天体望遠鏡のおすすめ人気比較ランキング10選

【最新版】天体望遠鏡の人気10アイテムのおすすめ比較ランキング。天体望遠鏡の特徴や選び方から価格情報やスペック情報、クチコミやレビューまで徹底比較。最後に編集部おすすめの天体望遠鏡をランキング形式でご紹介。
ryu

星や天体観測に欠かせない必須アイテムが『天体望遠鏡』。月や星などをダイナミックにレンズを通してご覧いただける優れたアイテムで、お子様の自由研究や趣味としても人気があります。また使用する目的によって望遠鏡のタイプを使い分けて使用することが大切になってきます。

しかし天体望遠鏡といっても種類が沢山あり、レンズや倍率など難しい表現の説明が多く、結局どれを選べばよいか分からないといった方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、望遠鏡の正しい使い方から目的別に合わせた望遠鏡の選び方までランキング形式でおすすめポイントも合わせてご紹介していきます。

望遠鏡とは

前提として、望遠鏡とは月や星をより近い距離で観察することができる優れたアイテムです。普段は遠目からしか見ることのない景色を、まるで目の前にあるかように見ることができ、新たな発見もできます。また望遠鏡と言っても本格的な研究用として使われるものからご家庭で楽しめるものまでさまざまなタイプの望遠鏡が存在します。

望遠鏡の正しい使い方

まずは正しい望遠鏡の使い方を見ていきましょう。まずは三脚と呼ばれる土台を指定の位置にセッティングします。セッティングが完了したらレンズについているキャップを取り外し、ファインダーを覗いて対象物が十字架の中心に来るようにします。ファインダーの設定は外が明るい内に済ませておくことが理想的ですね。

ここまで完了したら架台になる部分を細かく調整し、対象物を視野の中央になるまで合わせます。最後にレンズのピントの設定と星の位置を調整し的確な位置に設定が完了しましたら、いよいよ観察ができる準備完了です。

使い方のポイント

使い方のポイントとして、まずは安定した場所で設置をすることが大切です。土台が不安定な場所だと望遠鏡が倒れてしまったり、観測しにくいので気をつけましょう。その他に見落としがちなポイントとしてキャップを付けたままで全く見えないなんてこともありますので、観測する前に必ずセッティングの順番を守りチェックすることが大切です。

おすすめの望遠鏡の選び方

望遠鏡といっても種類はさまざまで、どれを選べばいいか迷ってしまうこともあると思います。『いざ購入したけど想像してたのと違った』そんなことにならないために今回は、望遠鏡を選ぶ際に気を付けたい選び方の基準を項目ごとに分けてみました。使用する場所や、見たい景色などを加味しながら望遠鏡を選ぶ際の参考にしてみましょう。

望遠鏡の倍率で選ぶ

天体観測をするにあたり、自分が見たい対象物を綺麗に観察するためには倍率は非常に重要です。まずは自分が見たい対象物にどれくらいの倍率があれば十分でより繊細に見えるかを知りましょう。そのために次の項目で倍率の計算方法を紹介しますので、実際に計算した数値をもとに適切な倍率を選びましょう。

望遠鏡の倍率の計算方法

望遠鏡の倍率の計算方法は、対物レンズ÷接眼レンズの焦点距離で出た数字が倍率になります。

対物レンズの焦点距離 2000mm ÷ 接眼レンズ焦点距離 4mm = 500倍といった形で計算できます。

必ず観察する前に、こと前に対象物との距離を計算し倍率を調整しましょう。

適切な倍率の目安とは

観察する際の適切な倍率は、光を集める部分の直径を表す『口径』 ×2 の倍率が適正と言われております。観測する天体によって口径は変わってくるので、事前に調べておきましょう。

たとえば月の観察をする場合だと、月の口径は80くらいなので、2倍の160倍率あれば天体もかすむことなく観察できる適切な倍率であると言えますね。

望遠鏡の形状で選ぶ

天体望遠鏡は主に2種類に分けられます。初心者が使いやすいタイプから、カスタマイズを楽しめるものまでさまざまな種類があります。

主に望遠鏡は、『鏡筒』、『架台』、『三脚』から構成されており、形式は主に『屈折式望遠鏡』と『反射式望遠鏡』の2種類に分かれます。それでは2種類の望遠鏡の使い方をみていきましょう。

操作の簡単な『屈折式望遠鏡』

屈折式望遠鏡』は、鏡筒の後ろから覗くタイプのもので、前面の対物レンズで光を集める仕組みになっています。また光軸の調整が不要になるので初心者の方でも取り扱いがしやすいのもメリットです。また天体望遠鏡の向きと見たい方向が一致しやすので対象物を捉えやすいので、望遠鏡を初めて購入する方にもおすすめしやすいタイプですね。

また屈折式望遠鏡は値段が少々高い点と、重さがあるので持ち運びなどを考えている際は注意しながら選ぶとよいでしょう。

カスタマイズが楽しい『反射式望遠鏡』

反射式望遠鏡』とは、反射鏡で光を集め天体を観測するタイプのものです。特徴としては製造コストが少なく値段も比較的に安くなる点と広い範囲の天体観測ができる点です。できるだけコストを抑えたいという方や自分で組み立てて作ってみたいという方におすすめです。またコストパフォーマンスが高いだけでなく、高性能なものも作れるので長く使用できるでしょう。

またデメリットとしては、光軸がズレやすいので常に調整をメンテナンスが必要なので注意しましょう。

望遠鏡の架台で選ぶ

望遠鏡の土台となる架台選びも重要なポイントです。架台のタイプによって見やすさも変わってくるので、自分が使いやすいものを選びましょう。セッティングがしやすい簡単なタイプから、長時間の観測に適したものまで、それぞれの特徴と合わせて紹介していきますね。

セッティングが簡単な『経緯式架台』

経緯式架台』は、上下左右に動かしやすく操作方法も簡単なので、初めて使用される方や、お子様には最適です。見たい方角に焦点を合わせるだけで観察することができ、セッティングの必要もありません。また重量も軽いので持ち運びも簡単にできるので女性の方も安心です。

ただ長時間の使用を考えている方は、時間が経つごとに星が動いてしまうので、天体に合わせて2軸を操作する必要があります。セッティングが簡単で、すぐに使用したいという方は、経緯式架台が使いやすくおすすめです。

長時間観測に向いている『赤道式架台』

赤道式架台』は、自転軸に対して水平方向と垂直方向に動かす操作方法のタイプです。またセッティングの方法は、極軸を正確な位置に合わせるために別途で極軸望遠鏡を用意する必要があります。

赤道式架台の特徴は、赤経と呼ばれる方向に回転すると天体を追尾することができるので、長時間の天体観測や天体の撮影にも適しています。また別途でモータードライブと呼ばれる装置を使うと自動で追尾をしてくれるので合わせて使用すると更に使いやすいですね。

ただ赤道式架台は鏡筒とバランスをとるのにバランスウェイトが必要になってくるので、重量も重くなり価格も少し高いです。

長時間の天体観測を考えている方は、赤道式架台のように天体を追尾できるタイプを選ぶことをおすすめします。

使用する場所で選ぶ

望遠鏡を使用する場所によって使い分けることも非常に大事です。自宅で使用するのか野外で使用するのでは、選ぶタイプも違ってくるのでそれぞれの特徴を踏まえながら見ていきましょう。

ここでは野外と自宅で使用する際のそれぞれのポイントと注意すべき点を紹介しますので、参考にしてみて選ぶ際の基準にしてみてくださいね。

野外で使用する場合

野外で使用する場合は、風や雨にも強いものを選ぶことが大切です。例えば、風が強い場合は、微動装置と呼ばれる振動を軽減するものを使用したりすることで野外でも安心して使用することができます。

晴れた日の夜には、レンズが結露する可能性があるため、レンズの結露対策が必要です。対策としては、レンズにフードと呼ばれるものを装着する結露を防ぐことはもちろん迷光対策としても使用できる画期的なアイテムになります。

野外で使用する際は、購入する前に架台の安定感や、望遠鏡と一緒にレンズフードや電気ヒーターなどで結露対策をしっかり行うことが大切です。

屋内で使用する場合

自宅で使用する場合は、持ち運びをすることが特にないので重量を気にせず購入できる点と雨や風を気にすることなく使用できるメリットがあります。

また部屋の空きスペースがあれば、比較的大きなものを選んでも大丈夫ですね。自宅で観察する時は、部屋をしっかり暗くして目が慣れてきてから観察しましょう。

気を付けたいところは、近隣にプライバシーを守るために、注意しながら観察しましょう。

屋内で使用する際は、風や雨を気にせず使用できるのがよい点です。

望遠鏡 のおすすめ人気比較ランキング

第10位

スコープテック ラプトル60 天体望遠鏡セット

16,980円(税込)

安心の日本製 スコープテックラプトル60天体望遠鏡

ラプトル60は全て日本人の職人によって作られた日本製の天体望遠鏡です。架台の部分が大きめに作られており、主要部分を金属製にすることで安定した土台の作りになっています。

またレンズは一回り大きいものを使用しているため集光力が1.4倍もあり、より暗い天体を観察することに優れています。伸縮式の架台になっているため高さが調節できるようになっておりお子様の成長に合わせても使用でき、大人まで幅広い年代の方にお使いいただける商品です。

望遠鏡の種類 屈折望遠鏡
素材 金属
付属品 星空ガイドブック
レンズの種類 対物レンズ
本体カラー ホワイト
第9位

AOPWELL 天体屈折望遠鏡 40400

3,310円(税込)

お子様に最適な天体屈折式望遠鏡 AOPWELL

簡単に組み立てることができ、小さいお子様の天体観測におすすめなのがAOPWELLの屈折式望遠鏡。レンズの鏡筒は上下左右に調整が可能なので天体に合わせて調節できます。

お子様に合わせたコンパクトなサイズ感で収納スペースに困る心配もありません。クリスマスプレゼントや誕生日プレゼントにも喜ばれるのでお子様の初めての天体観察におすすめしたい商品です。

望遠鏡の種類 屈折型望遠鏡
素材 金属合金
付属品 -
レンズの種類 光学ガラスレンズ
本体カラー ホワイト
第8位

スコープテック アトラス60 天体望遠鏡

27,560円(税込)

高い技術力を用いて作られた スコープテックアトラス60

スコープテックアトラス60に使用されているレンズは高い技術を誇る久保田光学によって磨かれた最高級のレンズです。また高い技術力と初心者の方でも使いやすい設計で世界天文年委員会で世界天文年セレクションを受賞した商品でもあります。

製品の特徴は倍率の圧倒的な高さで、惑星や月をより細かくご覧いただける最大133倍の本格的な天体望遠鏡になっています。高い性能で初心者でも簡単に操作できる天体望遠鏡をお探しの方にピッタリな商品です。

望遠鏡の種類 -
素材 -
付属品 保証書 日本語マニュアル
レンズの種類 接眼レンズ
本体カラー ホワイト
第7位

SEAPHY 天体望遠鏡 屈折式 経緯台 トラベルスコープ WR852

11,980円(税込)

スマホで写真も撮影できる屈折式天体望遠鏡

軽量でお子様や初心者の方も使いやすいデザインが特徴的な屈折式の天体望遠鏡。3つの接眼レンズが付いており天体に合わせて付け替えることができます。また持ち運びもしやすいようにコンパクトに折りたためる三脚で付属のキャリーバッグに入れて簡単に移動が可能です。

天体観察だけでなく、Bluetoothのリモートコントローラー付きで天体の撮影をすることも可能な優れたアイテム。天体観察だけでなく写真も撮影できる機能をお探しの方におすすめです。

望遠鏡の種類 屈折式望遠鏡
素材 アルミニウム合金製
付属品 キャリーバック
レンズの種類 接眼レンズ
本体カラー ホワイト
第6位

KENKO 天体望遠鏡 スカイエクスプローラー SE-GT100N II

63,778円(税込)

コントローラー付きで使いやすいニュートロン式天体望遠鏡

小型で軽量ながらも機能性抜群なのがニュートロン式天体望遠鏡。月や星はもちろん、低倍率で広視界が得られることが特徴的な望遠鏡の一つです。付属のハンドコントローラーには42000個以上の天体が記憶されており、いつでも簡単に天体観測を楽しめます。

見たい星を自動で捉えてくれるブライトスターアライメントと呼ばれる機能があるので星を見逃してしまう心配もありません。初心者から上級者まで幅広く使える機能性と使いやすい天体望遠鏡です。

望遠鏡の種類 反射式天体望遠鏡
素材 -
付属品 ・コンパス ・アイピース
レンズの種類 対物レンズ
本体カラー ホワイト
第5位

KENKO 天体望遠鏡 スカイウォーカー SKY WALKER SW-0

5,184円(税込)

自然観測もできる天体望遠鏡 KENKOスカイウォーカー

天体観測はもちろん自然観測もできる優れものKENKOの天体望遠鏡。正立プリズムと呼ばれる肉眼で見たまま逆さにならないように写すことができるので自然観察にも非常に適しています。

また小型で軽量タイプで車の中に保管して持ち運びも簡単にできるので便利です。鏡筒と三脚はネジで付け替えることができるので大きさも自由に変更できます。天体観測だけでなく地上の観測もしたいという方には一石二鳥の商品です。

望遠鏡の種類 屈折式天体望遠鏡
素材 -
付属品 アルミ三脚、アイピース
レンズの種類 接眼レンズ
本体カラー ホワイト
第4位

Vegetable 天体望遠鏡 スペースワンダービュー

3,779円(税込)

小さいながらも高性能ベジタブル望遠鏡スペースワンダビュー

小さいながらも高性能で使いやすいミニ天体望遠鏡。接眼レンズと付属のバローレンズを組み合わせることで225倍の高倍率で見ることができ、バードウォッチングなどにも最適な天体望遠鏡です。更に軽量なので女性の方でも持ち運びが簡単にできます。

4段式の三脚になっているため、調節が簡単にでき椅子に座りながら天体を観察できます。お値段も3000円台とお手頃なのでまず天体望遠鏡を試してみたいという方におすすめです。

望遠鏡の種類 -
素材 アルミ合金
付属品 万能4段三脚
レンズの種類 接眼レンズ
本体カラー ホワイト
第3位

VIXEN (ビクセン) スマホアダプター スペースアイ700 SPACE EYE RED

17,111円(税込)

個性的なカラーが特徴的なVIXENの天体望遠鏡

組み立てや操作が簡単にでき初心者の方にもおすすめなのがVIXENの天体望遠鏡。大きめの口径で天体観測にも最適なモデルになっています。また水平微動装置がついており、星を追尾しやすい設計です。

またスマホ撮影用アダプタが付いており天体の撮影も行えます。初めての天体観測は使いやすい商品がよいという方におすすめです。

望遠鏡の種類 屈折式望遠鏡
素材 -
付属品 天頂プリズム、星座早見盤、ガイドブック
レンズの種類 接眼レンズ 対物レンズ
本体カラー レッド
第2位

池田レンズ工業 レグルス50 日本製 口径50mmカメラアダプター 屈折式

9,800円(税込)

初心者が使いやすい設計で作られたレグルス50

初めて天体観測をする初心者の方のために使いやすさを重視して作られた製品がレグルス50。職人の方が丁寧にパーツを一つ一つ作り上げた日本製の天体望遠鏡です。初心者の方に難しいと言われるファインダーの調整を使いやすいように素通しファインダーを搭載することで誰でも簡単に天体観測を楽しめます。

また三脚はカメラ用のものを使えるので架台の良さをしっかりカバーすることができ安心して使用できます。初心者でも使いやすい天体望遠鏡をお探しの方にピッタリな商品です。

望遠鏡の種類 屈折式望遠鏡
素材 -
付属品 スマホ撮影セット
レンズの種類 接眼レンズ
本体カラー ブルー オレンジ
第1位

KENKO 経緯台セット 口径50mm 屈折式 倍率30-300倍 アルミ伸縮三脚付

5,533円(税込)

プラネタリウムソフトが付いたMEADE 天体望遠鏡

天体と地上物の観測に適した優れた天体望遠鏡がMEADE「AZM」。特徴はフリーストップ式経緯台を使用することにより見たいものに望遠鏡を傾けるだけの簡単操作で天体観測を楽しめます。

付属品で天体観測前のシュミレーションソフトが付いてくるので初心者の方でも安心して天体観測を行えます。お子様でも簡単に操作ができて使いやすい望遠鏡です。

望遠鏡の種類 屈折式望遠鏡
素材 アルミ
付属品 天頂エレクティングプリズム、5×24ファインダー、スマホアダプター
レンズの種類 対物レンズ
本体カラー ブルー

望遠鏡 のおすすめ比較一覧表

商品画像
KENKO  経緯台セット 口径50mm 屈折式  倍率30-300倍 アルミ伸縮三脚付 B071D3MFGP 1枚目
池田レンズ工業 レグルス50 日本製 口径50mmカメラアダプター 屈折式 B01MXNVU0M 1枚目
VIXEN (ビクセン) スマホアダプター スペースアイ700 SPACE EYE RED B07BK9VP9Q 1枚目
Vegetable 天体望遠鏡 スペースワンダービュー B01MRHB5B3 1枚目
KENKO  天体望遠鏡 スカイウォーカー SKY WALKER SW-0  B00UBC53AO 1枚目
KENKO 天体望遠鏡 スカイエクスプローラー SE-GT100N II B07PSLW8VN 1枚目
SEAPHY 天体望遠鏡 屈折式 経緯台 トラベルスコープ WR852 B07RTMM4C6 1枚目
スコープテック アトラス60 天体望遠鏡 B00I0MFL7C 1枚目
AOPWELL 天体屈折望遠鏡 40400  B07L88T7PD 1枚目
スコープテック ラプトル60 天体望遠鏡セット B00I0M7IJG 1枚目
商品名 KENKO 経緯台セット 口径50mm 屈折式 倍率30-300倍 アルミ伸縮三脚付 池田レンズ工業 レグルス50 日本製 口径50mmカメラアダプター 屈折式 VIXEN (ビクセン) スマホアダプター スペースアイ700 SPACE EYE RED Vegetable 天体望遠鏡 スペースワンダービュー KENKO 天体望遠鏡 スカイウォーカー SKY WALKER SW-0 KENKO 天体望遠鏡 スカイエクスプローラー SE-GT100N II SEAPHY 天体望遠鏡 屈折式 経緯台 トラベルスコープ WR852 スコープテック アトラス60 天体望遠鏡 AOPWELL 天体屈折望遠鏡 40400 スコープテック ラプトル60 天体望遠鏡セット
特徴 プラネタリウムソフトが付いたMEADE 天体望遠鏡 初心者が使いやすい設計で作られたレグルス50 個性的なカラーが特徴的なVIXENの天体望遠鏡 小さいながらも高性能ベジタブル望遠鏡スペースワンダビュー 自然観測もできる天体望遠鏡 KENKOスカイウォーカー コントローラー付きで使いやすいニュートロン式天体望遠鏡 スマホで写真も撮影できる屈折式天体望遠鏡 高い技術力を用いて作られた スコープテックアトラス60 お子様に最適な天体屈折式望遠鏡 AOPWELL 安心の日本製 スコープテックラプトル60天体望遠鏡
価格 5,533円(税込) 9,800円(税込) 17,111円(税込) 3,779円(税込) 5,184円(税込) 63,778円(税込) 11,980円(税込) 27,560円(税込) 3,310円(税込) 16,980円(税込)
望遠鏡の種類 屈折式望遠鏡 屈折式望遠鏡 屈折式望遠鏡 - 屈折式天体望遠鏡 反射式天体望遠鏡 屈折式望遠鏡 - 屈折型望遠鏡 屈折望遠鏡
素材 アルミ - - アルミ合金 - - アルミニウム合金製 - 金属合金 金属
付属品 天頂エレクティングプリズム、5×24ファインダー、スマホアダプター スマホ撮影セット 天頂プリズム、星座早見盤、ガイドブック 万能4段三脚 アルミ三脚、アイピース ・コンパス ・アイピース キャリーバック 保証書 日本語マニュアル - 星空ガイドブック
レンズの種類 対物レンズ 接眼レンズ 接眼レンズ 対物レンズ 接眼レンズ 接眼レンズ 対物レンズ 接眼レンズ 接眼レンズ 光学ガラスレンズ 対物レンズ
本体カラー ブルー ブルー オレンジ レッド ホワイト ホワイト ホワイト ホワイト ホワイト ホワイト ホワイト
商品リンク

おすすめの天体望遠鏡まとめ

星などを天体観測を楽しむために必要不可欠なアイテム『天体望遠鏡』。さまざまな形式や種類があり購入するのを迷ってしまうこともありますよね。そんな時は、是非今回、ご紹介した望遠鏡の選び方のポイントや観察する天体を考えながら最適なアイテムを選びましょう。素敵な天体観測を楽しむために、お気に入りの一点を見つけてみてくださいね。

記事をシェアして友達にも教えよう!

望遠鏡
のおすすめ関連記事をもっと見る