム
・タイマー

など多くの機能があります。

全ての機能が備わっているモデルはありませんので、自分の用途に合わせて選んでいくことが必要です。

GPS衛星電波受信

GPS衛星電波』を受信できるので世界のどこでも正しい時刻・位置情報を取得できます。海外旅行や出張に行った際にも自動的に時刻を修正してくれるので、頻繁に海外を訪れる方には非常にありがたい機能といえるでしょう。

標準電波受信

標準電波受信』とは耐衝撃性のある小型アンテナで、世界で6カ所にある標準電波を受信して時刻を正確に表示する機能です。日本の2局と北米、イギリス、ドイツ、中国の6カ所の標準電波に対応をしています。

ソーラー充電

ソーラー充電』は、時計に組み込まれているソーラーパネルによってわずかな光でも発電できる仕組みです。電池交換の目安は5〜10年ごととかなり高寿命です。

通常時計は内蔵電池で稼働することが多く、電池が切れると専用の店舗に足を運んで電池を入れ替えてもらう必要がありましたが、ソーラー充電機能があればその手間は一切必要ありません。

人気モデルから選ぶ

ORIGIN (オリジン)のコンセプト

ORIGIN』は、シンプルで無駄のない安定した人気のシリーズです。G-SHOCKの原点であるスクエアフォルムを継承しているため伝統的なデザインです。デザインも素敵で機能性も十分備わっている定番のシリーズになっています。

BASIC (ベーシック)のコンセプト

BASIC』は、視認性の高いアナログインターフェースと機能性の高いデジタルを併せ持ったシンプルデザインになっています。多彩な機能と高い耐久性を誇り、シリーズ内で豊富なデザインを取り揃えているのもうれしいポイントです。

MASTER OF G (マスターオブジー)のコンセプト

MASTER OF G』はシリーズ内に陸・海・空に特化したモデルが存在しています。耐久性に定評のある通常のG-SHOCKよりさらに過酷な環境でも、壊れずに使用できるよう設計されています。

MT-Gのコンセプト

MT-G』は新構造のメタル外装にダウンサイジングを実現したモデルです。スマートフォンとのリンク機能も含まれているモデルです。衝撃を減らすために『コアガード構造』やカーボン製のインナーケースを採用しています。

G-SHOCK のおすすめ人気比較ランキング

第10位

CASIO (カシオ) G-SHOCK DW-5600E-1V

5,680円(税込)

不動の人気モデル

ファンを魅了し続ける不動の人気モデル。

スクエアフェイスでデジタル表示で耐衝撃性はもちろん20気圧防水機能も搭載されているので、アウトドアやマリンスポーツに適しています。

傾けるとライトが付くオートライト機能も搭載されているので暗い場所で時間の確認もできます。

機能 耐衝撃構造、20気圧防水機能、ストップウオッチ
電波受信機能 -
スマートフォンリンク -
ケース直径 45mm
ケース厚 14mm
本体重量 54g
第9位

CASIO (カシオ) G-SHOCK GA-100-1A1

7,980円(税込)

時計針が白、他が黒のデザイン

長・短針が白で他がすべて黒のデザインでデジタルとアナログの両方を使用できます。

機能面では磁気による時刻のずれを防止する機能や精密なストップウォッチ機能もあり、計測は1/1000秒単位で可能です。時計を40°以上に傾けるとライトが光り、暗闇でも時刻を確認できます。

機能 耐衝撃構造、20気圧防水機能、ストップウオッチ
電波受信機能 -
スマートフォンリンク -
ケース直径 44.5mm
ケース厚 1.69mm
本体重量 68g
第8位

CASIO (カシオ) G-SHOCK MTG-B1000D-1AJF

73,800円(税込)

メタリックレッドがアクセント

重厚感を感じられるデザイン性が特徴的です。文字盤にブラックを使用しながらもアクセントとしてメタリックレッドを使用し力強い印象を与えてくれます。

時計内部の緩衝材で保護されているため耐衝撃性があり誤作動や接触不良が起こりづらいです。

「マルチバンド6」機能にて世界6局の標準電波を受信できるので正確な時刻表示を保てるのに加え、防水機能も付属しており多降水地域でも活躍します。

機能 トリプルGレジスト、20気圧防水機能、タフソーラー、ストップウオッチ
電波受信機能 自動受信
スマートフォンリンク 約300都市+オリジナル都市のワールドタイム設定、自動時刻修正、時計ステータス表示、リマインダー、タイマー・ アラーム設定、ホームタイム/ ワールドタイム 表示入替, 携帯電話探索
ケース直径 52mm
ケース厚 14.4mm
本体重量 181g
第7位

CASIO (カシオ) G-SHOCK GA-700-7AJF

9,965円(税込)

ホワイトをベースとした落ち着いたカラーのモデル

アナログとデジタルの機能が付いたモデルです。

白を基調としてデザインしているため非常に落ち着いた印象を与えてくれます。

強力な防水機能があるため雨の日や水仕事があっても利用できます。針と液晶部分が重ならないように針退避機能が付属しているところもポイントです。

機能 耐衝撃構造、20気圧防水機能、ストップウオッチ
電波受信機能 -
スマートフォンリンク -
ケース直径 53mm
ケース厚 18.4mm
本体重量 68g
第6位

CASIO (カシオ) G-SHOCK GWX-5600-1JF

14,278円(税込)

バンドの文字のカラーがカラフル

光沢のある黒にバンドのカラフルな文字が加わることで高級感とバンカラが入り混じった独特なデザイン性を創出しています。

世界の主要潮の干満ポイント100カ所のデータ情報をあらかじめセットしているため、世界中の海でサーフィンを楽しめます。少しの光でも充電ができるソーラー充電機能も搭載しているため、電池切れの心配がありません。

もちろんアラームやストップウォッチなど基本的な機能は兼ね備えています。

機能 耐衝撃構造、20気圧防水機能、タフソーラー、ストップウオッチ、タイドグラフ、ムーンデータ
電波受信機能 自動受信
スマートフォンリンク -
ケース直径 49mm
ケース厚 13.4mm
本体重量 54g
第5位

CASIO (カシオ) G-SHOCK GMW-B5000D-1JF

53,800円(税込)

スマートフォンとリンク機能が搭載

メタリックなデザインが特徴的です。

フェイスデザインはスクエアでステンレススチールで構成され、耐衝撃性がこれまで以上に強化されています。

機能面ではスマートフォンとアプリを使うことでリンクさせることができ、アプリに登録した予定をG-SHOCKに通知できます。

機能 耐衝撃構造、20気圧防水機能、タフソーラー、ストップウオッチ
電波受信機能 自動受信
スマートフォンリンク 約300都市+オリジナル都市のワールドタイム設定、自動時刻修正、簡単時計設定、リマインダー、タイム&プレイス、携帯電話探索、バッテリーインジケーター表示(7段階で表示)
ケース直径 43.2mm
ケース厚 13mm
本体重量 168g
第4位

CASIO (カシオ) G-SHOCK GA-710GB-1AJF

12,286円(税込)

ゴールドと黒の独自のデザイン

全体が黒で文字盤がゴールドの独自のデザイン。表示タイプはデジタルとアナログの両方を兼ね備えており、他とは違っています。

防水機能も完備しているため山だけでなく海でも使用可能。世界48都市と時刻が連携しているため、旅行に行く際にも便利に使えます。

衝撃に強いだけでなく磁石を近づけても時刻がずれない機能も付属。LEDも搭載しているため夜や暗い場所での時刻を確認できます。

機能 耐衝撃構造、20気圧防水機能、ストップウオッチ
電波受信機能 -
スマートフォンリンク -
ケース直径 53mm
ケース厚 18.4mm
本体重量 73g
第3位

CASIO (カシオ) G-SHOCK GLX-5600-1JF

8,460円(税込)

サーファー必須のタイドグラフ機能が搭載

黒を基調としたスクエアタイプ。

ディスプレイやバンド部分はつやが出るようにデザインされています。タイドグラフという機能で使用する場所での満潮や干潮の様子を表示できるためサーフィンや釣りに役立ちます。

ELバックライト機能のため液晶ディスプレイを照らすことができるため、暗い場所でも時間を確認できます。世界49都市の時刻表示をすることができるワールドタイム機能も搭載されています。

機能 耐衝撃構造、20気圧防水機能、ストップウオッチ、タイドグラフ、ムーンデータ
電波受信機能 -
スマートフォンリンク -
ケース直径 42mm
ケース厚 12.7mm
本体重量 54g
第2位

CASIO (カシオ) G-SHOCK AWG-M100B-1A

11,525円(税込)

ダイビングに必須な機能あり

文字板や液晶がシックな黒で構成されたシンプルなデザイン。スタイリッシュに時計を付けたい方におすすめです。

アナログとデジタルの両用タイプのモデルで、20気圧防水機能のため水深200mの圧でも耐えることができます。

太陽光だけでなく蛍光灯での光でも充電ができるシステムもあるため、充電切れの心配がありません。

機能 耐衝撃構造、20気圧防水機能、タフソーラー、ストップウオッチ
電波受信機能 自動受信
スマートフォンリンク -
ケース直径 46.4mm
ケース厚 14.9mm
本体重量 54g
第1位

CASIO (カシオ) G-SHOCK GW-M5610-1BJF

15,120円(税込)

ブラックを基調としたシンプルなデザイン

ケースやバンドにブラックを施し文字を白とした反転液晶を搭載しています。ケースの形状はスクエアフェイスで、通常よりも強いケース構造で耐久性が増しています。

日本の2カ所とドイツ、中国、北米、イギリスの6カ所の標準電波を受信して時刻を自動的に修正してくれます。さらにちょっとした光でも充電ができるタフソーラーシステムが搭載されており、太陽光だけでなく蛍光灯でも充電できます。

機能 耐衝撃構造、20気圧防水機能、タフソーラー、ストップウオッチ
電波受信機能 自動受信
スマートフォンリンク -
ケース直径 43.2mm
ケース厚 12.7mm
本体重量 50g

G-SHOCK のおすすめ比較一覧表

商品画像
CASIO (カシオ) G-SHOCK  GW-M5610-1BJF B009S13XJC 1枚目
CASIO (カシオ) G-SHOCK AWG-M100B-1A B00791YUPO 1枚目
CASIO (カシオ) G-SHOCK GLX-5600-1JF B0018JEZDU 1枚目
CASIO (カシオ) G-SHOCK GA-710GB-1AJF B01N13VBW3 1枚目
CASIO (カシオ) G-SHOCK GMW-B5000D-1JF B07BL17CFT 1枚目
CASIO (カシオ) G-SHOCK GWX-5600-1JF B003O68EMS 1枚目
CASIO (カシオ) G-SHOCK GA-700-7AJF B01MSACPRE 1枚目
CASIO (カシオ) G-SHOCK MTG-B1000D-1AJF B07HP53MMQ 1枚目
CASIO (カシオ) G-SHOCK GA-100-1A1 B003PHT1XC 1枚目
CASIO (カシオ) G-SHOCK  DW-5600E-1V B000GAYQKY 1枚目
商品名 CASIO (カシオ) G-SHOCK GW-M5610-1BJF CASIO (カシオ) G-SHOCK AWG-M100B-1A CASIO (カシオ) G-SHOCK GLX-5600-1JF CASIO (カシオ) G-SHOCK GA-710GB-1AJF CASIO (カシオ) G-SHOCK GMW-B5000D-1JF CASIO (カシオ) G-SHOCK GWX-5600-1JF CASIO (カシオ) G-SHOCK GA-700-7AJF CASIO (カシオ) G-SHOCK MTG-B1000D-1AJF CASIO (カシオ) G-SHOCK GA-100-1A1 CASIO (カシオ) G-SHOCK DW-5600E-1V
特徴 ブラックを基調としたシンプルなデザイン ダイビングに必須な機能あり サーファー必須のタイドグラフ機能が搭載 ゴールドと黒の独自のデザイン スマートフォンとリンク機能が搭載 バンドの文字のカラーがカラフル ホワイトをベースとした落ち着いたカラーのモデル メタリックレッドがアクセント 時計針が白、他が黒のデザイン 不動の人気モデル
価格 15,120円(税込) 11,525円(税込) 8,460円(税込) 12,286円(税込) 53,800円(税込) 14,278円(税込) 9,965円(税込) 73,800円(税込) 7,980円(税込) 5,680円(税込)
機能 耐衝撃構造、20気圧防水機能、タフソーラー、ストップウオッチ 耐衝撃構造、20気圧防水機能、タフソーラー、ストップウオッチ 耐衝撃構造、20気圧防水機能、ストップウオッチ、タイドグラフ、ムーンデータ 耐衝撃構造、20気圧防水機能、ストップウオッチ 耐衝撃構造、20気圧防水機能、タフソーラー、ストップウオッチ 耐衝撃構造、20気圧防水機能、タフソーラー、ストップウオッチ、タイドグラフ、ムーンデータ 耐衝撃構造、20気圧防水機能、ストップウオッチ トリプルGレジスト、20気圧防水機能、タフソーラー、ストップウオッチ 耐衝撃構造、20気圧防水機能、ストップウオッチ 耐衝撃構造、20気圧防水機能、ストップウオッチ
電波受信機能 自動受信 自動受信 - - 自動受信 自動受信 - 自動受信 - -
スマートフォンリンク - - - - 約300都市+オリジナル都市のワールドタイム設定、自動時刻修正、簡単時計設定、リマインダー、タイム&プレイス、携帯電話探索、バッテリーインジケーター表示(7段階で表示) - - 約300都市+オリジナル都市のワールドタイム設定、自動時刻修正、時計ステータス表示、リマインダー、タイマー・ アラーム設定、ホームタイム/ ワールドタイム 表示入替, 携帯電話探索 - -
ケース直径 43.2mm 46.4mm 42mm 53mm 43.2mm 49mm 53mm 52mm 44.5mm 45mm
ケース厚 12.7mm 14.9mm 12.7mm 18.4mm 13mm 13.4mm 18.4mm 14.4mm 1.69mm 14mm
本体重量 50g 54g 54g 73g 168g 54g 68g 181g 68g 54g
商品リンク

G-SHOCK (Gショック)の電池交換はどこでできる?

自分で交換する

自分で電池交換をする場合は、『CR2016』という電池が必要です。『CR2016』は100円ショップで購入できます。他にはピンセットと精密ドライバーも必要です。

もし自分で電池交換を行う場合はG-SHOCKのメーカー保証期間が終わってからにしましょう。メーカー保証期間内に電池交換をして動かなくなった場合は保証対象外になる恐れがあるからです。

時計店で交換する

時計店で電池交換をする場合は『防水チェックを行うかどうか』で値段が変わってきます。ただ電池だけを交換する場合は数百円程度で行ってくれます。

安く済ませたい場合は電池交換のみを行ってくれる時計店で修理を行うようにしましょう。もし防水チェックも行う場合は、事前に時計店に連絡をして値段を確認するのをおすすめします。

メーカーで交換する

G-SHOCKのメーカーであるCasioで修理をする場合は、直接窓口で修理をしてもらう方法とWEBで行う方法があります。修理費用は3000円前後かかります。

WEBで行う場合は別途返却送料がかかり、『代金引換』『クレジットカード』『ファミリーマート店頭払い』の3つを選べます。

G-SHOCK (Gショック)のおすすめまとめ

この記事では『ライフスタイル』『搭載機能』『人気モデル』『デザイン』の面からおすすめのG-SHOCKのおすすめをご紹介しました。是非この記事を参考にしながら、あなたにぴったりのG-SHOCKを購入してみてください。

記事をシェアして友達にも教えよう!

G-SHOCK
のおすすめ関連記事をもっと見る